新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

カナダ行って来た
さて、デトロイトに着いたのにいきなりカナダの話である。
昨日はガッツリ寝て朝5時に目覚め、ホテルのフィットネスルームで軽くジョグ。
走り終わり、シャワーを浴びてもまだ6時前。
ブレックファーストが6時からと書いてあったので、6時過ぎに食堂に行くと「6時半からだ」という。本当にテキトーだ。
6時半まで待って入店すると、まだ何の支度も出来ていない。
仕方なくコーヒーをすすっていたら、五十嵐公太登場。
ようやく食事の用意が整って来たので、二人でゆっくり味わう。
ちなみに今朝はこんな感じ。
IMG_7796.jpg


でいい加減茶飲み話も飽きたので、解散したが、それでもまだ8時前。外は真っ暗である。
一旦部屋に戻り、明るくなるのを待ってから、徒歩10分程のところにあるROSA PARKS TRANSIT CENTERという、いわゆるバスターミナルへ。
IMG_7799.jpg



ここからカナダ行きのバスが出ている筈なのだが、サッパリ勝手が分からん。
インフォメーションで乗り場を聞き、冷たい突風の中待つ事15分。
やっと来ました。これが「トンネルバス」ってやつです。
IMG_7806.jpg


ちなみに「トンネルバス」と言っても通じない。「タナゥバス」って感じか。
「CANADA」も「カナダ」ではなく「キャナァダー」である。
「要潤」も「キャナァメジュン」じゃないと通じないだろう。

ま、それはさておき、このトンネルバス。運賃は米ドルでもカナダドルでも4ドル。
支払いは車内で、キャッシュオンリー。
乗る時に10ドル札を入れようとしたら
「お釣り出ないよ」
と言われる。マジか。
幸い1ドル札があったので、4枚投入。ほぼ貸し切りの車内はこんな感じ。
IMG_7807.jpg
IMG_7840.jpg



これが国境越えのトンネル。極めて普通のトンネルである。
DSC00140.jpg


10分も走らないうちにカナダ到着。一旦降りて入国審査。
バスは審査を終えた出口で待っててくれたが、「ここから歩く」と言って別れる。

カナダ上陸記念!
IMG_7835.jpg


川を一本越えただけで、随分と雰囲気が違う。
IMG_7816.jpg
IMG_7817.jpg


落ち葉もカナダっぽい。
IMG_7822.jpg


さて、今回の目的はこれ。マックダナーゥズ!
実は昨日、デトロイトのマックでチーズバーガーを食ったので、食べ比べがしたかったのだ。
ところが…
IMG_7832.jpg


まだ朝の10時前。朝マックのメニューしかない(´Д`;)
ので、仕方なくBLT
IMG_7829.jpg


帰りの運賃の事を考え、10米ドルをカナダドルのエクスチェンジ。9.7ドルからBLT3.55ドル(コーヒー無料)を支出。残りで帰りのバスに乗れる♪

「45分ぐらいで帰ってくれ」的な貼り紙。
IMG_7830.jpg


さて、帰りであるが、乗り場がよく分からないので、とりあえず来る時に降りた所で待ってみた。
んで、来たバスの運ちゃんに
「デトロイトに帰りたいんだけど」
と聞いてみた所
「ここじゃねえよ。仕方ねえな、ちょっと乗んな」
みたいな感じで、回送バスに乗っけてもらい、帰りのバス停までタダで送ってくれた(・∀・)
IMG_7839.jpg


さ、USAに帰るぜ〜!
DSC00135.jpg



と、ここまで書いた所でまだ午前中だよ…
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です。ハードなスケジュールなんですね。ホント、外国って時間にルーズですよね。 あ、でも藤尾さんの細やかな情報でちょっとした旅気分が味わえました。ありがとうございます<m(__)m>
2013/11/02 (土) 10:33:41 | URL | まほら #-[ 編集]
>まほらさん
こちらも読んでいただいてる皆さんと、一緒に旅をしている気分です。
ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
2013/11/03 (日) 01:00:07 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.