新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

アーマイナー
「Am」を「アーマイナー」と読む一定の世代の方々がおられる。我々よりだいぶセンパイの世代の人たちだ。
だが、この言い方に違和感を持っている人も多いだろう。
何故なら、「アー」はドイツ語、「マイナー」は英語だからだ。
何故、そして誰がこんな混ぜこぜな言葉を言い始めたかは分からないが、そこはやはり「エーマイナー」、もしくは「アーモール」と言っていただきたい。

かつては業界用語で「1万円」を「ツェーマン」などと言ったりもした。
しかし、3万円を「エーマン」とはあまり言わなかった気がする。何故ならドイツ語「エー(E)と英語の「A」がごっちゃになってややこしいからだろう。
ちなみに、7万円を「ハーマン」と呼ぶ人を見た事はない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.