新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

太鼓の達人
2006年、某掲示板の大学サッカーのスレッドにあったこんな書き込み。

http://mimizun.com/log/2ch/soccer/1137336062/の556〜558。スレッド現存)

556 :U-名無しさん:2006/04/09(日) 22:34:30 ID:KSfHAtDn0
明治はやたら応援のドラムのリズム良かったな(w
アレ本当に控え部員か?

557 :U-名無しさん:2006/04/09(日) 22:57:55 ID:PU89LoFi0
>>556
あんなリズミカルな太鼓叩き、J以外で初めて聴いたwww。
思わず身を乗り出して、明治応援団を見てしまったw。

そういえば、気づいた点が。2試合ともそうだったんだけど、
片方の大学のチャントが聞こえると、敵チームが真似るというか被せて来る。
これって大学サッカーではデフォなんでしょうか?

558 :U-名無しさん:2006/04/10(月) 05:17:18 ID:bk9F69AQO
明大応援団ウォッチャーが通りますよ

>>556
正真正銘控え部員。明大サイトに行けば顔もわかる


敵の応援団にさえ評判を呼んでいた、やたら上手な太鼓。
この明治の控え選手であり、太鼓の達人こそ、今インテルの鬼サイドバックとして、その名を世界に轟かせている長友佑都だったのである。
この頃は病気や怪我もあり、レギュラーになれなかった長友だったが、2年になってサイドバックに転向後、メキメキと頭角を表し、3年の練習試合(相手はFC東京)でJリーガーを置いてけぼりにしたのをきっかけに翌年J入り。この年に五輪代表、翌年にはA代表、その翌年にセリエA入り。そしてその翌年にインテル入り。
逆に辿ってみると、インテルの5年前、A代表のたった3年前までは、ただの「明大の太鼓の達人」だったのである。
さ、それでは達人の太鼓、お聴き下さい♪

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.