FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

【ニュース】「英語の挨拶 my name isは古い言い回しなので教科書はI amに」


http://news.livedoor.com/article/detail/9527903/

ちょっと興味深い記事だったので、全文載せておきますね。

 今や外国語教育は小学校でも必修となった。家庭でも授業を終えた子供が、覚えたばかりの英語で話しかけてくるかも知れない。しかし、不用意に自分の常識で対応するとあいさつの段階で恥をかく。

〈Hello, my name is Ken Tanaka.〉は教科書に載っていた一番はじめに教わる英語のあいさつだ。

 このようにMy name isのあとに「名―姓」の順で習ったはずだ。しかしMy name is~のあいさつは「古い言い回し」として今の教科書では使われなくなった。
 
 現在中学一年生の教科書ではI am Tanaka Ken.と、 I amと「姓―名」の順で名乗るのが標準なのだ。

 姓名の順は2000年に国語審議会が「国際社会に対応する日本語の在り方」で、日本人の姓名についてローマ字表記を「姓―名」の順にすることが望ましいと答申したことが大きく反映されている。

という事だそう。
「My name is〜」は、改まった場面なんかでは使う事もあるだろうから、覚えておいても損にはならないと思う。
「I am〜」は…どっちかっつーと「I'm」なんじゃないかな〜?

>ローマ字表記を「姓―名」の順にすることが望ましい

これは昔からそう思っていた。
なので、CDなんかのクレジットも、俺だけ「FUJIO RYO」になってるのが結構あるはず…
オリンピックの国際映像なんか見てても、ラストネームが先だもんねー

それにしても英語教育。「定冠詞」だの「関係代名詞」だの「現在完了形」だのってのじゃなくて、会話できる英語を教わりたいもんだよね〜…
コメント
この記事へのコメント
そうそう、子供の教科書を見ていろいろ変わっているのでびっくりしました。それでもまだ普段使わないのが多いですね。
2014/12/03 (水) 23:21:14 | URL | まほら #-[ 編集]
>まほらさん
「what's up?」的なやりとりなどを身につけて欲しいですよね〜
2014/12/04 (木) 18:39:41 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.