FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

スターマン・この星の恋
「女は顔だ」と言い放つ子持ちのバツイチ男が、ある日道に倒れている若い女性を「好みの顔だから」とさらって来て、女性が記憶喪失であるのをいい事に自分の妻にしてしまう。
子供も、同居の親(おばあちゃんだったかな?)もグルで女性を騙し…

なんていうドラマがあったら、世間ではどう言われるだろう?
発想自体おかしいと思われないだろうか?
「女はモノじゃないざます。ケシカラン!キーッ!」
などと叩かれてもおかしくはないだろう。
この「スターマン」というドラマは、これを男女逆にしたバージョンである。
さらわれた男性は「ずぶん先輩」、と「種市センパイ」こと福士蒼汰。拉致したのは広末涼子。
広末さんの友人役である小池栄子も
「あたしにもイイ男落ちてないかな〜」
などとのたまう。
ま、コメディとしてはアリなんだろうけど、ちょっとワタシの体質には合わないな。
「シェアハウスの恋人」的な合わなさだ。

実際、軽い記憶喪失を経験した事のある自分としても、違和感を憶えざるを得ない部分もないといえば嘘になると言っても過言ではない可能性は否定出来ない事はないと言えないだろうか。

この夏、面白いドラマがたくさんあるので、これはリタイアかな〜
img_1494303_66085472_1.jpg

コメント
この記事へのコメント
私も見ました。
私もちょっと無理があって現実離れしてるなって思いました。あくまでドラマって割りきってみるとしてもリタイアかも。
2013/07/12 (金) 00:01:17 | URL | まほら #-[ 編集]
>まほらさん
このドラマも好みがかなり分かれるところでしょう。
視聴率10%ちょいってのがそれを物語ってますね。
2013/07/12 (金) 22:10:38 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.