新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

PBの製造元について
これまでも、セブンプレミアムとトップバリュの比較論的な事は書いて来たが、今朝の産経新聞デジタル版の記事を読んで、また一つはっきりした。
昨今、世間を騒がせている、冷凍食品の農薬混入事件。マルハニチロの子会社・アクリフーズのとあるラインが混入元という可能性が濃厚だという話は既に衆知。
このアクリフーズ製の食品を製造元とするPB製品を、セブン、イオン、どちらも販売していた。
以前にも書いたが、セブンは製造元を明記しているのに対して、イオンは非表示。このため、この事件においても混乱、及び回収に障害が生じているらしい。
製造元を表示しない事に対して、セブン・ホールディングスは
「誰が作ったか分からないのではお客様の信頼は得づらい」
一方イオンは
「オリジナルブランドの責任は販売社が持つべきだ」
と説明している。
なるほど、ならば今回の混入事件に関しても、イオン商品に関しては一切責任を持ってくれるようだ。

消費者の立場からすれば、いや少なくとオレは製造元が確認出来る方を選ぶ。
なので、イオンのPBは基本的に購入しないのだが、そういう人が多いから両者のPBが明暗を分けているって事じゃないんだろか?
コメント
この記事へのコメント
責任転換が多い中で本当にイオンはとってくれるのか疑問に思ってしまう私はひねくれ者でしょうか?やっぱり製造元が確認出来る方が安心できるな、私も。
2014/01/13 (月) 10:55:09 | URL | まほら #-[ 編集]
>まほらさん
現状、「責任を全て取る」という姿勢には見えませんよね〜
やはり製造元は見ちゃいますよね♪
2014/01/13 (月) 21:58:47 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.