新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

祝☆還暦
最近、ふと気になって調べてみたら、昭和29年生まれの人が今年還暦を迎える事を知る。
昭和29年9月9日生まれ。これにピンと来たアナタ、「アストロ球団」ファンですね(・∀・)
このブログでも何度か触れた、1970年代の少年ジャンプを代表する野球漫画で、7〜8年前にはテレビ朝日で実写ドラマ化もされてました。
あの伝説の名投手・沢村栄治の生まれ変わりとして、昭和29年9月9日に生まれ、身体のどこかにボール型のアザを持つアストロ超人たちが、「打倒読売ジャイアンツ」を掲げ、メンバーを探しつつチームになって…行く前に何故か終了してしまった、未完の大作である。
およそ4年間の連載で、ちゃんと試合したのはわずか3度。その間に何人もの死者が出ると言う、壮絶な物語である。

利き腕の左肩を骨折し、しょうがなく右腕でロッテ打線を抑える宇野球一。小児まひから奇跡の復活を遂げた上野球二。自動車事故で一度死んだが甦り、後遺症で失明しつつも「心眼」で打ちまくるプリンス・伊集院球三郎。灘高校卒、こちらも両投げで球一の魔球を見事コピーしてしまう特殊能力を持ち、当初は敵として立ちはだかった峠球四郎。長嶋茂雄の秘蔵っ子だった三荻野球五。そしてやはり「敵出身」、殺人X打法、コホーテクすい星打法、アンドロメダ大星雲打法など、ファンタジーな打法を持つ高雄球六。身長1メートルちょいの兄・明智級七と、その兄と片手で投げる身長10メートルぐらいの弟・明智級八兄弟。そして、最後にちょっと出て来ただけの謎の男・火野球九郎。

今日、そのアストロ超人たちが、本日ついに60歳の誕生日を迎えました☆
おめでとうございます!!

残念ながら先日、作画の中島徳博先生は天に召されましたが、この作品は後世語り継がれることでしょう。
astoro07.jpg

0526.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.