新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

取り締まりのための取り締まり
昨日、国家公安委員長が、定例会見で以下のような事を述べた。以下、記事を抜粋。

警察による交通違反の取り締まりについて、「取り締まりのための取り締まりになっている傾向がある」と苦言を呈し、あり方を見直す必要があるとの考えを示した。
古屋委員長は「取り締まりは事故防止に役立つことが大切だ」と指摘。歩行者のいない50キロ制限の片側2車線の直線道路を例に挙げ、「交通の流れで70キロくらい出る。そういう所(での取り締まり)は疑問」と述べた。




この立場の人が言っていい事なのかどうか微妙だが、なるほど、その通りだと思う。
そういえば以前、立川かどこかで道に迷っており、うっかりイエローラインを跨いでしまった瞬間、どこかから白バイがサイレンを鳴らして現れ、粛々と切符を切ると、道を案内する事もなくまた次のカモを探しに消えてしまった、という事があった。
遠くから来て、道が分からず困ったいる善良な市民を助ける事なく、ノルマだけを果たす姿勢に疑問を感じたものである。
ま、飲酒検問なんかはガンガンやった方がいいと思うけど。

話は戻るが、このニュースについて今朝のTVの情報番組で、インテリなのかお笑い芸人なのかよく分からない人が
「70kmで走っても大丈夫な道路なら、70km制限すればいいんです」
などと言っていたが、それは違うと思う。きっと免許持ってない人なのだろう。
70km制限にしたら、90kmで流れる。そういうものなのである。
IMG_5598.jpg
(写真はローマにて)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.