新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

五月祭
ちょっと思い出したので、昔の事を…


小・中学生の頃、近所に行きつけの教会があり、そこで礼拝の度オルガンを弾いていたのは、丸尾先生という牧師さんの娘・めぐみさんだった。
ある日、そのめぐみさんに誘われ、東京大学の大学祭「五月祭」に出かけた。
「うちらのライブ、観においで」
何を隠そうそのめぐみさん、協会オルガニストの傍、ロックバンドでキーボードを弾いていたのだ。
ワタシの記憶が確かなら、あれは1979年の春先の事であった。

ライブは、今思えば豪華な顔ぶれで、ハウンドドッグクラウディスカイ(大沢誉志幸さんのバンド)、田中一郎のARBなどなど。実は、後にプロミュージシャンになってから改めてお知り合いになったり、お世話になったりする方々多数。この時の出演者で、未だお会いできていないのはコシミハルさんだけだと思う。

そして、めぐみさんが所属していたのは「ダディ竹千代と東京おとぼけCATS」というバンドで、このダディ竹千代こそ、後に我々をだまくらかして音楽業界入りさせた、当時の所属事務所社長なのである。
その後、当たり前のように再会し、当たり前のように音楽業界入りしてしまうことになる。

今思えば、あの日が人生のケチのつき始めだったのかもしれない。


コメント
この記事へのコメント
ご縁は ほんと不思議なものですね♪新橋のあの箱にいた、そのお方にお逢いしてなければ…アジャリさんにも逢えなかったんですね(;o;)
2015/04/10 (金) 23:07:55 | URL | のほほん #-[ 編集]
>のほほんさん
確かにその通りですね〜
縁は異なもの味なもの
2015/04/13 (月) 22:03:00 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.