FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

誕生日メシ

本日、うちの次男が17歳の誕生日を迎えました。パチパチ

写真は、多分11年ほど前、6歳の誕生日を終えた直後に、息子自身が作成したと思われる、自分の誕生日メシ予定表。

180131.jpg


写真だと見辛いので、ざっと書き出すと…

2008ねん 7さい
なめろう(サーモン)、ナスのみそしる、カレーライス、チーズケーキ

2009ねん 8さい
オムライス、ポテトサラダ、ふつうのみそしる、マグロ


2010ねん 9さい
おすし

2011ねん 10さい(ガラスのじゅうだい)
てまきずし(まくバージョン)

2012ねん 11さい
ごはんミックス、さかな、みそしる

2013ねん 12さい
ごはん、ハンバーグステーキ、つけもの

2014ねん 13さい
うめぼし、ごはん、みそしる

2015ねん 14さい
ごはん、スペシャルセット

2016ねん 15さい
カップラーメン

2017ねん 16さい
すし

と、いろいろ突っ込みどころはあるものの、ここまでしっかりプランニングされているのだが、その後3年が空白となっている。
そして、最後に

2021ねん(はたち)
はたちスペシャル


となって終了している。

そしてその「空白の3年」の最初の年となる今日、友人とどこかに飲みに食いに行っているようだ。
全ては11年前のプラン通りということか…

しばうら鉄道工学ギャラリー

新豊洲に開校した芝浦工大附属中学高校内に、開校と同時にオープンした展示コーナー。
そもそも芝浦工業大学の前身は「東京鉄道中学」と言い、大正時代唯一存在した鉄道学校だったらしい。
で、前は池袋に開校当時は丸の内に校舎があったらしいが、その後池袋、板橋と移転を繰り返し、昨年新豊洲に、中高一貫校としてリニューアル。
その際に、数々の鉄ちゃん(モノホン)の方々から、膨大な資料の寄贈を受け、それらが現在展示されている、というわけだ。

ま、堅苦しい話はこの辺にしておこう。要は「生徒も学外の人も、鉄道に親しみましょう」ということで、お気軽に見学に行ってよろしいようだ。

ゆりか様の豊洲と新豊洲の間にある、という設定で
IMG_5980.jpg


入り口は改札になっている。
って言っても、こんな改札まず都内では見かけないよね。
IMG_5981.jpg


モノホンばかりではなく、TDLのウェスタンリバー鉄道の模型なども

こういう古地図、大好きです
今はもう、鉄橋ぐらいしか残ってないけど、当時はこんな感じだったんだね〜
IMG_5983.jpg

IMG_5984.jpg



鉄ちゃんとしては外せないエリアなんですかね?
IMG_5985.jpg



いろいろな鉄道の座席のコラボ
IMG_5986.jpg



つり輪のコラボ
IMG_5987.jpg



生徒さんが作ったという、東京駅丸の内駅舎
力作です。
IMG_5988.jpg



同じく、シンデレラ城。何でだ?
IMG_5990.jpg


他にも、鉄ちゃんなら垂涎と思われる、レアなものがたくさん展示されているので、ご興味がある方は是非!
IMG_5992.jpg


入場は無料だけど、入口の受付で入館証をもらってね。

公式サイトもありますよ。




IKEBUKURO


この面子で飲むのは、もう20年ぶりぐらいだろうか。
そう、あの伝説のバンドIKEBUKURO(後のIKEBUKURO FUNCADELICS)の主要メンバーが、昨夜久々に集合したのだ。
ずいぶん前に、遠島に流されていた浜田REACHが、久々に帰国したこの機会に、現在は超エリート・ビジネスマンである元愛弟子・イノPがセッティングしてくれた。ありがとう、イノP。
残念ながらその伝説のバンドは消滅してしまったが、あの時の経験がそれぞれの現在の人生に、多大な影響をもたらしていることを、話せば話すほど実感。
皆、それぞれの人生を、いい感じに苦労しながら歩んでいるようだ。
そして、池谷が久しぶりに歌を再開したといういいニュースも聞いた。今後も、趣味の範囲で良いので、長くやり続けて欲しいと思う。

どうでもいいけど、この歳になると、話題の40%ぐらいは「病気自慢」という…
しかも、脳の手術を受けた者が2人もいたことには驚いた。

みなさん、健康で長生きしてください!

180129_IMG_6366.jpg
学食探訪「芝浦工業大学附属中学高等学校」
先日、豊洲市場近くにできた、芝浦工業大学附属中学高等学校内にある「しばうら鉄道工学ギャラリー」というところに見学に行ってきたのですよ。
すると、すぐそこに学食があり、見学者も利用出来る事が判明。
早速利用してみた。
定食AからEまであって、お値段は390円から590円と、50円刻みで5種類。他には麺類や、唐揚げなどのスナック類と、かなり充実したメニュー。
180128_IMG_6348.jpg

180128_IMG_6344.jpg



今回、お初ということで、390円の定食Aをチョイス。この日はジャンボメンチカツ定食だった。
180128_IMG_6345.jpg


なかなかボリューミーで、米の量がかなり多めだった。
お味も文句なし。かなりリーズナブルだった。

正午前なので、かなり空いていた。
180128_IMG_6347.jpg


ギャラリーに関してはまた後日書くが、なかなか面白い学校だと思った。
【ドラマ】「カクホの女~神奈川県警・特命捜査~」
テレ東金曜20時、名取裕子主演の刑事モノ。
前に同じ枠でやってた「マルホの女」の続編と言う感じ。
相方が麻生祐未というのも、前作と共通。
特に観る予定もなかったんだけど、たまたま録画されてたのを観てみたら、かなりちゃんとしていてびっくり!思わず引き込まれてしまった。
テレ東ドラマ、恐るべし。
内容はというと、警視庁の人事部から、定年間近になって神奈川県警刑事部捜査一課強行班に異動してきたオバさんデカが主役だが、その本性や目的はまだ謎。
人事部ならではの観察眼で、事件を解決へと導く。
初回から、同じ班のメンバー2人が退場するなど、なかなか目が離せない展開だ。

初回視聴率は7.7%

180127_.jpg
外苑東通り2018
先日、あるレコーディングの現場に向かうため、青山一丁目から早稲田に向かい、いわゆる外苑東通りを車で走行していた。
この通りといえば、A-JARIの時に、レコーディングやら取材やら、テレビやらラジオやらでよく通ったな〜
あの頃はバブルのためか渋滞も激しくて…なんて話を思い出して書こうと思っていたら、すでに2010年に書いてたよ(・∀・)

  ↓
外苑東通り

その後8年経つが、道路拡張のための用地買収がまだ済んでいないらしく、河和田町あたりから北は未だ片道1車線。
しかし、あのバブルの頃のようなひどい渋滞は無いようだ。
あの頃あったフジテレビはお台場に行っちゃったが、あの頃六本木にあった防衛庁はこちらに来ている。
当時は、早稲田方面から青山方面に「出勤」してたが、今は仕事しに行くとしたら、その逆。
青山方面は帰り道になってしまった。
そして、その先にはあの東芝EMI「ルビービル」も、当時所属していたプロダクションももうない。
時代は移ろって行くのだな〜、などとしみじみ。

180126_IMG_6212.jpg





美しき光景
先日、隅田川(支流)に架かる橋をチャリで走行中、その景色の美しさにハッとして足を止めた。
ま、ハッとして足を止めて、スマホでこんなに綺麗に撮れるこの時代もすごいな〜と思うけど。
以前、山や湖など、自然の美しさが大好きな木暮SHAKE武彦さんと
「お互い、美しいと思う対象は違うけど、美しいものを愛する心は共通だよね〜」
なんて話をしみじみとしたことがあったっけ…
もちろん、自然の美しさも好きなんだけど、やはりオレはこの造形美が大好き。
この景色の中に、様々な歴史や人間ドラマが散りばめられておるのだな〜、などと、柄にもなく鑑賞に浸るある冬の夕暮れ時であった。

180125_IMG_6117.jpg


【ドラマ】「BG〜身辺警護人〜 」

テレ朝木曜21時、木村拓哉主演の警備員ドラマ。
以前、NHKで「4号警備」ってのをやってたけど、それのテレ朝版?。
例の騒動後、初となるキムタクドラマなので、絶対にスベってはいけないシリーズってことで、共演に江口洋介、斎藤工、石田ゆり子、上川達也、菜々緒など、他のドラマなら主役を張れるような人たちがずらり。
それぞれ存在感あり過ぎて、かえって気が散るほどだ。
木村さんも「ほら、オレってこんなダサいおっさんの役もできるんだぜ」的な事をアピールしているようだが、それでもやっぱり木村さんは木村さんだな。

内容的には可もなく、不可もなくって感じなんだけど、ネット上の数々の、御用記者による提灯記事がなんだかなーって感じ。
とあるサイトでは

今作でもアクションシーンなど激しく動く場面が数多くあるが、「技が速すぎて見えなかった!あとで見直そう!」「走ってく後ろ姿が若い頃と全然変わってなくてキューン」などの声とともに「歩いてるだけで画になるとはまさにこの事」「俳優って40代からが花」など、俳優としての成長を喜ぶツイートも数多く見受けられた。

そして1話にゲスト出演した勝地涼ら“イケメンキャスト”たちには「ほんと最高やないかこのドラマ」「カッコイイ対カッコイイ」という書き込み。

こういう「ネットでは〜などの書き込みが…」とか「〜などのツイートも数多く」みたいな、自分に都合のいいものだけを集めて羅列して記事にするという簡単なお仕事、いい加減やめて欲しいわ〜。

ま、話は逸れましたが、今後も豪華ゲスト目白押しみたいなので、木曜夜「科捜研〜」からのこの流れ、来週からも楽しみにしときます。って、録画でしか観ないけど。
初回は前髪クネ男さんにほっこりさせられました。

180124_.jpg

決め台詞は「斉藤さんだぞ」


ちなみに、初回視聴率は15.7 %と、初回視聴率としては、今季の民放では今の所最高値だが、松潤の第2話が18.0%と上げてきた。
今後の新旧ジャニーズによる、仁義なき視聴率戦争も見逃せない?
ライブ今宵もありがとう
180123_IMG_6330.jpg

今宵も、赤坂Club TENJIKU で、稚菜ライブでした。
何だか、ちょっとした事故もあったみたいで、それを良しとはしないけど、それもライブならではなのだな〜というステージだった。
昨日のリハーサルでは、いつものメイン機が不調だったので、今日は息子のギターを借りました。
個人的には、とても気持ち良い演奏が出来たな〜という感想。
指さんもかなり言うことを聞いてくれるようになってきたし。

今日おいでいただいた方々、本当にありがとうございました!

【ドラマ】「きみが心に棲みついた 」
吉岡里帆(現時点ではまだMacで一発変換できない)主演、火曜22時TBS。
オフィシャル的には「恋愛ホラー」と言っているらしいが、だいたいそんな感じ。
自分に自信が持てず、「キョド子」というあだ名で呼ばれるヒロインが、学生時代に自分を洗脳していた男(向井理)からの呪縛からなんとかして逃れようとするも…というような胸糞物語。
ストーリーはかなり鬱な展開で、それ自体は制作側の意図通りというところだが、どうも演出過剰な感じがする。
吉岡里帆(現時点ではまだMacで一発変換できない)は、もっと微妙な演技、例えば「カルテット」で目だけ笑ってないアルバイト女性とか、そういう役ができる女優さんだと思うんだけど、今回はちょっと「演じてます感」、というか「演じさせられます感」が強すぎる。
一方、ムカイリさんはドSでクソ野郎な役が見事にハマっていて、これは素晴らしいと思った。胸糞悪いけど、そこが良いのだ。
ちなみに、三角関係のもう一人は桐谷健太なんだけど、自分的には「これじゃない」感満載だな〜
初回視聴率は9.4%と、「anone」よりもやや高い。

180122.jpg

【ドラマ】「海月姫」
目下絶不調の月9に置いて、全盛期の能年ちゃんですでに映画化され、大コケした(?)コミック原作をぶち込んでくるとは、もはや暴挙としか…
ということで、芳根京子(現時点ではまだMacで一発変換できない)主演の恋愛コメディが始まりました。
もはや脚本(「僕たちがやりました」や「嫌われる勇気」の人)とか演出には全く期待せず、ただ芳根ちゃんの可愛さだけを求めて初回を観たのだが、ま、内容は想定内。
だが、意外な収穫もあった。
主役を取り囲む、曲者揃いのルームメイトのうち、顔が隠れていて、誰だか分からないけど異彩を放っていたアフロとジャージ。後でクレジット見たら、松井玲奈とだーりおだった。
今後はこの二人の演技に注目しつつ、もう少し継続視聴してみようと思う。
ちなみに、女装映えとしては、こちら(瀬戸康史)映画(菅田将暉)の勝ちかなと思った。
それから、原作、映画ではメルセデスをこよなく愛する鰐淵家の運転手・花森さんですが、ドラマではレクサスを愛していらっしゃいます。大人の事情、やらしいですね〜w
初回視聴率は8.6%。ワースト2位だそうですが、ま、こんなもんでしょう。


180121.jpg
アルツ、エクストラ・ラウンドの結果
みなさまお待たせしました。アルツ疑惑、最終決戦の勝敗が判明しました。

結論:陰性

つまり、アルツではなかった。
これで遂に、最終的かつ不可逆的に「ただのバカ」であることが決定したことになる。
しかも、原因不明のバカだ。
世界はこの決定を重く受け止めなければならないだろう。



【ドラマ】「もみ消して冬 〜我が家の問題なかったことに〜 」
日テレ土曜22時、山田涼介主演のコメディ。
基本的にジャニーズ枠なので、全く期待はしてなかったのだが、たまたまカミさんが録画を観ていたので付き合ったら、結構面白かった。
オフィシャルサイトによれば、「ヒットドラマ界の鉄板三大職業、医者、弁護士、警視庁のエリート三兄弟(原文ママ)が、一家の安泰を脅かす事件のみを、全力で解決する」とある。
一家とは、何とか学園の園長である父(中村梅雀)、ドクターの兄(小澤征悦)、弁護士の姉(波留)、そして警察官の主人公(山田涼介)。全員が東大卒のエリートという設定。
初回では、その厳格な父が、いきなりリベンジポルノの被害者になる、というところからスタート。梅雀さんならではの面白さが炸裂していた。
これを、3兄妹(とあえて書く)が、あらゆる手を使ってなんとかしましょうというストーリー。
しかし、ドラマの30%ぐらいは、山田涼介の顔芸で出来ている気がする。
脚本はセカムズの金子茂樹。前クールの「先僕」(福田靖)からは180度違う世界観で、小難しいことは何も考えず、笑いながら観られるのが良い。

初回視聴率は13.3%と、前クールの翔さんのやつが10%だったことを考えると、大健闘と言えるだろう。

それにしても、千葉雄大は一体どこへ向かっていくのだろう…

180119.jpg
【ドラマ】「アンナチュラル 」
TBS金曜22時、石原さとみ主演。
さとみからしつこくLINEが来るもんだから、第1話観てみたよ。
内容はというと、不自然な死に方をした人の死因を調べ、埋もれていた真実を見つけ出すという、法医学もの。
井浦新、窪田正孝、松重豊らが脇を固め、所々に笑いを散りばめながらも、基本的にはシリアステーマ。
設定的にはテレ朝「科捜研の女」みたいなもんだが、作り手が違うとこんなにもテイストが違うのだな〜といういい例。
脚本は「逃げ恥」の野木亜紀子で、独特のテンポ感で物語が進んでいく。
この作品においては、いつもの石原さとみらしい「ウザ可愛さ」は抑え気味になっていて、それはそれで落ち着いて観られる。
タイトルは「アンナチュラル」だが、とてもナチュラルな演技と言えるだろう。
ナチュラルといえば、メイクもナチュラル気味で、仕事に翻弄され恋愛に見放され(かけ)る感じがよく出ている。
初回視聴率は12.7%と、この枠にしては「コウノドリ」並みの好発進と言えるだろう。

180118.jpg


【告知】ライブのお知らせ
今月もやりますよ〜赤坂club TENJIKU
出番は19:45から。
お時間ある方は是非( ´ ▽ ` )ノ

http://clubtenjiku.jp/2018/01/

それと、三多摩方面の方に朗報です。
来月の17日(土)、再び府中に上陸するかも!
その辺の詳細は、追ってまた。

180117_IMG_5983.jpg
【ドラマ「anone(アノネ) 」

日本テレビ水曜22時、広瀬すず主演。
初回を見る限りでは、広瀬すず演じるハズレは、親に捨てられた子で、特殊清掃の仕事をしながら、自分の本当の過去を辿る?みたいな展開だが、何せ脚本が坂元裕二(最近では「カルテット」)なので、それだけなワケがない。
とにかく、良くも悪くも坂元裕二らしい作品で、第1話だけで「こう言うドラマです」と説明する気はさらさらないようだ。
ま、なんとなく想像するに、田中裕子が大きな鍵を握っている感じで、他には阿部サダヲ、小林聡美、瑛太、火野正平、ココアちゃんなどが出演している。
この手のドラマは、真剣に観ないといけないので、本当に疲れるけど、そういうドラマ少ないからな〜
「努力は裏切るけど、諦めは裏切らない」
とか
「過去の自分は助けてあげられないんだから、せめて今を」
なんて、初回からグサッとくるお言葉が散りばめられています。

ちなみに、プロデューサーの次屋さんもインタビューで以下のように答えている。

視聴率を無視することはできませんが、ただ視聴率をとるためだけの仕事はしたくない。
こういう作品が今後必ず必要にはなってくる作品であるという信念は持っています。
それが視聴率に繋がるテレビ界になりたいという思いも込めて、このドラマを水曜ドラマにかけさせていただいています」

その初回視聴率は9.2%だが、これ以上は上がらない気がする。
もちろん、オレは最後まで観ますよ!

180116.jpg
空港ラウンジ探訪 第17回「羽田第2ターミナル、新千歳空港国内線ターミナル」
そうそう、空の旅をした後は、これを書かなければ。

今回は羽田〜札幌日帰りの旅。

まずは、超久々となる羽田空港第2ターミナル、チェックインカウンターの後方、1フロア上にある、その名もエアポート・ラウンジ
180112_IMG_6127.jpg



パン、コーヒーなどは無料
180108_IMG_6129.jpg


おビールはおつまみ付きで500円ぐらいだったかな。
180108_IMG_6132.jpg

中はこんな雰囲気。朝比較的早い時間だけど、そこそこ人は多かった。
180112_IMG_6128.jpg


チェックインカウンターなどが見下ろせて、旅の始まりという気分が盛り上がってくる。
180112_IMG_6130.jpg




続いて、保安検査後、搭乗ゲート57番付近の、この案内に従い
180112_IMG_6144.jpg



たどり着いたのはパワー・ラウンジ。。
180112_IMG_6142.jpg



こちらは飛行機もよく見えるし
180112_IMG_6137.jpg


中も空いていて、なかなか快適な空間。
180112_IMG_6135.jpg

180112_IMG_6136.jpg


おビール、同じくつまみ付きで500円ぐらい。
180108_IMG_6139.jpg


ここはかなり快適だったね。


続きまして、新千歳空港国内線ターミナル、フードコード奥にある、スーパー・ラウンジ


この案内に従って行くと
180112_IMG_6179.jpg


ちゃんとたどり着けます。
180112_IMG_6182.jpg


夕方、結構混んではいたけど、座席の確保は問題なかった。
180112_IMG_6183.jpg



ちなみに、缶ビール(サッポロクラシック)が300いくらで売られていたので、それを買おうとしたら、
「生ビールもございますが」
と言われ、迷わずそちらに変更。
400円ぐらいじゃなかったかな。
180108_IMG_0589.jpg


ということで、今回は弾丸ツアーであったが、都合3軒も回ることができて、ラウンジ的には満足じゃった。
キャッシュレス社会
先日、札幌に行く前日、シフォンちゃんを動物病院に連れて行ったのだが、思ったより具合が悪く、予想外の出費となった。
その日は巷は3連休中日。つまり札幌は3連休最終日。どちらも銀行は開いてない。
財布を見ると、千円札が3枚。
いくらキャッシュレス化が進んでいる時代とはいえ、果たして、この状況で札幌まで一人で行って帰って来られるのだろうかと、ふと不安になる。

出発直前、ふと家の中を見回すと、何と万札がテーブルの上に落ちている。
「すまん、誰のだか知らないけど、借りて行くぜ」
とりあえず、これで何とかなるだろう。
で、まずリムジンバスですよ。これはiPhoneのSuicaで乗れる。第一関門クリア。
次に、空港での飲み食い。(主に飲み)
これは、クレジットカードが活躍。さすがカードラウンジだ。
搭乗券はすでに購入済みで、これまたiPhoneの出番。
チケットをDLしてあり、乗変もこれでOKだった。
千歳に到着し、札幌までエアポート快速での移動
これもiPhoneのSuicaが使えたので問題なし。ただし、ぼちぼち残高が気になり始める。
で、札幌でタクシーを拾い、お寺まで。
何と、ここでトラップ。このタクシー現金しか使えなかった
料金は3千円弱。デフォルトの状態だと、ここでほぼ破産だった(・∀・)

車内で、iPhoneSuicaにチャージしようと何度か試みるが、なぜか出来ない。どうやってもエラーになってしまう。
「時間をおいてください」なんてメッセージが出たりもするので、あちらこちらで、色々なタイミングでやってみるも、ダメ。

帰りは、駅まで親戚の方に車で送っていただき、またエアポート快速で新千歳まで
空港では、軽い手土産、そしてラウンジでの飲み食いもクレジットカード。
飛行機も問題なく飛び、羽田からのリムジンバスも、なんとかSuicaの残額で事足りた。

まとめると、現金が必要だったのは、札幌で乗ったタクシーのみ。
しかし、これも乗る前にカードが使えるか確認しておけば問題なかったであろう。

ということで、これといったトラブルもなく、なんとか3千円で乗り切った形になるのだが、いまいちモヤモヤしてるのが、Suicaにチャージ出来ない問題。
で、翌日、つまり連休明けの平日に、再度トライしてみたら、何も問題なくチャージできました。
これってどういうこと?
休日でSuicaの中の人が休みだったってことですか?
だとしたら、キャッシュレス社会の根幹に関わる問題ではないだろうか?
真相は闇の中である。



【大河ドラマ】「西郷どん」

いよいよ始まりました。今年の大河。
あの変態仮面が、ついに大河主演ですよ。もう胸熱!
って、他の大河と同じように、初回は子役たちの演技力アピール合戦。
今年の子役も、皆さんとてもお上手で、安心して観られるね。
鈴木亮平演じる西郷隆盛の少年時代を演じるのは、渡邉蒼君という13歳の少年。
ま、子役というよりジュニアタレントかな。
大変よくできました・

個人的には、西郷さんの壮絶な最期とかをどう描くのか、今から楽しみ。
それと、脇を固める人たち、特に青木崇高氏(優香と結婚した人)に期待。
「龍馬伝」では後藤象二郎、「平清盛」では弁慶と、くせのある役を演らせたらピカイチ。
あ、「校閲ガール」も良かったけど。
そして、西郷さんの両親が、風間杜夫と松坂慶子、大久保さんの父親が平田満って、あの映画かよ!ってみんな突っ込んでたんだろうな〜

それから、あのジャズピアニストの山下洋輔師匠が、医者役で出演されておったぞ。
一体どういう経緯のキャスティングなのだろうと思ったが、調べてみると、西郷さんとは色々縁があったらしい。
スタッフロールで気になったのは、薩摩弁指導に、あの迫田孝也(「真田丸」で、1話の冒頭、最初の出演者だった人)が起用されていること。
今回は画面には顔を出さないけど、最初から最後まで現場に張り付きなんだろうな〜と想像。


あ、そうそう、あと予告編がとても丁寧に作られてるな〜と、初回を観た時点では感じた。
本編終了後の「西郷どん紀行」でナレーションを務めるのは、NHK島津アナウンサー。苗字からして、島津家と関係ありそう?

ちなみに、初回視聴率は15.4%と、ワースト2位だったらしいけど、地元・鹿児島に限っては34.9%だったとか。
一年間、じっくりと楽しもうと思います。

180118_.jpg

リハビリ卒業

さて、あの悪夢の大怪我から半年。人差し指は未だ完全に曲がるようになったわけではないが、とりあえずここらで一旦、病院でのリハビリは卒業し、あとは自主トレでなんとかしましょうということにようやくなりました。
病院の先生方やスタッフの方々、家族、友人、ファンの方々、本当に今までありがとうございました!
そして、これからももっと精進してまいりますよ。
ということで、卒業の日にはこれを食そうと決めてました。
病院の並びにあるうなぎ屋さん( ´ ▽ ` )ノ
美味しゅうございました。

180112_IMG_6248.jpg
府中でライブだった

告知するのをすっかり忘れてたけど、本日、府中Flightというライブハウスで、稚菜のライブでした。
演奏時間より、移動時間の方が10倍ぐらい長かった気がするけど、冬晴れの空の下、あえて多摩川沿いをずっと上って行くドライブコースは最高だったよ。

サウンドチェック終わりから出番までの待ち時間がとても長かったので、駅周辺を散策してたら、シネコンを発見。
ちょうどもう一度観たいと思っていた「キングスマン」がやってたんだけど、終わる時間がちょうど我々の出演終わりの時間と重なっていて、悩みに悩んだんだけど観るのをやめました。

本番では、近年稀に見るミスを犯してしまったけど、ま、それがライブってもんだ(・∀・)
次回は1/23、いつもの赤坂club TENJIKUの予定。
近くなったらまた告知しまっす!!


180111_IMG_6225.jpg


機内関係まとめ(羽田〜新千歳/ANA)


このシリーズ、ずいぶんご無沙汰してたので、うまくまとまるかな…

実は、元々08:15発のAIR DO015を予約してたのですよ。安かったので。
しかし、張り切って空港に着いてみると、その便だけが45分ディレイ。
180108_IMG_6126.jpg


で、カウンターに行ったら、9時ちょうど発のANAに振り替えてくれた。
どっちにしろ45分遅れだったんだけど、エアドゥが本当に9時に飛ぶかどうか疑わしかったので、こちらを選択。


ってことで往路。羽田(HND)発、新千歳(CTS)行きのANA055便





機材はボーイングB777-300
180110_IMG_6147.jpg



機内はこんな感じ。
180110_IMG_6149.jpg

180110_IMG_6150.jpg


シート
180110_IMG_6148.jpg



国内線なので、当然モニターなどはない。
180110_IMG_6152.jpg

しかし、一列まるまる貸切。向こうの窓まで(・∀・)
180110_IMG_6160.jpg




予定より時間2分遅い9時2分に出発


すぐにコーヒーなど振舞われるが、ここは小樽ビール(600円・おつまみ付き)をいただく。
180110_IMG_6164.jpg





観た映画は「レッド・ドーン」という、北朝鮮がある日突然アメリカに上陸してきて占領されるが、軍人の兄を持つ主人公らが、ゲリラ戦で応戦するという作品。
AmazonプライムビデオからiPadにダウンロードしておいた。


予定より1分遅い10時36分に到着


飛行時間1時間35分
飛行距離821km










続いて帰路。新千歳発羽田行きのANA078便





機材はボーイングB777-200、スターウオーズ仕様
180108_IMG_6187.jpg



機内
180110_IMG_6188.jpg

180110_IMG_6190.jpg


C-3POが機内アナウンスしてくれました。
スターツアーズかと思ったよ(・∀・)
帰りはほぼ満席だった。



紙コップが可愛かったので、スープを注文。
180110_IMG_6196.jpg



当然小樽ビールも。
180110_IMG_6164.jpg


予定より2分早い遅い19時32分に出発



観た映画は「ワイルドカード」という、ジェイソン・ステイサム主演の作品。
裏社会に生きる主人公の復讐劇的なアクション物。
退屈はしなかったよ。



予定より4分早い21時6分に到着。
おかげで21時20分羽田発のリムジンバスに奇跡的に乗れたよ(・∀・)
これ逃すと、もう1時間待たなきゃならないところだった。


飛行時間1時間34分
飛行距離821km







総飛行時間3時間9分
総飛行距離1642km


改めて思うけど、日本の航空会社は安定してるね〜
AIR DOは除いて…
【映画】キングスマン ゴールデンサークル
180109_IMG_6204.jpg

久々に映画館で映画観た気がするよ。
あの「キングスマン」の続編。
マシュボン作品なので、続編も間違いなく面白いはずだと期待して行ったが、全く裏切られなかった。
相変わらず音楽の使い方も独特で、特に冒頭のカーチェイス&プリンス「Let's go crazy」のマッチングは最高だった。
007シリーズに対するリスペクトも随所に感じたし、まさかのエルトン・ジョンにも笑わせてもらった。
今回は、ちょっとホロリとさせられるようなシーンも散りばめられていて、かといって前作の「グロさ」も健在。
是非また続編を観たいところだが、大概の作品において「3」は鬼門だったりするので、そこは抜かりなくお願いしたい。

ちなみに、今回も上手最後列の席をチョイスしたが、4列シートの一番左にご婦人が一人お座りになられ、独占というわけにはいかなかった。
ま、そのぐらい混んでいたということだろうね。雨のお台場。
180109_IMG_6205.jpg
札幌行ってきた

さて、昨日の弾丸ツアーをざっくりとまとめておこう。

まず朝6時。目覚ましに頼ることなくスッキリと目覚め、喪服武装して羽田に向かう。
180108_IMG_6119.jpg



思えば、若い頃は空港といえば必ず車で行ってたけど、今は酔っ払い運転は禁止されてるし、帰宅時にはへべれけになってることがほとんどなので、もっぱらバスです。
180108_IMG_6121.jpg



ちなみに、荷物はこれだけ。中身はiPadと充電関係機器など。
180108_IMG_6124.jpg



国内線だし、最悪15分前に着けば何とかなるんだけど、せっかくだからラウンジの視察などもしたいと思い、1時間前に着いてみると、、、、
180108_IMG_6125.jpg



何といきなりの45分ディレイ。
オレが乗るヤツだけですよ。本当に持ってるよな~
180108_IMG_6126.jpg


って事で、まずはチェックイン前にラウンジで朝食。
180108_IMG_6129.jpg


からの一杯。
180108_IMG_6132.jpg


結局、別の便に振り替えてもらうも、結果的に45分遅れは変わらず。
セキュリティチェック後に、別なラウンジでもう一杯。
ラウンジ関係はまた後日。
180108_IMG_6139.jpg


身体もiPhoneも、とりあえず充電。
180108_IMG_0587.jpg


そして、45分遅れのフライトへ。
180108_IMG_6161.jpg



小樽のビール、美味しゅうございました。
180108_IMG_6162.jpg


法事開始は12時だが、千歳に着いたのは11時過ぎ。
北海は寒いね。
180108_IMG_6168.jpg



鉄道、タクシーを乗り継ぎ、なんとかお寺にたどり着くも、法事はほぼ終わってました。
180108_MQCP0343.jpg


お疲れ様会で、美味いものをたくさんいただきました。
初めて会う親戚の方々との語らいも楽しかったよ。
180108_IMG_6175.jpg


そして、再び千歳に戻り
180108_IMG_6177.jpg


温泉の入口だけ眺めて
180108_IMG_6178.jpg



本当は美味いものをもっとたくさん食いたかったけど、お腹いっぱいなので
180108_IMG_6185.jpg


ラウンジで軽く一杯やり
180108_IMG_0589.jpg


スターウオーズ仕様のANAで帰京。
180108_IMG_6187.jpg



帰宅したら、何やら武装した警官隊がうちのマンションに突入するところだった。
一体何だったんだろう?
180108_IMG_6197.jpg


という、滞在数時間、自宅を出て帰るまで15時間ほどの旅でした。
例えばモロッコのタンジェに行こうと思ったら、まだドバイにもたどり着いてないぐらいの時間。日本って狭いね〜。だがそこが良い!

札幌へ
早朝から一人旅ですよ。
いきなり飛行機が遅れるとか色々あったけど、とりあえず行って参りますよ( ´ ▽ ` )ノ
詳細はまた明日にでも!


旅の達人が「海外旅行に必ず持って行くアイテム」7種の神器?
https://precious.jp/articles/-/3231

いわゆる、ニュースまとめ系サイトで、こんな記事を読んだ。
割と定期的に見かける、旅の達人さんのご意見的なやつで、今回は「旅行のプロ」を自称するシカマアキさんという方のもの。

旅行のプロが必ず海外旅行に持って行くものとは?

1. アイマスク

機内で頻繁に使用しているのがこのアイマスク。睡眠器具の老舗メーカー「テンピュール」のもので、コスパ、機能性ともに文句無しなのだとか。
「30歳、40歳と、歳を重ねるごとに機内で睡眠をいかにとるかが最重要ポイント。短時間でも機内で寝ておけば、飛行機を降りてからの疲れが大きく違います。もちろん、現地のホテルで寝つけないときにも使っていますよ」(シカマさん)


旅のアマチュアであるワタシは、「蒸気でホットアイマスク」を持って行く。
なお、機内で睡眠をいかに取るかは大事だが、寝ればいいってもんじゃないと言っておこう。

2. 首枕

こちらもまた長時間のフライト時に欠かせないアイテム。シカマさんは、パウダービーズが入った、やわらかくてしっとりとした触り心地の「MOGU」をセレクト。

要らないです。ってか、かさばるので邪魔。
オレは空気式の座布団を持って行きます。お尻に優しいです。


3. 洗い流さないヘアトリートメント
これも要らないかな〜

4. トータルケアスプレー
旅行では、なにかと入り用になる、防臭・消臭スプレー。シカマさんは、洋服のシワ対策にも効果的なスプレーを必ず持っていくと言います。
これは同意。オレはリセッシュ派。

5. SIMフリーのスマートフォン
これも同意

6.SIMカード
これも同意だけど、現地調達で良いでしょう。

7.コンセント口が2個ある電源変圧器


渡航先によっては、日本と電源電圧が異なることがあります。そんなときに必要なのが変圧器。ただしシカマさんはコンセントが2口ある電源変圧器を必ず持っていくのだとか。
「コンセント口が1つの電源変圧器を以前使っていましたが、スマホやパソコン、カメラなど充電する機器が増えたため、ふたつあるととても助かります。同行者と共有できるのもいいところ。また、ユニバーサル対応の電源変圧器はどの国でも使用できるので便利です」(シカマさん)


スマホやパソコン、カメラは今やUSBで充電できて、電圧は関係ないし、変圧器も口数が必要ならタコ足を持っていけばよろしい。

あと、前にも散々書いたかと思うけど、他に必須なのはビーサン、電気ケトル(世界対応)、着圧ソックスなどかな。

さて、旅のアマチュアの意見は参考になったでしょうか?
山手線のカーブ

「まあるい緑の山手線〜」でおなじみの山手線であるが、正確には品川から田端までの20kmほど。
これに東北本線と東海道本線の一部を足して環状にした部分を、多くの人は「山手線」と呼ぶ。
環状と言っても、最初から円を描くというイメージで作られたものではないので、かなり無理矢理曲げてくる箇所があって、そんなムリクリ感がとても好き。

割とこんなイメージで考えられがちだが

yamanotesen01.jpg



実際にはこんな形。

yamanotesen02.png


直線部分が多く、大きなカーブといえば池袋〜大塚間、駒込〜田端間、そして特にやばいのが品川〜大崎間。ここはマジでエグいです。
山手通りのこの辺走ると、一瞬で2回山手線を超えられます。

で、何気にオレが好きなのは上野〜鶯谷間。
先日「上野〜鶯谷は歩いて10分もかからない」と書いたけど、これは山手線の内側を歩くか、外側を歩くかで倍ぐらい時間が変わってくる。
外側は普通の下町って感じの街並みだけど、内側は上野恩賜公園やら科学博物館やら、レース鳩協会やらお寺さんなど、かなり浮世離れした空間で、それもまた良し。
何よりこのカーブ、なんか見てて落ち着きません?

180105_IMG_6059.jpg


札幌日帰りの旅へ
今週末、札幌に日帰りで行くことになった。法事で。
家族も行くんだけど、その日に行って帰るのはオレ一人なので、基本的には一人旅ってことになるのかな。
冬の札幌日帰りって、ある意味スリリングだよね。国内だし、なんとでもなると思うけど。
ま、せっかくなので、空港を含む空の旅を楽しんできます。
いつの間にか千歳には温泉までできてるらしいし。(いや、そんな時間はないだろう。)

それより、初めてMy数珠持ったんだけど、どう扱えば良いのか全く分からん(・∀・)

180104_IMG_6050.jpg
紅白歌合戦2017

何でも、視聴率がワースト3だったらしいね、年末の紅白。
数字が出る前には「内容が良すぎて、来年が重圧?」とか、提灯記事が出てたけど、何のことはなかった。
そして今日の記事では、某J社の社長が苦言を呈したそうな。
「年寄りが楽しめない」
そりゃそうだろう。全22組の出場者のうち、アンタんとこから5組、AKB系3組って…
基本、紅白なんて年寄りしか観ないんだから。(って、オレは観てないけど)
とは言っても40%近くは取ってるんだから、やっぱり日本人は紅白大好きなんだろうね〜

関係ないけど「逃げ恥」の再放送4〜8話が9%超だったらしい。
月9の倍ぐらい取ってるし。
今宵の「君の名は。」はどのぐらい行ったのだろうか。

180103_IMG_6108.jpg
餅で死ぬ

餅詰まらせ男性2人死亡 都内の救急搬送計15人に

毎年耳にするニュースであるが、今回注目するのはここ。

東京都内に住む55~90歳の男女計15人が救急搬送されたと発表した。
このうち50代と80代の男性2人が死亡。

50代ですってよ!
いよいよその域に近づいてきたのか〜と思うとともに、どうせ死ぬならこれかな〜という気も。
それにしても(前にも書いたけど)相次いだ、こんにゃくゼリーによる死亡事故には、いち早く乗り出した政府だが、この「白い悪魔」に関しては長年黙認しているのは、何らかの忖度があるのだろうか?

180102.jpg

あ、今年も宜しくお願い申し上げます<(_"_)>

copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.