新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

なかよし三郎

先日、我がマンション内で新年会が行われた。
歴代の管理組合理事や災害協力隊員など、マンションの運営に何らかの形で関わっている人たちが集まった。
集合住宅というのは、意外と住民同士の交流は薄いものだが、今のマンションは高層住宅と言うよりは「縦長屋」。何かとイベントや集会において交流できる機会があり、とても良い事だと思う。
基本、こういった場に顔を出す人たちは活動的、かつ社交的な人が多い。そんな中でも特に気のいいMさんというおっちゃんがいて、大好きなキャラクターなのだが、雑談している中で、とんでもないつながりがある事が判明したのだ。

オレがA-JARIでデビューした時の事務所の社長は「ダディ竹千代」という男で、「東京おとぼけキャッツ」というバンドのボーカルでもある。
そのおとぼけキャッツでベースを弾いていたのが、なかよし三郎という男。(どちらも大先輩である)
しゃもじとか山芋でベースソロを弾く名物ベーシストで、酒を呑むとすぐに人を殴る。
そのサブちゃんとMさんは、小学校から高校まで同級生だったと言うのだ。

その場で即、電話をかけるM氏。そして
「今誰といるか分かる〜?」
って、分かる訳ないよねw
で、電話代わってもらって、今度3人で呑もうという話に。







ヤベっ、ぶん殴られるw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.