新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

新聞

「紙の新聞」を取らなくなってどのぐらいになるのか、と自分のブログを辿ってみると、ちょうど去年の6月アタマだったw



年間5万近くかけて紙資源を浪費しなくとも、ネットなどでいくらでもニュースは拾える。
テレビ欄も折り込みチラシも、iPadでカバーできる。
更に、これまで読み終わった新聞を、纏めて捨てるまでストックしていたあのスペースを、別な事に活用できる(・∀・)
と、良い事ずくめの感じだが、果たしてどうなる事やら…


とあるが、この辺のメリットは十分に活かされている。

ただ、「ニュースが古い」というデメリットは未だ紙の新聞と同じだ。
「新しく聞く」と書いて新聞な訳だが、朝紙面を開いてみると、ほとんどが「昨日ネットで見たニュース」なのだ。
しかも、紙面には限りというものがあって、一つのニュースを掘り下げるのも、ネットで色んな記事や見解、ソースなどを辿った方が深い。

いつでもどこでも、じっくりと読める、読みやすい、という点と、産經新聞の立ち位置のぶれなさを楽しめる、という点は非常に面白い。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.