新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

スキムミルク
子供の頃、家でお菓子を食べたり、ジュースを飲むという事は殆どなかった。
もちろん、買い食いなどもした事がなかった。
たまーにデザートでケーキが出たり、お客さんが来た時に茶請けが出る程度だったが、オレはそれが普通だと思って育った。
さすがに、夏の剣道の合宿はキツかった。朝から晩まで猛暑の中竹刀を振り回し、ヘトヘトになった状態で、友達が買って飲む炭酸飲料が旨そう過ぎて…
とうとう3日目の夜ぐらいに堪らなくなり、家に電話して「ペプシ買って飲んでいい?」と聞いたのを今でも覚えている。
で、家での飲み物と言えば牛乳か紅茶あたりだったのだが、ごく稀にこいつが家にあることがあって、お湯で溶かして飲むのがたまの贅沢だったのだ。
どれだけ丁寧に混ぜても、絶対にダマになって残るんだけど、それがまた良いのだ。
久々に飲んだら、そんな昔の事を思い出した。
111215.jpg

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.