FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

バファリン
基本的に偏頭痛持ちだ。
あまりにも高スペックな脳を搭載しているため、オーバーフローを起こしやすいのだろう。
で、どうにもこうにも耐えられないときは、バファリンをやる。
が、2回に一回ぐらいは、こいつに胃袋をかき回されるのだ。
昨日も、頭痛は収まってようやく安らかに寝入ったと思いきや、朝方にフィードバックの嵐。
酷い目に遭いましたよ、マジで。
今も胃の調子がおかしい・・・
P1040993_convert_20090206003440.jpg

バファリンの半分は優しさで出来てるというのは真っ赤な嘘だ。


クスリと言えば、相撲取りの若麒麟の芋づるで捕まったラッパーって、D.Oじゃねーかメ~ン
しょうがねーな、ホントにw
コメント
この記事へのコメント
逆では?
オーバーフローではなく、脳が足りなくて頭が悲鳴を上げているのかもよv-8

それはともかく、確かにバファリンは強い薬なので、同じ鎮痛剤でも違う薬にするとか、胃薬も一緒に飲むとかした方がいいのでは?
ちなみに、私は本日レーシック手術を受けますが、鎮痛剤は内服薬だそうなので、「バファリンですか?」と聞いたら、あんな強いのは出しませんと言われたよー。
2009/02/06 (金) 11:16:15 | URL | みずえ #-[ 編集]
私もD.Oが逮捕されたとニュースで知ってびっくり!
一時期すんごい流行ったのに、久々に聞きました「メーン」(笑)
2009/02/06 (金) 22:48:20 | URL | mika #-[ 編集]
>みずえさん

お!ベーシック手術は上手く行きましたか?
とりあえず手持ちのバファリンが終わったら、次のクスリを考えます♪

>mikaさん
いずれ捕まるような気はしてましたがw
ま、相撲界は厳しいので、やっちまったら二度と戻れませんが、音楽業界はユルユルですんで・・・
2009/02/07 (土) 00:03:55 | URL | ryo #-[ 編集]
サトウから出てるリングルアイビーという痛み止めが、透明な緑色でとてもきれいで、わりと胃にも優しい感じなんで、是非一度お試しを。
2009/02/07 (土) 23:21:19 | URL | kozue #-[ 編集]
> kozueさん
ありがとうございます。今度試してみます。
肝心の頭痛にはピンポイントで効くのなら、これほどありがたいもんはないと思います。
2009/02/08 (日) 01:03:33 | URL | ryo #-[ 編集]
う~ん、僕は医者にもらう薬で「ロキソニン」って言うのを頭痛薬に使ってます。
割と穏やかに効いて来る感じで結構良いんですが・・・。頭痛薬はどうしても胃に来ちゃうのが、玉に瑕ですね~。
2009/02/08 (日) 21:17:51 | URL | 直ちゃん #uwtzeLjM[ 編集]
>直ちゃん
炉起訴人(←ろきそにんで変換したらこうなった)、覚えておきます。
やっぱ医者が処方するやつがいいんすかね~

皆さんのご意見を総合すると、バファリンは駄目駄目って事っすね。
沢山残ってるけど、もう捨てちまいます♪
2009/02/08 (日) 23:28:55 | URL | ryo #-[ 編集]
体質とかで、薬の効き具合に個人差はありますけど。
“良く効く薬=強い”傾向はあると思いますし。
市販薬・処方薬問わず、消炎鎮痛剤は、
“一口でもいいから食べ物と、胃薬と一緒に飲む”
方がいいですよ。
(それでも胃にくる私は、消炎鎮痛剤は飲みませんが)

最近では、筋肉の緊張を抑えて偏頭痛を和らげる目的で、
抗不安薬のデパス等を処方するケースもあります。
2009/02/09 (月) 00:00:53 | URL | JUNJUN #U6M1AWu2[ 編集]
>JUNJUNさん
こりゃまた貴重な情報をありがとうございます。
食べものと胃薬ですか~

やっぱ焼酎じゃ駄目っすよね・・・
2009/02/09 (月) 00:03:33 | URL | ryo #-[ 編集]
一見真面目に(笑)
焼酎は、食べ物ではなく飲み物ですv-237
というか、酒、さけ、サケ・・・v-275

その焼酎発言を医者に向かって言ったら(言えたら)、
より一層尊敬いたしまする~v-20
2009/02/09 (月) 01:01:36 | URL | JUNJUN #U6M1AWu2[ 編集]
>JUNJUNさん

そうか、焼酎に合う鎮痛剤を医者に訊いてみればいいんすね!
2009/02/10 (火) 01:43:44 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.