新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

RP-255レビュー
購入以来約1ヶ月。リハやらライブやらで使ってみて分かってきた色々な事をとりあえず書いておこう。
必然的にウィークポイント中心の話になる。
まず、スイッチ&ペダルの配置が近過ぎて、真ん中のスイッチ(左のスイッチとペダルに挟まれている)が、履いている靴によってはヒジョーに踏みにくい。ってか、尖った靴じゃなきゃ無理だろw
意識的に足の親指で引っ掛けるぐらいじゃないと、隣のスイッチやペダルに触ってしまう。
そして、音色の切り替えが非常にもっさい。しかも、かなり大きなブランクが生じてしまう。アップテンポな曲だと一拍分ぐらいの「間」が空いてしまう。なので、曲中で2つ隣の音色とかに移動するのはまず無理。
一度、左のペダルを踏みっぱで早く切り替えようとしたら、なんと「LOOPER」なんてものが作動してしまい、脱出出来なくなる始末w
この辺りは、自宅で使用する分には全く問題ないのだが、ライブなどになるとかなりネック。1ステージに何度かは必ずパニクっているww
それkら、電源アダプタがDCではなくAC/ACアダプタなので、代替が利かないってのもなぁ…

などなど、欠点はこんな感じだが、その分コスパは上々、音色もちゃんと作ればかなり良い。
そして、マルチエフェクタにありがちな、「地面に貼り付いた姿勢で音色を作る」のではなく、PCに繋いで画面を見ながらエディット出来るってのがかなりイケてる。
フランスで無事働いてくれますように…
111115.jpg

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
CxaBeKyIjzosOtrOW
2012/05/22 (火) 17:55:48 | URL | wsbzkznxfov #C8qiURag[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.