FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

ABCのうた
例えば英和辞典を開こうとする時(最近あまり開かないけど)、オレはきっと今でも口ずさんでしまう事だろう、この唄を。だって未だに並びが曖昧なのだもの…
ところで、子供の頃に「ABCDEFG HIJKLMN OPQRSTU」と、キレイに7つずつ分かれるバージョンで覚えた人も多いと思うが、実際は

ABCDEFG
HIJKLMNOP
QRS TUV
WX Y and Z
となっている。
沢山文字が詰まってる節、スッカスカの節があるのは何故でしょう?


答えは「韻」。
各フレーズの最後が全部「いー」という母音で終わっている。
そして、その続きも

Now I know my ABCs
Next time won’t you sing with me?



最後までキレイに韻を踏んでいるのです。
一体、どこのラッパーが作ったんだろう…
って、実はこれに気付いたの、結構オトナになってからなんだよな〜
結構英語の唄って、実は多いんだよね、こういうの。

余談だけど、映画のセリフとかことわざとか、英語で韻を踏んでいるフレーズをキレイに日本語訳するのって、とても難しいと思うんだけど、訳した結果、英語よりキレイになっちゃったフレーズとかも結構あるよね。
Intel Inside→インテル、入ってる
Hear no evil, see no evil, speak no evil.→見ざる、聞かざる、言わざる(これは訳した訳じゃないかw)
The pen is mightier than the sword→ペンは剣よりも強し(これは元が特に韻を踏んでるわけじゃない?)
コメント
この記事へのコメント
初コメントです
ふいに思い立って、昔好きだったA-JARIを検索してみたらここに辿り着きました。
blogが面白くて、昨日から時間を見ては読み耽っております(*^^*)

A-JARIのライブには行けず仕舞いでしたが
THE HEARTは何度か見に行ってました。
京都のライブの時に一緒に写真を撮ってもらったんで
すが、ずっと「怖い人」だと思ってたのが
とても優しくて感動したのを思い出します。
今も頑張ってらっしゃるんですねー。
私もがんばらねばーと、改めて元気をもらいました♪

なかなか東京には行けないので
関西で何かやられる機会があればまた見に行きたいです。

長々と失礼しました…
2014/05/28 (水) 15:31:18 | URL | みっち #-[ 編集]
>みっちさん
見つけていただいてありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
京都のライブ、何となく覚えているような…

今後ともよろしくお願いします♪
2014/05/28 (水) 21:40:06 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.