新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

暮らしの年表・流行語100年
11082.jpg

図書館に資料を返却に行った時に、カウンターのすぐ側の棚にあり、つい手に取った一冊。
何気にオレ好みのネタが散りばめられている。
例えば「プータロー」という言葉は、昭和27年に作られた、とか。
あるいは、新聞の見出しは昭和22年に右→左から左→右表記に改められた、とか。

本文は明治から始まり、大正・昭和初期と、じっくりと近代国家が熟成されていくわけだが、驚くのは太平洋戦争でそのほとんどを失いかけた我が国が立ち直って行く様。
終戦後わずか2年後には浅草でストリップが始まり、翌年には渋谷に東急百貨店がオープン、その翌年には湯川秀樹がノーベル賞を受賞し、プロ野球はナイトゲームを開催している。もの凄い勢いで復興しているって感じ。
日本人として我々も先輩方を見習って行かなきゃいけないと思うのであった。

ちなみに、明治44年(1911)年のヒット商品は「セーラー服型の子供服」、平成22年2010年は「食べるラー油」ですとw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.