FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

天空の蜂

今は「ガリレオ」などでおなじみの東野圭吾が、約20年ほど前に書いた本。
自衛隊の巨大ヘリ(CH−53型と思われる)が盗まれ、程なくして犯行声明が各所に届く。
「日本中の原発を運転停止しろ。さもないと敦賀原発にヘリを墜とす。」
などとといった展開で物語は進んで行く。
ま、実際今全部止まってますけどね…

興味深いのは、最初にも書いたが、これが20年近く前に書かれている、という点。
それだけに、懐かしい用語がたくさん出てくる。
CRTモニター、ワープロ、防衛庁、テレホンカード…などなど
しかし、内容自体は現在でも十分通用する。つまり、今でも起こり得るテロなのである。
着目点も素晴らしいが、その内容の詳密さは「理系作家」の本領発揮というところだろう。
なかなかの大作。オススメです。
映画化するなら、誰が誰役かな〜?なんて想像しながら読むのもまた一興。

コメント
この記事へのコメント
あ、また読みたい本がw
山積みの未読本を消化してからでないと手が出ないですがσ(^_^;)

本格派のミステリー作家は理系の方が面白い作品を書く、と聞いたことがあります(^^)
2015/03/10 (火) 23:44:24 | URL | ゆみ #0sl/Xzho[ 編集]
私がこれを読んだ時は3年前の夏で、ちょうど節電で会社のエレベーターとかエアコンが弱められた時だったので、よけいリアルだった。
2015/03/11 (水) 09:27:48 | URL | yotti #-[ 編集]
>ゆみさん
ミステリーに限らず、理系作家の作品は面白いですよ〜
故・渡辺淳一さんなどもその最たるものかと

>yottiさん
そいつはまた、ずいぶんタイムリーだったんですね〜
それにしても、計画停電とは一体何だったのか(・∀・)
2015/03/11 (水) 21:50:28 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.