新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

東京マラソン2012への道・その13「ストライド走法/ピッチ走法」
これもものの本で得た情報だが、「初心者にはピッチ走法が適している」とのこと。
同じ42.195kmを走るのにも、歩幅(ストライド)を広く、歩数を少なく走るのがストライド走法。
ピッチ走法はその逆で、フォームの定まっていないビギナーは、身体の上下のぶれを少なくして、脚などへのダメージを緩和する方が良いという。
とはいうものの、それでは歩幅はどのぐらい、ピッチは何BPMぐらいが良いのか…という事は読んだ本のどれにも書かれていないw ま、人それぞれなのだろうが。
そもそもオレは初心者だが「5kgの荷物を10km運ぶ」のより「10kgの荷物を5kg運ぶ」方が楽な気がしてならない。
しかし、ジャブを10発もらうのがいいか、ストレートを一発食らうかとなると、うーむ…
まあ、色々な歩幅、ピッチを試してみたけれども、178BPMぐらいが自分には一番合ってる気がする。
Daryl Hall & John Oatesの「Maneater」がちょうどそのBPM。
東京マラソンまであと24日…
120202.jpg

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.