FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

王さんの714号
昨日、ヤクルトスワローズのウラディミール・バレンティン選手が、あの王選手のシーズン最多ホームラン記録を抜く56号をかっ飛ばした。
これまで、様々な選手がチャレンジしたが、敬遠攻めとか色々あってなし得なかった記録だが、ようやく日本プロ野球も、客が何を求めているのか分かってきたのだろう。

王さんといえば、世界最多本塁打となる868本という記録を維持しており、世界でリスペクトされている。
ハンク・アーロンの記録を抜く756号をよく覚えている人もいると思うが、その数年前にベーブ・ルースの記録に並ぶ714号を放っており、それも多くの人の記憶に残っていると思う。

小学生だった当時、後楽園スタジアムで巨人阪神戦を観戦をする事は、ただでさえかなりの贅沢イベントであった。
しかし、その年の体育の日、王さんの713号、714号を目の当たりに出来た事は、今でも人生の宝である。
第一打席だったか、王さんが打席に入ると、それまで快晴だったスタジアムが、見る見る間に雲に包まれた。
そして放った713号。
そして第三打席の時も、王さんの打席でまたもさーっと雲に覆われるスタジアム。もはや神がかっていた。
もう誰もホームランを疑う者はいなかった。
あたりまえのように、目の前に飛び込んできたホームランボール。もはや敵ながら神であった。
思えば、後楽園に行く度に王さんのホームランを目の当たりにしてきた気がする。

残念ながら長嶋さんの現役のプレーを観る事はできなかったが、王さんを観る事が出来ただけでも幸せなのだろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.