新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

我が心のアイドル
軽薄と思われても仕方ないのですが、そもそもオレが弁護士の道を諦めて、この音楽業界に入る決心をしたのは、某・アイドル歌手と結婚できるかもしれない、という単純な理由でした。
その後、業界入りして四半世紀、結婚どころか、お会いするチャンスすらなかったのですが、先日遂に「ギター弾いてみませんか?」という夢のようなオファーが…
今まで頑張って来て本当に良かった〜と心底思ったのですが、たまたまその日、オレはスペインでステージに立つ事になっておりました。
家族も友人も、満場一致で「◯子ちゃんっしょ!!」と言ってたけど、やはりオトナとして先約を選びました。
後悔はしておりません。
縁があったら、きっとまたチャンスはある筈なので…
コメント
この記事へのコメント
No title
この男はホンモノなので心配は無い
2012/09/23 (日) 00:17:13 | URL | ケンタロー #-[ 編集]
No title
>ケンタローさん
ありがとう。一層精進いたします!
2012/09/23 (日) 22:51:06 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.