FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

聖子ちゃん
どこかで言ったか書いたかもしれないけど、オレが音楽業界入りする事を決めた一番の理由、それは「聖子ちゃんに会いたい」って事。
そして2番目は明菜、3番目は…
ま、そのぐらい憧れであったし、結局音楽業界に入った訳だが、それから4半世紀、一度も会えた事はなかった。
それどころか、よく考えてみたらライブすら観た事がなかったのだw
きっと「そのうち会えるだろう」みたいな考えがどこかにあったのかも…

そして今宵、聖子ちゃんの某スタッフにお招きいただき、遂に生のお姿、生の歌声に出会えたのである。
もう大感激ですよ。
前半数曲(新曲?)が口パクで、この先どうなるのかと思ったけど、途中からのお馴染みのナンバーは全て生歌。しかも上手い!これぞプロって実力を見せつつ、そのまま3時間歌い切り!
思うに、前半はダンス・パフォーマンスに重点を置くという方針だったのでしょう。そういった意味では、やはりプロ。うん、プロ中のプロだ。
そして、MCは噺家かっ!っつーぐらい面白いしw

楽屋にお邪魔する事も出来たみたいなんだけど、やっぱ30年早いかな~
また勉強させていただこうと思います!
110709.jpg



余談だけど、オレが案内されたのは、いわゆる業界席だったらしく、目の前はあのお姉系ホラー漫画家・山咲トオルさん。(何だか色々と気を遣っていただき、ありがとうございました。)
その周りに、これでもかっつーぐらい集まってくるお姉系のお客さんたちw
ある意味ピンクレディと被る客層だが、ここを掴まえられればもうアイドルとしては完璧と言えるであろう。
コメント
この記事へのコメント
No title
よかったねー♪
どちらかというと 明菜派だった私だけど 聖子ちゃんも大好きだったなぁ。
あの方は 人を元気にさせる力というか いつまでもキラキラしたオーラがあるよね?

30年もかからずに 楽屋へお邪魔できるんじゃない?
2011/07/09 (土) 00:19:31 | URL | 鈴木さえこ #-[ 編集]
No title
>鈴木さえこさん
オーラ、半端なかったです。
山咲トオルちゃんもまた違うオーラ出てましたけどw
2011/07/09 (土) 23:14:54 | URL | ryo #-[ 編集]
領さんと1日違いで参加した聖子ちゃんのコンサート♪楽しんできました~(*^_^*)
アリーナから、招待席が良く見えたので…昨日だったらな~などと思いました。

そして~リクエストコーナーの報告です♪
1.夏服のイブ
2.かこわれて愛jing
3.花一色
なかなか決まらなかったけど…
4.SQUALL

2は かなりのレアではないでしょうか。ちなみに私は初めて聴きました
2011/07/09 (土) 23:37:35 | URL | いちご姫 #-[ 編集]
No title
>いちご姫さん
おお!「かこわれて~」は昨日もリクエストがあって、聖子ちゃんが歌おうとしたものの、キーボードの野崎さんが「唯一弾けない曲」との事でやらなかったのです。一晩で必死で仕込んだんだろうな~
「SQALL」はバンドバージョンでしたか?きっと仕込み済みだったんでしょうね~
「民さんは野菊のような…」
いや、語りだすとキリがないw
2011/07/10 (日) 21:45:32 | URL | ryo #-[ 編集]
No title
1日目に そういうやりとりがあったんですね♪
何かハプニングがあったと聞いたんですが、そのことなのでしょうかね~
SQUALLは納得しない方がおおかったんですけど・・・
最初から(いつもは盛り上がる部分)ということで、半ば強引に決まりましたw
バンドの方、皆さん演奏していたと思います。

今にして思えば、1曲目は小倉さんのリクエストです。
3曲目も小倉さんが『民さんは。。。』とおっしゃられて♪

リクエストのプラは全部読みあげて下さいますから、皆さん気合いの入れ方がハンパない。
どんな呼びかけにも答えてくれる聖子ちゃんならではのコーナーですね~

・・・って、語りだしたらキリがないですね。私。。。
是非、楽屋訪問されて、また貴重なお話聞かせて下さいませv-10
2011/07/11 (月) 19:08:26 | URL | いちご姫 #-[ 編集]
Re: No title
>いちご姫さん

なるほど~何となく流れが見えました♪
関係ないですが、山咲トオルさんのブログ見てみたら、ちょっと触れられてて嬉しかったりw
2011/07/11 (月) 23:40:57 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.