新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

大正百年
ワタシの記憶が確かなら、100年前の今日7月30日は、明治天皇の崩御により、日本は大正という新しい時代を迎えた日。
つまり明治145年であり大正百年の記念日である。「100年」と書くより「百年」の方がしっくりくる。
百年というと一見長い時間のようだが、うちの婆ちゃんが生きてれば今年で100歳。ロンドンオリンピックでも100歳のお婆さんが聖火リレーに参加していた。
その婆さんが生まれた頃、まだ日本ではやれ政変だの暗殺だの日露戦争の戦後処理だの、近代へ向かってもがいていた。大正デモクラシーなんてのはまだ先の話だ。
そう考えると、たったの百年である。そのうちの半分近くも生きている自分がちょっと信じられない…w
ちなみに、日本にジャズが入って来たのもこの頃だと聞く。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.