新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

織田裕二が物真似に物申した?
http://news.ameba.jp/domestic/2008/11/21717.html
織田裕二の所属事務所が民法各局に対し
「物真似を企画される際には、(真似される)本人のイメージを尊重していただくようなルール作りをお願いしたい」
と要請したとのこと。
これは明らかに山本高広をターゲットとした「物言い」であろう。
織田さん、意外にに小せえなぁ~とは思う反面、言ってることは正しい気もする。
「ウケりゃなんでもアリ」って風潮は物真似に限らず昔からあったし、物真似というからには真似される側のイメージや人格も尊重しなきゃいかんと思う。

でも、山本高広の「織田」にはリスペクトを感じるのだが・・・
「霊長類舐めんなよ」なんてセリフ、名言だけど山本がいなかったらみんな知らなかったんじゃないかな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.