新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

メディアの死、メディアの蘇生
ここ数年、ブログやSNSにおいて、極力ネガティブな事は書かないように努めて来た。
でも、決して目を逸らして来た訳ではない。
そして今日、この事に触れずにはいられなかった。
日本の大新聞が、自らの記事や対応について、その過ちを認め、遂に謝罪した。

朝日新聞による、従軍慰安婦問題、原発の吉田調書、池上さんのコラム掲載拒否問題。
事実のねじ曲げや虚偽の記事は、多くの人を傷つけたのみならず、国際社会における我が国の信頼と名誉を大きく損ね、周辺国との関係を悪化させた。

ある種の意志を持った団体や業界ならまだしも、大新聞が一体何をしたかったのか。
謝罪とか上層部の辞任などで済む問題とは思えない。
更に、それを批判した池上さんのコラムを掲載拒否したり、週刊誌広告の見出しを塗りつぶすという、これまた言論機関が言論の自由を封殺した。
これはもはや、メディアの自殺と言える。非常に嘆かわしい。
「新聞が書いていることだから」と、信じて疑わなかった人たちも多かっただろう。
メディアが最もやってはいけない事をやってしまい、それを32年間も正さなかった事は万死に値する。

ただ救いは、今日になってようやく謝罪会見が行われた事。
そして、関連メディアであるテレビ朝日が、これまでの沈黙を破り、1時間近くにわたって検証を行った事。
当時を知る人の多くがもうこの世にいない今では、遅きに失した感は否めないが、その姿勢は評価したい。

「一度失った信頼を取り戻すのは困難」
「ゼロからまたやり直したい」
みたいな事を社長は語っておられたが、「珊瑚KY事件」などもあった事を考えると、ゼロどころかマイナスからのやり直しである。

繰り返すが、このようなネガティブな事は書きたくない。
が、このメディアによる許しがたい歴史的な事件があった、という事は遺しておきたいと思い、あえて今宵は書く事にした。
top.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.