新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

オレ様アカデミー賞2013

例年に倣い、今年もノミネート作品と称し、昨年観た映画をつらつらと並べて終わる。
前半はほぼ2ヶ月に1本ペースと、例年よりちょっと少ないかな〜と思ったが、11月12月で4本と、なかなかのハイペースで、終わってみれば月イチ平均と、例年並みでした。

1月
映画版「鈴木先生」
まだあれから1年か〜という感じ。演劇で言えば小劇場っぽいノリながら、相当面白かった。

3月
ダイ・ハード/ラストデイ
「1」とか「2」ほどじゃないにしても、そこはやはりダイ・ハードシリーズだけあって、楽しめた。

アルゴ
こいつもかなりよく出来ていたと思う。ノンフィクションとしてかなり手に汗握る内容。
「再現もの」として、実在の人物にかなり寄せてるキャスティングなのは、最近のアメリカ映画の流行りなのか…

4月
名探偵コナン「絶海のプライベートアイ」
子供の付き合いで観に行ったので、特に期待はしていなかったが、海上自衛隊全面協力というだけあって、かなりスケールの大きい作品に仕上がっていた。

6月
オブリビオン
トム・クルーズものながら、アクションほとんどなし。
まさかのファンタジー作品でちょいとがっかり。

8月
モンスターズ・ユニバーシティ
ディズニー/ピクサーの王道作品。文句なし。

WORLD WAR Z
これもブラピ目当てで観に行ったが、まさかのゾンビもの。
昨年観た中ではかなり下のランク。

9月
ローン・レンジャイ
ジョニデ目当てで行きましたが、期待通りの作品。
パイレーツの1に近いノリで楽しめました。


11月
劇場版SPEC ~結(クローズ)~ 『漸(ゼン)ノ篇』
劇場版は必ず観ようと決めていたが、まさかの2本立て。
決めていたので、観ましたよ。

12月
劇場版 SPEC〜結(クローズ)〜『爻(コウ)ノ篇』
この作品で、渡辺いっけいさんの演技の新たな可能性を知りましたw

ルパン三世VS名探偵コナン
音楽「W大野」師匠に痺れました!

ゼロ・グラビティ
ブログにも書いたけど「無重力」って意味の日本語タイトルつけた人のセンスを本気で疑う。
作品はなかなか面白かった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.