FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

音楽と遺伝子
18歳ぐらいの頃だっただろうか、初めてMIDIシーケンサーと出会ったのは。
シーケンス、つまり「打ち込み」をいち早く取り込んだあじゃりであった。
自分の演奏したものを、またステップで打ち込んだものを、シーケンサーが忠実に再現してくれる。
ちょっとパラメータをいじれば、簡単にキーやBPMなども変えられる。
とても新鮮かつ不思議な気分で見てたっけな〜
当時シーケンサー使ってたアマチュアバンドはほとんどいなかったが、今となっては当たり前で、音楽を知らない人でも簡単に打ち込める時代。


そして今、それと似た不思議な感じを味わっている。
本日、息子がピアノの発表会で、オレが彼のレベルに合わせてアレンジした「名探偵コナンのテーマ」を演奏した。
十数年前まではこの世に存在しなかった生き物が、今はオレが書いた楽譜を、時々間違えたりつっかえたりしながら演奏している。
有りものの楽譜、楽曲を演奏してるのとは全然違う感覚。確実にオレの血が入ってるのが伝わってくると言うか…
この不思議な感じ、子供を持つ人なら分かってもらえるだろうか。

こちとら、もうすぐこの世からいなくなるワケだけど、確実に何かを遺せた気がした、そんな日でした。
別に、彼に音楽家になってもらおうとはこれっぽっちも思ってないけど。
130731.jpg
コメント
この記事へのコメント
なんとなく解ります。
息子は罹りつけの小児科へ行くと
看護師さんに「お父さんとそっくりね~」と
言われます。(ほっ♫)
性格は女泣かせだった夫のお父さんにそっくりですw。
恐るべし・・・Y遺伝子・・・・w。
2013/08/02 (金) 23:46:41 | URL | 神の味噌汁 #-[ 編集]
>神の味噌汁さん
恐るべし、夫のお父さん(・∀・)
2013/08/03 (土) 00:13:25 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.