新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

原田くん

中学の時、初めて伊藤信雄さんと組んだバンドの練習を、豊島区立要町第二児童館という所で行っていた。
児童館の中に「音楽室」というのがあったのだが、防音でも何でもない部屋にドラムセットやらギターアンプやらが置いてあった。
防音でもなんでもないので、ゴリラみたいな職員のおっさんにしょっちゅう
「やかましい」
と怒られていた。

音楽室は一つしかないので、複数のバンドが譲り合って練習していた。
大体中学生〜高校生のバンド中心だったのだが、その中に混じって1人だけ小学生のドラマーがいた。それが「原田くん」だ。
顔立ちからして、スティーブ・ガッドの少年時代のようで、プレイも天才そのもの。ゆくゆくどうなって行くのか楽しみだったのだが、その後付き合いは途絶えてしまった。

そんな原田くんと、Facebookにて再び繋がったのは、マレーシア滞在時であった。
結局、プロにはならなかったらしいのだが、今でもドラムは叩いているらしい。
そんな原田くんの現在の勇姿がこちら。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.