新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

片桐日光事件

テレビで、教師による体罰のニュースを見ていて、急に思い出した事。
中1の時の移動教室、行き先は日光で、1泊だったか2泊だったか…
ひとしきり盛り上がった後、普通に寝てたんですよ。
そしたら、急に泥酔した男性担任が部屋に乗り込んできて、ビックリして目が覚めた。
何か知らんけど、激怒してる。そしてベロンベロン。
「このヤロー!!」
と叫びながら、同じく寝ていた片桐(本名)を叩き起こし、殴る蹴るの暴行を開始。
「このヤロー!!」
口にするのはそればかりで、何をそんなに怒っているのか、さっぱりわからん。
やられてる片桐は、ひたすら
「ごめんなさい、ごめんなさい、すいません」
などと謝るばかり。
「このヤロー!!」
ドスっ!ボコッ!
「ごめんなさい、ごめんなさい」
そんなのが3分ぐらい続き、担任は気が済んだのか、部屋を出て行った。
オレはというと、ただひたすら大爆笑してただけw
なぜか翌朝には、やった側もやられた側も、何事もなかったかのような様子だった。

現代だったら、テレビのニュースになってもおかしくないレベルの事故だったな(・∀・)

チューナー買った
稚菜のライブのサポートをするようになって、既に半年ぐらい。
ワタシのセッティングは、ギター(LINE6 Variax)→エフェクター(Digitech RP255)→DI→PAと云うもの。
しかし、ライブハウスの人に言ったら怒られちゃうんだけど、実はこのエフェクター、チューナーとしての役割しか果たしていなかったのだ。
ギターはアコギの音色を使用し、エフェクターは演奏時はバイパス。曲間だけチューナーとして使っていた。
ま、面倒臭い上に、エフェクターと電源アダプター、シールド1本分だけ荷物が重たい。
これを解決するために、クリップチューナーを買ってみた。
Amazonで600円ちょい。チューナーも安くなったもんだ…

今週金曜、赤坂でイベントがあるので、これで行ってみようと思う。
ただし、クリップチューナーって、ギターのデザイン、美しさを破壊してる気がしてならないので、このように正面から見えないように装着するよ。

170621_IMG_4692.jpg
バスタオル問題

今日の朝のテレビ番組で、梅雨に向けての「部屋干し対策」みたいな特集をやっていた。
その中で出てきた話題。

「バスタオルは毎回洗う?」

この件って、以前からいろんな所でちょいちょい紛糾してた記憶。

ちなみに、今朝の番組では

的場浩司 
「1日2回湯船に入るので、2回使ったら洗う。」

司会者 
「洗濯するまでに4回ぐらい使うが、その度に一応干している。」

イノッチ 
「基本的に全身を拭くのはハンドタオル。 毎回洗う。」

佐藤仁美 
「使う度に浴室乾燥機で乾かし、何度か使ってから洗う。」


何と、一度使ってすぐ洗うのはイノッチだけだった。
我が家は、一度使ったら洗う。それが常識だと思っている。
しかしそのおかげで、家族も多く、1日に複数回風呂に入る者も時々いる我が家では、カミさんは毎朝、大量の洗濯物と戦っている。
さすがに、一度使ったバスタオルをまた使うのはな〜と思ったが、よく考えたら、旅先のホテルなどでは、1日に何度も風呂に入るが、その度にバスタオルを替えてもらったりはしてないんだよね。
つまり、この中で言えば的場浩司タイプ?

皆さんはどうでしょう?


ビオレUキッチンハンドジェルソープ

最近、カミさんが買ってきた我が家的2017年ヒット商品。
商品名に「キッチン」と付けられてるだけのことはあって、台所作業向けである。
何が良いって、包丁作業時の時などに手に着く「臭い」が取れること。
魚をさばいたり、肉やドリアン、愛人の遺体などを切り刻んでも、これで手を洗うと、生臭い感がすっきり取れる。
オススメですよ〜♪

170619_IMG_4679.jpg
輪唱


おそらく、日本人なら誰でも知ってるし、やったことがあるであろう「輪唱」。
「カエルの歌」や「静かな湖畔」など、主に幼少期に遊びとして通ったと思う。
で、海外にこの文化はあるのだろうか?とふと思い、ググってみた。
まず、臨床は英語だと「カノン」(canon,kanon)となり、それで検索すると、パッヘルベルのアレとか、いきなり敷居が高くなる。
どうやら、童謡的な輪唱はあまり定着してないようだ。
ただ、調べた中にこんなニュースがあった。

ビートルズ、輪唱でギネス記録達成!【デビュー50周年】

大勢で「LOVE ME DO」を輪唱しました、というもの。

あることはあるみたいだね
【ドラマ】「CODE:M コードネームミラージュ」

放送開始してすでに11話が終了したドラマについて、今更語るのもなんだけど、どうやら2クール、25話ほどやるらしいので、まあいいか。
テレ東の金曜深夜26時23分、桐山漣主演のドラマ。
警察庁内部に、秘密裏に組織された特殊部隊が、警察には手に負えない悪と戦うというもの。
30分とすっきりサイズながら、たっぷりしっかりアクションが盛り込まれていて、見応えがある。
「CRISIS~公安機動捜査隊特捜班~」にも通じるんだけど、銃で撃たれた人が「う〜」とか唸りながら死ぬのではなく、すぐ動かなくなるのがリアルでいいね。北野武作品もそんな感じだけど。
かなり映画っぽい仕上がりになっていて、深夜にやるのは勿体無いクオリティ。
途中からでも楽しめると思うので、興味のある方は是非!

170617.jpg




【告知】World Guitar Girls Collection Vol.0
170616_wggc-800.jpg


来る7月14日(金)、川崎のCLUB CITTA'にて開催されるイベント「World Guitar Girls Collection Vol.0」。
どんなもんかと言うと、要は綺麗なおねえちゃんギタリストたちが集まって、華麗にランウェイなどを歩きながら、超絶ギターを弾きまくるというもの。
只今アレンジやらなんやら絶賛その準備中で死んでますが、いよいよ明日からチケットが一般発売されるということらしいので、せっかくだからここで告知させていただいてます。


詳しくはこの辺で。

先日の「NAONのYAON」で、トライアル的なことをやったんだけど、その時の動画がこれ。(ランウェイはないけど)



アホでしょ?
何が面白いって、アレンジ段階のデモでは、ワタクシがギター弾きまくってるのですが、本番では1ミリも弾かないという…
ま、ガールズコレクションだから仕方ないけどねw
こんなのをもっとやるので、よろしかったら遊びに来てくださいね。
ちなみに、バックバンドを務めるのは、オレが一緒に世界を回ってる愉快な仲間たちなど。
間違いなく楽しいステージになるでしょう。


ロンドン高層マンションで火災

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00000005-mai-eurp
ロンドンで、地上24階建、築40年超の高層住宅がほぼ全焼するという、痛ましい事故があった。
今日現在、死者は10数名と発表されているが、そんなもので済むはずがないと思う。
炎や煙の中で、絶望感に押し潰されていった人たちの事を思うと、本当に胸が痛む。

動画を見たが、下から上まで一気に炎が上がっていたので、火元は下層階ではないかと思われる。
そういえば、今の家の前の前の前に住んでいた30数階建の高層マンションで、最上階から出火し、大騒ぎになったのを思い出したよ。
もう我が家は引越した後だったけど、その後もすぐ近所を転々をしてて、たまたまその大騒ぎの現場を車で通りかかって、恐ろしかったな〜
幸い、その火災では犠牲者は出なかったが、皆さん避難するのが大変だったみたい。
そして今住んでいるのも高層マンション。
地震の際は、外に出ない方が良いとされているが、火災のことも念頭に入れておかなければいけないと、改めて思った。
ちなみに、ロンドンのこの物件でも「自分の部屋に影響がない限り、室内にとどまるように」との決まりになっていたそうだ。



キヌアとアマランサス
近頃、よく耳にする「スーパーフード」という単語。
「何だよ、スーパーフードって、踊らされてんじゃねーよ」
などと思っていたが、近所のダイソーで売ってるの見て、つい買っちゃったよ。キヌアとアマランサス。
ちなみに、キヌアはペルー、ボリビア産、アマランサスはインド産。

170614_IMG_4630.jpg


ウィキペディアによると、キヌアはヒユ科アカザ亜科アカザ属の植物とあるが、何のことやら…
要は穀物ってことらしい。
同じくアマランサスもヒユ科。こちらはヒユ属らしい。
ググってみると、どちらもやたら体に良いことばかり書いてある。

・キヌア
冷え性、貧血の緩和。血液中の中性脂肪を下げ、血栓ができるのを予防。
高血圧を予防。アレルギー疾患の予防。
心臓血管系疾患、心筋梗塞を予防。
鬱症状の改善
その他、女性特有のあれやこれやを改善。などなど。

・アマランサス
貧血の緩和。精神的ストレスの緩和。便秘、むくみ予防。
糖尿病、肥満の防止。美肌効果。アレルギー予防。
その他、女性特有の(略
などなど



どちらも、白米と比べたんぱく質や脂質、炭水化物、食物繊維が図抜けて多く含まれているらしい。
加えてキヌアはビタミンB1やB2、ビタミンEが、アマランサスには鉄分や亜鉛、マグネシウム、カルシウムが豊富。
それでいて炭水化物は少なめなのだ。
だからと言って、そのまま炊いて食べられるというものではない。
なので、とりあえず、昼飯の玄米に混ぜて炊いて、食べてみることにしたよ。
ぼちぼち1週間ぐらい続けてるけど、今の所、身体に劇的な変化は特にない。


(関連ニュース「キアヌがラーメン店に」
「すてきれなくて」

「今夜、A-JARIにあいにきてくれた人たちに、何かプレゼント出来ないだろうか?」
太田守の提案で始まった、このレコーディング。
メンバーが顔を合わせることもなく、SNSとデータのやり取りだけで仕上げた音源だ。
今回販売されたライブCDにも収録されている。。

ってなところまでは前回書いたよね。
今日は、その曲について語ってみる。


EAST WEST '84(だったかな?)というコンテストで、準グランプリを獲った曲。
いや、準グランプリはもう一曲演奏した「燃焼的思想」だという説もあるが…
ま、とにかくオレが高2の終わりに書いた曲だ。


当時のキーボーディスト・鶴田K太郎が、音大だか芸大だかの受験のため、2年生いっぱいであじゃりを卒業したんだけど、その去り際の最後っ屁。

「おまえらの楽曲は、詞が毒にも薬にもならないのばっかだ。」


うむ、言われてみればその通りだった。
そこで、それまで本多さんに全て依存していた作詞を、オレもやってみた。その一曲目がこの曲だ。
とても中2な詞だと自分でも思うが、ちょっとぐらい毒にはなっているのではないだろうか。
曲、とりわけアレンジがとても凝っていて、30数年経った今も、とても演奏が難しかった。
なかなかここまでのレベルのアレンジ、演奏をする高校生は現代でもいないだろう。


曲のイメージは、何と言うか…サブドミのマイナーの、代理コードの実験、的な?
何の事やらですよねw
オリジナルキーがCで、その中に出てくるFmというコード、というかFm的な響きの和音のバリエーションをたくさん並べてみた、という感じだ。
クラシックで言えば、グルックの「アウリスのイフィゲニア序曲」あたりのイメージだ。



有明北緑道公園

豊洲市場の建設と同時に、周辺の護岸も整備されていて、かなりいい感じになっている。
市場と同時にオープンする予定だったぐるり公園については先日書いた(豊洲ぐるり公園)通り、開園は延期のまま。
その向かいにある「島」に、一歩早くオープンしていたのが、この有明きた緑道公園。

地図でいうと

170612_IMG_0551.jpg


案内看板

170612_IMG_4659.jpg



先日初めてぶらぶらしてみたが、かなり良い感じだ。
「緑道」というより、ほとんど海。
レインボーブリッジや、観覧車もよく見える。

170612_IMG_4654.jpg




170612_IMG_4650.jpg




市場の島を狙う、謎の砲台。

170612_IMG_4656.jpg



海の向こうは芝浦〜汐留あたり。

170612_IMG_4652.jpg



ちゃんと憩える場所もある。

170612_IMG_4653.jpg



今度はシフォンちゃんとビールをお供に来てみよう♪
それとも、海釣りでも覚えようか…


あ、ちなみに周りにコンビニなどのお店は全くありません(・∀・)
マイケル・ウインスロー


昨今は、ヴォイス・パーカッションとか、ヒューマンビートボックスなどと、完全に一般名称化された技がある。
要は口でドラムなどの音を奏でるものだが、自分的にこれの先駆者と言えるのがマイケル・ウインスロー氏である。
あの映画「ポリス・アカデミー」シリーズで、パーカッションに限らず、あらゆる効果音を駆使していた、あの人である。
映画がシリーズ化されなくなって久しく、彼を見ることもないまま数十年が経ってしまったが、お元気なのだろうか?とググってみると、いやいやコメディアンとして現役バリバリであられた。
YouTubeにたくさん動画が上がってるんだけど、1時間越えのものとかが結構ある。
短いのだとこの辺かな〜



やっぱ凄いです、この方!
ギター、ベースの立ち位置

多くのバンドは、ステージでの立ち位置はベースが下手(「ヘタ」じゃなくて「しもて」ね)、つまり向かって左、ギターが上手。
これは、ベースとドラムがコミュニケーションを取りやすいという理由によるものが大きい。
しかし、ワタシは右耳の聴力がゼロということもあり、自分の右側はほぼ死角なので、A-JARIの頃から立ち位置は下手。
1989年、そのA-JARIを脱退すると宣言したのが4月の2日。その翌日に某事務所から連絡があり、THE HEARTのサポートをすることになった。
翌月、神戸にて初舞台だったのだが、マネージメントサイドは、前ギタリスト・斉藤律さんの脱退を発表してなかったらしく、集まったオーディエンスの皆さんは
「誰?こいつ」
状態。
しかも、立ち位置がそれまでと逆になってるし…

ま、おかげで律を見に来たファンの方の目の前に立たずに済んだわけだが、とばっちりを受けたのはベースの後藤進さん。やり場のない怒りの視線を一身に引き受けてくれたもんだ。
最後の曲「風の詩」の途中で、井口楽器係のギターのストラップが切れ、奴はギターを弾くのを諦めた。
初めて人前で演奏する曲で、2人分のギターソロを弾く羽目になったのも、よーく覚えている。
世界巡業
ちょっと前になるけど、Amazonでポチったこの製品。


「モバイルバッテリー機能付きAC2口+USB2ポート」ってあったから、ACも使えるモバイルバッテリーなのかと勘違いして買ったのだが、要は電源タップにバッテリー機能がついてるだけで、電源に繋いでない状態ではUSBからの給電しかできない、といったものだった。
しかも本体はAC100V専用。海外で使おうと思ったら、変圧器通さないとダメ。
世界巡れないじゃん(´Д`;)
海外公演で、エフェクターの電源として使おうと思って買ったのに、拍子抜け。

が、別な使い道がちゃんとあったよ。
それは「車内」。
オレの場合、シガーソケットからACコンバータに繋いでいて、そこからBluetoothオーディオレシーバーの100V電源を取ってるんだけど、ACがもう一口空いているので、この「世界巡業」とやらを繋ぐ。
そこからUSBを2本取り、バッテリーが少なくなった機器を充電できるのは当たり前なんだけど、走行時はこれ本体を充電することができる。
で、車から降りた時、つまりエンジンがかかってない時に、車外に持ち出さないUSB機器、例えばBluetoothのイヤホンだとか、ドラレコ代わりに使ってるiPhone5だとか、テレビ代わりに使ってるiPad2なんかを充電しておくことができるのだ。
で、車に戻り、エンジンをかけると、また世界なんとか本体の充電タイム。この方式で、ほぼいつでもバッテリーはビンビンだぜ!
何だかんだで重宝しているのですよ、このなんちゃら巡業。



【ドラマ】「SRサイタマノラッパー~マイクの細道~」

もうそろそろ最終回を迎えようというこのドラマについて、今更語りたくなった。
テレ東、金曜深夜のドラマ。
駒木根隆介(こまきね りゅうすけ)という、失礼ながら全く存じ上げなかった俳優さんが主演なんだけど、実はこの作品、2009年に映画として公開され、ゆうばり国際映画祭でグランプリを獲っていたらしい。
ドラマは初回から観るともなく観ていたが、だんだんハマり始めたのが5話ぐらいから。
一旦解散してショーグンという、3人組のアマチュアラッパーたちが、川崎のクラブチッタでライブをやるために旅をするという話。
青森の大間からスタートし、岩手の遠野ではラップによって河童を召喚したり、福島の猪苗代では寺に篭ってラップ修行したりと、ハチャメチャなストーリーはともかくとして、毎回、次から次へと出てくるラップが、ハイクオリティ。よく作られているのである。
先日、第9話が録画されておらず、
「ヤベっ!最終回近くになってミスったか?」
と焦ったが、卓球か何かのため休止だったらしい。
残り多分あと2話ぐらい。

170609.jpg
ROM専の対義語

90年代の終わり頃だったか、インターネットが普及し、やがて匿名掲示板などが登場し始め、「ROM専」という単語が生まれた。
掲示板などを読むだけで、一切書き込まない人のことだ。
Reed Only Memberの略らしい。で、オレはというとその逆。
SNSなどに書くだけ書いて、読まない。
いや、全く読まないわけではないんだけど、あまり読まない。
なので、自分のつぶやきやコメントに対して、誰かが何らかのリアクションをしてくれても、気づかないことが多い。
そもそもFacebookやTwitterを始めた頃から、これらは「呟くためのツール」であり、人の呟きを読むものではないと、勝手に勘違いしていたのだ。
いや〜この姿勢は改めたいと思ってるんだけど、なかなかねぇ…

と、ここまでは「お誕生日おめでとう」メッセージに対する返信がメチャクチャ遅れたことに対する言い訳でした。

そういえば、音楽に対する姿勢も似たようなものだったかもしれない。
子供の頃から、音楽は作るものであって、聴くものではない、的なスタンスだった。

あ、でも人の話はよく聞くタイプですよ〜
耳は悪いけど(・∀・)


170607_IMG_4636.jpg


【ドラマ】「屋根裏の恋人」

先週末から始まった、フジテレビ土曜深夜のドラマ。
昨今、ドラマが不振のフジテレビだが、このドラマは東海テレビ&大映テレビの制作なので、期待は裏切らない。
主演は最近再ブレイクしている姉に続いて、2匹目のドジョウを狙う妹・石田ゆり子。鎌倉の豪邸に住む人妻設定である。
タイトルで何となく想像が付く通り、屋根裏に突然「元彼」が住み着くという、完全にネタとしか思えない設定。

だが、この枠は「深夜の昼ドラ」と言われているので、このぐらい振り切ってくれないと困るw
借金取りに命を狙われ、屋根裏に逃げ込むことになった元彼(今井翼)は、ひっそりと居着いてるくせに、夜にいきなりバイオリンを弾き始めたりと、第1話から突っ込みどころ満載で、ガッチリとワタシのハートを掴んでしまった。
自分は好んで使うフレーズなんだけど、最近のドラマでは滅多に聞かない「今宵」などというセリフを駆使するナイスガイである。
色々と無理のある設定&展開だが、とある事情が裏にあるのかもと考えると、何となく辻褄が合うんだけど、どうなんだろうね〜
ま、どうでもいいや、辻褄なんて。そんな者をこのドラマに求めてはいけない。
いずれにせよ、今後が楽しみである。

高畑淳子師匠も、このドラマでめでたく復帰。ますます怪演に磨きがかかっておられる。
多分全8回ぐらい。

170606.jpg


21時以後の記憶

ま、酒のせいもあるのだろうが、最近特に21時以降の記憶が、翌日にはほぼなくなってることが多い。
昨夜も、ドラマ「PTAグランパ」の最終回と、「風林火山」を観たことは覚えてるが、中身をほとんど覚えていない。
また、ほぼルーティーンとなっているブログの更新も行われていなかった。多分脳が働いてないのだろう。
この時間帯は、メールやSNSなどの返信なども滞る。良くて「生返事」、悪けりゃ既読スルーだ。
知らない間に寝ていて、朝起きると、飲み残しの酒がそのままになってたりする。
もしタバコを止めてなかったら、きっと今頃家燃えてたかもね、なんて笑えない話だ。

しかし、翌日の昼に食べる玄米を、前夜に炊いておく、というルーティーンは、無意識でもやっているようで、朝目覚めると、炊かれた玄米がちゃんと置いてあり、前夜の自分にいつも感謝して、いただくようにしている(・∀・)
ダブルチョーキング


今、自分が関わっている稚菜やMary's Bloodなど、今時の人たちは、例えば誰かのカバー曲などをやろうってなると、どっかのweb上から歌詞や譜面を探してきて、スマホの画面を見ながら演奏する、などというスタイルが当たり前のようだ。
そして、アマチュアであるうちの息子も、同じくその方法で色々な曲をコピーしたり、様々なコードや奏法などに関する情報を得ている。

その息子がある日、突然「ダブルチョーキング」という技を使い始めたんだけど、これだ何とも酷い音。
そもそもチョーキングとは、弦を押さえた指をグイッと押し上げて、音程を上げるという、ギターならではの奏法。
そして、ダブルチョーキングとは、例えば人差し指で2弦の12フレット、つまりBの音を押さえながら、中指で3弦14フレット、Aを押さえ、両方の弦を弾きながら3弦だけをチョーキングして、AからBに上げることによって、特徴的な厚みのあるBの音を鳴らすことができる、という、ロック界においては比較的スタンダードな技だ。
ところが、ネット上で中途半端に情報収集してた彼は、両方の弦を同時にチョーキングしようとして、おかしな事になっていた。
親父がギタリストじゃなかったら、このまま誤った方法を覚えていたかもしれない。
命拾いしたな(・∀・)
って大げさか…
誕生日ありがとう!


また一つ歳を取りました。
今年もSNSやメールやらで、たくさんのお祝いメッセージをいただきました。皆様ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ
マーク・ボランを超え、モーツァルトを超え、ついに平賀源内が没した年齢に達しました。
それでも、まだまだこの世には追い越せても追いつけてもいない先輩がうじゃうじゃ生きておられるので、もう少し頑張ってみようと思います。

ところで、夕方自宅に送られてきたこの「世界のビール詰め合わせ」、送り主が全く記載されてないのですが…
何となく心当たりがないでもないけど、どうもありがとうございました!!
美味しく呑ませていただきますね〜♪

170603_IMG_4625.jpg

貯金箱


何かのTV番組で
「おばあちゃんにもらった貯金箱を、即、割ることは是か菲か?」
みたいなネタでトークを展開してた。
そういえば貯金箱って、小さい頃から使ったことなかったな〜…と思ったけど、いやいや使ってました。それも現在。
誰がどこから持ってきたか忘れたけど「10万円貯まる貯金箱」みたいな、五百円玉専用のやつがあって、我が家では「ギザ十」を発見次第そこにぶち込むことになっている。

170602_IMG_4621.jpg


それを何に使うかというと、うちのココアちゃんが無駄吠えした時に「ガシャン!」と大きな音で警告するのだ。つまり教育用。
しかし、それを実施してるのはオレだけなので、ココアちゃんはオレにだけ吠えない。
何か文句があるときは、トコトコ歩いてきて手でバンバン叩いてくる(・∀・)

バラバラレコーディング
昨年11月20日のA-JARIのライブ、来てくれた方々にちょっとしたお土産を
ということで、未発表曲をレコーディングをした。
と言っても、顔を合わせることもなく、各々が自分のパートを自宅なりスタジオなりで演奏して、データを提出、最終的に誰かがミックスする、という段取りだ。
太田守の発案によるもので、「こんなことやんないすか?」という提案とともに、ベースのトラックが送られてきた。
ハーフタイムシャッフルのとても難しい曲で、ノリも微妙なので、この場合は先に弾いたもん勝ち。
ということで、すべてのメンバーが守さんのベースに合わせるという修行だったよ。
なので、ミックスも最終的には守にやらせてやったぜ(・∀・)
(この一連の作業が終わってから、やっとリハーサルで全員顔を合わせることに)
で、この音源が、本日発送開始されたライブ「CD」の方にだけ収録される、という結果になりました。

バラバラレコーディングといえば、先日のMary's Bloodのライブ来場者限定配信のデモも、彼女たちがそれぞれ自分のパートをレコーディングし、オレのところにデータを送ってきてミックス、という段取りだった。
いや〜ミックスは大変だった〜!
でも、なかなかクールなのができましたよ♪
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.