FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

サマンサ・バークス
先日、機内で観た映画「レ・ミゼラブル」で、とても気になる女優さんがいたので色々調べてみた。
サマンサ・バークスという人。レミゼではマリユスに恋心を抱きながらも、彼の恋を助け、最期は彼の身代わりになって死ぬ「エポニーヌ」という役を演じたのだが、調べてみると以前に舞台版レミゼ(ロンドン公演)でもエポニーヌを演じていたらしい。
映画版のオーディションはかなり狭き門だったようだが、見事に役を勝ち取り、これまた見事に演じ切っている。
出身はイギリスの中の「マン島」という、人口わずか7万人ちょいの島。
このマン島という所も面白くて、立場的にはアイルランドとかイングランドのように、イギリスを構成する国の一つでもなく、かといってどこかに所属してるわけでもないが、主権国家でもないというややこしい立場。
UKポンドも使えるが「マンクス・ポンド」という独自の通貨も持っている。
同じ島の出身者にビージーズの3人がいる。

話は脱線したが、この女優さんに今後も注目したいと思う。
Sbarks.jpg
コメント
この記事へのコメント
レミゼ
私はレミゼの大ファンで、舞台は何回か観ているし、映画も観たよ。
舞台の世界観を活かした、感動的な映画だったよね。
私はエポニーヌの独唱シーンが大好きで、何度観てもここは泣いてしまうの。
コゼットより断然エポニーヌ派よ!

この女優さんは、確かにロンドン公演でもエポニーヌを演ってました。
数年前にこちらのテレビ(NHK)でも放映されて、録画して観たけど、素晴らしかったよ。
まだ残ってると思うので、よかったらDVDに落とそうか?

ちなみに、日本では島田歌穂の当たり役です。
元ロビンちゃんです。
2013/05/13 (月) 09:55:11 | URL | みずえ #-[ 編集]
No title
>みずえさん
島田歌穂さんと言えば、ディズニーのあんな曲やこんな曲も歌われており、耳に馴染んでます。
以前、彼女の出演する舞台の音楽を一部担当させてもらった事がありますが、オーラ的なものが凄くてちょっと怖かったw
2013/05/13 (月) 23:37:22 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.