FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

2019年を振り返る

今年ももう終わろうとしている。
振り返ってみると、あっという間なのは、年齢を重ねるごとに加速するのだが、今年はちょっと長かった。
仕事的には、弾き語り女子、和楽器プロジェクト、メタル女子、変態3ピースバンド、NAONのYAONやWGGC他のイベント、映画音楽など、バラエティ豊かだった。
後半はなぜかキーボード仕事がやたら多かったな。
演奏場所も、マニラだったり神田明神だったり、特殊なケースが続いた。
私生活的には、息子が大学に入学したり、娘が海外に留学したり、愛犬を失ったり、例年より大きな出来事が多かった。
全国ニュースにはなったが、いとこが突然国会議員になる、なんてどうでもいい事もあった。
世の中的には、元号が変わったことと、秋の台風2連発が衝撃的だったなー

さて、2020年が皆様とオレ様にとって、良い年であることを願います。
さ、今年も最後に窓を開けて、東京港中の船が鳴らす汽笛をアテに、ポン酒で乾杯!
【ドラマ】「結婚できない男」と「まだ結婚できない男」
この冬のドラマもほぼ全て終了し、観るものも無いので、13年前の「結婚できない男」を再度、アマゾンプライムで第一話から見直している。
いやーやっぱり面白い。
「アナ雪」をはじめとする映画作品なんかもそうだけど、「1」が「2」を超える事ってまず無いので、そこは期待せずに、続編は観ていたのだが・・・
主人公・桑野を取り巻く女性たちに、夏川結衣、高島礼子、国仲涼子が起用されていた前作に対し、続編では吉田羊、稲森いずみ、深川麻衣が起用されていた。
世間では、特に深川麻衣の演技に厳しい声が集まっていたようだが、自分的にはそれは感じなかった。
何かが足りなかったとしたら、それは夏川結衣不足だろう。
笑顔のレパートリーが豊富で、普通の笑顔、嫌味の笑顔、怒りを隠す笑顔、同情の笑顔など、見事に使い分けていた。
それと、桑野の変人っぷりの描写かな〜
「このエピソード必要なのか?」ってシーンも結構あったので、その分の時間でもっと描いて欲しかったね。

ただ、「1」あっての「2」っていう利点はどの作品にもある。
このドラマの場合、大人の事情で出演できない金田(高知東生)の名前が所々に登場してたり、エイジとの過去の場面がが結婚式で出てきたり、パンクなコンビニ店員だった人が堅気なペットショップ店員だったり・・・
こういう遊びは大好きだ。

191230-01.jpg

対位法

とある現場で言われた言葉。

「藤尾さんのアレンジって、きちんとしてますよね〜。対位法もちゃんと出来てるし・・・」

おそらくそのキーボーディストの方は、音大出身だと思われるんだけど、久々にこの業界で「対位法」という言葉を聞いた。
対位法に関して語ると、ちょっと難しい話になってしまうんだけど、要はメロディがあってリズムがあってコードがあればそれで良いという話では無い、という事。
ミュージシャンに音符が読めない人って結構いるんだけど、アレンジャーで対位法を知らない人もかなりいると思う。
それでも、何となく仕事が出来ちゃう(気になっちゃう)のがこの業界なんだよねー

もし「このアレンジャー、大丈夫かな?」と不安になったら、対位法について尋ねてみましょう。
正しく語れたら、多分大丈夫。
って、そんな状況に置かれることって、人生でそうそう無いと思うけど。
昼飯道

以前にも、ドラマ「ハロー張りネズミ」について触れながら、昼飯に何を食うかは非常に大事だと説いた事がある。

http://ryo63.blog40.fc2.com/blog-entry-3342.html

これに関しては、今も全く考えは変わらない。
更なるこだわりとしては、料理そのものと、「お得感」を味わいたい、という点かな〜
高い金を払えば、そりゃ美味いものが食えるのは当たり前。
ドラマ「孤独のグルメ」の五郎さんなんぞ、昼飯に5千円とかかけたりしている。
しかしそこを、いかにコストを抑えて美味しい思いをするか?というところに拘りたいのである。
その一つが学食や役所メシだったりするのだが、その他にも、各種クーポンサイトや、株主優待券を駆使、というか、有効活用したいと常々思っている。
基準としては、ワンコイン、つまり支出は500円程度に抑えれば合格。


株主優待については、昼飯のみならず、ライブの空き時間の水分補給などにも活用する必要があるので、おいそれと濫用する訳にもいかない。
これについてはまた後日、詳しく語る事にしよう。

で、先日はまたしてもサイゼで食したのだが、今回は税込500円のランチセットではなく、この取り合わせにしてみた。

・フリウリ風フリコ(299円)
・アンチョビキャベツ(199円)
・ミラノ風ドリア(299円)


これで合計797円(税込)。
株主優待券500円を使用し、現金で297円でサイナス。
この日の昼食はこれで大勝利と言えるだろう。
ちょっと量的に多かったかもだけど。

191228_IMG_5979.jpeg


あ、でも基本的には、昼飯は自炊してますよ。
ワンポイントリリーフ禁止へ

これもニュースネタだけど、来年からMLBで、ワンポイントリリーフが禁止になるらしい。
そもそもワンポイントリリーフとは何か?野球に興味がない人にとっては、なんの事やら?だろう。
日本で言う「遠山葛西遠山葛西戦術」と言うやつで、ある一人のバッターに対してだけのために、一人のピッチャーを登板させる、一人一殺の起用法。
そのバッターを打ち取ったら(打たれてもだけど)、次の投手に交代する、と言うもの。

試合時間短縮のため、これを禁止して、最低でも3人のバッターと対戦しなければ交代できない、と言う新ルールになるようである。
NPBでもこれを追随する動きがあるらしい。
ま、テレビで日本の野球中継とか観なくなったからな〜あまり関係ないかもだな。
でも日曜にFM795でやってる「サンデーライオンズ」はよく聴いてます。

ちなみにメジャーでは、ロボット審判を導入する動きもあるらしいぞ。
そっちはちょっと楽しみかも!
色々忘れ散らかした日

昨夜はメアリーのライブだったんだけど、その前、午前中にちょっと長いミーティングがあった。
一昨夜も遅かったので、朝はバタバタしながら、ライブに必要な機材をキャリーカートに放り込み、財布なども一応乱暴にぶっ込んで家を出た。  はずだった。

191225_IMG_5981.jpeg


昼過ぎ、ミーティングも終わり、とりあえず昼飯でも食うかと、キャリーちゃんを漁ってみると、ないんだよ。色々。
まず、いち早くキャッシュレス生活を取り入れているワタシは、電子マネーやクレジットカード、各種株主優待券とコインケースを一つのポーチにまとめている。
それがない。
唯一きゃりーぱみゅぱみゅに入れた財布には、現金が千円しかない。
ま、それで飯は食えるんだけどね。
しかも、モバイルバッテリー(x3)やらライトニングケーブル(x2)など、モバイル製品の命綱となっているセットもない。
どうやら、一昨日のリハ前に、いつも使っているバッグからギターケースにまとめて放り込んで、家を出たんだけど、それをもって入れ替えた気になっていたようだ。
これが、昨日忘れたものリスト。

191225_IMG_5975.jpeg

大事なものをセットにしておいた事が、逆効果になってしまった例である。

結局、ライブでは持って行った機材が使えず、現地の機材でやりくりした。
つまり、持っていったものがほとんど「要らない子」で、本当に必要な物はほぼ持っていなかったことになる。

それでも、本番前のビールは、ファミペイ のクーポンでゲットできたし、必要なら決済アプリが他にも色々ある。
便利な世の中だ。

191225_IMG_5968.jpeg

メアリー・クリスマス
今宵は、Mary's Bloodのライブ、というよりファンミ?というより、忘年会?的なイベントで、これまたキーボードで参加。
ピアノバラードやりたいので、ピアノで参加してくれないか?とのオファーだったので、ピアノ弾いてきた。

191224MARYS.jpeg


いや、オレでいいの?って感じだったけど、ちょっと楽しかったよ。
何せ、飲み放題付き。ビールは別料金だったけど、ハイボール9杯ぐらいいただいてきました(・∀・)

191224-02.jpeg


あいちゃんのソロライブだったり、さきちゃんのネモフィラだったりは最近ちょいちょい噛んでたけど、メアリーさん自体は結構お久しぶりだったかも。
中には
「A-JARIの藤尾さんですよね?」
とか
「THE HEARTの藤尾さんですよね?」
なんて話しかけてくれた人などもいらっしゃりやがりまして、大変嬉しゅうございました。
多分、メアリーのメンバー達よりも、こういう方々との方が話が合う予感・・・

また来年、あいちゃんのソロライブや、ネモなどもあるので、皆様よろしくお願い申し上げます。
メリクリ!!
新バンド?
本日は、午前中からNEMOPHILAの楽曲に関する打ち合わせ。
今後、世界に向けてどのような展開をしていくのか、も含め、かなり綿密なミーティングでした。
先日から産休に入ると宣言した村田たむ氏だったけど、2月のライブも何らかの形で出演すると言う嬉しい申し出。

で、そのミーティングから帰宅する途中に、愛犬・ココアちゃんの訃報が届く。
親の死目にも会えないのがこの業界の常だが、たまたま一旦帰宅するタイミングがあったので、まだ少し温かいココアちゃんを愛でる事ができた。

そして、夕方からはMARY'S BLOODのボーカル、あいちゃんソロライブのリハーサル。
本番は2月7日なんだけど、本日は顔合わせを兼ねてのスタジオ入り。
5時間と言う、そこそこの長丁場だったんだけど、これが本当にいい感じ。サイコーなんですよ。メンバーが。
もうね、もはや「バンド」ですね、これは。
ドラム五十嵐浩太、ベースJPとは何度も一緒にやってるので、手の内は見えてたけど、キーボードの初めましての美玲ちゃんがまた最高。
本番はもう勝利の予感しかない。
サブタイトルに「BEST HIT USA」って付けたくなるようなセトリだしね。

あ、もうすぐSOLDOUTになりそうらしいので、来てやってもいいよと言う方は、お早めにチケット確保してくださいね。

って事で、ようやく帰宅して、またココアちゃんを愛でます。
悲しいこともたくさんあるけど、まだまだ前を向いて進んでいくのみ。

191223rh.jpg
カレー、混ぜる?混ぜない?

https://j-town.net/tokyo/research/results/242645.html?p=all

最近、何かの記事で読んだんだけど、全国的には、カレーご飯を混ぜて食べる派は、3割ほど。
ところが、なぜか岩手県、静岡県では混ぜる派が上回っているという。理由は明らかになっていない。
ワタシはと言えば、基本的には混ぜない派。
だが、外食などで、明らかにルーの配分が少ない場合などは、混ぜる場合もある。
昔の新幹線のカレーとかがそうだったなー

ところで、混ぜる人は、カツカレーとかで混ぜるんだろうか?

191222.jpg

駅と電車内の迷惑行為、1位は「座席の座り方」 日本民営鉄道協会がランキング発表

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191219-00216593-tkwalk-life
今年の迷惑No.1は「座席の座り方」だそうで・・・
自分的には、やっぱり「リュック」かな〜
リュックを普通に後ろに背負ってる人って、自覚がない人が多い気がする。
その次がタバコ臭い人かな。
宅配が来ない
ある日の朝。確か10時ごろ。インターホンが鳴った。
マンションのエントランスからで、佐川急便の配達員さん。
「順番にお伺いしますので〜」
という、いつものパターン。
応対してしまった以上、玄関まで来てもらって気付かなかったりしたら失礼なので、作業中のヘッドホンの音量も極力下げ、いつ来ても出られる体勢に。
しかし、これが待てど暮らせど来ない。とても落ち着かない。
午後になって出かける時間になっても来ないので、これは仕方ない。
で、結局その日、佐川さんからは何も届かなかった。
おそらくだが、部屋番号を間違えてインターホンを押したのだろう。お荷物は別な部屋に予告なく無事に届いたと思われる。

そして昨日。19時過ぎぐらいに、ヤマト運輸の配達員さんから、インターホン。
こちらは、再配達のお知らせが届いていたので、間違いなくうちの荷物。
しかし、これまた待てど暮らせど来ない。
21時を過ぎても届かないので、流石にこちらからドライバーさんに直電。
「すみません、会社に戻って来てしまったので、再度伺います。」
イマイチ要領を得ないが、とりあえず待つことに。
しかし、22時を過ぎても一向に現れない。
22時半。電話が鳴る。
「すみません、もしかしたら落としてしまったかもしれないので、これから探しに行きます。」
いやいや、もう遅いし、無理しなくていいですよ。
流石に気の毒だし、そう言ったんだけど、
「いや、納得が行くまで探させてください。」
いや〜、そのアツさは嫌いじゃないんだけど、どっちかと言えば迷惑。
それじゃこちらも風呂にも入れず、ひたすら待たなきゃならないではないか。
で23時過ぎ。またインターホンが鳴り
「すみません、見つかりませんでした。」
とまあ、結局誰も幸せになれない展開に。

結局今朝、郵便受けに、それらしきものが届いていた。
おそらくその辺で拾ったマンション住民の方が入れてくれたのであろう。
良い住民に恵まれたマンションで本当に良かった。
生放送・生演奏

自称・公共放送を名乗る某放送局で、毎週日曜のお昼にやっている、素人が熱唱する番組。
なんと、ラジオ時代から通算すると、もう74年近くも続く超ご長寿番組だそう。
時には放送事故級の酷いボーカリストも登場したりするが、そこは生バンドが歌にしっかり合わせてくれる。

先日、同じ局の別な番組で、その生バンドでドラムを叩いている人のお昼ご飯に密着するコーナーをやっていた。
まあお昼ご飯についてはどうでも良かったんだけど、初めて知ってびっくりする事がたくさんあった。

まず、そのドラマーさんは広島在住で、全国を回るその番組が中国地方に来たときだけ、演奏に参加するそう。
年に大体4回ぐらいなんだって。
各地にそういうご当地バンドがあって、持ち回りでやっているらしい。
全国を回っているのは、司会の小田切さんと、鐘の秋山さん、及びバンマス(交代で2名いるそう)だけ、という訳だ。

で、本番当日、20組の伴奏を生本番、生演奏で行うわけだけど、その前日に予選会があって、テレビ中継はないんだけど、なんと250組が参加。
その全ての伴奏も、彼らが担当する。時間にして6時間以上だって。
で、譜面だけが頼りだとか言ってるんだけど、その譜面の量がまたハンパない。
電話帳を持ち歩いてるようなイメージだった。

これで一体、いくらもらってるんだろうという事の方が、お昼ご飯より気になった。

ちなみに、我々にとっては、「夜ヒット」が生本番、生演奏の一番エグい番組だったな〜

公衆電話

先日、適当につけていたテレビで、公衆電話について取り上げていた。
そういえば減ったよね〜公衆電話。
自宅の近くにどれぐらいあるんだろう?と思って調べてみたら、ほとんどない。
徒歩圏に2箇所ぐらい。
ま、基本的にはなくても困ることはない。
その番組では、ある小学校では、公衆電話の使い方を授業で教えている、などとも言っていた。
確かに、最近の子供は、使い方とか知らなさそう。テレカなんて見たこともないのではないだろうか。
ん?うちの子供達はどうだろうか?

電話をかけるには、電話番号を知らなければならないが、アドレス帳とかみんな持ってないだろうな〜子供、大人にかかわらず。
スマホの「連絡先」を見ながらかける、とか意味わからないよね。

関係ないけどちょっと前、電話ボックスを喫煙所代わりにしてるバカを見かけたよ。
ま、そのボックスを使う人にとっては大迷惑な話だが、歩きタバコより全然マシかもと思ってしまった。

191218_denwa.jpg

【ドラマ】「いだてん」終了

今期もクソ最終回の作品が多い中、「俺の話は長い」などは秀逸であった。
さて、何やかんやで、史上最低視聴率を叩き出してしまった、今年の大河。
回ごとの視聴率も、ワースト1から19までがこのドラマ。20位に「平清盛」がかろうじて残ったという体たらく。
しかし、内容は決して悪くなかったと思う。
少なくとも一昨年前の「おかっぱ騒動記」や、4年前の「おにぎり握りました」よりは全然面白かった。
「時代的に新し過ぎて、大河らしくない」などという意見もあったそうだが、東京五輪の時にはまだ、この世にいなかった自分にとっては、十分時代劇だったし。
金栗四三のストックホルム・ゴールまでやってくれたので、大満足だ。

昨日、Nemophilaのライブの現場に、一昨日の最終回の録画を観ながら車を走らせていたのだが、ちょうど開会式の最終聖火ランナーのシーンで、ふと窓の外を見てみると、なんとそこには新国立競技場。
ちょっと感慨深かったな〜
191217_IMG_5896.jpeg


あまり関係ないけど、たけちゃんが「富久(とみきゅう)」を話してるシーンで、「富久町(とみひさちょう)」の交差点だった。
191217_IMG_5898.jpeg


さあ、来年の大河も始まる前から波乱万丈だけど、明智光秀が主役とか、楽しみじゃんね〜!!
ライブありがとう&次回の告知
今宵は、Nemophilaのライブでした。
お陰さまで、今回も客席はパンパン!
いい感じにバンドになって来たよ。盛り上がらないわけがない。
そして、ドラムのむらたたむちゃんにとっては、産休前最後のネモライブ。
ステージでは告知したけど、次回は2月29日(土)。
渋谷REXにて、初のワンマンライブとなります。
たむちゃんに代わって叩いてくれるゲストドラマーは、なんとみったんfrom SHOW-YA!!

もうリハから楽しみじゃ(・∀・)

EL6Z1Z2UYAUKH1O.jpeg
ライブとビール

通常、業務を行う場合、酒を飲んで酩酊状態でなど、言語道断である。
が、その辺がやや緩いのが我々の業界。
特にワタシの場合、いくつかのライブ現場では、頼むから飲んで参加してくれとオーダーされる。
理由は、「シラフだと怖いから」だって。
いやいやいや、そんなことはないだろうけど、確かにシラフだと、色々なことが気になってしまうのは確かだ。
ちょっとしたチューニングの狂いとか、リズムのズレとか、コード間違いとか・・・
そういうのが顔や態度に出てしまうのだろうか。
(そして、終わってみると、いつもとても脳みそが疲れている。)

しかし、ひとたび酒が入ると、そういうことも含めて楽しめるのだ。
まあ、良し悪しではああるよね。
神社でライブ!
本日は、神田明神にて、Tomocaのライブ。
キーボードで参加して来た。
ここ最近、キーボードの仕事多いねー
何だかとっても妖艶な雰囲気、それでいてパワースポット的な場所だよね。

191214_IMG_5875.jpeg


こんな妖怪の方々の予期せぬ乱入もあり、かなり盛り上がった。
ちなみにステージは、写真左奥の神楽殿。

どうやら、神田明神様とは、今後長い付き合いになるような気がしております。
ちょいちょい忘れるブログ更新
ワタシが男もすなるブログといふものを女もしてみむとてするなりと始めたのは、おそらく20世紀終わり頃だったと思ふ。
ん?もしかして紀貫之って、日本初のネカマだったのか?

ま、それはそうと、当初は気の向いた時にちょろちょろっと書いて、ネットに詳しい人にお願いしてアップしてもらってた。
自らアップできるスキル(当時は大変だったのよ)を身につけ、ほぼ毎日更新するようになったのは15年ちょっとぐらい前だったと思う。
以来「日課」として続けて来た更新を、最近ちょいちょい忘れるようになった。
ルーティーンを忘れる、というのは、もしかしたらアレ?
えっと、何だっけな・・・あ、そうそう、認知症?

そう言えば数年前にもその疑いで、どっぷり検査したんだっけな。

かと思えば、昨日のように、ヘベレケ状態で帰宅しても、翌朝見たらちゃんと更新されていた、なんてこともよくあるのだ。

一体どういうシステムになってるのだろうかね?アタシの脳みそ。

191213_IMG_5837.jpeg


LIVEありがとう
昨日のメタルのリハとは打って変わって、本日は和楽器プロジェクトのライブ@六本木。
しかし、かなりエモいライブとなりました。
ディナー付きの100席あまりは早々に完売。
和楽器ながらクリスマス色もちょいちょいぶち込んでやったアレンジも奏功。
基本的には目論見通りの展開で終了。

演者の皆さんが、楽器だの何だのをハケてる間に、こっそりコンビニでビールでもと思い、飛び出した瞬間、警官の職質に会ったのはワタシです。
犯罪防止のために協力するのは市民の務め。
コンビニはとりあえず諦め、正式な打ち上げでこれでもかってぐらい飲んだのでオーケー!
191212_IMG_5847.jpeg
二代目・レッドミスト号
ここ数週間ぐらい、愛車・レッドミスト号を漕いでいると、ケツに周期的な振動を感じるように。
その振動は、日に日に大きくなっていった。
これはおそらくタイヤ、もしくはその内部に異変が起きているのだろうと、改めてよくみると、タイヤの外皮に500円玉大の穴が空き、そこからチューブがはみ出してて、コブのようになっていた。
なるほど、これが振動の正体か。それにしてもこの状態でよく数十キロ、いやさ数百キロも走れたもんだと感心しつつ、自転車屋に修理に出しに行った。
翌日、引き取りに行ったら、スタッフから衝撃の報告。
後輪の車軸が折れていて、修理しようと思ったら、スプロケットやらギアやら全て交換になるので、7、8万はかかるとのことだった。

マジか!!

いや、その状態で数十キロ、いやさ数百キロも走っていたのか・・・

とりあえず修理は諦めて、Amazonのサイバーマンデートやらで、見た目で気に入ったやつをポチった。
今夜、リハから戻ると届いていたので、小一時間かけて組み立てた。
そして、愛車・レッドミスト号から、様々なパーツを臓器移植して、今日からこいつ(写真手前)が、新たな愛車・二代目レッドミスト号です。

191211_IMG_5841.jpeg


先代がシマノの7段、、、関係ないけど、「島野七段」って書くと、めちゃ強そうな武道家みたいだよね。
新宿区の九段下に「稲岡九段」ってビルがあって、近くを通るたびに「強そうな名前だな〜」などと思っていた。

話は逸れたが、今度のは同じくシマノの21段で、もはやどう使っていいのかよくわからない。
ま、今度の楽しみといたしましょう。

そして、今までありがとう!レッドミスト号!!!!
【続きを読む】
うまい、やすい、はやい、ずっと

吉野家といえば
「早い、美味い、安いの三拍子〜」
というラジオCMが、よくプロ野球中継の合間に流れていた。
ワタシが小学生だった頃だ。
その頃は、ゆめゆめこの企業の小株主になるなどとは想像もしていなかった。
で、小株主となった今、たまにはオフィシャルサイトでもチェックしてみるべと訪れてみると。

うまい、やすい、はやい、ずっと

キャッチフレーズが知らぬ間に変わっていた。
小株主であるワタシに断りもなく、である。
いや、もしかしたら総会の動議にあったのかもしれん・・・

ちなみに、今日現在の株価は2,700円ちょい。
3年弱ほど前に取得した時の株価が1,600円ほどなので、単位である100株あたり10万円ちょいの含み益となっている。
何株持っているのかは、この先敵対的買収などの騒ぎになった時に、巻き込まれたら厄介なので公表しないが、100株持っているだけで、株主優待として、年に2回、3,000円分の汚職事件お食事券がもらえるので、それだけですでにオススメです。
お金預けておくだけで、ビール20杯飲めると思うと、とてもお得な気分でしょ。(ちょっと小銭足さないとだけど)
例えば銀行に20万預けても、利子なんてほぼゼロだし、ね。

【ドラマ】「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~」

要潤主演、土曜深夜フジテレビ。
東海テレビ制作「オトナの土ドラ」枠。
小説が原作の「リーガル・サスペンス」というジャンルらしい。
どんな罪状で起訴された被告も、必ず執行猶予を勝ち取り、時には無罪まで持っていく天才弁護士が主人公。
裁判で勝つためには手段を選ばない、という点では、「リーガルハイ」の小御門弁護士と通じる部分はあるが、こちらの主人公はどうやら重たい過去を持っているらしく、ありがちな「笑わない」キャラのようだ。
ちなみに「リーガルハイ」のガッキーの立場を演じるのはベッキー。
過去にWOWOWでもドラマ化されており、三上博史が主演だったらしい。

191208_akumano.jpeg
【映画】FROZEN 2
191207_IMG_5809.jpeg

観てきたよ。字幕版。
個人的には、こちらの方が好き。
何だか、素直に心に入ってくる感じがした。
イデナ・メンゼルの歌声も圧巻だった。
何かのインタビューで、「(歌に関して)限界に挑戦した」と語っていたイデナ先生であったが、それを受けて松たか子氏が

「何してくれてんねん!」

みたいなツッコミがあって、確かにそうだな〜と思った。

以前書いた、クリストフの歌は、やはり絶対英語で聴くのがベスト。

そして、劇中何度も出てくるこの言葉が、この作品のテーマだなと思った。

「Just do the next right thing」

あ、あと音楽的には「ドシドラ〜」の使い方が絶妙だと、改めて思った。
中谷本舗・柿の葉寿司

近所のイトーヨーカドーで、ちょいちょい「駅弁・空弁フェア」が開催されている。
で、本日は今回の最終日だったので、本日のランチはそれを買いに行くことに。
色々なお弁当の中から何をチョイスするかは、現場で悩もうと思っていた。
富山のマスの寿司とか、神戸のすき焼き弁当とか、北海・佐藤水産の海鮮丼
などの中から、今日はこれをチョイス。
中谷本舗・柿の葉寿司。

IMG_5806.jpeg


鯖、鮭、アジ、鯛が各2貫ずつ。
量もちょうど良いし、味も普通に美味しかったですよ。
だけど、何かが足りない・・・


そう、旅愁とビールだ。
今日は午後、運転があったので、ビールは飲めなかった。
そして、こういうのって、自宅で食うもんじゃないな〜と思った。

列車の中でビールを飲みながら、いや、たまにやるけど、最悪駅のホームでいただく、というシチュエーションがあって、初めて駅弁の価値が生まれるのだと、今日改めて勉強させていただいた。
夜明けのビール

ごくたまにだけど、いつもよりちょっと早く眠ると、変な時間に目が覚めることがある。
2時とか3時とか4時とか・・・
そんな時は、冷蔵庫からビールを取り出して、プシュっとやる。
もちろん、翌日(もう当日だけど)、早くから運転しなきゃならない時は自粛するけど、それ以外は張り切って呑む。
これが本当に旨いんだよね〜

191205_IMG_4735 (1)


無理やり寝ようと思えば、寝られない事もないんだけど、一杯飲んで、何なら追加で焼酎も飲んで、2時間とか寝て起きた方が、翌日の体調が良いんだよね〜
いや、翌日っていうか、もう当日なんだけどね。
これがアルコール依存症ってやつなのか?
ピザ屋さんのサンドイッチ

豊洲駅のすぐ近くにある小さなナポリピッツァの店「ESSE DUE(エッセドゥエ)」。

191204_IMG_5799.jpeg

店内に大きな窯があり、一枚一枚その場で焼いて作ってくれるピザは絶品。しかもお値段リーズナブル。
本店は赤坂にあるらしい。
で、ピザ以外にも、クラフトビールやワインなどの酒類や、惣菜類も充実している。
この店で、前々から気になっていたのが「サンドイッチ」。
店頭にある樽の上にいつも並べられていて、500円で売られている。
いわゆる普通のサンドイッチとは違い、袋状になったピザ生地の中に、具が押し込められているようだ。
というところまでは、見た目でなんとなく分かっていたのだが・・・
ある日、試しにスタッフのお兄さんに聞いてみたら
「美味しいですよ〜」
とのことだった。
この辺り、住宅地でもあると同時に、そこそこのオフィス街。
昼時には売り切れてしまう事もあるようなので、今日昼前に買いに行った。
その日によって、具材は変わってくるらしいんだけど、本日はサラミ。

191204_IMG_5800.jpeg



基本的に、味付けはほぼ塩コショウとオリーブオイルのみ。生地の香りと素材の持つ味だけというシンプルなものだが・・
いや〜マジで美味いですわ、これ。
調べたら、ナポリピッツァの生地で作るサンドを「ジプシーサンドイッチ 」っていうらしい。
もうね、ナポリに住みたい。

ちなみに、お持ち帰りなので税込で540円?と思ったら、500円で税込みだったよ。

もう完全に店員さんに顔を覚えられちゃってるようで、ちょっと気恥ずかしさもあるんだけど、また食べようっと。

はやぶさ2、帰還へ

ちょうど5年前の今日、「初号機とは違うのだよ」のプラカードで送り出され、打ち上げられた小惑星探査機・はやぶさ2。
その後、無事にリュウグウの地表に到着し、ミッションを成功させたことは広く知られるところである。
そのはやぶさ2が今朝、無事にイオンエンジン加速を開始し、帰還を開始した。
初号機が本当にボロボロになりながら帰ってきたことを思うと、ややあっけない気もしなくもないが、やはりJAXAの底力には感動しかない。

しかし、無重力の真空中で推力を得るイオンエンジンって、ちょっと不思議だよね。
地球上だと一円玉も引っくり返せないぐらいらしいけど、「質量を捨てながら」進んでるんだね。

このまま何事もなく、無事に帰ってきてほしいよね。
最後にJAXAの津田PMのお言葉。

「地球人の皆様.ただいまリュウグウからのお届け物を発送いたしました.お渡しは約1年後になります.責任をもってお届けいたしますので,大きな期待と少しの心配とともにお待ちください.航路上の状況は随時お知らせいたします.」

191203hayabusa2.jpg
ラーメンと競技場

その日は、久々に新宿区にある某スタジオで、某プロジェクトのリハだった。
別の某スタジオから機材をピックアップして、リハスタに行く途中に、某老舗ラーメン屋がある事が分かっていたので、昼食はそこで食うことに、数日前から決めていた。
時間に余裕を持って家を出て、予定通り機材をピックアップ。これまた予定通りラーメン屋に到着。
ここは現在のところ、暗黙の了解と言うやつで、路駐が認められている。
腹ペコヤングの頃なら、チャーシュー麺をオーダーするところだが、今は普通のラーメンで十分。
これですよ、これ!
191202_IMG_5746.jpeg


この日も冷たい雨。2階の椅子席で食べても良かったのだが、あえて1階のオープン席で、震えながらラーメンを待ち、温まりながらいただいた。
帰り際に、目の前にあるボチボチ完成の某競技場の写真など撮りつつ、余裕を持ってスタジオに到着。
191202_IMG_5747.jpeg


と、助手席にあるはずのバッグがない!


ああやっちまった・・・
最後に財布をなくしたのは10年ぐらい前だっただろうか。
それ以来、財布を単体で持ち歩くのはやめて、必ずバッグごとと決めていた。
そしてこの日も、バッグごと移動だったのだが、この某ラーメン屋は最初に食券を買うシステム。
そのまま足元にバッグを置いてラーメンを食し、置きっぱのままラーメン屋を後にしてしまったようだ。
財布どころではなく、バッグには他にも各種カードの他、作業中のデータが入っているハードディスクやUSBメモリ、iPad、MacBookなど、業務のほぼ全てが入っている。
これらを失くしたら、もうニートになるしかない。

慌てて某ラーメン屋に引き返すのだが、世の中少しだけ変わったのは、現在は「忘れ物防止タグ」と言うものがある世界。
カバンそのものにも、データの入っているケースにも、タグは仕込んである。
そして「iPhone(iPad)を探す」という、アップルのサービスもある。
アプリを立ち上げると、確かにバッグはまだラーメン屋にあることが判明。
無事に回収して、再びスタジオに戻り、何食わぬ顔でリハーサルを開始したのであった。

オリンピックが始まったら、暗黙の了解である路駐もヤバくなるのかな?

【ニュース】イチロー氏、草野球で16奪三振完封

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-12010430-nksports-base

サイコーだよね、こういうニュース。
あのイチロー氏が草野球デビュー。9回6安打16奪三振完封。打っては3安打だったという。
相手は智弁和歌山の教職員チーム。
もうね、完全に本気ですよ。だがそれがいい。

もう時効だと思うので書くけど、元ヤクルトスワローズ監督の真中満氏。
彼が現役バリバリだった頃、何度か草野球したことがある。
彼もまた最初から最後まで本気で、本業はイチローと同じく外野手だったんだけど、投手として先発完投。
左腕から繰り出すシンカーを武器に、ナイスピッチングだったな〜

プロ野球選手って、本当に野球が大好きな人が多いんだね。オレも見習って、もっと音楽を好きにならなきゃな〜と思った。

191201_ichi.jpg

copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.