新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

クアラルンプールという街
いや〜とにかく良い街でした。
バンコクよりもだいぶ南なのに、適度に蒸し暑いという程度の快適な気候。(たまたまだという話もある)
植物がよ〜く育ちそう。というか良く育っている。
きっと風邪を引く子供とかもそんなにいないんだろうな、などと勝手に想像してしまう。
1-IMG_9061.jpg


物価は比較的安く、特に食べ物は例えばホテルのルームサービスでさえかなり良心的なお値段で、ナシゴレンが700円とか。
それに対して、ビールが少々高い。イスラム圏と言う事もあるのか?
大体どこのレストランでも、料理一品とビール一本が同じぐらいの値段。
つまり、料理が600円ならビールもそのぐらいか少し高いぐらい。
特に旨かったのがこの「ナシLEマッ」(LEはレとルの間ぐらいの発音)という料理とタイガービールの組み合わせ。ホテルや空港よりも、地元のレストランで食うのが一番旨い。
2-IMG_9066.jpg


店と言えば、どの店も従業員がやたら多い。
例えばレストラン。日本だったら3〜4人で回しているホールを、20人ぐらいで仕事を分け合ってる感じ。
3-IMG_9065.jpg



街は、コンクリートに覆われていながらも、そこら中からヤシの木だのなんだのが生えており、東南エイジアの雰囲気を盛り上げると同時に、世界の空気清浄機となってくれている感。

4-IMG_8976.jpg

5-IMG_8977.jpg

6-IMG_8979.jpg

高速でちょいと走ると、もうジャングル。圧巻でした。
IMG_9072.jpg



走ると言えば、バンコク並みの車の多さ、だが、走っている車がどれもキレイ。日本車多し。
聞けば、「最近になって車のグレードが上がった」らしい。
経済は上向いているのだろうか。
7-IMG_9062.jpg


経済と言えば、空港の正式なお土産屋さんで買い物をした時、現金が約20円程足りなくて、買うのを諦めようと思ったら、
「OK!」
と、お姉さんが自分の裁量で負けてくれた。
この柔軟性はステキだな〜と思った。

と言った所が、クアラルンプールに数日滞在した感想。
「住みたいか?住みたくないか?」
と訊かれれば、迷わず応えるだろう。

「是非住みたい♪」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.