FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

その気 WAKE ME UP↑
A-JARIの第二弾シングル「卒業」のカップリング、いやB面に収録されていたこの曲。
これもどのアルバムにも入っていない、今となっては幻の曲だ。
先日ここで紹介した「間違いだらけのHOW TO LOVE」は、長年聴きたくて聴けなかった曲だったのだが、この曲に関してはその存在すら忘れていたw
記憶を辿れば、これはファースト・アルバム「A」のレコーディングの一環で録音されたもので、作詞・作曲は伊藤信雄センセイ。
A面も彼の作詞・作曲なので、このシングルにおいて彼は事実上、音楽的イニシアチブを握った事になる。
思えば、アマチュア時代のあじゃりは、良くも悪くもかなりポップで軽薄な音楽をやっており、ギターなんて滅多に歪ませなかったのだが、やがて事務所と契約し、そこの社長・ダディ竹千代によって
「オマエらはロックバンドなのだ」
という洗脳を受け、その後の路線へと突き進んだ。
それまでは軽薄で女々しいポップス・バンドだったのだ。
この曲は、そんな時代の名残りといってもいいだろう。忘れてたけど。

ちなみに、エンディングはピンクレディ「渚のシンドバッド」のパロディ、というか丸パクリです。
ライブでもそのまま振り付けやってたような憶えが…

コメント
この記事へのコメント
懐かしい〜
ギター弾きながら、踊ってる領さんが鮮明によみがえるわ(^^)
2013/09/28 (土) 17:59:57 | URL | #-[ 編集]
>当時、本業はダンサーでしたからw
2013/09/29 (日) 09:48:51 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.