FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

伊右衛門・贅沢冷茶とサーモスのボトル
いや「贅沢冷茶」ってぐらいだから、冷やして飲むという前提に作られてるのだと思う。
オレ的には定番で、いつも2Lのペットボトルでほぼ定期的に買って、「冷やして」飲んでた。

で、話は変わるんだけど、先日サーモスの500ccのボトルを買ったんですよ。
これまでは、見た目に惚れて、ニトリのを使ってたんだけど、サーモスの保冷・保温力ってのがどんなもんか試してみたくなったて。
70度で8時間とか書いてあったので、とりあえず、冷蔵庫で冷えてた「伊右衛門・贅沢冷茶」をそのまま沸騰させて、24時間置いてみた。
さすがにぬるくなってたんだけど、驚いたのは「味」。何か、甘くなってたんだよね。
もう一回沸かして、今度は8時間。
今度はそこそこ熱くて、やっぱり甘みがある。
その後、温度が下がるにつれて、どんどん甘みが増してゆく。
これってどういう現象なんだろう?

で、次は沸かしてからコップに入れて冷ましてみたら、味は変わらず。
ますます意味がわからない。
ボトルの中に何か秘密があるのだろうか?
化学物質が溶け出してるとか、無いよね?
180301_IMG_6504.jpg
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.