新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

機内で観た映画が面白かった件
今思えばだけど、今年だけで数十回(いや十数回か?)国際線に乗り、機内では数多くの作品を観た筈。既に何を観たか全部覚えてないわけだが、いちいちまとめとけば良かったな〜…
あのインド映画のタイトル、何だっけな…

てなわけで、今回観た3本はこちら。

「KICK ASS 2」
kickas2.jpg

日本タイトルには「ジャスティス・フォーエバー」なんて副題がついているこの作品。
前作を観た時から続編を待望し、その続編の制作が発表された時から待ち続けていた。
日本ではたぶんまだ公開になってないのだが、今回一足早く観る事が出来た。
いや〜、前作に負けず劣らず面白かった。
相変わらず色々とサイテーw 特に「キック・アス」を始めとする「ヒーロー名」がことごとく酷い(・∀・)
クロエちゃんの可愛さはパワーアップしてるし…と、ネタバレせずに誉め称えるのは難しいな…w
音楽は前作の方が良かったという個人的意見を置いておこう。



「スティーブ・ジョブズ(JOBS)」
stevejobs.jpg

ご存知、アップル・コンピュータの創始者、あのジョブズをモデルとした作品。
いわゆる「Apple信者」であるオレから見て、この作品に描かれるジョブズの最低人間っぷりにはドン引きしてしまったw
ま、作品としてかなり見応えはあったんだけどね〜
ジョブズのアスペっぷりは「ソーシャル・ネットワーク」で描かれたマーク・ザッカーバーグに近い事もない事もないんだけど、とにかくクズ人間という描写になっている。
もうちょっと他の部分にもスポットを当てて欲しかったな〜
ところでこの映画、原題は「JOBS」といい、あのジョブズの自伝を元にした作品は「STEVE JOBS」として別に制作されているらしい



「鍵泥棒のメソッド」
kagidorobou.jpg


ドラマ「半沢直樹」で今年一世を風靡した堺雅人・香川照之が、ここでも華麗なる競演を見せている。(こっちの方が先だけど)
お互いの役どころは、もちろん「半沢」と全く違うのだが、その分この人たちの役者としての引き出しの大きさがはっきり分かる。
特に「下手な役者」を演じる、また「努力によって演技が上手になった素人」を演じるなど、かなり凝った演技になっていて、関心してしまった。
あと、(演出上)似合わない普段着をチョイスするスタイリストさんのセンスにも恐れ入った。
そして、演出・脚本ともめちゃよく出来ている。
劇場では観なかったが、今回観られて本当に良かったと思う。
おかげで到着日は睡眠不足だったぜ(・∀・)
コメント
この記事へのコメント
「鍵泥棒のメゾット」は私も気になっていた作品です。私も借りようと思います(^^)この二人の演技力は凄いですよね。
2013/12/28 (土) 08:17:18 | URL | まほら #-[ 編集]
>まほらさん
是非、この年末年始にどうぞ!
二人の「演技する演技」の凄さも是非味わってくださいw
2013/12/28 (土) 23:45:42 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.