新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

左利きのキャッチャー

2000年の夏の甲子園、沖縄県代表の「那覇高校」は、とても個性的なチームだった。
打席に立つと、必ず「予告ホームラン」のポーズをしながら大声を上げる選手、左利きのサード、捕手。
このようなチームが甲子園までやって来られたのも、沖縄県という地であった事が大きいかもしれない。
特に捕手の長嶺君は、今も鮮烈に記憶に残っている。
なんて事を思い出して検索してみたら、こんな動画が見つかったよ


しっかり母校の石碑に刻まれている、左利きの捕手。素敵じゃないですか♪

さて、左利きの捕手といえば、遡る事100年余。日本に野球を広める事に一役かった事でも知られる、あの俳人・のぼさんこと正岡子規も左利きの捕手だった事をご存知だろうか?
あの頃の子規はまさか、観客そっちのけのつまらないタイトル争いなんぞを演じてる間に、ファンも選手も日本の野球から離れていってしまう事なんぞ、夢にも思わなかった事であろう…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.