FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

「TIME GOES BY」誕生物語〜HOT WAVE FES.

昨日アップした「TIME GOES BY」という曲。
そもそもあの曲が、なぜ、どうやって誕生したのかについて、多分今まで語ったことがないかもしれないので、せっかくなので・・・

我々あじゃりの高学年組が高3だった夏、「横浜HIGH SCHOOL HOT WAVE FESTIVAL」とかいう、高校生のバンドコンテストがあった。
チャーリーがタイコを叩いていた「GOOD MAN」とか、憲坊がタイコを叩いていた「ジャーマンポテト何ちゃら」とかも出場していて、彼ら横浜組とはそこで知り合った。
決勝まで行けば、テレビに出られるらしい、という事で、東京から応募し、いくつかの予選を通過。当たり前のように決勝まで辿り着いた。
その時に「課題曲」というものが義務付けられており、「時間」をテーマとして1分半の楽曲を作り、メイン曲の前に演奏しなさいというものだった。
で、それ用に作ったのが、あの「TIME GOES BY」という曲だったのだ。
「いきなりアカペラ始まりにしたらウケるんじゃね?」
とか
「どうせメタルとかフュージョンバンドが多いんだろうから、ズージャ(ジャズ)っぽくしてみる?」
など、およそ子供らしからぬ狙いで作られた、1分半ちょうどの曲であった。
4年後に、アルバムに収録されるなどとは、この時思いもしていなかった。

その「HOT WAVE〜」、メインで演奏した曲は「レイニーストレート何ちゃら」というやつ。
テレビでオンエアされたあじゃりのパフォーマンスがこちらです(・∀・)


TIME GOES BY

母親の家(オレにとっては実家ではない)に、大量に預けてあるVHSの中から、適当に3本ぐらい持って帰ってきて、業者さんにDVD化してもらった。
かなり前の話だが、そのまま見もせずに放置していたのを、昨日あたりから掘り返している。
その中に、A-JARIの3枚目のアルバム(最後のアルバム?)「CHARACTORS」のレコーディング風景なんかがあるんだけど、まあ、とてもじゃないけど、見せられたもんじゃないねw

ギリ、これなら大丈夫か、という部分を切り取ってみたよ。
「TIME GOES BY」という曲の、仮歌を録ってるとこ。
ピアノソロのフレーズが微妙に違ってたり、本多さんが歌詞間違ったりしてるとこが、かなりリアル。
全く記憶になかったんだけど、オレが半分歌ってたね。
しかし、ここでの見せ場は、最後の「バ〜〜〜〜〜〜〜〜〜イ」って伸ばすところ。
ボーカル本多氏の、喉への負担を避けるべく、途中で見事にオレに入れ替わってる部分かな。

それではご覧ください。

試験場とアジフライ

午前中、とても良い天気の中、江東区は東陽にある運転免許試験場へ。
6月で更新を迎える、運転免許の延長手続き。
これをやっておくと、最長10月頭まで、更新手続きが延長できるのだ。
案の定、試験場がガラガラ。

200428_IMG_8265.jpeg

200428_IMG_8264.jpeg

200428_IMG_8263.jpeg


理由は新型コロナの感染拡大。
なぜわざわざこんなわかり切った説明をつけるのかというと、9年後に「何だっけ?」とならない為だ。
9年後のオレ、まだ生きてたら感謝してねw

で、帰宅して、とある動画を撮影したのち、ご褒美のアジフライと白ワイン。
先週の終わりぐらいから、今日の昼はアジフライと決めていた。
ま、スーパーのお惣菜ですけどね。美味しゅうございました。

200428_.jpeg


もうすぐ素敵な発表が出来ると思うので、お楽しみに〜( ´ ▽ ` )ノ
暴れん坊クッキング「牛レバーのステーキ」

幼き頃より好き嫌いが多く、30歳過ぎぐらいからようやく色々食べられるようになってきたのだが、未だに苦手な素材の一つがレバー。
しかし、ここ数年の検診で、必ず引っかかるのが貧血。
つまり、ビタミンB12や葉酸の不足、そして赤血球が少ないらしい。
それらを補うのがレバーらしいという事で、苦手克服メニューに挑戦してみましたよ。今日のお昼。

材料
牛レバー:適量
牛乳:適当
タマネギ:一個
オリーブオイル、塩、コショー、オリーブオイル



レバーの何が苦手って、やはりあの臭みというか、独特の風味。
それ対策として、まずは牛乳にたっぷりと浸っていただいて、血抜きをします。

200427_IMG_8254.jpeg


1時間弱ぐらい。
終わったら、キッチンペーパーで拭き取り・・・

200427_IMG_8256.jpeg



塩コショーして味付けしておく。
コショーかなり多めに。

タマネギはスライスして、オリーブオイルでしんなりするまで炒める。

200427_IMG_8259.jpeg


レバーには軽く小麦粉をまぶし、別のフライパンで、やはりオリーブオイルで焼く。

200427_IMG_8258.jpeg



最後に、仕上がったタマネギのフライパンにレバーを参加させ、蓋をしてしばし蒸し焼きにして出来上がり。

200427_IMG_8260.jpeg



いや、これなかなかイケるよ。
レバー苦手なオレでも美味しく頂けました!!
ワインにも合いそう♪

貧血対策として、週一ぐらいで食しても良いかも。
手作りマスク ver.2.1ぐらい?
アベノマスクのおかげなのか、だいぶ世間にマスクが出回って来ているようだ。
しかし、まだ十分とは言えない中、ワシの手作りマスクの作り方も日々進化している。
課題は時間と手間の簡略化とコスパ
ま、布はなんでも良い。最近のマイブームは「不織布の服帯」。
型は相変わらずコーヒーフィルタで取るんだけど、内側の曲線部分は縫わない事にしたので、もう直線でおk。

200426_IMG_8238.jpeg

それぞれの曲線部分を、ステープラー で止めるわけだが、ガイドラインをやはりコーヒーフィルタで描いてやり、
200426_IMG_8239.jpeg

それに沿ってバチバチと止めていく。
200426_IMG_8240.jpeg


これによって、裏返した時の曲線部分、つまり顔面のセンター部分がより美しい仕上がりになる。
続いて、面と裏の上と下を、これまたバチバチと止める。
ちなみに、ステープラー の針は「ステンレス製」にしてみた。
多分、洗っても錆びづらいのではないかと思い。
200426_IMG_8241.jpeg

200426_IMG_8242.jpeg



で、くるりんぱして、耳部分は中古マスクから切り取ったやつを、バチンバチンと止めて出来上がり。

200426_IMG_8250.jpeg

3分ぐらいで作れるようになったよ。
一個1,000円ぐらいで販売しようかな?
耳掻きセット
200425_IMG_8224.jpeg

ある日、身に覚えのない品物が届いた。
耳掻きセット。
いや、正確には覚えていないだけで、しっかり購入履歴があった。
いつぞやの夜、酔っ払ってネットショップで注文したものだった。
ま、耳掃除に役立つので、あって困るものではないが、夜中のネットショップは本当にヤバイね。
最近、こんな感じで色々購入しちゃってる気がする。
昨日も、スタインバーガーのギターをもうちょいで注文するところだった。
現在のところ、いわゆる不要不急の買い物である。
夜中のネットショップ、今後も要注意だな・・・
詞先・曲先

テレビで朝ドラ「エール」にまつわるエピソードについてやってた。
モデルになった古関センセイの名曲、特に野球にまつわる応援歌のほとんどは「詞先」だったとか。
つまり、先に詞があって、それにメロディをつける、という手法。
ドラマでも、現存する「詩」に曲をつける、という描写がいくつもある。
一方、現代のJ-POPなどは、ほとんどが曲先。
メロディが先にあって、それに合わせて歌詞を書く。
秋元センセイなんかも、全部そのやり方。
どちらかと言えば、その方が作りやすいイメージがある。
ある程度文字数などが決まっていて、そこに言葉をはめていけば良いのだから。
しかし、先にある詞にメロディが見事にハマると、ガッツポーズが出るね。
ワタシの場合、近年では千早の「こいごころ」あたりがそれだろうか。



そして、作詞、作曲、編曲全てを行うワタシとしては、その全てが同時に出来る場合も多々ある。
A-JARIなら「平安の海」とか「アラリヨ」、THE HEARTで言えば「嘆きの壁」、IKEBUKUROなら「死んぢゃってくれ」なんかがそうだ。

ちなみに朝ドラ「あまちゃん」の、劇中のアイドル・プロデューサー太巻(演・古田新太)さんは、「振り先」と言って、振り付けから作るという手法らしいが、実際にそれを実行している人はいないと思われる。
今日の推し役者・小芝風花、福原遥、山田杏奈
それぞれ23歳、、21歳、19歳と、年齢もキャリアも違うけど、昨年あたりから主演を務めるようになって、これから旬を迎えるであろう、3人の未来の大女優さんたち。
特に福原遥ちゃんは、21歳にして再ブレイク中?
その昔は「クッキングアイドル」というNHKの子供番組で、まいんちゃんとして人気を博していた。
200423_haruka.jpeg


小芝風花さんは、「特撮ガガガ」などで振り切った演技で楽しませてくれた。
今シーズンは「美食探偵・明智五郎」でも弾けてます。
200423_main.jpeg


山田杏奈ちゃんは「新米姉妹のふたりごはん」で主演。
最近ではムカイリさん主演の「10の秘密」で、ワケアリな娘の役を、見事にこなしていたね。
200423_anna.jpeg
あと40年もすれば、泉ピン子さんそっくりな熟女に仕上がるような気がする。


現在、ドラマ収録が進められない状態で、今後の新ドラマとかがどうなるか分からないけど、順調に行けば、三人とも今年大ブレイク間違いなしの女優さんたちなので、注目してみてください。

THE ALFEE

最近、作業しながらNHKラジオ第一をよく聴いている。
無駄に音楽がやたら流れることもなく、最低限の情報を提供しつつ、それ以外の番組も、いい感じに力が抜けていて、作業的にちょうど良いからだ。
数日前の夕方、THE ALFEE先輩のレギュラー番組らしいやつが流れていた。
その中で、高見沢さんが、病院で「高見沢さ〜ん!」と呼び出される度に、院内が微妙な雰囲気になるというお話をされていた。
こんなことならデビュー時に、芸名をつけておけば良かったと。

そう言えば、最近のバンド、特にメタルやビジュアル系の人たちは芸名が多いが、我々の頃は本名、しかもフルネームを名乗ってるのが多かった。
SHOW-YAとかプリプリなんかもそうだった。
そのあたりの流行は行ったり来たりしており、例えばレイジーというバンドが「スージー」とか「ポッキー」とか名乗ってたりしてた反動で、サザンやツイストが本名だったり。
我々A-JARIは、ニックネームもありの本名フルネームだったが、あの頃、芸名をつけるとしたら、どんなのが良かったかな?

ところで、THE ALFEEは、ご本人たちがそう呼ぶように「ズィ・アルフィー」と発音するのが正しいのね。
何かとても違和感・・・

【ドラマ】「行列の女神~らーめん才遊記~」
c200421_ramen

鈴木京香主演、テレ東月曜22時。
すっかりお馴染みとなった「ドラマbiz」枠。
カリスマ女性ラーメン店主が、町の潰れそうなラーメン店を続々と立て直して行く的なドラマのようだ。
原作は漫画で、鈴木京香演じる主人公は、原作ではスキンヘッドのおっさんらしい。

200421_jpg.jpg

そんな鈴木京香を愛でるもよし、彼女の元に突然飛び込んできた破天荒な女性新入社員の黒島結菜を愛でるもよし。
第一話ではその黒島が
「どうしてラーメン屋の店主(の写真)って、みんな怖い顔して腕組みしてるんでしょうね?」
ったな疑問にめちゃ共感。
ついでに言えば、みんな黒いTシャツ着て頭にタオル巻いてるよね。

初回視聴率は5.1%
【暴れん坊クッキング】なんちゃってシュクメルリ

今日はグルジア、改めジョージアの家庭料理、シュクメルリを作ってみた。
以下、レシピです。

材料
鶏胸肉
サツマイモ
バター
オリーブオイル
塩・コショー
コンソメの元
ニンニク
小麦粉
牛乳
レモン汁
醤油
チーズ

作り方
・まず、テキトーにホワイトソースを作っておく
・サツマイモを、テキトーな大きさに切り、レンチンして柔らかくしておく

200420_IMG_8170.jpeg


・塩コショーした鶏胸肉を、オリーブオイルで炒めつける

200420_IMG_8171.jpeg

・サツマイモ投入
・ニンニクを好きなだけぶち込む
・ホワイトソース投入

200420_IMG_8172.jpeg

・牛乳、レモン汁、醤油などで味を整える
・チーズを好きなだけぶち込んで完成!

200420_IMG_8173.jpeg

素朴な中にもチーズ、ニンニクが主張していて、なかなか食べ応えがありました。
まだまだ改良の余地はあるけど、あまりハズレはないレシピであるかと。
食べて応援!豊洲 バル・ブレッツァ
200419_IMG_8127.jpeg

豊洲駅近くにある、ワインと南欧料理のお店。
通常は夕方開いて、深夜まで営業しているのだが、コロナ渦の現在、昼間にお弁当を販売している。
営業努力とはこういうことかと。
お値段もとても良心的で、試しにペンネ(税込み500円)を昨日買ってみたが、本格的な美味しさであるばかりか、一人では食べ切れないほどのボリュームだった。

200419_bar.jpeg


日替わりだと思うが、他のメニューも豊富。
こういう地元のお店を、こんな時だからこそ食べて応援したいと心から思うのである。
どうやら一人一律10万円もらえる事になったようだが、その金はこう言った「街の飲食店」に使うべきなのだろう。
このペンネで言えば、200杯買える事になるね。
豊洲近辺在住の皆さん、そして豊洲においでの方は、是非一度食べてみてください!
【ドラマ】「いいね!光源氏くん」
200418hikarugenji.jpeg

千葉雄大主演、NHK土曜23時。
「足ガール」や「信長のシェフ」などのように、歴史ものタイムリーブという設定。
千葉雄大演じる光源氏が、伊藤沙莉演じる普通のOLの部屋に現れる。
ハーレム状態の雅な生活から、いきなりニートの居候になった光源氏が、当たり前の現代の生活に様々な新鮮味を教えてくれる。
NHKらしく、非常に演技巧者な役者さんを揃えており、安心して観られる作品。
全8話だが、本日もう第3話が放送される。
スタートが遅れるドラマが多い中、NHKはおそらく前倒し、前倒しで制作しているのであろう。
無事に8話完走できますように。
【ドラマ】「SUITES season2」
200417suites2.jpeg

織田裕二主演、フジテレビ月曜21時、アメリカのテレビドラマのリメイク。
基本的に、シリーズ物の続編については、ここではあまり語らない事にしてるんだけど、今期は開始が延長されたりしてる作品も多いし、たまには、ね。
というのも、前回のシーズンを一通り観てから、本家を何シリーズかじっくり観てみた結果、ちょっとした違和感を覚えていた。
が、今回は(まだ初回だけだけど)、とてもスッキリと観る事が出来たのだ。
この違いが一体何なのか、ハッキリとは分からないんだけど、一つだけハッキリしてるのは、前回とは演出も脚本も違う人だという事だ。
今思えばだけど、前回のは「何ちゃってアメリカンドラマ」という感じ?
言ってみれば、なだぎ武さんのコントを見ているようだったが、今回は見事にアメリカドラマのあの臭さを再現出来ていた感じがしたのだ。
初回視聴率は11.1%だったらしいが、今後に期待したいと思う。
おそらく現在は撮影も中断してることかと想像するが、出演者もスタッフも皆さん、健康には十分留意して頑張っていただきたいと思う。

【ドラマ】「美食探偵 明智五郎」
200415bishokutantei.jpeg

中村倫也主演、もしかしたら初主演?日テレ日曜22時半。
名門デパート創業者の御曹司であり、探偵である主人公が、食をヒントに事件を解決していくミステリー。
共演の小芝風花は、近所でキッチンカーの弁当売りだが、何故かその助手として活躍してしまう形。
彼女がやけに生き生きしているな〜と思ったら、脚本が小芝風花主演のNHKドラマ「特撮ガガガ」の人だった。
初回ゲストと思いきや、今後も色々絡んで行く事になりそうな小池栄子にしても、オレ好みの演技巧者が揃っていて、この枠にしてはかなり楽しめそうだ。
ただ、日曜22時半のこの枠としては、ファミリーで観ると気まずくなりそうなワードがかなり出てくる。
ちなみに、初回視聴率は10%ジャスト。
【ドラマ】「レンタルなんもしない人」
200414renatal.jpeg

増田貴久主演、テレビ東京水曜深夜。
実在する人がモデルで、その人自体、SNSでちょいちょいお見かけしていた。
あ、テレビのドキュメンタリーでも見たっけな。
記憶では、交通費と一律1万円の利用料だった記憶があるが、ドラマの中では、交通費のみで、ごく簡単な受け答え以外は何もしないけどいるだけ、というお仕事。
しかし、そこそこの需要はあるようで、その中には悲喜交交のドラマがある。
そんなドラマをドラマ化した、というものだろう。
おそらく「コタキ兄弟」とかは、その辺からインスパイアされた部分もあると考える。
ある意味、実にテレ東深夜ドラマらしさがあって、フワッと観られるのが良い。
【ドラマ】「浦安鉄筋家族」
200413urayasu.jpeg

こちらも「〜家族」もの。
佐藤二朗主演、テレ東金曜深夜。
原作は同タイトルの漫画で、これまでもアニメ化されたりしていたが、実写化ドラマはこれが初めてらしい。
ちゃんと読んだことはないが、何となく内容は知っていた。
しかし、ドラマの場合、ストーリーがどうとかいうよりも、二朗さん含め、役者さんたちも、どう楽しんで演じているかを楽しむのが正しい観方だと思う。
実際、今二朗さんはもちろん、今回は脇役の滝藤賢一さんや、染谷祥太(大河では信長を演じている)などが、ノリノリで暴走(?)している。
第一話に関しては、「ちびまる子ちゃん」に似たようなエピソードがあったな〜という感想。

出演者が主題歌に合わせて演奏するオープニング(エンディング)も、最近多いね〜
【ドラマ】「隕石家族」
200412隕石

羽田美智子主演、テレ東土曜深夜。
「オトナの土ドラ」枠。
前クールの「パパがも一度恋をした」あたりから、ミステリーというよりファンタジーコメディ路線に変更したのか?
一年後に隕石が衝突して、地球が滅亡する事が判明し、一時は暴徒化した人々が街を荒らしたりしたものの、半年経った現在では、ほとんどの人が諦めて、あえて「日常」を暮らしている。
そんな中の一家族を中心として話は進んでいく。
一見、とても仲良し家族だが、妻(羽田美智子)は、ある秘密を持っている。
それは・・・
さて、全く先の読めない初回だったが、その方が面白いよね。
にゃんぱく宣言

ACのテレビCMで、何ヶ月か前から流れていた、「猫の飼い方」に関する注意喚起。
どう考えてもさだまさしさんの「関白宣言」のパロディで、どこかの作曲職人がそれっぽいものを作って、物真似の上手な人に歌わせてるものとばかり思っていた。
が、気がついたら「作詞・作曲さだまさし」のテロップが。
何と、ご本人だった。
自分の曲のパロディって、かなり難しいと思うんだけど、これは良くできてるな〜


カーシェアライフ、ひと月め

そういえば、先月下旬から利用し始めた、オリックス・カーシェアの、初月の請求書が来た。
20円プラス消費税2円で、22円。
ま、下旬からの利用で、2回しか乗ってなかったし、初月割引で月回避無料プラス、4000円割引か何かがあったので、乗らなかった分むしろ損?
ちなみに、今月は現時点で一度も乗っていない。
手放して大正解だったのかな?
【ドラマ】「地獄のガールフレンド」
200409_jigoku.jpeg

加藤ローサ主演、フジテレビ月曜深夜。
完全ノーマークだったが、カミさんに勧められて、見逃しを観てみたら、結構面白そうだった。
武田梨奈も出てるし。
「友達なんて要らない」という事以外、何も共通点のない3人の女性が、シェアハウスで暮らすことになる。
それぞれいろんな事情を抱えているらしく、それぞれの方面から様々な世界観が描かれるのか?何が「地獄」なのか?わからん。
よくわからんけど、何か雰囲気が良い。
以前、FODで配信されていたものが、この度地上波放送開始という事だが、準主役の武田梨奈は、結果的に月曜夜に2本レギュラーという形になっている。
【暴れん坊ソーイング】マスク作り方

いくつかリクエストを頂いたので、藤尾式マスクの作り方を・・・

用意するもの
・布
・ゴム紐
・紙(不織布)のコーヒーフィルター


ワタシの場合、布はダイソーの裁縫コーナーでデニム生地を買った。
ゴム紐は、長いタイプの髪ゴムっぽいヤツ。
コンデンサーマイクとマイクホルダーの緩衝材として購入した残りが家にあった。

手順

・まず、コーヒーフィルターで、布に型を取り、切り抜く

200408_IMG_7967.jpg

マスク1枚あたり、計4枚切るんだけど、うち2枚は紐を通す用の耳を作る
耳ありをA、耳なしをBとすると、A2枚、B2枚の計4枚ね。
写真、遠近法でおかしくなってるけど、「耳」以外は同じ大きさ、形です。

200408_IMG_0803.jpeg



・A1と2、B1と2をそれぞれ、カーブ部分を合わせて縫うんだけど(1)

200408_IMG_0804.jpeg




ステープラー(和名・ホチキス)で仮留めしておくとやりやすいかも。
自分の場合は、2枚重ねて切り抜く時点からもう仮止めしとります。
仮止めなので、もちろん縫い終わったら外します。
上級者はマチ針とか使うのかな?

200408_IMG_7959.jpeg

マチは5mmぐらいで良いかと。

・できたA1・2、B1・2を、縫い目を互いに外にした状態で合わせ、上部分だけ縫い合わせる(2)。

200408_IMG_0805.jpeg


・くるりんぱとひっくり返して、紐を通す部分を作る

200408_IMG_7969.jpeg


・紐を通し、顔面の大きさにあった長さに調整する。


・完成!

200408_IMG_7992.jpeg


・あえて下部分は縫い合わせず、ここからフィルタ的なものを挿入できるようにしておく。
キッチンペーパーでもティッシュでもオムツでも?オレはペットシーツを切って挟んでおります。


布以外はたまたま家にあったもので間に合ったので、原価110円で、マスク4つ作れました。
手洗いならしばらく持つだろう・・・

関係ないけど、縫うことそのものより、針に糸を通すのが全然ダメで、試しに糸にヘアワックスつけてみたら、意外と簡単にできるようになった(・∀・)
これはこれで大発見だ。
【暴れん坊ソーイング】マスク作ってみたよ

コロナ騒動前から、ある程度マスクのストックがあったのだが、そろそろ手持ちが残り少なくなってきた。
かといって、チマタで展開されている争奪戦に参戦するのも嫌だ。
だって、マスク買うために並んでること自体が「濃厚接触」っぽいんだもん。
どうでもいいけど、スーパーのレジ待ち列で、前のおっさんと1メートルちょいの間隔を取って並んでるのに、後ろのオバハンがビッタリついてくるのは勘弁してほしいw

時を戻そう。
基本的に、マスクでウィルスを防げるとは思っていない。
しかし、感染させる事、飛沫を撒き散らす事、そして周囲に不安感を与えない事などの理由から、やはりマスクはあった方が良いと思う。
欧米と日本の感染率の違いは、マスクという習慣によるところも多いのかもしれない。
その証拠に、今まで「マスクは効果がない」としていた国や団体も、マスク使用を奨励し始めた。

って事で、裁縫はズブの素人なのだが、テキトーに洗って使えそうなヤツ作ってみたよ。
本当に思いつきだけで作ってみたけど、なかなかイケてるでしょ?
何よりも「マスクが無い」という不安感がゼロになるだけでも、日常のストレスが1割ぐらい軽減した気がする。

200407_IMG_7972.jpeg


オレでも比較的簡単に作れるので、裁縫が得意な人、特にミシンを操れる人なら15分もあれば作れるんじゃないかな?
オレはメカに弱いので手縫いだけども。
もし興味がある方がいるのであれば、超テキトーなその作り方も書くよ!
プロ野球の音

コロナの影響で、オープン戦はほぼ無観客で行われた日本プロ野球。
ちょいちょいテレビの中継やニュースを観たけど、それはそれで面白かった。
ピッチャーがリリースの瞬間に唸る声、打球音や捕球音、ベンチからの野次など、普段は耳にする事のない音を感じる事ができた。
みんなで応援する形式が大好きな日本人によるNPBに於いても、たまーに「鳴り物禁止」みたいな企画もあったけど、観客すらいないというのもとても新鮮だった。
有料入場者がいなければ収入にならない、というのが原則ではあるが、ネット社会の今、色々やりようはあると思う。
そんな工夫も交えつつ、1日も早いシーズン開始を望むものである。
最近の子役

この季節、朝ドラや大河ドラマは、主に主要人物の子供時代が描かれるので、基本的に子役が活躍する。
もう何十年もそんな感じだけど、ここ数年の子役のレベルが半端ない。劣化しない
いや、福くんとか、芦田愛菜ちゃんあたり、もしくはその前、安達祐実あたりからレベル高杉晋作。
何よりも、大きくなっても全く劣化しないんだよね。
もちろん、演技力も。これに関しては、ここ数年、目を見張るものがある。
さらに、大人になってからのキャラにそっくりな子が多い気がする。
今の朝ドラでは、この後二階堂ふみになるであろう彼女など、とっても似てるよね。

CM界では、これがインパクト大。

PLANT TIMEの CM

色々とインパクト強すぎて、隣で踊ってるのが広瀬すずだと気付くのに、しばらく日数がかかったほどだ。
この方は「ニッポンノワール」や「コンフィデンスマン」なんかにも出演しておられる売れっ子さんなんだけどね。
ハッピーバースデー!シフォンさん2020
めでたく15回目のお誕生日を迎えたシフォンさん。
もう目はほぼ見えてないけど、まだお元気です。
そして相変わらずちっちゃいです。

来年もこの日を迎えられるといいな〜

200404_IMG_7893.jpeg
【暴れん坊クッキング】ソーセージロールキャベツ

最近、何気に値段が高騰している野菜であるが、多少高くてもいいから「春キャベツ」じゃなくて普通のキャベツが食べたいと思うのオレだけ?
という事で、春キャベツの卒塔婆、じゃない外葉を有効活用出来ないかと思い、作ってみたのがこれ。

「ソーセージロールキャベツ」

ソーセージと言えば、主成分は挽き肉。つまり、ロールキャベツの中身とほぼ同じじゃないですか。
ちょうど、先日のバーベの残りのアルトバイエルンが一袋あったので、作ってみましたよ。

・キャベツの外葉を、ソーセージの横幅よりちょっと小さめにカット。
・コンソメを適当に溶かしたお湯で、しんなりするまで煮る。
・ソーセージを巻いて、爪楊枝で固定し、更に煮る。
・完成!


ソーセージ自体に味がついているので、特に塩コショーとかの必要もなく、美味しくいただきました。
ちなみに写真奥はポテサラ。
なんとなくジャーマニーな感じの昼食となりました。

200403_IMG_7890.jpeg
iPhoneを買い替えた
200402_IMG_6705.jpeg

これまで使っていたiPhone8のバッテリーがいよいよ怪しくなって来たので、買い替えてみた。
あまり深く考えず、XRとかってやつにした。
これまでと大きく違う点は、物理的ホームボタンがない事。
最初は戸惑ったけど、慣れてくると意外と便利。
画面下からスワイプすると、顔認証で開いてくれるので、手袋をしてたり、指が濡れていても全く問題ない。
しかし、マスクとかしてると認証してくれないね。
とにかく「下から上」とか「上から下」、「右から左」など、スワイプで出来る事がたくさんある。
バックアップは、一晩放って置いたら、全部やってくれていた。

ただ、さっきライン電話がかかってきたので出ようと思ったら、全く出られず、何かと思ったら、アプリごとの「マイクへのアクセス」を許可する設定にしなきゃいけなかったようだ。
他にも、初期設定で必要な事が色々とありそうだ。
テレワークのすゝめ

元々自宅作業が多かったけど、期せずしてこのタイミングでほぼ完全に自宅作業オンリーとなった、いわばテレワークの先輩から、時節柄、最近自宅作業を始めた方々への、ささやかなアドバイスを。

まず、仕事前に「着替える」事をお勧めします。
全てにおいて、オン・オフは大事。
通勤の時間も省けるし、ついついやりすぎてしまいがちなのが自宅作業のデメリット。
しっかり区切って仕事するのが、効率にも繋がることは、これまでの経験でよく分かっている。
朝食を食べて、「さあ、やるか!」となったら、まずは外に出られる服に着替えましょう。

さて、作業を開始して数時間、次は「昼休み」。
自分の場合は、12:20からほぼ1時間と決めている。
通常は昼食を自炊し、食べて片付けるのに1時間かける。
時々外食。行って食べて帰るのに1時間。
もしくはウーバーなどで出前。
テレビとか観ながらダラダラと待って、食べて片付けて1時間。
毎回同じだと飽きるので、都度都度過ごし方は変える。
この1時間が、なかなかの切り替えタイムになり、また午後の仕事が捗るのである。

そして、通常の勤務時間を過ぎたら、さっさと「飲む」べし。(飲める人はね)
ま、自分の場合は、ちょいちょい飲みながらやったりもしますけどね。
何せ、運転する可能性はほぼゼロになったし・・・
「もうちょっとやりたい」とか、キリの悪い感じでも、その日はもう終了し、続きはまた明日。

日が変わったら、また新しいアイディアも生まれるかも?

ま、業務の内容にもよるだろうけど、こんな感じが良いと思います!
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.