FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

バルセロナ旅行記・生活編初日
お仕事以外の事を語ってみる。
初日、独りバルセロなのエルプラット空港に降り立ったのは、は現地時間の金曜午後。
荷ほどきもテキトーなまま、とりあえずホテルを出てみる。
幸い、ホテルのすぐ裏手にはバルセロナの上野駅とも言える「サンツ」と言う駅があり、日本で言う所のJRやメトロ的な路線が集結している。
IMG_3998.jpg

路線図を見てみると、地下鉄のL5と言う路線で5つほど行ったところに「サグラダファミリア」という駅があるので、行ってみることに。
券売機で2ユーロ払い、切符を買う。どうやら距離ではなく、一回2ユーロというシステムらしい。
改札は自動改札なのだが、嬉しいことに、左側に切符を入れる口がある。
だが、切符の方向を間違うとブザーが鳴ってやり直し。
IMG_4007.jpg


車内は地下鉄であるにも関わらず、携帯の電波はバリ5。ソフトバンクにも是非見習っていただきたいものである。
降りたい駅で降りたい人が、ボタンを押してドアを開けるのは、いつぞやの福島の電車と同じだ。
IMG_4004.jpg


さて、サグラダファミリアの駅を降りて、サグラダファミリア口から地上に出ると、いきなりサグラダファミリアがそびえ立っていた。これは東京スカイツリー駅と同じシステムであろう。
IMG_4009.jpg


この永遠の工事現場の見学もテキトーに済ませ、いよいよ本格的に街を歩いてみる。
前回のトゥールーズとは、同じヨーロッパで、しかも隣国ながら、全く違う味わいだ。
ここバルセロナの中心部は、表参道、表参道、表参道、神宮外苑というイメージ。新市街なのでモダンな感じだ。
IMG_4010.jpg
IMG_4012.jpg
IMG_4014.jpg


iPhoneのスカスカMAPを頼りに、次はFCバルセロナの本拠地、カムノウと言うスタジアムに向かってみる。
東京で言うなら、銀座から東京ドームまで歩くぐらいな感じだろうか。
歩いてみてふと気づいたのは、いたるところにバルと言う飲食店があり、どの店も店の前にテーブルと椅子を並べていて、金曜の昼間だと言うのに、老若男女がビールを呑みながら楽しそうに語らっている。

小一時間ほど歩き、先ほど地下鉄に乗ったサンツ駅を通り越して、更に住宅街を30分ほど歩くと、いよいよカムノウである。
デカいとは聞いていたが、これほどとは…しかもキレイ。
バルサのショップやら博物館なども併設されていて、試合がないにも関わらず、多くの人で賑わっていた。
IMG_4022.jpg


一通り観覧し、またホテルまで歩いて帰る。
途中のバルに吸い込まれそうになりながら、耐えて戻ったのは、この後ようやく今回のメンバー達と会える夕食会があるからだ。
さて、その夕食会で衝撃的な事実が発覚するワケだが、それはまた次回…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.