FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

血液型
日本人の多くが好む「血液型トーク」だが、ガイジンにはあまりピンと来ないらしい。
日本人の中でも「非科学的だ」とか「血液型で他人の人格を決めつけるなんて言語道断」というスタンスの人も少なくない。
オレもそう思う。
でも一方で、やはり事実として、ある程度の性格分析は合っている気がしてならないのだ。
子ども時代以来、そんな葛藤に苛まれて来たのだが、遺伝子学が発達した現在、こんな仮説も立てられているようだ。
この記事を見ると「非科学的」な部分がある程度整理されてくるような気がする。


曰く
O型:人類初期における狩猟、採取民族に代表される血液型だと思われています。南方地域から世界全土に広がっていることを考えると、古い時期から存在していて子孫繁栄や適応力にも強かったと言えそうです。よく言われている「おおらかで社交的」という特徴もそれを表しています。

A型:
現在でもヨーロッパ地域に分布率が高く、発祥は北欧などの森林地帯、寒冷地域で農耕民族として環境に適応してきたのではないかと思われます。
協調性が高く、完璧主義なところがあります。

B型:
中近東やアジアに分布率が高いことから、インド・中東・モンゴルに広がる高原地帯が発祥で遊牧生活に適応してきたとされています。気質としては、一つの物事に没頭し、「マイペース」を保つという特徴があります。

AB型
最も少ないタイプであるAB型の多い地域は中東など東西文化の交流地域。また、日本などの大陸の先端地域などです。このことから、最も新しい血液型のタイプだと言われています。気質も他者との調和やバランスを重視しているということが分かります。

うむ、元々進化して来た環境が違うのなら、性質や気質が違うのも当然といえば当然。
O型の人をアフリカ人、A型の人をスウェーデン人、、B型をインド人、AB型を各大陸の端っこの人に当てはめると、何となく納得がいくかも?
ちなみに、ゴリラは一頭残らずB型。
IMG_6306.jpg

コメント
この記事へのコメント
No title
じゃぁ、私は大陸の端っこに居る夫と息子の間を
彷徨うスウェーデン人となりますw。
2013/03/12 (火) 23:33:55 | URL | 神の味噌汁 #-[ 編集]
No title
>神の味噌汁さん
そいつはまたややこしい…w
2013/03/13 (水) 23:03:26 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.