FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

豊洲ベイサイドクロス
我が地元・豊洲のららぽーとが規模拡張となり、新たに「ららぽーと3」なる施設ができたビルが、豊洲ベイサイドクロス。
オープンしたのは6月ぐらいだったと思うが、実際に足を運んだのはこれが初めてだった。

基本的にはオフィスビルのようだが、B1〜3Fまでがららぽ。
既存のららぽーとからは渡り廊下で結ばれた。
200801_IMG_8920.jpeg

3Fは家電量販店のノジマがワンフロア独占で、他はほぼ飲食店。

スタバも豊洲で何軒目だろう?
200801_IMG_8922.jpeg


地下では豊洲駅直結となり、もはや豊洲の駅ビルと言ってもいいだろう。
200801_IMG_8921.jpeg


さらにデッキで、ユリカ様の豊洲駅とも直結。
また一つ、豊洲が楽しい街になりました♪
200801_IMG_8923.jpeg

夏認定


気象庁はまだ関東地方の梅雨明けを発表していないが、今朝、セミが鳴いていたので、勝手に2020年の夏を宣言しました。
って事で、今日のランチはお台場のクアアイナへ。
「厚切りチェダーとアボカドのバーガー」みたいなやつがあったので、それにしてみた。
本来ならこの時期、オリンピック会場の一部となっているこの地域には近づけない筈だったが、おかげさまでゆったりを過ごすことができたよ。

200731_IMG_8930.jpeg

いつもの夏よりも閑散としている台場だったけど、それでも海外からのお客様もある程度いるし、まあちょうど良い雰囲気だったな〜。
明日も雨らしいけど、ワタシ的にはもう夏です。

あ、ちなみにお料理の写真もちゃんと撮ってたので、一応。
200731_IMG_8932.jpeg
【ドラマ】「竜の道 二つの顔の復讐者」
200729ryu.jpeg

玉木宏主演、関西テレビ・フジ系火曜21時。

幼い頃、両親が経営する運送会社、そしてその両親の命まで奪われた双子の兄弟が、長期的プランで復讐を果たすと言う物語。
双子を演じるのは玉木宏と高橋一生。
一生の方は高級官僚となり、玉木は整形手術を施して別人となり、裏社会から色々手を回す。
この「双子設定」がそもそも無理があるな〜と思ったが、途中の整形手術シーンでは
「骨格を変えると声まで変わりますよ」
とか言う説明台詞があったりと、色々フォローも欠かしてはいない。
それより、調べたらこの2人、歳は一つ違いという事にビックリ!
エンケンさんのガチ悪役は久々に見る気がして、ちょっとワクワクしている。
ただ、残念なのは、全体的に画面が暗くて、スマホなどではアクションシーンがあまり楽しめない。

松本まりか、松本穂香のW松本や奈緒など、脇役陣も好みの方が勢ぞろいしている。
スタートが遅れた影響で、結果全何話にまとめるか分からんが、楽しみにしている。
ちなみに初回視聴率は9.1%と、まずまず。
忙しくしてます
気がつけば、10年以上続けている日課の、ブログ更新もちょいちょい滞っております。
「大丈夫か?」などとご連絡も頂いたりしますが、元気でやっております。
昨日はレコーディング、今日はリハーサル・・・
他にも色々頑張っております!!

200728IMG_8917.jpeg
おうちで見栄〜る 
おうちで見栄〜る

様々なエンタメ業界が、コロナに封じ込められている中、歌舞伎界の人たちがこんな動画を作ってます。
尾上松也が中心となっているこの企画。
日常生活に見栄を取り込んでみた、的な?
もうね、難しいこと抜きにサイコーです。
日本文化に興味がある外国の人たちにも見てもらいたいな〜

 
【ドラマ】「がんばれロボコン」YouTubeで全話公開?


という衝撃のニュースが舞い込んで来た。
リメイク版もあったが、どうやら元祖の方のようだ。
本編前の予告で更なるリメイク版が流れ、一瞬「?」と思ったが、大丈夫。
島田歌穂さんのロビンちゃんがまた見られるとは、感激ひとしおですね。
全118話を毎週2話ずつ公開していくそうなので、のんびり観よう。

改めて第一話を見て気がついたこと。
ロボコンってガソリンエンジンで動いていたこと。(声は山本圭子さん)
そして、ママ役の人って、加藤みどりさんだっただね〜



【ドラマ】「ディア・ペイシェント」
200724dear.jpeg

貫地谷しほり主演、NHK金曜22時。
原作は、現役の内科医さんが書いた小説だとか。
なので、そこそこリアルに描かれているのは、以前のNHKドラマ「透明なゆりかご」的な?
初回を観る限り、佐野史郎演じる、老夫婦の旦那が、妻に対するたらい回しの扱いに切れるものの、主人公の賢明な姿勢を知り改心する。。。と言ったほのぼのドラマかと思いきや、ちょいと違うテイストかも。
途中から登場する田中哲司さんがなかなかモンスターなペイシェントを演じており、、実はサスペンス物という噂も・・・

よくわからんけど、今この時期のリアル系医療者は微妙だよね〜
ひっ迫する医療現場的な描写もかなりあるし。
Appleに翻弄される日々 2020
200723_IMG_8860.jpeg

うちのマンションのスタジオも、ようやく使用制限が解禁になり、早速録音関連の仕事も続々と舞い込んで来ている。
がしかし、レコーディング用のメイン機であるMacBook Pro、通称「オラフ」がまた不調に・・・
このタイミングで参ったな・・・しかし、仕事をストップさせるわけには行かない。

ということで、やむを得ず書いましたよ。MacBook。
サブ機として使っているMacBook Airは、ストレージ容量が128GBと、作業用としてはお話にならないので。
新しく購入する際、最大2TBまで増量することも可能だったが、それだとお届けに時間がかかるようだったので、とりあえず512GBで手を打った。

まだ命名はしていないが、当面録音や動画編集はこいつで行こうと思います。

どうでもいいけど、3月にiPhone、5月にiPad、そして今月MacBookと、一体この3ヶ月でどれだけアップルコンピュータ様に貢いでるんだろ・・・

9年前にも、Apple社に翻弄されていたことが、「9年前日記」でも見てとれるが、そんなもんかー
【ドラマ】「おしゃ家ソムリエおしゃ子」
200722oshako.jpeg

またまた勝手に録画されていた深夜ドラマ。
矢作穂香主演、テレ東水曜25時。
矢作穂香といえば9年前の名作ドラマ「鈴木先生」生徒役出身組。
なかむー役は今でも記憶に残っている。
その主張し過ぎない存在感と演技力で、常に良い感じの脇役を演じ続けてきたが、この度晴れて主演。
このドラマにおいては、振り切った演技がとても気持ち良い。

主役はお持ち帰りされた女子。
連れて行かれた、一見オシャレなその部屋に、メチャダメ出しするだけのドラマ。
そのダメ出しがとにかく鋭くて面白い。

初回のダメ部屋は・・・
・読みもしない洋書、空の写真集、お決まりのビジネス本が勢揃い
・ソファ、エスプレッソマシン、DJテーブル
・イキってるベンチャー社長は全員タワーマンションの狭い部屋に無理して住む
・「B級映画なら最初にB級と言ってくれれば」
・「映画でいえば実写版デビルマン的な?」

おいおい、ついでに実写版デビルマンまでディスっちゃってるよw
【ドラマ】「歌舞伎町弁護人 凛花」
200715_kabukkicho.jpeg

これも勝手に録画されていた深夜ドラマ。
一応データを整理すると、朝倉あき主演、テレ東月曜24時?なのか?よくわからん。

基本的には、歌舞伎町の闇社会を含む様々な問題をズバッと解決してゆく、若手女性弁護士の物語らしい。
ストーリーはともかく、知ってる役者がほぼいないのがこのドラマの魅力?
何の予備知識も、潜在意識も必要なく観られる、数少ない作品だろう。
かといって、演技が素人レベルとかいうと、そんな事もなく、安心してダラダラ観られる。
こんな時期、こんなドラマがあっても良いのだね〜
【ドラマ】「ふろがーる」
200720furo_IMG_0016.jpeg

テレ東水曜深夜、勝手に録られていたドラマ。
いったいこの丸ぽちゃ主演女優は誰?と思ったら、何と櫻井ひなこ。
コロナの影響なのか、激太りしているようだが、それが良い。
色々海外を周ってみるとね、やっぱ日本人、特に芸能人は痩せすぎだと思う。
こんな女優さんがもっといても良いと思うのですよ。

なんてことばかりが気になって、ドラマの内容がイマイチ入ってこなかったんだけど、要は最近の「飯テロ」ドラマの風呂版って感じ?
テレ東が新たなブームを作り出そうとしてるのかも?
最近では、サウナドラマなんかもちらほら出始めてるけど、その一環かもですね。
【ドラマ】「アンサング・シンデレラ」
200719_IMG_8863.jpeg


石原さとみ主演、フジテレビ木曜22時。
満を持して持して、持しまくってようやく始まった、我らが石原さとみドラマ。
漫画が原作で、「校閲ガール」と同じ作者のようだ。
今回のヒロインは「病院薬剤師」という職業。
医療ものの中では、ちょっと変化球かなという感じだが、我が家にもそれ系職業の卵的な子がいるので、初回は家族でリアルタイムで観たよ。
今回のさとみは、「アンナチュラル」的に抑えめ演技で、割と観やすかったね。
共演に田中圭とか西野七瀬と、「あな番」を彷彿とさせる面子もあったり、病に倒れた清原翔の代役で、成田凌駕出てたりと、そちらも見所の一つ。
初回に関しては、実力は子役(ジュニア俳優?)の競演も楽しめた。
脚本は、ミステリーが多めの黒岩勉。「すべてがFになる」とか「ストロベリーナイト」などが印象的だが、最近では「グランメゾン・トーキョー」なども書いている。
全体的にテンポも良いので、2話以降も楽しみにしたい。
「クオール薬局グループ」という、スポンサーとしては見慣れない会社が、提供に名を連ねてるのも興味深い。
ちなみに初回視聴率は10.4%と、ギリ2桁だった。
RSS
昨日から配信開始している、A-JARIの新譜。元のタイトルは「RAINY STREET しゃっふる」。
新譜ではあるが新曲ではない。というより、A-JARIでは最も古い曲である。
などという事は、もうみんなご存知ですね。

この曲を書いたのは、確か高2の春。
高校の同級生中心に結成した「天然党」というバンドは、やがて「あじゃり」となり、楽器が弾けないメンバーはソッコーで首になり、他校の生徒であった守(bass)やのぶりん(drums)が加入。
せっかく結成したのでオリジナルでもやろうや、ってことで作ったのがこの曲でした。
この曲で、色々なコンテストに出たりしているうちに、著作権とか某団体に譲り渡した形になっていた。
そんなわけで、ちょっとだけタイトルを変えて配信することになったわけです。
当時はギターが2人、キーボードは1人とかって編成だったんだけど、本当は、この曲に関しては、サックスとか入れて、もうちょっとこんな感じにしたいな〜・・・などという、当時の完成イメージが、今になって実現できたよ。ありがとう藤やん。

ちなみに、今回のジャケットはわしの手描き。
イメージは「風に傘を飛ばされるおっさん」。
バンクシー?誰?それw

200718_rainyIMG_0012.jpeg
A-JARIの新譜・配信スタートだよ!!


梅雨前線は西日本に停滞し、被災された方々にはお見舞い申し上げます。
我々にできる事は限られておりますが、せめてこの季節、雨という気象そのものと、少しでも仲良く出来るよう、こんな曲を配信開始しました。
以下はアップルミュージックのリンクですが、他様々な配信サイトでも配信開始、及び準備中なので、梅雨が明けるまでこの曲でお楽しみください。

曲に関してはまた明日にでも語ろうと思いますが、まずは制作、配信にご協力いただいた白坂さん、藤やんはじめ皆様に感謝申し上げます。



iPhoneカバー

旅の相棒である、わしのスーツケース

にそっくりなデザインのiPhoneケースを見つけたので、思わず購入した。

200716_IMG_4020.jpeg

ダイソーだったので、当然100円(税抜き)だった。
しばらくは、いや、もしかしたら当分?、いやもしかしたら今後もう海外などには行けないかもしれないし。
政府は「Go to なんちゃら」みたいなキャンペーンをやりたがっているが、一体どうなることやら・・・

ってことで、気分だけ旅な感じで、当分これで行こうと思います。
ハンドルとかキャスターとか付けたら、もっと可愛くなりそう?
TDR当面イベント中止
200714mickey.jpg

というニュースが数日前に入ってきた。
イベント、つまり七夕やハロウィン、クリスマスなどを指すのだろう。
季節ならではのイベントがないのは寂しいが、逆に考えれば、いつ行っても平常のTDRが楽しめるという事だ。
これはこれで、喜ばしい事なのではないだろうか。
思えばその昔、ハロウィンといえば10/31当日のみ。クリスマスも12月のみだったり、イースターなんぞはそもそもなかったものである。
それでも十分楽しかったんだよ。
うん、今は多くを求めすぎてるのかもね。いつものパークを楽しもうよって思う。

ま、贅沢を言えば、レストランなどのメニューは、それぞれの季節感があったりすると嬉しいけどね〜
そこはコロナ関係ないっしょ?
今日の推し役者・松下洸平
200713_matsushita.jpeg

先週の新ドラマ「MIU 404」で、逃亡犯を演じた役者さん、そう言えば以前、というか6年前にここでも書いた「トクボウ」というドラマで注目していた、松下洸平さんという方だった。

トクボウ警察庁特殊防犯課

いやいや、相変わらずナイスな脇役さんだな〜などと思いつつも、何かモヤモヤしていたが、ググってみてそのモヤモヤの理由が分かった。
朝ドラ「スカーレット」の八郎さんやん!!

あの松下さんとこの松下さんが、わしの中で一致してなかったw
ある意味、カメレオン俳優って事だよね?
雨ハグ動画ありがとう!
200712amehug.jpeg


A-JARI「雨上がりにハグをしよう!」の、東京都「アートにエールを!」バージョン動画制作につきまして。
おかげさまで続々と動画が届いております。
皆様、いい意味で気の抜けた、テキトーな感じがとても良いです。
ただ歯磨きしてるだけの人とか、掃除機を振り回してる人とか、飲んだくれてる人とか、ゲームしてるガイジンとか・・・もうサイコーです♪
もう2、3日で募集を締め切らせて頂こうと思っておりますので、我こそはという方、テキトーな動画をお送りくださいませ。
A-JARIと世界のお友達が繰り広げる、記念すべきMVに、何かの間違いで参加するという黒歴史を、あなたの人生に刻んでみてはいかが?(・∀・)
変わりゆく日本語

記憶が確かならば、今世紀に入るか入らないかの頃。
「立ち上げる」という言葉が、日本語としてどうなのか?という感じで取り沙汰された。
「立ち上がる」という自動詞の多動詞化がおかしいという話だったような。
世の中にパソコンが出回り、起動することを「立ち上げる」と言ったり、起業などの場合にも使われたりした。
まー、確かに最初は違和感があったが、そのうちに馴染んできたもんだった。
でも、最近思ったんだけど、「飛び出す」「はみ出す」ってのもどうなん?
自動詞としてなら「飛び出る」「はみ出る」が正しいはず。
しかし、交通社会においては
「飛び出すな!」
とか
「はみ出し禁止」
など、こちらは一足早く、日本語として、既に定着しているようだ。

このように、日本語は常に変化し、定着しつつあるので、ボチボチ「ら抜き言葉」なんかも標準語化して良いのではないかと思う。
ただし
「違(ちが)くない」
には、未だに物凄い抵抗感がある。


有明ガーデン、ほぼオープン

先日も紹介した「イオンスタイル」の入った有明のショッピングモール「有明ガーデン」が、ほぼオープンした。というかしていた。
200710_IMG_8806.jpeg


イオンスタイルは1階にあるのだが、その上の2階〜5階のショップ、レストランが順次オープンしていて、今日いてみたが、ほとんどの店が開いていた。
ま、平日ということもあってか、とても空いていて、この先大丈夫だろうかと少し不安になった。
200710_IMG_8808.jpeg


楽器屋さんもある。
200710_IMG_8809.jpeg


本日の目的はランチ。
5階にフードコートを含む数十店のお店があり、目移りしてしまうが、今日はここにした。
「築地食堂・源ちゃん」
200710_IMG_8815.jpeg


魚河岸フライ定食980円税抜き。
ライス大盛り無料だが、そんなには要らない。
200710_IMG_8814.jpeg


とても美味しゅうございましたよ( ´ ▽ ` )ノ


ちなみに、同じ敷地内、バス停で一個分ぐらい先に、ダイソーもオープンしていた。
200710_IMG_8817.jpeg

このエリア、無印の大規模店も入るのだが、オープンは秋頃らしい。

温泉施設らしきものもオープンしてたけど、大丈夫なんだろうかw
200710_IMG_8818.jpeg

【ドラマ】「私の家政夫ナギサさん」

多部未華子主演、TBS火曜22時。
途中までは、日テレのお仕事系ドラマかと勘違いしながら観ていた。
製薬会社でMR(営業っぽい職)を頑張るOLが主役で、その仕事ぶりなどを描いていたので。
しかし、実態は「逃げ恥」の逆パターン?
仕事はバリバリやるけど、家事など身の回りのことはさっぱりな生活に、やり手の家政夫ナギサさん(大森南朋)突然現れる。
部屋の汚さに衝撃を受けた妹(趣里)が、勝手に手配してくれたらしい。
コロナで撮影が延び延びになっており、満を辞して放映が始まっただけあって、内容もなかなか練れていて楽しい。
脚本は「おっさんずラブ」や「あいの結婚相談所」などを手がけた徳尾浩司(慶大卒)という、コメディが得意そうな方なので、期待大です。

初回視聴率は14.2%と、なかなかの出足ではないだろうか。

個人的には、劇中のマッチングアプリ用に盛った、この多部ちゃんの写真がツボ。
200708_IMG_0008.jpeg
今日の推し役者・長谷川朝晴
200707_hasegawa.jpeg

名脇役っていうのは、気がついたらそこにいた人なんだろうな〜という見本のような役者さん。
思えば、1990年代から様々なドラマや映画に出ていた人で、最近もテレ朝の「BG」で、豊原功補演じる投資詐欺師の秘書役だった。
個人的に、強烈にインパクトを覚えたのは、佐々木希主演のNHK「デイジーラック」だったかな〜
エンディング・ダンスで、一人だけ変顔で踊ってたのが印象的でした。
Wikipediaを見ると「ジョビジョバ」のメンバーだったんだね。

今後の活躍にも期待しましょう。
トップバリュの「フムス」
20200707IMG_8761.jpeg


中東ルコ料理で、フムスというのがあることは、ここでも何度か触れた。
要はひよこ豆をペースト状に練って、ゴマやオリーブオイルなどで味付けしたもの。
トルコ航空の機内食で初めて食べたので、てっきりトルコ料理かと思いきや、そういう事でもないらしい。
一時期は、レバノンとイスラエルが本家争いをしたこともあるとか・・・

東京では、トルコ料理屋さんか、新宿マルイの地下でしかお会いできないものであったが、この度「イオン」でも買えるようになった。
いわゆる「トップバリュ」なので、失礼ながら、大丈夫なのか?などと思っていたが、とりあえず今日いただいた「プレーン」はなかなかのものだった。
クラッカーに乗っけていただくと、これがまたワインに合うのです。


よかったら是非一度食べてみてください。
ニッポン放送ショーアップナイター
2年前ぐらいだったか、TBSラジオがプロ野球のナイター中継から撤退したのは。
よく考えてみりゃ、どの局もほぼ横並びで同じ試合、もっと具体的に言えば巨人戦ばかり放送してる意味がよく分からないよね。
ま、文化放送がライオンズ戦とかやってくれたりするけども。

さて、ワタシがラジオで野球中継を聴き始めたのは、小学校3、4年の頃だった。
当時、19時半からテレビ中継が始まるので、それまではラジオ、そしてテレビ中継終了後にまたラジオに戻る、というのが日常であった。

さて、先ほども触れたけども、当時、TBS、文化放送、ニッポン放送、ラジオ関東(今のラジオ日本?)の同じ試合の放送のうち、ニッポン放送ショーアップナイターを好んで聴いていたのは、誰かがホームランを打った時に流れるファンファーレ的ジングルが好きだったからだ。
誰がホームランを打とうと、これが流れると何故か気分が上がったものだった。
王選手が世界新記録の756号ホームランを打った時も、これが流れたはずだ。
当時は、頭に譜面を浮かべながら聴いていたワケではないが、今思い出再生してみると、こんな感じだったと思う。



「ああ!これこれ」
って共感してくれる人がいたら嬉しゅうございますw
SAMURAI in the Rain
200704samurai.jpeg


傘の「横持ち」をしている人に直撃してわかった その意外な「理由」と気づいていない「危険」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5d86aeb52416611077f50f6c4fa4e568cead7ae0?page=1

これ、いい年のオヤジに多い気がするんだよね。
駅の階段とかで、なぜかよく見かけるやつ。
むらたたむちゃんも「サムライ・イン・ザ・レイン」という曲で、この件について歌っている。
本当に危険で、後ろの人がどれだけ迷惑してるかってことに、全く気付いてないからタチが悪い。

ワタシ、これ見かけたら、そっと後ろから近づいて、ブンッて来た瞬間に、自分の傘をコツっと当てる。
大体これで持ち方直すので、おすすめである。
STAY HOME企画第9弾!「A-JARI FINAL LIVE」その5



皆様、東京では相変わらず新規感染者が増えるばかり。
ワタシが出演予定だったいくつかのライブも、無期延期状態になっております。
もう少し我慢で、なるべくおうちに籠もっていましょう。
雨はまだ上がってないのです。

という事で、FINAL第5弾です。

本多さんのMCの続きから始まります。
そして、曲は「長い夜」

18歳の時に書いて以来、何度も何度も演奏してきたバラードだけど、アルバムのアレンジ通りにやったのは、多分サンプラザでやった時だけ。
あとは、アマチュア時代からのアレンジのままやってきた。
そして、このFINALでは、また別アレンジに。

当時、結果的に掛け持ちとなっていた、THE HEARTのボーカルの人が、尾崎豊さんから譲り受けたというオベーションをちょいと借りまして、1コーラスだけアコギアレンジ。
何気にこのアレンジも気に入ってます。

通常この曲の1コーラス目って、ボーカルとピアノの阿吽の呼吸だけで成り立ってたんだよね。
それが何か羨ましくて、最後ぐらいボーカルとギターでやってみたかった、ってのがあった。
2コーラス目間奏からAメロはピアノ&ボーカル&ベース。(元のテープがヨレヨレで、音がすごいことになってるけどw)
そしてBからバンドインするんだけど、このアレンジもこの時だけ微妙に違ったんだよね。
このアレンジがメンバー皆結構気に入っていて、その後の再解散ライブやら30周年ライブやらは、皆このアレンジに固定されてる気がする。

からの「恋の終わりのキスマーク」
これも今さらのニューアレンジだったかな?

みんなで歌える曲の一つで、ライブでも盛り上がったよね〜

そして、憲坊の名曲「NEVER STARTING STORY」へと続く。
2コーラス終わりで、変拍子の入った感想。そしてサビに戻ったところで、このパートは終了。
その6へと続くのであった・・・
役所メシ「江東運転免許試験場」(久々)

200702_IMG_8751.jpeg
久々の役所メシです。
運転免許のアレで、自宅からチャリ15分の江東試験場に行ってきた。
最寄り駅は、東京メトロ東西線の東陽町。
ちなみに江東区東陽という地名はあるが「東陽町」という地名はない。

さて、こちら、行くたびにメニューが微妙に変わっているので、それ自体も楽しい。
が、今回いただいたのは、多分不変の「アジフライ定食」。650円税込。
こちら、注文を受けてから揚げるので、熱々のサックサク。
しかも大きめのアジが二尾。
こちらをマヨマシマシでいただきました。
文句なしの美味しさ。食器を下げるときに、厨房のおじさんに
「メチャ美味しかったです!」
と告げると
「ありがとねー!!」
とお返事が。

この近所の江東区役所の食堂が閉鎖となってしまったので、古き良き下町の役所メシといえば、このあたりではここしかないね。
ま、お値段的にはそんなには安くないけど。
気が向いたらまた食べに来ようっと。

香港は死んだ

昨日、今日と、身の回りに様々なニュースが多すぎて、頭クラクラしてます。

生活上とかA-JARIネタとかパーソナルなのは置いといて、まず昨日(6/30)から、道交法がプチ改正。
煽り運転は即免許取り消しになる事になった。
これだけ世間を騒がしてるのに、まだやる輩がいる事が、逆に不思議だね。

そして今日は舞浜のテーマパークが再開。
これもなかなかの大ニュースだ。いい方のね。
テレビなんかで映像見たけど、感動的だったよ。

そして、今朝の産経新聞朝刊が、1面で「香港は死んだ」と異例のコメント付きで報じたのが、中国の「香港安全法」の施行。
200701_IMG_0006.jpeg

香港がイギリスから中国に返還されるときに中国が保証した「一国二制度」が、完全に潰された形だ。
これはヤバい。本当にヤバい。
もう香港は香港では無くなってしまった。もはや中国の一都市でしかない。
アメリカは激怒しているが、EU諸国は弱腰だ。
一体どうなって行くのだろう・・・
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.