新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

フランス最終日「ビジョナリアム弾丸紀行・前編」
(たぶん長くなりそうなので、分けて書きます。)

さて、前日は最終公演終了という事で、イベントプロデューサーやら他の出演者やらと街へ繰り出し、深夜までどんちゃん騒ぎ…ではなく、フレンチのフルコースとワインでおしとやかに盛り上がる。
見た目はジャマイカ人のような、ベルギー人の声優さんなどとも仲良くなった。
ホテルに戻ったのはかなり深い時間で、やってはいけない「酔っ払って荷造り」を何とか終え、3時ぐらいかな〜…眠ったのは。

で、この旅で初めて目覚ましに起こされたのが5時。
シャワー&カフェオレで身体を目覚めさせ、身の回りのものを全てバッグに詰め、ベッドの下から物入れの中まで、時間をかけて、忘れ物のないように入念にチェック&チェック。
そして6時。スーツケース21.5kgとギターケース11.5kg、そしてリュック7.5kgを担いで真っ暗な街へ。
このうち、21.5kgのスーツケースと11.5kgのギターケースは、バンドの仲間たちが空港まで運んでおいてくれる手はずになっていたのだが、何と(ナントだけに)
「パリで市内観光したいので、お前のスーツケースとギターケースは邪魔だ」
などと土壇場で言い出しやがったのだ。
つまり、完全に裏切られた形だ。
(どうか奴らがパリ市内でスリにでも遭いますように)
そう願いながら、ホテルを後にする。

歩いて1時間の駅までは、今回はトラムを使用する。既に昨日下見済みである。

まずは、券売機で切符を買う。
IMG_8593.jpg

IMG_8594.jpg


1時間券、24時間券、回数券などがあり、24時間券には昨日、一昨日とお世話になったが、今回は駅まで行くだけなので1時間券を1.5€で購入。
IMG_8600.jpg


20分弱で、ナント駅に到着。ありがとうトラム。さようなら。
IMG_8603.jpg



朝のナント駅。
IMG_8607.jpg

IMG_8608.jpg


電光掲示板。オレの乗るのは7時24分のレンヌ行き。
IMG_8605.jpg


刻印マッシーンで日付の刻印。
これやらないと罰金を取られる事があるらしい。
IMG_8612.jpg


IMG_8618.jpg

電車到着。定刻通り。


車内はこんな感じ。
IMG_8620.jpg



地元の中坊(いや、たぶん高校生)どもの通学列車でもあるらしく、非常に騒がしくて眠れやしないw
IMG_8622.jpg


走る事1時間ちょい。レンヌ到着。
天候は曇り、気温は10度ぐらい。かなり寒い。うずくまる。
IMG_8625.jpg



駅で買ったパン。4€。すげー旨い!!!
カプチーノは自販機で1ユーロちょいだが、これも旨い。
IMG_8624.jpg



そして、駅のHERTZで、以前から予約していた車と対面。ずっとプジョーだと思って乗っていたが、今写真見てオペルだと気付いた。
つまり、フランス車だと思って乗ってたが、実はドイツ車だったという事だ。
エンジン、足回りともかなり快適だが、左ハンドルのマニュアル車ってのもかなり久しぶりに乗ったので、最初はぎこちない走りであったw
IMG_8626.jpg

それにしても便利なのはiPhone。Googleマップにカタカナで「モンサンミッシェル」と打ち込むだけで、サクッと道案内をしてくれる。
15分程市街地を走ると、すぐに高速。もう既に走りながら写真を取れるぐらいには順応した(・∀・)
IMG_8628.jpg



60kmほど高速を走ると、今度は田舎道。とても風情がある。
IMG_8629.jpg


突如、こんな建物なんかも現れたりする。ステキだ。
IMG_8631.jpg


そして、出発してから1時間半後、ついに見えましたモンサンミッシェル。
もうね、感動して叫んじゃいましたよ♪
IMG_8637.jpg


駐車場は少し離れた所にあり、そこからシャトルバスでモンサンに行くシステム。
何故なら、あまり近くだと満潮時に車が水没してしまうからだ。

駐車場のゲート。
IMG_8635.jpg


こいつに21.5kgのスーツケースと11.5kgのギターケースを置き去りにして行くのは忍びないが、
「荷物はパリまで運んどきますよ」
などと言っていた仲間に完全に裏切られたので、仕方ないw
盗まれたらあいつらのせいだし。せめてパリで置き引きにでも遭えばいい。
IMG_8636.jpg


8カ国語のウェルカムボード。日本語も一番下に。
IMG_8639.jpg



これがシャトルバス。5〜10分おきぐらいに出ているようだ。
IMG_8644.jpg


800mぐらい手前で降ろされ、そこから徒歩で向かう。

そして、遂に来ました。ビジョナリアムに出てくるアレですよ。
もの凄い存在感。涙出てきます。
IMG_8649.jpg


入り口をくぐると…
IMG_8651.jpg


そこはただの観光地だった。
売店、ホテル、レストラン…
熱海と大差ない、ただの俗世間w
IMG_8652.jpg


レストランのメニューも注意書きも、日本語完全対応。
そういえば日本人やたら多し。
IMG_8653.jpg

IMG_8661.jpg



ソニーのあいつで記念撮影。
「日の丸被った変なジャパニーズが、何かやってるぜ」
的な視線も気にしない。
IMG_8656.jpg



ってか、誰もいない所には誰もいない。



こういう場所をもっと探したかったが、残念ながらあまり時間がない。
今回はこれぐらいで勘弁してやる事にして、正午過ぎ、モンさんを後にする事にする。


駐車場近くにもレストラン、売店、ホテルなどが多くあり、今度は泊まりで来て、夜のモンさんを眺めてみたいものだという気持ちが新たに高まった。
IMG_8673.jpg



駐車場の精算機。
たぶん現金でも精算できるが、カードで払う。
料金は6€。
IMG_8676.jpg


帰りの運転は、自撮りも出来る程余裕♪
IMG_8679.jpg


100均で買ったこいつで、iPhone、Wi-Fiなど充電しながらの走行。
IMG_8680.jpg
持って来て本当に良かった。


さて、無事にレンタカーを返却し、21.5kgのスーツケースと11.5kgのギターケースと7.5kgのリュックを背負ってレンヌ駅へ。IMG_8681.jpg


こうして、昼の部が無事終了。ようやく酒が呑めるぞ〜♪


ってことで、後半へ続く…


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.