FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

旅とライブ(その5・ 帰京編)

楽しかったツアーもいよいよ最終日。
昨夜も遅かったけど、比較的ゆっくり眠れたかな。
写真の時刻を見ると、高岡のホテルをチェックアウトして出たのは9時半過ぎ。
181130_IMG_0821.jpg


ちなみに、新幹線は11時10分新高岡発。
その新高岡まで10分ほどと聞いていたのだが、街や駅を散策するのも良いかと、かなり早めに出たのだが・・・


181130_IMG_0822.jpg

時刻表見てビックリですよ。
何と新高岡に行く電車が、1時間に1本、多くて2本。
駅に着いたのば9時40分だが、次の電車が10時12分。
何かの間違いかと思い、一旦改札まで戻って、駅員さんに聞いてみたら、
「間違いではありません」
とあっさり。ま、そりゃそうか。
東京の常識は、世界の非常識なのだなと改めて思ったよ。
というか、東京の常識で行動して、10時59分に乗れなかったら、新幹線乗れないじゃん(・∀・)
危ない危ない。

181130_IMG_0823.jpg
ホームには、ボタンを押さないとドアが開かない2両編成の電車が停まっている。
気付いたが、ディーゼルエンジンのようなので、正確には「電車」ではないのだね。
これ、乗っていいヤツなのかどうか分からなかったので、その辺のおじいさんに聞いてみたら、乗っていいヤツだったので、中で発車を待つことに。
181130_IMG_0824.jpg


ってか、40分も前からエンジンかけて停まってるぐらいなら、何度か往復すればいいのに。(という、自分だけの都合)

新高岡に着いたのは10時20分過ぎ。
散策するほど周りには何もなく、こちとらこの大荷物だったので
181130_IMG_0827.jpg



とりあえずこれだな。
181130_IMG_0825.jpg



暇なので、もう改札通っちゃおうと思ったけど、駅員さんに確認したら、ホーム行っても何もないそうなので、とりあえず弁当を物色してたら、とある方が鱒の寿司やらつまみやらビールやら持ってお見送りに来てくれました。
ありがとう!!
181130_IMG_0861.jpg



お別れを惜しんだのち、無事に改札を通ったけど、本当に何もないので、これ。
181130_IMG_0826.jpg



そして11時10分発のこれに乗車。
中は満員で、写真を撮るのも気が引けるレベルだった。
181130_IMG_0830.jpg



おつまみ最高!!ありがとう( ´ ▽ ` )ノ
181130_IMG_0833.jpg




ってことで、車窓の風景を楽しむこと2時間ちょい?
帰りは、ドラマ視聴ではなく、SNSでファンの方々と色々交流しながらだった。
こんな過ごし方ができるなんて、時代は変わったんだね〜

181125_IMG_0835.jpg

そして15時前、無事に自宅に到着。

なんだか、この「帰る」という作業が一番疲れたな〜
海外から戻った時より疲労が蓄積した。


ということで、とっても濃ゆい2泊3日の旅は、これにて終了。
道中出会ってくれた、そして遠くから気持ちを送ってくれた全ての人に、心から感謝します。
本当にありがとう!!!!

181130_IMG_0857.jpg

旅とライブ(その4・高岡スペシャルライブ編)
さて、いよいよ怒涛の高岡ライブ・本編のお話ですよ。
しかし、まとめられる自信がない・・・

しかし、手探りで行ってみよう!

まず、今宵の会場はこんな感じ。
181129_PB248199.jpg

グランドピアノのある小洒落たカフェ。
ここにステージ、客席を設営して、ライブが行われた。



昨日も書いたけど、この日は何をやろうか、全く決めてなかったのですよ。
なので、当然手元にセトリも残っておらず、記憶も怪しい。

と思ったら、何とメモっててくれた方が!

181129-01_IMG.jpg

これは歴史的再重要資料ですよ!Y様ありがとう!!

とりあえずこれを元に振り返ってみる事にする。

ほぼだいたいこんな感じだったんだけど、これ1曲ずつ振り返ると大変なことになるよね。
なので、かいつまんで行こう。(でも長くなるかも)

1.乾杯(長渕剛)

まず、記念すべき1曲目がなぜいきなり他人の歌なのか。

実は、限りなく飲み会に近い雰囲気でやりたいということで、カズヒコが
「じゃ、まずは乾杯から」
とかいうので、つい
「固〜い絆に〜♪」
とか歌っちゃったんですよ。ちょっとモノマネ入りつつ。
ほんのさわりだけだけど、これが記念すべき1曲目にカウントされました。

で、せっかくだから他人の歌繋がりで、美空ひばりさんの

2.愛燦燦

へと繋がった。
実はこの曲だけ、昼間にちょっと合わせてみたんだよね。
昔カバーしてた時は、五十嵐公太がハープ吹いてたんだけど、今回やついないしね。
で20数年ぶりに誕生したニューバージョンが、なかなか良かったんだな。(これはフルコーラスやりました)

「五十嵐公太、もう要らないじゃん」

とかって話になり、いない人の悪口が酷い(・∀・)

「USA」は、難病と闘ってるらしい、石黒(昨年サポートでベースを弾いてくれた男)が、実は現在USJに遊びに行ってるらしいという話を聞き、思わず

「USJ!」

って歌っちゃっただけ。ワンフレーズ。


さて、前日の名古屋の打ち上げで、ファンの人から「夢を見た」が聴きたいというリクエストをもらってたんですよ。
その人結局高岡には来なかったけど。
で、いない人のリクエストに応えちゃおうという嫌がらせ(?)をしてみた。

でね、これもフルコーラスやったんだけど、全然手が覚えてないんだよ。探り探り。
で、途中で気づいたんだけど、この曲はいっつもカズヒコが独りで歌ってたので、オレは演奏してなかったんだよね。そりゃ覚えてないワケだ。
でも、いつもステージ袖で聴いてたので、対応はできた。
演奏してなくても、聴いてたものは大概弾けるというスペックなのです。

そういえば「JENIFER」とか「優しさの跡で」もやったことないな〜って話になり、さわりだけちょっと歌ってみた。何故かオレが。
歌詞なんかも超テキトーだったけど、多分合ってたんじゃないかな〜

この辺からは、ネットでは書けないようなぶっちゃけ話が盛りだくさんだった。
「アカシア」のレコーディングのエピソードとか、その時のデモテープの歌詞や、仮タイトルがいかに酷かったとかって話もね。
その場にいた人達だけの秘密、っていう共犯っぽい感じを楽しめる、それがライブです。
間違っても拡散などしないようにw

「ムーンライト」はその酷いバージョンをやってみたんだけど、お客さんやはりドン引きでしたね(・∀・)

「MONDAY BLUES」は、いつもとは違うキーでやってみようという話にその場でなり、やってみたらなかなか良かった。(この日はこのパターンが多かったね)
当時、冷たいトマトを頬張ってた方の世代だった我々も、今じゃ公園のベンチで独り言を呟く世代になってきたね〜なんて喋りながらね。
いずれは砂時計の砂が尽きるように、音もなく・・・

「誠実」ってのは、ビリー・ジョエルの「HONESTY」を勝手に日本語で歌うというネタで、20数年前の打ち上げで思いつきで歌ったんだけど、その数十年後、五十嵐公太の50歳のサプライズ・パーティで、公太本人のリクエストに応えて歌ったのが2度目。今回が3度目だった。

途中の藤尾領ソロ・コーナーでは、割と真面目に数曲歌い、前日にも弾いた「Requiem」を演奏。

前後するけど「遠い足跡」は、客席とステージが一体になってたね。
みんなの歌うサビ、サイコーでしたよ。

「未発表曲」となってるのは、文字どおりで、この日初めて聴いた歌のピアノ伴奏をさせられるという、この日一番の無茶振り。

「ポパイとオリーブ」では、その場のノリで新しい試みがあって、お客さんと一体になったりならなかったりが超面白かった。


「交差点」、「色褪せた街の中で」、「マーガレット」はかなり真面目にピアノ弾きました。
特に「交差点」は、人生で初めて弾いたけど、結構なんとかなるもんだね。

アンコールの「嘆きの壁」そして大プロデューサー様からの直訴による「ふたりのFRIDAY NIGHT」は、ギター2本でしっかりやりました。
トークも長くて、計3時間ぐらいやってたのかな?

ふと思ったんだけど、昨年はこれ、カズヒコ独りでやったんだよね?
リスペクトっす!


って事で、今宵は、お客様もスタッフも、本当にお疲れ様でした!
ありがとう!!


と思いきや、機材バラしからのテーブルセッティングで、怒涛の打ち上げ編が始まるのだ。
いただいた動画を見ると、乾杯の挨拶をさせられてるのが24時前。
記憶してるのは、

ブルースカイ・ブルー
恋に落ちて
エンドレスレイン
遠くで汽笛を聞きながら
マーガレット
時の過ぎゆくままに
セカンドラブ
赤いスイートピー
死んぢゃってくれ
ラジオ体操第一
Piano man
完全無欠のロックンローラー

あたり?


ギター類はもうバラしちゃったので、あるのはピアノだけ。
当然ピアノ弾き語りになります。
181129_IMG_0860.jpg


何か、自分が思ってたイメージ以上に、自分はピアノが弾けるんだな〜と、不思議に思った。

あと、カズヒコがピアノ弾き語りで2曲ぐらいやってたかな。


という、音楽と酒まみれの6時間(ぐらい?)だったね。
みんなともたくさん話せて、本当に楽しかっです。

ありがとう!


ところで今回の旅、いろんな人とハグさせてもらったけど、このシーンは記憶にないな(・∀・)
181129_PB258254.jpg


旅とライブ(その3・高岡移動編)

こんばんは。プロ旅人で音楽家で格闘家の藤尾領です。
昨日の音楽編に続き、また今日は旅の話です。。


さて、名古屋から高岡へは、高速バスという手段をチョイスしたのは、前にも書いた。
本当は、11時ぐらいに出るバスで、15時過ぎぐらいに着くやつを予約したんだけど、高岡のイベントを主催したプロデューサー・WTNBBYさんに

「それじゃお昼の寿司ミーティングに間に合わないから」

って怒られたので、仕方なく8時出発、12時着のやつに変更。
ってか、寿司ミーティングって何なんだ?W


しかもですよ、予約変更後、また連絡があって

「寿司ミーティング、昼の予約が取れなかったので、14時半に変更な」

ですってよ。
じゃ、遅い便で良かったじゃんって話もあるんだけど、おかげでこの日、つまりフレディー・マーキュリーの命日に、高岡で再度「ボヘミアン・ラプソディ」を観られることになったんだよ。
これぞ怪我の功名?

昨夜は多分1時か2時か3時頃に(覚えてない)帰ってきたのに、目覚ましもかけずに寝ていたよ。
しかし奇跡的に6時ぐらいに目覚めた。
しかしクソ眠い・・・


7時過ぎ。チェックアウト。
ホテルのフロントに、コーヒーマッシーンがあったので、とりあえず一杯作って、飲みながら出発。
クソ眠い。
181127_IMG_0806.jpg



7時半。名古屋駅も、まだ目覚めてない。
クソ眠い。
181127_IMG_0807.jpg



名鉄バスセンターって所に初めて来た。
浜松町のバスターミナルっぽい。
181127_IMG_0808.jpg





8時。高速バス。これで約4時間。
当初、高岡駅で降りる予定だったんだけど、映画館のあるイオンモールにちょうど停まることがわかり、ラッキー!!
しばし車窓を楽しみつつ、朝飯など食いつつ、ビールなどこっそりいただきつつ・・・
181127_IMG_0810.jpg

181127_IMG_0811.jpg




そして11時半。イオンモールのTOHOシネマズ。
とても小ぎれいなショッピングモールだ。
高岡ではなく、新高岡なのだね。
181127_IMG_0815.jpg



こんにちは、フレディー( ´ ▽ ` )ノ
2度目も面白かったな〜
というか、2度目だから楽しめた、なんて点もたくさんあった。
リピーター多い映画になったね。
181127_IMG_0816.jpg



そして、映画終了後、イオンまでプロデューサー・WTNBBYさんが迎えに来てくれて、お寿司屋さんでカズヒコと合流。
181127_IMG_0817.jpg




本日のライブ、何をやるか何も決まってなかったので、ここで話そうってことに昨日なってたんだけど
「美味しいね〜」
「そだね〜」
みたいな会話しかしなかったな(・∀・)
本当に、言葉をなくすほど美味いんだもの・・・
静かな、良い時間を過ごさせていただきました。



そして、会場入りし、リハーサルを開始したのだが、いきなり井口さんのギターアンプが壊れちゃいました。
181127_IMG_0818.jpg



幸い、街の電気屋さんで換えパーツが見つかり、オペレーターさんが買ってきてくれて、何とか本番を迎えたんだけど、俺が撮った写真、これの後は部屋に戻ってきた2時半ぐらいのこれで、その間の記録が一切ない。
181127_IMG_0819.jpg



ので、明日は皆さんに頂いた資料をもとに、ライブを振り返ろうと思うんだけど、果たしてまとまるのだろうか・・・
相当中身濃かったからな〜
旅とライブ(その2・名古屋ライブ編)
約1年ぶりの、THE HEART名古屋ライブ。
普段あまりやらないけど、ステージ上からの目線で、セトリから振り返ってみましょう。
(長いぞ〜)


1.赤い旗の下で

先日予告した、ノーカウント始まりでした。
ギターソロ、本当は後半カズヒコさんがハモりでかぶさってくる、というのがあの頃のしきたりだったけど、もうそんなことは忘れて、バッキングを楽しんでいらっしゃるようなので、それはそれでいいか。
高岡のライブで語ったけど、最初にこの曲のカズヒコのデモテープ聴いたときに「あれ?これオレが書いた曲?」って思ったぐらい、オレっぽい曲。
なので、カズヒコが書きそうな詞を書いてみた。


2.警告の鐘

通常はギターのAマイナー刻みから入るんだけど、今回はあえて「カウント始まり」からの、F-Gで、イントロ2へ。
ってちょっと何言ってるのか分からない、だな。


3.チャップマン

終盤のベースソロで、「お帰りゴッシー」って改めて。
多分客席もそうなったよね?


4.THE HARD DAYS

これも、このメンバーだからこそ、あのアカペラ始まりが成立するんだよね〜

と、ここまで、(ちょいちょい転調はありながらも)ほぼAかAマイナーのキーでお送りしてきたことに気付いた人はいないだろう。

そしてここから、(ちょいちょい転調ありながら)キーがBの曲が続く。


5.MONDAY BLUES

高岡で言ったけど、オレがTHE HEARTに加入した当時、何気に一番好きだった曲。
ま、それについては「高岡編」で語ろうか(・∀・)


6.ピエロ

カズヒコが最初に出したセトリ案に、なんとこの曲がなかったんですよ。
「ありえねーだろ!!」
っつってボコボコにしばいててやりましたよ。
なんか、ゴッシーていうと、この曲のイメージなんだよね。
何故だかは分からないけど。


で、今度はキーがCの曲が2曲。
偶然だけど、A→B→Cって流れが美しい。
そんなことを気にする人は一人もいないけど。


7.君の姿を探してる

THE HEARTアマチュア時代の、かなり初期の作品だと聞いたことがある。
この辺りで、実はわしのエフェクターHD-500Xが熱暴走した。
こっそり電源を落としたら復活したけど。


8."TOKYO"

「黄熱」に収録されている曲。
ギターソロはオレのストラトで、オレが弾いたソロと、カズヒコが弾いたソロをミックスしてるって知ってた?
ライブでは全てカズヒコ。
気付いた人は結構いるかもしれないけど、井口さん、ケツポケットのブルースハープがなかなか出てこなくて、アウトロ(エンディング)のサイズが伸びてましたね(・∀・)


ここでドラマー交代。
満を持して、辻岳春さん登場ですよ。
彼と斉藤律さんが脱退したタイミングで、オレと憲坊(草野健一)が加入したので、当然一緒にやったことはないんだけど、当時から人間的交流はあったので、初めてという感じがしないような、するような・・・

ちょっと胸が一杯になると同時に、膀胱も一杯になってしまったので、岳春呼び込みの間に、一度楽屋に戻り、トイレに行ったんだけど、戻ってきたらまだ呼び込まれてなくて笑った。
一体何を話していたんだろう?


9.STAR DUST

1コーラス終わりからのギターソロまで、4小節の間があったんだけど、なぜか岳春バージョンだと2小節なんだよね。
リハでもごく自然にそうなってて、誰も何も言わなかったので、それに従いました。


10.雨は止みそうもない

20代でこんな曲やってたんだな〜と。
今思えば50代でちょうどいいよね。

で、またドラマー交代。公太さんカムバック。
ここでちょっと無茶振りしてみた。

「ドラムソロが聴きたい」

どうせ次の曲はドラム始まりなので、ついでにリクエストしてみたよ。
ちゃんとやってくれるところに、彼のキャリア、年輪の深さを感じました(・∀・)


予定外のドラムソロからの、

11.TAKE IT EASY

この曲のサビに出てくる、ちょっとした「キメ」が、公太と合わなくて、その合わなさ加減が面白いんだよね。
本番中も、8回ぐらい出てくるその箇所で、顔を合わせて
「合わねー」
って感じ。
6回目ぐらいから何となく合ってきたかな。


で、オレのギターソロ・コーナー。
もう、イメージの9割ぐらい指が動くようになったので、それを聴いてもらいたくて
12.Requiem
やりました。
出来はやっぱり9割ぐらいだったかな。


気が済んだところで、一人ずつメンバーを呼び込み、最後にカズヒコがゴッシーを呼び込む。


13."ZERO"

ブランクを感じさせないボーカル&ベースのプレイでしたね。
この辺りでステージドリンク(ビール)が枯渇し、客席から強奪して飲み始める。
181127_IMG_0858.jpg



14.SO LONG

この辺から、やってる方も最高潮に達します。
何故かここ3年ほど、途中の英語のアナウンスも担当させていただいております。


15.TIGHTROPE

16.真夜中のランデブー

いつもこの辺りはイっちゃってるので、記憶ありませんです。


アンコール1.風の詩

これも予定外で、岳春が叩くことに。
大丈夫なのか?と思ったけど、大丈夫だったね。
「客席ビール」も、冷えたものが用意されるという気の利きよう。
ありがとねー!!


アンコール2.遠い足跡

みんなの歌声がよく聴こえたよ。
この曲が最後って、ちょっと珍しい?

最後に記念撮影。
幽霊のように真っ白なゴッシー。
181127_IMG_0797.jpg


逆から見ると、こんな感じ。
181127_IMG_0855.jpg


あと、いただいたこの写真、とっても気に入ってます。
おっさん達のやり切った顔、最高でしょ?

181126_IMG_0791.jpg






それと、後で聞いた話なんだけど、この日のPAさん、妙に本番中もノリノリで仕事してるな〜と思ったら、終了後カズヒコにこう話したそうです。

「THE HEARTは私の青春でした!」


何だよ、先に言ってよ〜


打ち上げで飲みに行ったお店、奥の座敷では、何と数十名のファンの方々がこれまた打ち上げており、何故かご指名をいただいたので、ほぼそちらで飲んでた記憶。
しかし、店を出てから寝るまでのことは全く覚えてない。
という、1日目、ライブからの流れでした。

最高な夜をありがとう!!

明日は高岡への移動編(予定)です。
旅とライブ(その1・名古屋移動編)


さて、怒涛のツアーを駆け抜けながら、このブログではサクッと現状報告だけにとどまっていたので、改めてじっくりと振り返ってみる。
と言っても、記憶はかなり曖昧なので、手元に残っている写真(いただいたものも含み)を頼りに検証して行こう。

まずは初日。東京〜名古屋編

初日のブログのこの写真。
これは、せんだみつお、じゃない、相田みつを美術館から京葉線東京駅に降りるエレベータだな、確か。
有楽町駅から東京国際フォーラム経由で、東京駅にという、いつもの移動手段だ。


で、東海道新幹線。
今回はチキン弁当ではなく、焼き鯖鮨を購入。
181126_IMG_0769.jpg


ヱビス3本買ったんだけど、

181126_IMG_0770.jpg



乗る前に2本蒸発。
ついでになぜかApplpepencilも蒸発。どこ行っちゃったんだろう・・・
1万円以上するんだよな、あれ・・・


181126_IMG_0771.jpg

3連休ということで、車内はそこそこ混んでたな〜
隣は可愛い1歳児を連れた新米ママで、岡山の実家に帰るって言ってたな。
(なんで会話してるんだし)


最後列をチョイスしたのにはワケがある。
スーツケースにギターケース置けるからね。
181126_IMG_0772.jpg





181126_IMG_0776.jpg

焼き鯖鮨、美味しゅうございました。
量もこのぐらいで丁度いいや。


181126_IMG_0777.jpg

車内、Wi-Fi、電源も完備で、ネットなどもしつつ、前日放送の「科捜研の女」、そして「リーガルV」を途中まで観たところで、あっという間に名古屋ですよ。


181126_IMG_0779.jpg

会場到着!
「おかえりなさい」が泣かせてくれます。
ただいま〜( ´ ▽ ` )ノ



181126_IMG_0782.jpg

今回は参加できないという某若手美人女子からの差し入れ。
分かってるね〜!
これですよ、これ。


181126_IMG_0783.jpg

天むすもいただきまして。

181126_IMG_0781.jpg

縦長の楽屋なんだけど、喫煙者多くて、わしは端っこに陣取りました。
知らない人が見たら、すげー仲の悪いバンドだと思われそうだけど、実際仲悪いし、まあいいか。


181126_IMG_0784.jpg

サウンドチェックも順調!


181126_IMG_0786.jpg

五十嵐公太さん周り。




181126_IMG_0787.jpg


オレ周り。



181126_IMG_0790.jpg

お花届いてました。みんなありがとう!!
名前出しちゃって大丈夫かな?(・∀・)
ってか「エリカ沢尻」って誰よ?w




さて、長くなるので、ライブ本編はまた明日。

帰ってきた!
本日午後、無事に帰宅しました。
「家に帰るまでが(略)」ってことで、これにて無事にツアー終了!
今回も忘れられない旅になったな〜・・・(色々忘れてるけど)
詳細については、またじっくり振り返るけど、まずは触れ合えた皆様に本当に感謝!!!!!
ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

しかし、帰宅という作業が一番疲れたわ・・・

181125_IMG_0835.jpg
高岡行ってくる
昨日はありがとうございました!
なかなか充実のライブだったと思う。
しかし、ピアノは弾かなかったので、今日は弾こうかなと思う。
今から高速バスとやらで移動。
後ほど~( ´ ▽ ` )ノ
名古屋行ってくる
とうとう本番日がやって参りました!
こちとら準備は万端でございます。
って事で、まずは無事に会場まで辿りつけますように。
行ってきます( ´ ▽ ` )ノ
酔っ払って奏でるBOHEMIAN RHAPSODY
今年最後のWorld Guitar Girls Collectionが、12/29、渋谷のclubasiaで開催されるわけだが、そこでQUEENの曲だけで構成されるメドレーをやってみるのはどうだろう?という流れになっている。
今、映画も大ヒット中だし、きっとお客さんにも喜ばれるだろうと思い、早速手をつけてみた。
これまでも「QUEEN:というタイトルのメドレーはやったことがある(と、ここでも紹介した)。
たまたまドンドンパンで始まり、KILLER QUEENで終わるので、わかりやすくそうネーミングしただけで、中身は色んなアーティストの曲で構成されていた。
今回はせっかくなので、映画にあやかってボラプで始めてみてはどうかと思い、作業してるうちにだんだん楽しくなり、結果こんなものが出来てしまった。
もはやメドレーでもなんでもないけど、これはこれで面白い。




オレ、そんなにQUEEN好きだったっけ?ってビックリ。
あまり現実的ではないけど、これライブででいたらスゴいと思う。
最低限5人のギタリストが必要ってところは、このイベントっぽいけどね〜

ラフなデモだし、6分以上かかるので、暇な時にでも聴いてください。

さて、荷造りでもするか・・・・
引退

友人であり格闘家の寺崎直樹選手の引退セレモニーにお邪魔してきた。
提供した入場テーマ曲を会場で聞けるのも、今日が最後。寂しい限りである。
それにしても、スポーツ選手というのは、本当に年齢とも戦わなきゃならないから大変だ。
プロ生活は14年。よく14年も殴り合い蹴り合いを続けたもんだ。
野球選手だってもっと早く辞める人もいる。
倒されても倒されても、なお挑み続ける彼の姿は、今でもまぶたの裏に焼きついている。
本当にお疲れ様と言いたい。
181121_IMG_0758.jpg


しかし音楽は、その気になれば死ぬまで現役を続けられる仕事だな。
指を切断するとかしなければ、ね(・∀・)
役所メシ(番外編)「スポニチ社員食堂」(3回目)
181120nikkan_IMG_0196.jpg


今回は日替わりラーメンの味噌バターコーン(500円)。
なぜかここに来ると、麺類が食いたくなるのだ。
ご覧の通り、かなりのボリューム。
小チャーハン(150円)を頼もうか悩んだが、やめて正解だったようだ。
お味はとてもしっかりしていて、ネギはシャキシャキ。麺の茹で具合も絶妙だ。
この食堂、通ってしまいそうだ。(既に通ってます)
環状2号、汐留〜有明

先日とは逆のコースを走ってみた。
解体中の旧市場とか、数年経ったら貴重な映像になりそうな気がするので、残しておきましょうってことで。



いや〜こちらも、走っててとても気持ちが良い。

ついでに、歩道についてm調べてみた。
豊洲〜晴海〜勝どき間は、両方向、自転車レーン月の歩道がある。
で、勝どき〜築地(汐留)は、上り側だけで、一応歩道も自転車レーンも、普通にすれ違うだけの幅はある。
ま、暫定開通としては上出来かな。
ただ、勝どき側のスロープが、一体何往復するの?ってぐらいグルグルと上り下りしなきゃならない作りなのが残念。
荒川大橋の舞浜側みたいな感じ、
完全開通までになんとかなるのだろうか?
【ニュース】ゆりかもめ・駅名変更

ゆりか様が来年3月、「船の科学館」駅を「東京国際クルーズターミナル」駅に、「国際展示場正門」駅を「東京ビッグサイト」駅に名称を変更すると、この夏発表があった。

まず「東京国際クルーズターミナル」とは何か?
船の科学館近くにできる、巨大客船ターミナルで、2020年にオープンするらしい。
現在晴海にある客船ターミナルに入港するには、レインボーブリッジをくぐらなきゃならないんだけど、近年、客船の大型化が進み、くぐれない奴が結構多い。
なので、(外から見て)レインボーブリッジ手前に新しく作ろうって話になった。
現在の晴海のターミナルは、選手村が住宅に変わる頃、閉鎖されることになっているという。

建設中の「東京国際クルーズターミナル」は、2020年夏に完成すれば、臨海副都心のランドマークとなるのはもちろん、東京の海の玄関口になります。船で入国する外国の方も増えますので、東京を象徴する公共施設の名称を駅名にすべきと判断しました。(ゆりか様広報)


そして「東京ビッグサイト」

「国際展示場正門」駅の近くにある展示施設「東京ビッグサイト」は、「東京国際展示場」が正式名称ですが、利用するみなさんには愛称の「(東京)ビッグサイト」で定着しています。駅名も東京ビッグサイトの方が分かりやすいと考えました。(ゆりか様広報)


あ、確かにそうだった。
「東京ドーム」「ビッグエッグ」「羽田空港」は「ビッグバード」。どちらも定着してないけど、「ビッグサイト」だけは愛称の方が親しまれておる。

あまり身の回りで、駅名が変更になることってないので、ちょっとレアな体験。
クリス姐さん、車内アナウンス録り直しですかね。

ぐるり公園〜市場屋上緑化公園


市場をぐるっと囲む形の、豊洲ぐるり公園。
北側にあるエレベータ。
181116_IMG_0399.jpg

181116_IMG_0402.jpg



181116_IMG_0401.jpg

これを昇ると、市場屋上の緑化公園というところに行ける。


181116_IMG_0275.jpg


181116_IMG_0273.jpg

非常にのんびりしていて、気持ちが良い。


181116_IMG_0274.jpg

181116_IMG_0276.jpg


きっと夜景もきれいに違いない。


181116_IMG_0272.jpg

ちなみに、いろんなものが禁止。酒もダメです。
朝5時から夜23時まで入れる模様。
ぐるり公園をぐるりしてきた
ジョギングからサイクリングにシフトして、ぼちぼち1年。
以前のジョギングコースの一部だった「豊洲ぐるり公園」が、市場の開場に合わせ、全面開通したというので、ちょいと行ってきたよ。チャリで。

まずはららぽーと前の豊洲公園からスタート
181116_IMG_0392.jpg

全体的に、このようなコースが続く
181116_IMG_0394.jpg

181116_IMG_0397.jpg





一周すると4.8kmらしく、数百メートルおきにキロポストが立っている。
181116_IMG_0271.jpg


晴海大橋の裏側
181116_IMG_0396.jpg


バーベキューでおなじみのワイルドマジック
181116_IMG_0395.jpg


市場に水揚げしている船
181116_IMG_0400.jpg


なにやら店を出してる人
181116_IMG_0277.jpg



北側
対岸には五輪選手村、後の晴海フラッグ(という街)
181116_IMG_0398.jpg


西側
レインボーブリッジビュー
181116_IMG_0404.jpg


南側、有明ビュー
181116_IMG_0405.jpg


公衆トイレ完備(ウォシュレットなし)
181116_IMG_0406.jpg


向こうにそびえるのは、エレベータ。
181116_IMG_0399.jpg


あれを昇ると・・・
続きはまた明日。
【映画】Bohemian Rhapsody

何となくミュージシャンとして、観なくてはいけない気がして、先日観てきた。
中途半端なそっくりさんって点を、なるべく気にしないようにフィルターをかければ、かなりの大作だと思う。実際役者さん頑張ってたし。
昔から音楽を聴かずに育ったオレでも、ほとんどの曲を知っていたという点では、やっぱりQueenってすごいバンドなのだな〜と思った。
しかも、「手を取り合って」、「フラッシュゴードン」、「チャリンコレース」が無かったことに気付くレベル。
何か分からないけど、ライブ前のこのタイミングで観ることができて、本当に良かったな〜と思った。
うちのフレディも観といてくれるといいな。

181115_IMG_0655.jpg
LINE6 POD HD500X
1811XX_IMG_0648.jpg


前回のTHE HEART名古屋ライブで使ってたのがHD500ってやつだったのだが、その後新たに買ったのがこのHD500X。
名前的には「X」がついてるかついてないかだけの違いだが、グレードがだいぶ違うようだ(←あまり分かってない)
とりあえずカラフルになった気はする。
買ったのは年末ぐらいだったか?一度も使うことなく、息子の愛機になっていたが、名古屋ライブも近づいてきたので、そろそろ本気モードでいじり始めてる。

一つ気付いたのは、スイッチ部分のデザインが変わり、黒ゴマ塩のキャップのサイズが全く合わなくなってることだ。

秋のツアー 旅程について考えてみる(その5)「高岡〜東京」

さて、秋のツアーまであと1週間とちょい。
今日は、帰りの行程について考えてみよう。


楽しかった秋のツアーも、いよいよ最終日。
そして、今回はただ帰宅するだけの簡単な任務。時間的制約も一切ない。
ということで、まずはJR鈍行乗り継ぎ旅について調べてみる。
起点を高岡、終点を東京とし、またやほー先生に相談。

高岡〜泊〜直江津〜六日町〜水上〜高崎〜東京
181113-01.jpg


移動9時間乗り換え5回。
なかなかボリューミーである。
しかしこの移動、楽器やら機材やら大荷物であることを忘れてはならない。
特に最後の高崎〜東京は、通勤電車の匂いしかしない。却下。

そういえば近年、北陸新幹線なるものが開通したと聞いた。(遅い)
よし、それに乗ってみようではないか。

高岡〜新高岡〜東京
181113-02.jpg


移動3時間弱、乗り換え1回。これかな〜

もうちょっと調べてみると、どうやらこの新幹線には「グランクラス」というものがあるらしい。

ちなみに、新高岡〜東京間の特急料金は6,250円。
グリーン車ならこれに5,150円、グランクラスだと13,370円プラス。
軽食と飲み放題、おネエちゃんのアテンド付きとはいえ、なかなかのいいお値段だ。
こんな幸せを一人旅で享受してはいけない気がしてきたよ。
これ我慢したら、浮いた金で缶ビール50本以上飲めるしな(・∀・)

ということで、普通の指定席でいいです。北陸新幹線まだ乗ったことないしね。
よし、帰りはこれで行こう!
【ドラマ】「あなたには渡さない」

他のドラマに遅れること数週間、忘れた頃に始まったドラマ。
テレ朝土曜23時15分、木村佳乃主演。
料亭の妻として20年、夫を支えてきた妻(木村佳乃)の元に、いきなり夫(萩原聖人)の愛人と名乗る、金沢の酒蔵の女社長(水野美紀)が訪ねてくる。
「ご主人をいただきに参りました」
いきなりそんな衝撃的な幕開け。
昭和の香りがプンプンすると思ったら、原作は1994年の連城三紀彦の「隠れ菊」という小説で、水木ありさ主演で一度ドラマ化もされている。
どこか東海テレビの昼ドラの香りもしないこともない。
前期の「ヒモメン」とのギャップが激しくて、それはまたそれで面白い。

181112.jpg
新生銀行が・・・

先日、新生銀行から「重要なお知らせ」というメールが来た。
読んでみると

2018年12月8日(土)をもちまして、新生銀行キャッシュカードによる「海外ATM引き出し」サービス(インターナショナルキャッシュサービス)を終了いたします。
2018年12月8日(土)以降は海外ATMでの引き出しはできなくなりますのでご注意ください。


マジか!!
この機能が便利なので、このために新生銀行使ってたのに、もはや口座を維持する意味がないやん!!
ま、しばらく海外行ってないんだけど、困ったのう・・・
カウント

バンドのライブなどで曲を演奏する場合、ドラマーやボーカリストが出す合図。
代表的なのが
「ワン、ツー、ワンツースリーフォー」
っていう、いわゆる「8カウント」。
他にも、最初の「ワン、ツー」がない「4カウント」や「スリー、フォー」だけの「2カウント」なんてのも。
あと、古くはカシオペア先輩がライブでやってたパターン。
ドラマーが、スティックを打ち続けて、テンポ感をずーっとキープし、良きところ8カウントや4カウントに入るという、ちょっとした儀式的なやつもあったな〜。




しかし、自分的に一番しっくり来るのは「ノーカウント」。
カウント全くなしで、呼吸(?)を読み合って曲を始めるやつ。
今度のTHE HEARTでも多分1曲ぐらいありますよ。ご注目!
無地の新聞紙

いわゆる「紙の新聞」を取らなくなって、どのぐらい経ったのだろう?と、過去のブログを遡ってみると…

「紙の新聞」を取らなくなってどのぐらいになるのか、と自分のブログを辿ってみると、

などと、同じようなことを2014年6月に書いていたあたし(・∀・)

で、そこから更に辿ると、2013年6月だから、およそ5年半前ってことになる。

しかし、電子版の新聞ではできない役割がある。
ちょいちょい息子が靴をずぶ濡れにして帰ってくることがあり、その靴を乾かすのに、突っ込むのが新聞紙なのである。
ま、うちの場合は「区報」とかだったりするわけだが、こんな時は、タブロイド紙だろうがフェイクニュースだろうが、役に立つのだ。
しかしご存知の通りこの秋は台風も多く、靴を乾かす頻度もかなり増え、これまで月2ぐらいで自宅に届いていた区報が底をついてしまったのだ。
で、先日購入した電動セイバーソーで、要らなくなった珪藻土バスマットを風呂場で切り刻もうと思ったのだが、下に敷く「新聞紙」がない。
ってことで、Amazonで購入してみました。「無地の新聞紙」。
お試し20枚で500円弱だから、コンビニなどでフツーに新聞買ってきた方が安いんだけど、とりあえず「真っ白な新聞」ってのがどんなもんかと思い。
感想

「大きめのわら半紙みたいだな」

181103_newspaper_IMG_9988.jpg

リハやってます
181108_IMG_0532.jpg

THE HEARTの名古屋公演まで、あと2週間ですよ。
しかし、メンバーみんなお忙しいということで、全員のスケジュールが合うのは今日だけなんだって。
なので、本日が最初で最後のリハ。
ま、ミスター・パーフェクトと言われるオレは全く問題ないので、程よくアルコールを摂取することで、本番をシミュレートしている。
問題は他のポンコツたちですよ。
本当に大丈夫なのか?今日だけで・・・
特に、四半世紀以上弦楽器から遠ざかってたあの人とか。

でも、「アカシア」ってアルバムは、このポンコツ集団で作り上げたアルバムなんだよねー。
っつーことで、当日をお楽しみに!!
環状2号走ってきた(有明〜築地間・上り)

何だかんだと言いつつ、辛抱たまらなくなって走ってきた。(車で)
新しく開通した、環状2号線、有明〜築地間(約2.8km)。
いや〜、超快適だったよ。平日朝9時過ぎにもかかわらず、スキスキスー。
途中に信号は2箇所だけ。しかもどちらもグリーンシグナルで、結果所要時間4分弱。
旧・築地市場敷地内から新大橋通りに合流する信号(急遽、暫定的に整備された箇所)がボトルネックになって、渋滞が予想されていた場所も、前に4台ぐらい信号待ちしてるだけだった。



動画では、豊洲大橋のあたりで、低空飛行のカモメとぶつかりそうになってるけど、この辺りではよくあること。
景色がまた素晴らしいよね。レインボーブリッジ経由も捨てがたいけど。

今度はチャリでアタックしてみようと思う。
車から見ると、途中、歩道がなくなる箇所があって、ちょいと気になっている。

地図アプリ・地図サイト

紙の地図がやがてカーナビに変わり、現在はスマホやタブレットのアプリ、パソコンでの地図サイトなどが主流となっている。個人的に。
車には前に使ってたカーナビも付いているのだが、アプリの何がいいって、わざわざ高額なソフトをいちいち買い替えなくていいという点。
今の車はもう13年ぐらい乗っているので、そのナビには現在の自宅すら存在しない。
しかし、アプリなりサイトなら、すぐにアップデートできる。

はずじゃないのか?

2日前に開通した環状2号、早く表示してください。(セッカチ杉?)
仕事帰りとかならいいけど、自宅からあっち(新橋・虎ノ門)方面に向かう際、混んでいるのか空いているのか分からないので、安心して向かえないんだね。
ほぼ全体が橋だから逃げ場ないし。
というか、もう「この日に開通」って決まってるんだから、事前にアップデートの準備ぐらいできるのではないだろうかと思うんだけど。

ま、しかし、「今あるはずの道がないGoogleMapの図」ってのも、今しか見られないからレアなのかも?
って、せっかくの機会だから、ここに残しておこう。
2018年11月6日現在のGoogleさん
181106-01.jpg


ついでにiPhoneアプリの「東京時層地図」より
今日現在
181106-02.jpg


バブル期(約30年前)
181106-03.jpg


高度成長期(約60年前)
今ある橋がほとんどないね。
181106-04.jpg



昭和戦前期(約90年前)
島がない・・・
181106-05.jpg
秋のツアー旅程について考えてみる(その4)「名古屋〜高岡」

昨年は名古屋ライブの後、東京・品川でメアリーさんのライブがあったため、翌日朝ソッコーで戻らなければならなかったが、今回は翌日、富山でライブに出演、ということになっておる。
つまりは、まだタイムテーブルは出てないが、サウンドチェックまでに会場入りすれば良いことになるはず。
で、富山までの移動について計画を練る。

まず第一に、JRには「往復割引」というのがあり、片道600km以上の距離を往復する場合、1割引となる。
しかし、東京〜名古屋間は366kmしかないし、そもそも今回は往復はしないので、適用外。
そしてもう一つ、JRの割引制度として、「遠距離逓減(ていげん)制」というのがある。

基本的な距離あたりの運賃は0km~300kmが16.2円だが、301kmを超えて600kmまでは12.85円と安くなり、さらに601kmからは7.05円と、破格になる。
しかしこれにはルールがあって、「同じところを2度通ってはいけない」というもの。
(つまり、うまく一筆書きが完成すれば、東京〜名古屋〜東京もこれが使えるんだけどね。)
今回はざっとまとめると、東京〜名古屋〜高岡〜東京と、おそらく一筆書きで1000kmを超えるので、まずはこの制度を活用することを考える。
今回の移動のJR部分が1,082kmで、一筆書きルール適用で乗車券が13,180円。まずこれを覚えておく。
これに新幹線や特急を使う場合、特急料金がかかる。
181185-02.jpg



さて、名古屋〜高岡だが、やほーの乗り換えアプリで検索すると、まず出てくるのが東海道新幹線で米原へ、そこから特急しらさぎなどで金沢、さらにいしかわ鉄道とやらで高岡、というルートが出てくる。

名古屋〜米原〜金沢〜高岡
181185-03.jpg



移動3時間ちょい、特急料金は3,500円ちょい。ま、こんなもんだろう。
でも、到着時刻的にちょうど良い感じのがなさそうだ。

ちなみに、特急を一切使わず移動すると、

名古屋〜米原〜近江塩津〜敦賀〜福井〜金沢〜高岡
181185-04.jpg



移動7時間ちょい、乗り換え5回。朝相当早く出ないとサウンドチェックには間に合わない。
さてどうしたものかと思っていたが、別なルートを発見してしまった。

「高速バス」

名古屋駅の名鉄バスセンターというところから、高岡行きのバスが出ていて、料金3,500円。そう、特急移動の特急料金分だけで行けちゃうのである。
そうすると、「一筆書き」は成立しなくなるのだが、「東京〜名古屋」、「高岡〜東京」を別々に買ったとしても、多分こちらの方がビール1本分ぐらいお得になるはず。
しかも、高岡の手前に「戸出4丁目」というバス停に停まるのだが、そこが現場の直ぐ近くであることも分かった。
181185-01.jpg


楽器やら大荷物は、とりあえず車移動するであろう楽器係に任せて、最小限の持ち物で移動しよう。
なにぶんバスなので、おおっぴらに呑んだくれながら移動というわけにはいかないだろうが、時間、経費を考えるとこれがベストのようだ。

ということで、名古屋〜高岡はバス移動決定!!
祝☆環状2号開通!!

有明から築地に抜ける新しい道路のうち、ずっと工事中だった豊洲〜晴海〜勝どき〜築地が、本日14時に暫定開通した。
ちょうど晴海に所用があり、終わったのが14時7分前ぐらいだったので、これは見に行かない手はないと思い、晴海〜豊洲間、いわゆる「豊洲大橋」をチャリで渡ってきたよ。


晴海にある「月島警察署」交差点では、ちょっとした人だかりができていた。
上空にもへりが数機、旋回していた。
181104_IMG_0490.jpg


「14時開通」の看板とバリケードが取り除かれたのは、14時5分過ぎぐらいだったか。
181104_IMG_0492.jpg


工事中の晴海フラッグ。
こちらも大規模な街が出来上がる予定。
181104_IMG_0491.jpg



前を走る、おそらくこの橋1人目と2人目の人。
181104_IMG_0495.jpg


対向車線には、白バイに先導されて、車で渡り初めする人たち。
181104_IMG_0497.jpg


途中の休憩所。レインボーブリッジや豊洲方面を眺めるならここか。
181104_IMG_0498.jpg


そして、渡り終えたところに豊洲市場。
何もなかった場所がこんなに変わるななんて、胸熱!
湾岸地方に住むようになって10数年。当時なかった橋がもう7本か〜
181104_IMG_0499.jpg

役所メシ(番外編)「スポニチ社員食堂」(2回目)


何気に気に入ってる、ご近所の社食。
前回は日替わりラーメンの坦々麺(500円)を食したが、今回はこれ。

1801103_nikkan_IMG_9990.jpg

カレーライス(390円)

カレーの出来栄えで、その食堂の本気度が分かるというものだ(また言ってる)

今回はコロッケ(60円)もつけてみたが、なかなかどうして、スパイスの効いた良いカレーだった。
量もオレにとってはちょうど良いか、少し多いぐらい。
これで390円なら大満足である。
また来よう。
サウスポー用ハサミ
181101_leftyIMG_0190.jpg


前にSNSでつぶやいたことがあるんだけど、ダイソーで見つけたこの左利き用ハサミ。
これがかなり優れものなのですよ。
左利きの人に、ハサミをどうしてるか聞いてみると、大概無理やり右用のを使っている人がほとんどだ。
これがまた使いにくいんだよね。やってるうちに慣れるってのもあるんだけど、オレなんて途中であきらめて、右手で切っていた。
そんなオレでさえ、いきなり左手に持って、サクサクと切れるのがこのハサミなのだ。
右利きの人は、これを右手に持って紙やら布やら切ってみていただきたい。
「あれ?あれれ?」ってなるはずだ。
レフティの悩みが、少しぐらい理解できるかもしれない。
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.