FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

参院選

基本的に、ブログやSNSなどで突っ込んだ政治の話はしない、というスタンスです。
しかし、今日はちょっとだけ。

我が地元には、私のような一市民と、真剣に政治談義してくれる国会議員がいます。
私は彼が大好きです。
ただし、彼を好きな事が、彼が所属する政党を支持する事とイコールではありません。
しかし、国政をとても身近に感じられるという点では、とてもありがたい事ではあります

さて、今回の選挙、TPPや経済、原発など争点は色々あったと思いますが、個人的には「憲法改正」だと思ってます。
正しくは「憲法9条を改正するための憲法改正を国民に問う」という回りくどいものではありますが。
にしては、あまりの投票率の低さにビックリもしとります。
投票というのは、一国民が唯一国に対してできる意思表示であり、同時に国民の義務でもあります。
「憲法がどうなろうが、消費税がどうなろうが、あたしゃ知ったこっちゃないね」
という意思表示なら別にいいけど。

ちなみに、昨年、スペインはカタルーニャで行われた選挙は
「バルセロナを含むカタルーニャが、スペインから独立すべきかどうか国民に問うべきかどうかを問う」
という選挙でした。
投票率は70%近くで、結果は独立派の勝利。
これでも「低いな〜」と思ったぐらい。

ま、そもそも新聞やテレビなどが得票予想なんてするもんだから、そしてそれがほぼ当たっちゃうもんだから、行く気も失せるってのは分からなくもないんだけどね〜
それで喜んでるのは組織票頼みのあの党ぐらいなもんだろうな…

とりあえず、「国の代表を選ぶ権利」を勝ち取るまで、世界でどんなセンパイ達がどんな苦労をしてきたかを理解できないヤツは「レ・ミゼラブル」とか「リンカーン」なんかを100回ぐらい正座して観ればいいと思うよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.