FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

ライブありがとう!
本日は下北沢で稚菜ライブでした。
最近本当にバタバタしていて、告知するのもすっかり忘れてたよ。
にも関わらず、かなり遠方からお越しいただいた方、ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ
ついでだったとしても嬉しゅうございました。
ライブ本編も、いつもよりエロい、じゃないエモい感じで出来た気がする。

今日はリハもサウンドチェックもなかったんだけど、ちょいと早めに会場入りして、荷物を置いてから、下北沢駅前のガストで水分補給してたんだよね。
今更気づいたけど、グラスワインがいつでも99円(税別)って、かなり有能だな、ガスト!
千円で10杯飲めるやん(・∀・)まさにセンベロ。
190531_IMG_3730.jpg



カウンター席で、コンセントも二口。
ガスト有能すぎる・・・
190531_IMG_3731.jpg



で、出番の30分ほど前に店を出ようとしたんですよ。
会計しようとしたら、男子高校生の5人組が先に並んでて、個別に支払おうとしてあーじゃこーじゃと大騒ぎ。
10分以上は待ったかな。
ま、これも青春だな〜なんて微笑ましく見てたよ。

ようやくオレの番が来たんだけど、後ろのお姉さんが急いでる風だったので、順番を譲ったのさ。
そしたら、何やらトラブルがあったらしく
「少々お待ちください」
みたいな感じで、お会計スタッフがバックステージへ。また5分ぐらい待たされる。
ようやく会計が終わって、会場に戻ると、今度はエレベータが降りてこない。
今日の会場はこのビルの最上階。
途中に音楽スタジオがあって、機材の積み込みが行われていたようで、また5分以上待たされる。
こりゃもう、会場に辿り着けないかもしれないのか・・・

ようやく降りて来て、機材が降ろされ、エレベータに乗る事ができたのは、出番の5分前ぐらいだっただろうか。

ま、何とか間に合って良かった良かった。

って事で、しばらくわかにゃんのライブはないけど、個人的には大忙し。
また色々お知らせ出来るかな。
朝食BIFIX事変

毎朝これを食べるようになって、もう何年になるだろう。
割と最近のブログでも触れている。

http://ryo63.blog40.fc2.com/blog-entry-3884.html

リンク先にある通り、アオキというスーパーの安売りデイで、いつも通り買ったのが、確か先週の土曜。
前回のブログでは、税込み118円と書いてあるけど、最近は税込み127円ぐらい。
それでも安売りデイは安い。
これまたいつも通り、4個買った。これでだいたい1ヶ月持つ。次の安売りデイまでは大丈夫だろう。
会計時、なんかイメージしてたより高いな〜と感じたけど、他の品物も買ったしな。
と、帰宅してからレシートを見たら、5個買ったことになってたよ。
ま、単純にレジの打ち間違いだろう。しかし、結果的に安売りデイなのに高くついてしまった。
すかさず、レジに書いてある電話番号に電話。事情を話すと
「今から返金に伺います」
とのこと。
いやいや、そこまでしてくれなくても大丈夫ですよ。
タイミング見てお店に寄ることにした。
以前の「キャベツ事変」の時もそうだったけど、たかが百数十円、されど百数十円なんだよね。
こういう事で信頼関係が生まれたり壊れたりするもんだ。
でもこういうのって、悪用しようと思えばできちゃうよね・・・



村方千之センセイ

ワタシの記憶が確かならば、中学1、2年の時の音楽のセンセイはこの方だった。
先日、ふとそのフルネームを思い出し、試しにググってみたら、色々出てきてびっくり。
5年ほど前に鬼籍には入られているものの、オフィシャルサイトなどもあり、プロフィールを見ると、かなりエライ方だという事が分かる。

http://chiyuki-murakata.com/

プロフィールのコーナーも、かなり輝かしい足跡が書かれているが、うちの中学校で音楽を教えていた、などとは一言も書かれていない。

授業では時々ビートルズなんかを流したり、松田聖子を「ションベン娘」呼ばわりしたり、夏休みの宿題に「作曲」を義務付け、新学期に自演させたり。
入学直後、会ったこともなかったオレに、いきなり演奏会でのピアノ伴奏を命じたり。
何故オレに弾かせようと思ったのかは謎だが、これがきっかけでピアノを弾けるようになったのは事実だ。
今思えば、ビートルズのくだりを除くこれらの全ての経験が、現在のオレに繋がってるな〜
村方センセイ、ありがとう!
【ドラマ】「黒の女教師」

2012年7月のドラマ。TBS金曜22時にやっていた学園ドラマ。
当然、このブログでも語っていたと思ったら、全く触れもしていなかった。
ドラマについて語り始めたのがこの頃のようで、観た作品全てに触れているわけでなないようだ。
で、何故今?って話だけど、ちょっと思い出してみたら、キャストが・・・
オレが学園ドラマを観る理由の90%は「役者の青田買い」。
未来のスターたちが、生徒役として活躍し、ブレイクの初めの一歩となるのを観るのが楽しいのだ。
で、この「黒の女教師」。
主役は榮倉奈々で、彼女にしては珍しい「ダーク・ヒロイン」だったのはとても印象に残っている。
「愚か者!」と叫んで、回し蹴りを食らわすのがお約束。
さて、こちらの生徒役だが、山﨑賢人、千葉雄大、土屋太鳳、中条あやみ、広瀬アリス、太賀、杉咲花、岡山天音、そして現在「パーフェクトワールド」で、松坂桃李の同僚の義足の青年を演じる松村北斗などなど。
どうです?今思えば何という豪華な面々。
もう一回1話から観てみたいぞ。

190528-00.jpg



ちなみにその前年1月期の月9「大切なことはすべて君が教えてくれた」の生徒役も並べてみる。
武井咲、剛力彩芽、菅田将暉、広瀬アリス、中島健人、石橋杏奈、伊藤沙莉、能年玲奈、岡山天音・・・
何人か被ってるけど、こちらも豪華だったね。
トークバック

レコーディング現場において、、演奏するミュージシャンは、楽器の音以外の雑音を避けるため、ブースという個室に閉じ込められる。
で、エンジニアを含むその他の人たちは、ミキサー卓やモニタースピーカーなどがあるコントロールルームという、比較的自由な空間にいて、好き勝手な会話をしたり、コーヒーを飲みながらお菓子を食べたりする。
このコントロールルームとブースの間で会話するための装置がトークバック。
映画「ボヘミアンラプソディ」のレコーディングのシーンで、ギターソロと録音中のブライアン・メイと、コントロールルームのフレディ・マーキュリーの間で、こんな会話が交わされる。

「よかった。ほぼ完璧だ。」
「ほぼ?」
「もっとロックしろ。」
「望むとこだ。」


ところでレコーディングあるあるなんだけど、日本の場合、なぜかトークバックを通すと、相手が年下だろうが、タメだろうが、会話が敬語になる事が多い。
なぜなのかはよくわからんが、そうなりがち。
なので、上の会話を日本のレコーディング現場で交わすと、こんな感じになる。

「とりあえずオッケーです。」
「とりあえずっすか?」
「うーん、もうちょいワイルド系でもいいかもです。」
「了解です。もう一回やってみていいすか。」


反復記号

音楽ネタが続くと、まるで音楽家みたいやな〜

さて、譜面には音符や調号などと共に「反復記号」というものが存在する。
リピート記号やダ・カーポ、ダルセーニョ、コーダなどがそれにあたる。
とてもわかりやすく書くと
イントロ-Aメロ-Bメロ-サビ-間奏と来てまたAメロからサビまでを繰り返す場合、Aの頭と間奏のケツに「:」を付ければ良い。
2コーラス目のサビからギターソロに飛んで、またサビに戻って、アウトロに行く場合は、間奏に「1カッコ」、ギターソロに「2カッコ」をつけ、ソロのケツに「D.S.」サビの頭にセーニョマークを付け、サビケツに「X3 to CODA」などと書き、アウトロの頭にコーダマークを付ける。
慣れれば何ということもないが、とてもややこしいと思いませんか?
なぜなのか。
書く手間と紙と情報量の節約のためだ。
ライブやコンサートなどでは、反復記号を使わないと5ページに渡る譜面が、2ページとか3ページで済めば、めくる手間が省けたりする。
いや、しかし省ける場合はいいんだけど、例えばもっと長い譜面で、10ページ目から一気に2ページ目にセーニョする、なんて場合は逆効果だったりする。
こんな場合は反復せずただ前に進む、つまり「ストレート」の方が演奏しやすい。
紙ではなく、iPadを使用する人が増えているが、その場合はなおさらだろう。(オレもそう)
昔のレコーティングなんかだと、始める前にアレンジャーさんが譜面の進行などを確認、説明したもんだったゼニヤッタモンダッタ。
「1コーラス後インター1からAに戻って、2カッコからソロでCにセーニョして、コーダでC'からアウトロです〜」
みたいな。
最近では、そう言った儀式も無くなったな〜

そもそもレコーディングにおいては、1コーラス目、2コーラス目で、コード進行が一緒だったとしても、同じことをやる気はさらさらない。
ならば、譜面に何かメモを書き込むとしたら、その内容は違ってくるし、ストレートの方が捗る。
なので、ワタシがあえて反復記号を使わない譜面を作った場合、そのような意図があると理解してください。
って、誰に向かって書いてるんだ?オレ(・∀・)

190526_IMG_0762.jpg

更にGarageBandの話

たまたまなんだけど、昨日のセッションとは違うプロジェクト、具体的に言うと、先日野音のオープニング・アクトで出てもらった「GREED FIVE EGGS'S」という、女子トリオバンドの、ベース&ボーカルのFATIMAちゃん(本名らしいです)が、アレンジ、打ち込みを全てiPhoneのガレバンでやっているということが判明。
で、アレンジを含む諸々のお手伝いをすることになっているので、共通のプラットフォームがあった方が良いだろうと思い、更に勉強してみることにした。
いやいやなかなか奥が深い。使いこなせたら、結構戦力になるということが分かってきたよ。
昨日も書いたけど、このアプリはMac版も有り、というかMac版が発祥なので、互換性があるかと思いきや・・・
iPhone、iPadで作ったファイルは、Macで開くことができるが、逆は不可のようだ。
ちなみに、Mac版GarageBandの親玉的アプリとして、「logic」という、プロユースのアプリがあるんだけど、そのアプリでガレバンのファイルを開くことができるけど、逆ができないのと同じ感じだ。(当然、iPhone・iPad版も開ける)
つまり、各々の開くことができるアプリを整理すると

「logic」→logic、Mac版GarageBand、iPhone・iPad版GarageBand
「Mac版GarageBand」→Mac版GarageBand、iPhone・iPad版GarageBand
「iPhone・iPad版GarageBand」→iPhone・iPad版GarageBand


と、このような階級が出来ている。

ほとんどの人には全く関係のない話だけど、こんなアプリが標準装備されてるMacintoshってすげーなと改めて思った。
ガレバン、もっと勉強しまっす!
iPadのガレバンが意外に使える件

今、新たにスーパー女子バンドを作ろうという話になっており、ボーカル、ギター、ドラムはほぼメンバーが決定。
あともう一人ギターと、ベースを誰にするかという状況。
ほぼ決まりかけてた人を、某バンドの2号店に取られたり、色々障害がないわけじゃない。
で、今回はベーシスト候補の方と、とりあえずセッションすることに。
ただ、その為に他のメンバー全員集めるのもなかなか手間なので、今日はわしがギターを弾くことに。
で、課題曲のギター・ベース抜きのオケを作って、iPadの「GarageBand」というアプリで鳴らしてみることしてみた。
Macの同アプリは使ったことあったんだけど、こっちは初めて。
同じ機能なら、Mac本体を持っていくより荷物少なくて済むし、起動も早いし、いいことだらけだ。
一応マルチトラックなので、例えば「ドラムだけをもう少し音量アップ」とか「クリックをカット」とか、様々対処できる。
最初にアプリを立ち上げて、オーディオファイルやMIDIファイルをぶち込むのに少し手間取ったが、後はなかなか快適。
これで、マルチトラックのオーディオインターフェイスなどあったら、ライブでも十分使えるな〜
あ、アプリがマルチ出力に対応してないとダメか・・・
190524_IMG_0761.jpg
禄明軒@豊洲市場、再び
190523_IMG_3664.jpg

先週、「Twitterのタイムラインで、このお店の客足が、築地から移転して以来減少していてヤバいと知って」行ったと書いた。

http://ryo63.blog40.fc2.com/blog-entry-3954.html

なので、今週も食べて応援!と行ってみると、ピーク過ぎ、閉店間際の13時半すぎにも関わらず、満席でしたよ♪
ま、全部で8席しかないんだけどね。
オレの後にも2人組のおばちゃんが並び、15分ぐらい待ったかな。
相変わらずマスターのワンオペだが、タイミングを見て、待っているオレにオーダーを聞きに来てくれた。
今回は豚の生姜焼ライス(700円)を注文。
190523_IMG_3662.jpg


ほどなくして席が空き、座るとすぐに出てきたよ。
190523_IMG_3663.jpg

この何の飾り気もない、ただの生姜焼が、とても落ち着く味なんだよね〜
ちなみに今日も、周辺の寿司屋さんなんかは、かなりの行列だった。
Apple Pencil買ったんだけどね
ちょうど半年前、昨年秋のTHE HEART名古屋〜富山遠征の出発日、東京駅新幹線ホームにて、愛用のApple Pencilを落とした。
落とした瞬間に気づいて、コロコロ転がって行くのを追っかけている途中で、何故か見失ってしまった。
新幹線も来てしまっていたので、それ以上探すのを諦めた。

そう言えばあのツアー、交通費はもらったけどギャラをまだ貰っていないので、そう言った意味では赤字だ。
ま、それはいいや。

で、それから半年というもの、ダイソーの100円スタイラスを使っていたが、この度また買い直す事にした。
今回は、ビックカメラの株主優待券3,000円分と、LINE Payの何ちゃらキャンペーンでもらった1,000円を使い、差額の7,653円で買うことが出来た。
これにビックポイントが260円とラインポイントが303円分ついたので、実質7,090円。
ってか、これだけ引いても7千円ちょいかかるって、高級なペンだな〜
ダイソーのが70本以上買えるし。
でも、やっぱり使い心地は抜群ですわ。ストレスフリー。
もう二度と失くすまい・・・
190522_IMG_2785.jpg
IKEBUKURO「傷だらけのツバサ」

先日「9年前日記」でも触れてたけど、今やYouTubeはオレにとっては資料庫となっている。
あの頃なかったものも、今なら見つかったりする。
先日見つけたのがこれ。
IKEBUKURO「死んぢゃってくれ」のA面。いや既にCDしかなかったので、メイン曲だった方。
今聴いてもあまり古い感じがしないんだけど、これも平成、しかも20世紀の作品なのだね。
「ヘーメルンのバイオリン弾き」というアニメのエンディングテーマだったな。
アップしてくれた人、ありがとう!


オンデマンドの利点と欠点

今シーズン、つまり2019年4月期のドラマで、現在も視聴し続けているのは、朝ドラ含め21本。
うち、リアルタイムで観ているものは1本もない。
全て、録画したものを、時間があるときに観ている。
この「録画」という作業も結構面倒臭くて、個別に設定するのも大変だし、デッキにお任せしておくと、いつの間にか容量が一杯になってたり。
で、ここ数年重宝してるのが、NHKを除く各局の「オンデマンド」による「見逃し配信」というやつ。
何が良いって、まずスマホやタブレットなど、色々なデバイスが使える。
つまり、電波さえあればいつでもどこでも観ることができるという事だ。
オレの場合、移動しながら、料理しながら、テレビを観ながら(?)、トイレにまで持ち込んだり・・・
テレビの前にいなくても観られるのは、何気に時間の節約にもなって便利だ。
ただし、基本的に見逃し配信は、放送終了から1週間だけ。これを過ぎると、最新話に上書きされる。
「見逃し」を見逃した場合、そのドラマにはもう着いていけなくなるのだ。
このせいでリタイアしてしまった作品が、今季も何本かある。
あとまあ、これは小さいことなんだけど、途中に挟まるCMはスキップできないというあたりがちょっとね。

初勝利ラッシュ

ここ数年、ちょっと疎かった日本プロ野球の話。
昨日、今日と、プロ初勝利を飾った投手が続出した。
昨日は、個人的に注目していた横浜のドラ1ルーキー・上茶谷投手が、7試合目にして初勝利。
ここまで、決して悪い内容ではなかったけど、味方の援護に恵まれなかったこともあったけど、ようやく1勝!
そして、オリックスのK-鈴木投手は、ライオンズ相手に5回2/3を1失点で、2年目にして初勝利。
更に、東北の今野投手は、マリーンズ相手に2番手で登板し、2回無失点で6年目にしてプロ初勝利。
そして本日は、埼玉のドラ1ルーキー・松本航投手が、オリックス相手に5回2失点。初登板、初先発にして初勝利。
日本プロ野球界にも、どんどん新しい風が吹いているのだな〜と実感したこの週末であった。
たまには球場に観に行きたいな〜
誰か連れてってください(・∀・)
190519.jpg

音楽死語

先日知人との会話の中に、やたら「チョッパー」(ベーシストの奏法ね)って言葉が出てきたので、
「今はスラップって言うんですよ」
と教えて差し上げた。
そういえば、昔と今で言い方が変わった言葉って、音楽業界でも結構あるな〜と思った。
例えば「ライトハンド奏法」とかって言わなくなったよね。今は「タッピング」などと呼ぶ。
我々の前の世代の人たちは「おかず」などと呼んでいた、いわゆるフィルとか。
アウトロのことを昔は「エンディング」と呼んでたり。
と、この辺はミュージシャン用語だけど、音楽業界用語としては、「チラシ」フライヤーに、「CD」「フィジカル」とか呼ぶようになった。
もうね、色々メンドクセーw
190518_IMG_3612.jpg

故障者リスト?
190517.jpg

ネットのニュースで「マエケンが負傷者リスト入り」なんてのを見た。
昨日は投打に大活躍してたのに、心配だ。
ん?「負傷者リスト」?これまで「故障者リスト」って言ってたのに、いつからそんな呼び方に変わったんだ?
ふと不思議に思って、ちょっと調べたら色々分かった。
日本で言うところの「故障者リスト」は、メジャーリーグでは「DL」つまり「Disabled List」
この「Disabled」というのは、直訳すると「無効」とかって意味なんだけど、「障害者」という意味もあるらしい。
これに障害者に関する団体から物言いがあったらしく、今年から「Injured List」と呼ぶことにしたそうな。
直訳すると、まんま「負傷者リスト」。
なるほど。知らなかったよ〜
禄明軒@豊洲市場

ツイッターのTLに流れてきたニュースでこの店の存在を知る。
築地から移転してきた豊洲市場。観光客はそこそこ来てるのだが、彼らが利用する食堂は主に海鮮の店。
ま、そりゃそうだろう。せっかく市場まで来たのだから、上げたて新鮮な魚を食いたいという気持ちは分かる。
一方で、魚とあまり関係ない、いわゆる洋食屋さんの客入りが、築地から移転して以来減少してるという話だった。
こちらは築地時代より、観光客用というより地元の人や市場関係者のための食堂、という感じの店。
思えば長らく地元民として、豊洲市場の完成、開場を待ち望んでいながら、オープンから半年経ってもまだ内部に入ったことがない。
これは行かねば!
「食べて応援!」とは正にこのことだ。
本日は、ひたすら自宅でヘビメタ・ギターのレコーディングだったので、昼飯はガッツリ行っておきたいと思っていたところだったし。

ということで、行ってまいりましたよ。
我が家からは、シェアサイクルで10分弱ほどで、市場に到着。
190516_IMG_3566.jpg

ゆりかもめの市場前駅?から、歩道橋でどの施設にもアクセスできる。
190516_IMG_3558.jpg
 

食堂はあちこちにあるが、今回目指すのは、水産仲卸売場棟。
190516_IMG_3565.jpg

ありました。こちらがお目当の「祿明軒」。
190516_IMG_3563.jpg


13時半ぐらいだったけど、そこそこ入ってたよ。他の店ほど行列にはなってなかったけど。

とは言っても、二人掛けのテーブルが4つほど。定員8名だから、すぐに満席になる。
お一人様は相席上等!

メニューは大体700円か800円。
190516_IMG_3561.jpg

今回はアジフライライスをチョイス。
190516_IMG_3562.jpg

かなりのボリューム。
これで700円ならかなりのコスパだと思う。
他の店はランチメニュー2000円とか普通に取ってるしなー

店内は先ほども書いたけど、かなりコンパクト。
基本的に店主さんのワンオペで、食べ終わった食器が山積みになっていて、14時に閉店したら一気に洗うという算段だろう。
洗い物好きとしては、一度お手伝いしてみたい(・∀・)
BGMは延々「君の瞳に恋してる」がかかっていた。
総合的な感想としては、普通の洋食屋さんというか、定食屋さん。良い意味で。
次回は生姜焼きライスとか食べてみよう。


ブレーキ交換した

愛車・レッドミスト号だが、最近ブレーキをかけるとゴリゴリと妙な音がするようになった。
で、見てみると、前後輪ともブレーキパッドがすり減って、ゴム部分がほぼなくなっていた。
これはいかんと思い、すぐにテキトーなのをアマゾンで購入。早速取り付けてみた。
いや〜、チャリって止まるもんですね〜

1905xx_red-mist_breakIMG_1657.jpg

これまでの制動距離は、後から考えるとかなりヤバかった。
あれじゃ、急に飛び出してきたプリウスとか絶対避けられない。
ということで、HPが2ポイントぐらいアップ。

最近嫌いな言葉

「わかりみ」

よく「わかりみが深い」などという表現を見かけるようになった。
「共感できる」とか、「わかるわ〜」という意味で使われている。
もちろん、そんな日本語はない。
ま、話し言葉とか、個人のつぶやきとかなら勝手にやっててもらっていいんだけど、ライターが記事の見出しなどに使うと、かなりイラっとくるね。
同じようなケースとして

「高見え」

要は「低価格なのに高く見える」という見栄なんだけど、こちらはライターどころかTVCMなどでも使われるようになった。
この2つは、何というか生理的に違和感を覚えている。
ま、どうせすぐ死語になるんだろうけど。
逆に、最近知って、いい言葉だな〜と思ったのは

「直会」

「なおらい」と読みます。
神社で、お祭りの後に、お神酒を、参列者や神職者でいただくことを言うそうだ。
最近できた言葉と違って、こちらは何百年、何千年と使われてきた言葉。重みが随分違うよね。
これから、ライブ後の打ち上げをこう呼ぼうかと思う。(よしなさい)

190514_IMG_3481.jpg

車椅子に?

火曜日にフジ系列でやっているドラマ「パーフェクトワールド」(松坂桃李主演)で、
「事故で車椅子になってしまった。」
とか
「鮎川くんはいつから車椅子になったの?」
みたいな台詞回しがちょいちょい出てきて、その度に気になっていた。
「椅子になる」って

トランスフォーマーじゃあるまいし・・・

脚本はあの「ぽっかぽか」の中谷まゆみ氏。
知人の元奥さんであり、舞台のお音楽をお手伝いさせてもらったこともあるので、あまり悪くは言いたくないんだけどね。
そういえば、前クールの金曜20時にテレ東でやってた「記憶捜査」(北大路欣也主演)でも、毎回の冒頭、説明ナレーションで
「とある事件から車椅子になってしまった鬼塚は・・・」
なんて言ってたけど、指摘があったのか、3、4話あたりから
「車椅子生活に成ってしまった鬼塚は・・・」
に直ってた。

なんてことを、昨日、電車の中で観た「白衣の戦士」(ポーリン主演)での
「傷が残ったら水着になれない・・・」
なんてセリフ聞いてて思い出したのさ。
「水着姿になれない」が正解だけど、ま、この場合はそこまでしなくてもいいかな〜。というオレ様ルール。

母の日に

本日、オレを産んで育ててくれた人、いわゆる母親?の家(実家ではない)に、家族で行ってきた。
池袋と埼玉に家があるんだけど、埼玉の方。
数年に一度しか行かないし、いつもは車で行くんだけど、今回は電車で行くことにしたので、行き方を確認するのに、グーグルのストビューで検索。
「この辺りだったかな」ってところに行くと、まんまと家の前にいるのが写ってたよ。 
すっかり忘れてたけど、倉庫がわりに色んなものを置かせてもらってた(・∀・)

ディズニーランド・シーの数年分のガイドブックやら
190512_IMG_3532.jpg


使わなくなったおもちゃやら・・・
190512_IMG_3537.jpg



生まれた時の母子手帳だとか、色々懐かしいお土産をもらって帰ってきた。
消されてるけど、分娩医師「オードリー・フォントノート」って誰だしw
190512_IMG_3534.jpg


GREEN DA・KA・RA まぜまぜスムージー
190511.jpg

スーパーの店頭で見かけ、うまそうなので買ってみた。
GREEN DA・KA・RAシリーズは、麦茶とかも好きでちょいちょい飲んでるし。
2種類ほどあったけど、そのうち「プルーンミックス」って方をチョイス。
「1杯で1食分の鉄分・カルシウム」とある。
毎年、検診で貧血を指摘され、注意観察になっている自分にはこっちだろう。
これで今年の検診はバッチリだ!と、自宅でよく見ると「牛乳とミックスして飲む」となっていた。
冷蔵庫を見ると、500mlパックの牛乳があるが、マジックでカミさんの名前が書かれている。
これは飲んだら殺されるやつだ。
マジか・・・このままでは貧血で死んでしまう。

ってことで後日、牛乳を買ってきて、やっと飲めることになった。
なるほど、「飲むフルーチェ」的な?
よく分からないけど体に良さそうだし、そしてうまい。
今度は違う味を試してみよう。
不発弾
190510.jpg

ちょっと前のニュースだけど、近所のマンション建設現場で、不発弾が発見された。
米軍の焼夷弾らしく、自衛隊の爆弾処理班が出動、一時処理したらしい。
本処理は6月に行われるとか。
子供が小さかった頃、よく通っていたプール(スポーツセンター)の真向かいで、割と最近まで運送会社の倉庫だったあたりだ。
この辺り、埋立地という印象だったが、しっかり空襲を受けていたのかと、ちょっと意外だった。
すぐ近所には、江戸時代の砲台、つまり台場もある。
我が地元も、大昔から米国の脅威にさらされていたのだなー
ところで、米軍機は何を狙ってここに爆弾を落としたのか?と、国土地理院様のサイトで、当時の空中写真を見てみると・・・
そこはやっぱ全然海だったよ。
いわゆる「誤爆」ってやつ?
ノストラダムス
190509.jpg


先月だったか、テレビの情報番組で、あの「ノストラダムスの大予言」の著者・五島勉氏
「子供たちには心配をかけて申し訳なかった」
などと謝罪していた。
当時の子供=オレから言わせて貰えば、五島氏は本を書いただけ。それを子供たちに拡散させたのは、他ならぬテレビ番組であったのではないだろうか。
今更引っ張り出して謝罪させなくても・・・
あの頃、我々は小学校の低学年〜高学年ぐらい。話半分で楽しんでいた。
当時クラスメイトだった友人ABと賭けをしたもんだった。
彼は世界滅亡する派。オレはしない派。
もし滅亡したらオレが彼に、滅亡しなかったら彼がオレに100万円を支払う、というものだった。
この無茶なトラップに当時の彼は気づいていなかったようだが、彼とは今も仲良くさせていただいており、既にそれ以上の恩恵を回収しているので良いのだ。
後にノストラダムス、そして五島氏からインスパイアされ、88年にはA-JARIの「'99」という名曲も生まれている。
ありがとう、五島先生!

「きょうの料理」
190508.jpg

数日前、久々にNHK・Eテレつけたら、たまたまやっていた「きょうの料理」。
谷原章介さんが栗原はるみセンセイのアシスタントみたいな、司会進行のような役で出ていた。変なジャケット着て。
その料理の手際が、なんというか、ちょうど良いんだよね〜
所作は美しく、包丁さばきなんかも早すぎず遅すぎず、嫌味がない。
いや、もこみちが嫌味だと言ってるのではなく(・∀・)
ただ、栗原センセイがアボカドのことを「アボガド」と最後まで発音してたのがちょっと気になった。
天下のNHKなのに、誰も突っ込めないのかな?

そういえば昔は、料理番組大好きで、よく見てたな〜
金子信雄さんのやつとか、郁恵ちゃんのやつとか・・・
番組受け売りで、我が家のレギュラーメニューになったレシピも数知れず・・・
今日の推し役者・三浦誠己

「みうらまさき」と読みます。残念ながらまだワタシのMacでは変換できない。
自分的には2016年の「侠飯〜おとこめし〜」で初認識して、以来注目してたんだけど、キャリアはもっともっと長いようだ。
元はお笑い芸人だが、「岸和田少年愚連隊」以来映画にドラマに出続けていることがググると分かる。
「モンテクリスト」なんかにも出てて、最近はよく目にするようになった。
直近では「ラジエーションハウス」に、死んでしまった少年の、血の繋がらない父親の役を好演していた。
なかなか味のあるバイプレーヤーで、今後の活躍にも期待したい。

190507.jpg
グランド・ビッグマック

現在、マクドナルドでは、ビッグマックに「ジュニア」「グランド」「ギガ」と、バリエーションが揃えられてるが、とりあえず「グランド」にチャレンジしてみた。
ギガの方は、明らかにビッグマックの倍ぐらいのボリュームだと分かるのだが、グランドは写真を見る限り、どう違うのか分からなかったので、気になっていたのだ。
結果、バンズとパティの数は同じだが、直径が1.2倍ぐらいあった。
190506_IMG_3335.jpg


わしにとってはかなりのボリューム。ギガにしなくて本当に良かったと思った、皐月の昼下がりであった。
ちなみに「ギガ」は、株主優待券は使えないそうだ。
平成最後の日

令和に入って数日だが、記憶に残っているうちに、平成最後の日を振り返ってみる。
多分、自分の人生の中で、改元ってこれが最後だしね。


さて、その日は野音の翌日で、久々の完全オフだったのね。
いや、完全オフではなかったか。野音で使用した稚菜の機材を引き取りに行くというミッションがあった。
5/4のカンボジア・フェスで使用するためだ。
で、昼過ぎには自宅に戻り、豊洲のいつもの店でランチ。
漬けマグロとネギトロの丼。美味すぎる。
平成最後のランチとしては上々。
190505_IMG_3344.jpg


で、先日書いたように、台場のユナイテッド・シネマに「名探偵コナン」を観に行った。
かなり時間的余裕を見て行ったんだけど、かなりの混雑だった。
嫌な予感がしたので、早めに売店に並んだが、並んでる途中で開場のアナウンス。
ようやく自分の番が来たと思ったら、ビールサーバーのタンクが空になり、補充開始。
いや、ここはプラスに考えるのだ。
ようやくポップコーンとビールが手元に来て、スタッフの方が
「大変お待たせして申し訳ありませんでした」
ときたので
「いえいえ、新鮮なやつ、ありがとうございました」
とお礼を述べる。

映画の中身に関しては、先日書いた通り。
結果的に平成最後に観た映画となった。

帰りは、雨が強くなっていたので、バスで帰宅することに。
バスを待っていたら、前に並んでいた女子が、傘もなく濡れていたので、さりげなく相合傘。
非常に感謝されたけど、そんな事は気にするな。平成最後の親切だ。

無事に帰宅して、酒を飲みつつ、カウントダウンを迎えた。
大晦日のような気分だったな〜

という、そんな平和な1日だったかな。
カンボジア・フェス2019
今年も、無事に開催されました、カンボジア・フェス。
幸い、天候にも恵まれたけど、稚菜コーナーの最後には雨がぱらつき、雷が鳴ってた。
今回、「涙そうそう」を歌ったんだけど、その途中でスタッフのカンボジア青年が、舞台袖に来て、日本語で熱唱してた。
令和最初のステージ、お疲れ様でした。
190504_IMG_3417.jpg
作詞 

「9年前日記」で、高校時代の作詞ノートが発掘された件について書かれていたが、
当時も今も作詞って難しい。
色々な手法があっていいと思うが、基本的にはいかに最低限の言葉で言いたいことを表現するか、というのが醍醐味だと個人的には思っている。
残念なことに、会いたくて震えたりする、ほぼ説明文みたいなのが、世の中には蔓延してる気がする。
先月まで毎朝流れていた
「飛行機雲ぼんやり眺め 心ここに在らず 年間トータルもししたら 付き合う私スゴ〜い」
みたいなのは、言葉足らずすぎると思う。ドラマがあって、半年も流れ続けるから、ようやく意味が分かるのは計算ずくか?
そんな中、最近「スゲー!」と思ったのは
「どっちかの夜は昼間」
だな。

190503.jpg
【サンスター】ハッキリ見えるピンホール定規 メガミエ

先日、近所の東急ハンズで見かけて、つい手に取り、値段もわからんまま買ってしまった。
まあ普通の定規なんだけど、細かくドット状の穴模様になっている。
それを通して文字などを見ると、何と近視の人も遠視の人も、結構くっきり見えるのである。(実証済み)
どういうメカニズムなのかよく分からないけど、面白いのでつい衝動買い。
結局300円プラス消費税ぐらいだったかな。



copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.