新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

二刀流デビュー
昨日、北海道ファイターズの大谷選手が「二刀流デビュー」を果たした。
基本、指名打者制のパリーグでは投げる時は打たないので、交流戦ならではの「5番ピッチャー」での出場。
残念ながら投手としては4回3失点で勝敗は付かなかったが、打者としては決勝点となる打点を叩き出した。
結果はともあれ、お客さんは楽しんだ事だろう。うん、それが一番!

オレの記憶では、オリックスにいた嘉勢選手ぐらいか、ちゃんと二刀流やってた人は。
後は元阪神の新庄剛志が、ノムさんに命じられてオープン戦で何試合か投げてたけど、結局1軍での登板はなかったはず…
オールスターでのイチロー登板に
「バッターに抑えられるバッターの気持ちを考えろ」
とか言ってたのもノムさんだったがw

さて、二刀流ではないけど、打者としての記録も凄いものを持っている伝説の投手たち
・江夏豊(阪神)→延長11回をノーヒットノーランに抑えるも味方が点を取ってくれず、最後は自分でサヨナラホームラン

・堀内恒男(読売)→ノーヒットノーランを達成した試合で、自ら3打席連続ホームラン。引退試合で最後の打席でホームラン。

・金田正一(国鉄他)→投手としての通算本塁打記録を今も保持。代打でも何度かホームランを打ち、そのままリリーフのマウンドに上がる事もあったらしい。


他にも、桑田真澄投手は、通算打率は長嶋一茂や野村カツノリより良かった気がする…
大谷選手にもこの域まで行って欲しいね〜
なんてったってつい最近まで高校生だったんですから、この人…

ちなみに、前出の嘉勢選手は確か、最後は投手専門になったはずだが、引退後は阪神でバッティングコーチをやってたんだぜ
2013040711245604e.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.