新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

北新宿百人町


正確には「東京都新宿区百人町」。
大久保にほど近いこの辺りは、昔からコリアンタウンというイメージだったが、先日久々に行ったら、かなり国際色豊かな街になっていた。
韓国、中国以外のアジア系からもっと南の方の人たちはもちろん、西欧系の人もたくさん見かけた。
かくいうオレも、ヨーロッパから移住してきた友人に会いに行ったんだけどね。
江戸時代から、内藤新宿でおなじみ内藤氏の鉄砲隊百人組が住んでいたのが、この地名の由来だとブラタモリか何かで聞いた気がするが、今では「日本人以外の人」がとても住みやすそうな街になっている。
きっとコンビニやレストランなんかも、外国人がたくさん働いてるんだろうな〜
海外からやって来た友人たちがこの地で快適に暮らし、目標に向かって着実に歩いていけることを願っている。

170531_IMG_4603.jpg



【ドラマ】今期の視聴率について


以下は、5/30現在の、テレビドラマ平均視聴率である。

14.07 EX__木21|「緊急取調室」
13.06 TBS日21|「小さな巨人」
11.95 EX__木20|「警視庁捜査一課長-season2-」
11.51 EX__水21|「警視庁捜査一課9係-season12-」
10.67 CX*火21|「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」
10.13 TBS火22|「あなたのことはそれほど」


なんと、1位〜5位まで、刑事ドラマが独占している。
6位にようやく波留の不倫ドラマが登場してくる。
そんなに刑事モノって需要があるのか〜と思う反面、1位ですら15%に届いていないというのも現状。
7位の「ボク、運命の人です」から下は全て一桁。

ちなみに、最新回の視聴率で言えば

14.3|「緊急取調室」
13.3|「警視庁捜査一課9係season12」
12.3|「警視庁捜査一課長-season2-」
12.1|「小さな巨人」
11.5|「あなたのことはそれほど」


1〜3位がテレ朝、4〜5位がTBSと、これまた偏っている。
テレ朝の刑事ドラマって、トリックやアクションよりも、人間ドラマを中心に描かれてるものが多いので、何となくつけっ放しにしてても疲れない、ってのもあるのかもしれない。
それともう一つ、今季は珍しく(?)医療モノが一つもないんだよね。
「しゅじゅつ」「しゅずつ」の調査ができない(・∀・)

170530_IMG_4393.jpg


赤旗コード(続き)


さて、ようやく本題。
今日はちょっとマニアックに語ろう。

まず仮タイトル「アカシア」と言われていたこの曲、非常に転調が多い。
イントロはF#マイナー最初のコードはAだけど)というキーで始まり、9小節目からもうAマイナー(Cスタート)になる。
ギターソロ後、Aマイナーのサビが1回あって、Bフラットマイナー、Bマイナーと半音ずつ転調して行く。
イントロ、アウトロはサビと同じメロディなので、全部で8回以上、同じ主題が出てくるのだが、「4C」、つまりギターソロ後、3回目のサビだけ、同じメロでもコードだけ変えてある。
キーを「Aマイナー」に置き換えて比べてみると、こんな感じ。(実際はBマイナー)
170529_IMG_0547.jpg



この動画でいうと3'25"あたりからの「そして人々は全てを忘れてしまったように」の部分。
このアルバム、山中湖のスタジオで合宿レコーディングで、まず録る前にオレがサラサラをコード譜を書き、全体の進行とコード、ある程度の「決まりごと」などを確認し、その後「せーの」でサウンドチェック、レコーディングに入るという形だった。
その譜面を見て、メンバー及びプロデューサーの田中一郎がざわついた。
「ここ(4C)だけ、コード違わない?」
「なんでマイナー始まりなん?」

うん、そうなるよね、譜面だけ見たら。

他の曲は、オケ録ってから歌詞を考えて、唄を録るというのがほとんどだったんだけど、この曲に関してはもう歌詞はできていた。
先に表現したいことが決まっていたので、当然それに寄せたアレンジをすることができる。(それが本来あるべき姿だと思うんだけど)
この曲のこの部分は、「社会主義国」、または「共産圏」の空気みたいなのを、響きで表現したかったのだ。
中国というよりも、ロシアに近いイメージなんだけどね。
なので
「騙されたと思って、やってみようよ」
などと、妙な言葉でメンバー&一郎さんを説得したのを今でも覚えている。

で、やってみて
「おお!これいいじゃん!!」
ってことになり、あの名曲が完成したのでした。
めでたしめでたし。


赤旗コード


THE HEARTの「アカシア」ってアルバムの1局目、「赤い旗の下で」って曲の話。
このアルバムから正式メンバーとなったオレも、作詞作曲に参入することになったのだが、それまでの3枚のアルバムは、すべて井口和比古作詞作曲。
「他の奴が作った曲」という先入観を持って聴かれるのが嫌で、CDのクレジットには、あえてどの曲が誰ってのが書かれていない。
そんな中、井口さんが書きそうな詞や曲をオレが書いたり、その逆だったりと、 結果的には結構面白いことになった。
いかにもオレが書きそうな曲、そしていかにも井口殿が書きそうな詞だが、真逆だったのがこの「赤い旗の下で」という曲だった。

とある平日の午後、我々は池袋の喫茶店で打ち合わせをしていた。
と、突然楽器係こと和比古が
「やべ、突然メロディーが浮かんだ、どうしよう!?」
当時は、スマホなどもなく、突然降ってきた曲を、出先で記録する術もなかった。
「自宅の留守電にも入れとけば?」
なんて思いつきの助言。
「おお!それがいい」
と、早速公衆電話から(携帯もなかった)自宅に電話する馬面。
「馬鹿、なんで出るんだよ!留守電にしとけよ!」
普通に電話に出た家族に対して、よく分からない理不尽ないちゃもんであるが、何度か電話して録音したのが、あのサビだったのである。

そうして出来上がったデモテープ(当時はカセットテープだったの)、「ラララ」で歌われていたメロディを耳にして、インスピレーションを受けた。
「これは『天安門事件』の曲だ!」
勝手にそう決めつけて、あの詞が一気に浮かんだ。

喫茶店での打ち合わせから、詞が上がるまで、およそ1ヶ月ぐらいだっただろうか。
「この詞で発売できるのだろうか?」
と、物議を醸したが、とりあえずレコーディングはしてみる方向で話は進んだ。
で、次は曲のアレンジだ。

あの曲のコード進行について書きたかったんだけど、なんか長くなったので、続く…

足つり対策


昨年の東京マラソンでは、足がつって30km以降、まともに走れなくて悔しい思いをしたもんだが、最近は何もしなくても足がつることがちょいちょいある。
海外のホテルで、熟睡中に足がつって目が覚めたときなど、どこで何が起こってるかわからなくてパニックになったりしたもんだ。
なんて話を寺田恵子姐さんにしてたら
「サプリが結構いいよ」
なんてご意見。
「コムレケア」っていう、小林製薬の奴が効くらしいと聞いた。
早速、スーパーのサプリ売り場に行ってみたら、それ以外にもこんなのが売られていた。
170527_IMG_4587.jpg



「コムレケア」が効くのはアリとして、こっちはどうなのだろうと思い、買ってみた。
で、使用感なんだけど、「つりそう」ってタイミングで慌てて服用してみたが、なんだか効いてる気がする。
おかげさまで、ここ数週間は足つってないよ。
【ドラマ】下手な芝居の芝居をする役者

最近よくドラマで目にする「劇中劇」。
「黒い十人の女」では、水野美紀がアングラな劇団で、アングラな役者を演じてたのが面白かったんだけど、そういう系ではなく、「棒読みをする演技」が求められる場面。
今クールで言えば、NHK BSでやってる「PTA グランパ」。
松平健、安達祐実を中心とするPTAの役員が、お楽しみ会で芝居をする。
その練習シーンなどで展開される「棒読みシーン」の、数人の演技が、かなりイラっと来るんですよ。
もうね、わざとらしいったらありゃしない。物事にはサジ加減ってものが大事なのですよ。
自然な棒読みができてこそ、一流の役者さん。
その点、「あなたのことはそれほど」の東出昌大さんの演技は素晴らしい!
ま、あれは劇中劇ではないけども。
失くしたもの戻ってくる月間

先月末、失くしたパスケースが戻ってきた話を書いた(「Welcomback my pass-case」
その後も、紛失していたものが立て続けに戻ってきたのだ。

テーブルの上に置いておいて、いつの間にかどこかに消えたアップルペンシルのキャップ
170525_IMG_4515.jpg


ワイヤレスイヤホン
170525_IMG_4510.jpg


他にも爪切りの入った小さいポーチなどなど。
失くしすぎって話もあるけどね。
そして、残念ながら、アップルペンシルのキャップ以外は、諦めて新しいのを揃えた後に出てきた。
関係ないけど、マーフィーの法則にこんなのがあったのを思い出した。
「探し物は、最後に探した場所から出てくる。」
ファミレス、ファストフード呑み
170314_IMG_4198.jpg


先日、やよい軒で呑んだら安かった話を書いた。(「やよい軒でランチ」
ただ、色んなものを少しずつ食べたかったのだが、さすがに満腹過ぎたので、今回はカミさんを誘ってまた呑みに行った。
ほぼ前回と同じ感じのつまみを、二人でついばんで丁度良い感じだったよ。
しかも、お値段も前回のにビール2杯分足したぐらいだった。(2人分だからね)
吉野家も「吉呑み」なんてのを始めて久しいし、サイゼリヤも非常にリーズナブルに呑めるなど、ファストフードやファミレスで気軽に呑めるようになった今、一体どこで呑むのが一番お得なのだろうか?と思って、ビールの値段を調べてみた。以下の通り。

やよい軒 370円(小ジョッキ)
サイゼリヤ 399円(ジョッキ) 299円(グラス)
吉野家 350円(ジョッキ) 410円(瓶) 330円(缶) 180円(グラス)
すき家 410円(瓶)
以上、税込価格。
以下は税抜き価格
ガスト 499円(ジョッキ、2杯目から399円) 299円(グラス)
ロイヤルホスト 550円(中グラス) 360円(小グラス)
デニーズ 399円(ジョッキ) 299円(グラス)
バーミヤン 450円(ジョッキ、2杯目から399円) 349円(グラス)  549円(中瓶)


こうしてみると、吉野家がお得な感じに見える。が、単価だけではなんとも言えない。問題は「量」である。
残念ながら、ネットではそこまで分からなかったが、「ジョッキ」の方が「小ジョッキ」より多いイメージはあるね。
そう言った意味では、吉野家がネーミング的に勝利。
つまみの種類も豊富。
ちなみにこれは「韓国三種盛りセット」みたいなやつ。

170524_IMG_2857.jpg

ただ、「吉呑み」は、基本的に夕方スタートで、昼間から何も気にせず呑めるという点では、やはりやよい軒、サイゼの勝ちかな。
脳内移調

昨日、「VARIAXの強み」などとドヤ顔で書いたけど、実はリハーサルでメカニカルトラブルがありまして…
半音下げにセットしても、何故か途中でレギュラーチューニングに戻ったりまた下がったり、めちゃ不安定。というか、曲中で滅茶苦茶なコードが鳴ってしまうという、地獄絵図のような展開に。
で、途中で諦めて、サウンドチェックは全てレギュラーで対応することにした。
しかし、譜面は移調して書いていたのでさあ大変。
つまり、Eマイナーの譜面を見ながら、脳内でEフラットマイナーに変換、Aで書かれた譜面を見ながら、Aフラットに変換して演奏せざるを得ず、変な汗かきながらのサウンドチェックだったのですよ。
幸い、スイッチの接触不良だったみたいで、本番はなんとか計画どおり演奏できたんだけど、本番前、やっぱり怖いので、元キーの譜面も慌てて書きましたよ。
使わずに済んで本当に良かった♪

170523_IMG_4600.jpg


しかし、これっていい脳トレになるんじゃないか?(・∀・)
ちなみに、どんなキーでも、C(またはAm)に変換するのはとても簡単です。
今宵もライブありがとう


今回は「暗い歌」を徹底的に集めてお送りしました。いかがだったでしょうか?
いつものように、見た目はレスポール、出音(でおと)はアコギという、安定の邪道ぶりは変わらないんだけど、今宵は更に邪道なことをしてました。
本日のセットリスト

1.「for you.」Eフラットマイナー、つまりフラット6つ
2.「小さなRequiem」Gマイナー、つまりフラット2つ
3.「戦火の譜」C#マイナー、シャープ4つ
4.「約束の場所」Aフラット(フラット4つ)からB(シャープ5つ)に転調し、またAフラット


ジャズ畑を除く、多くのギタリストがそうであるように、オレもフラット系は大嫌いw
フラット2個の曲よりも、シャープ4個の方が、圧倒的に弾きやすい。
つまり、3曲目以外はワタシにとってはとても意地悪なキーの曲だらけ。アレンジしたヤツを殺してやりたいw
で、楽をしたいということではなく、少しでもギターの特性を活かしたパフォーマンスがしたいということで、こっそり1曲目、4曲目は半音下げ、2曲目は1音下げチューニングに設定。
これを手元で出来るのが、愛機LINE6 VARIXの強みなので、使わない手はないでしょ。邪道だけども。
ま、ネタばらしするとこんな感じです。

前にビリー・ジョエルを東京ドームで観た時、スクリーンに映るビリー先生の手は「D」を弾いてるのに、鳴ってる音が「C」だったりしたことがあった。見た目はグランドピアノなのにですよ?
イーグルスも2011年の東京ドームで「Hotel Carfornia」を演奏した時、メンバーそれぞれ半音下げだったり、カポの位置を変えたりして、結果実音半音下げでやっていた。
パフォーマンスというのは、あくまで自己満足ではなく、聴く人、観る人の為なんだな〜と勉強になったもんだ。
良く言えば、今回それに倣わせていただきました。

長くなったけど、今日も来てくれた方々に心より感謝です!!ありがとう( ´ ▽ ` )ノ

170522_IMG_4598.jpg
満腹スイッチ

先日、錦糸町にある焼肉屋さん「さぶぅ」という、超美味い焼肉屋さんに行った時の事。
久々に肉が食えるってんで、張り切って乗り込み、まずは乾杯。
ビールを何杯か飲む間に「ベジタブル・ファースト」ってことで、キムチやらチョレギサラダやらナムルやらをちょっとずつ摂取。
そして、いざ肉!となりロースを2切れつまみ、続いでハラミを1切れ食った瞬間、
「ん?腹一杯?」
となってしまった。ほんの一瞬の出来事だった。
以後、ビールは何杯でも飲めるのに、肉を含む食い物が全く入らない状態。
通常、酒が入ると満腹中枢が麻痺して、ついつい食べ過ぎてしまったり、「締めのラーメン」とか余計なものを入れてリバース、なんてパターンなんだろうけど、オレの場合、空腹中枢がやられてしまうのか?
もっと食いたかったぜ、肉…

170521_IMG_4469.jpg


免許更新飯


数年に一度、自動車運転免許の更新で、うちからチャリで、東陽町にある江東試験場に行く。
実は更新の他にも、紛失による再発行や、国際免許の申請などでもちょいちょい行くので、多分2年に1度ぐらいは通ってると思う。
そのたびに気になってたのが、試験場の食堂なのだが、本日初めて入ってみた。
役所の食堂みたいなのを想像してたけど、お値段もとんかつ定食800円とか、極めて普通の食堂。
170520_IMG_4581.jpg


とりあえず「アジフライ定食(650円)」というのに惹かれたので食ってみたけど、あまり普通なかった。ボリューム感が半端なかった。
巨大なアジが2枚。白米も大盛り。完全にオレの腹はキャパオーバー。
とりあえずアジ1枚、米も半分でいいから、400円ぐらいにしてくれないかな?

170520_IMG_4582.jpg




あ、マヨの量についてのツッコミは無用でございますよ(・∀・)
タバコの値段


先日もタバコについて書いたけど、ふと
「今、タバコっていくらぐらいなんだろう?」
と気になり、自動販売機見てみてびっくり!
400円、500円はまあ想像がついてたけど、あのエコーがまさかの310円!!
わしらが中学生の頃は、ハイライトが確か150円ぐらいだった。エコーは80円ぐらいだったと思う。
ハイライト2箱買ってまだ10円余るという高額商品、もはや貴族のたしなみですやん(・∀・)

170519_IMG_4527.jpg


いや〜、タバコ吸う人って裕福なんだね〜
やっぱりやめてよかった♪
ブリリア・ランニングスタジアム


これまたジョギングコースの近くに、いつの間にか出来ていた施設。
調べてみたらブリリア・ランニングスタジアムといって、HP本文によれば

「競技用義足の開発とともにトップ障がい者アスリートの強化訓練を行うほか、為末氏が代表を務める株式会社侍がかけっこスクールを開催する予定です。」

とのこと。
先日、初めて近くを通ってみた。

170518_IMG_4449.jpg

170518_IMG_4452.jpg


かまぼこ型の内部は、直線トラックなどがあり、ここでいろいろなイベントが展開されるのだろう。
本来なら、市場のオープンに合わせ、この辺り一帯には「ぐるり」という、これまたランニング〜に特化した公園が解放されるはずだったが、まだそれは果たされていない。(「豊洲ぐるり公園」
市場とか別になくていいから、早く公園をオープンさせて欲しい。

話は逸れたけど「かけっこスクール」って良さげだよね。
ライブのお知らせ

来週月曜、5月22日、またしても稚菜ライブに出演します。

場所はいつもの赤坂CLUB TENJIKU
開場17:30、開演18:00
出番は20:00の予定です。
HPによれば、前売り800円、当日1,300円と、ややお得な感じになっとります。
ご予約はこちらから
http://www.clubtenjiku.jp/schedule.php

お待ちしておりますよ〜( ´ ▽ ` )ノ

170517_IMG_4535.jpg


(写真と記事は関係ありません)
視聴率について考える

前にも何度か触れたことはあるけど、現在のテレビドラマにおける「視聴率」。
他に娯楽もなかった大昔だと、そのドラマの放映時間帯になると、銭湯から人がいなくなる、なんて作品もあったと聞く。
もちろん、家庭に録画機器などもなかった頃の話だ。
そして、娯楽も多様化し、24時間営業の店も当たり前、ネットやスマホなど、情報やコミュニケーションも「いつでもどこでも時代」になった今、「視聴率」というものがどれほどの意味を持つのか。
未だに、テレビがメディアの代表だと考えているのは、テレビ業界の人だけなのではないだろうか。
大好きなドラマを、リアルタイムで、お茶の間で正座して待つ、なんて人がどれだけいるのか。
本当に好きなドラマだったら、なおさら録画で、好きな時にじっくり観る人の方が多いのではないだろうか。
自分的には「風林火山」以来、リアルタイムで真剣に観てたドラマは記憶にない。もちろん、後から録画も何度も観てたけど。
あくまで我が家の場合であるが、テレビはただ「点いてるだけ」。
なので、流れてるのはくだらないバラエティや旅番組のような、真剣に観なくても大丈夫なプログラムだ。

170516_IMG_4534.jpg
(写真と記事は関係ありません)

被害者の会?


「ホタル族」被害者の会結成 近隣ベランダからの受動喫煙で人権救済申し立てへ 喫煙者さらに厳しく


いや〜、時代はついにここまで来てしまったか。
筒井康隆の小説「最後の喫煙者」を彷彿とさせるね。

いわゆる「ホタル族」らがマンションのベランダなどで吸うたばこの煙が近隣住宅へ流れる受動喫煙に対し、被害者団体が結成され、日本弁護士連合会に人権救済申し立てを行うことが14日、分かった。火災も増えているとみられ、飲食店や公共施設での受動喫煙規制の議論が高まる中、喫煙者への風当たりはさらに厳しくなる。



タバコの煙には、ただ「嫌い」という人だけじゃなくて、マジで健康に被害を被る人もいるわけだが、喫煙者たちが自分のことしか考えずにきた結果がこれだと思う。
かくいう自分も喫煙者だった頃には、各方面に散々迷惑をかけながら、自分では気づかなかったいろいろな事が、やめてから分かったし、本当に20世紀中にやめられて本当に良かったと思う。

そういえば先日、ベランダにタバコが箱ごと落ちてた事があったな〜
本当に喫煙者ってバカだな〜って言われても仕方ないと思うよ、マジで。
エビスの吉野家


昨日、ライブのはしごで、渋谷〜恵比寿に移動した際
「飯を食うなら今しかない!」
というタイミングが一度だけあったので、入店したのが吉野家恵比寿駅前店。
と、ここが通常とは違う業態で、ちょっと驚いた。
まず、店に入るといきなりレジがあり、そこで注文するシステム。
で、マクドナルドのように、レシートを持って隣のカウンターで受け取る。
その後、好きなテーブルに移動して食べるのだが、お茶や水など全てセルフ。
食べ終わったら、食器は返却カウンターに返す。そう、ゆで太郎方式だ。
メニューも多、分他の店になない揚げ物系定食などあり、充実している。

店内もオシャレな造りになっていて、コンセントやWi-Fiなども完備。
怪しいので撮影は自粛。こっそり1枚だけ。
170514IMG_4548.jpg


次は揚げ物にトライしてみるか…
「LIVE三昧」

本日は、昼間は稚菜のライブ@渋谷HOME。
弾き語り縛りだったので、オレは生暖かく見守るだけだった。
いい感じのゆるふわ感でしたよ。
先日のカンボジア・フェスに続き、独りでのパフォーマンスだったけど、相変わらず凛として素晴らしいものを持ってるよね。
もっと多くの人たちに聴いてもらいたいな〜といつも思う。
170513_IMG_4544.jpg


で、夜はMary's BloodのLIVE@恵比寿LIQUID ROOM。
諸々アレンジやらなんやら、周到に準備はしたが、本番で出来ることは何もないので、やはり生暖かく(略)
いや〜昼の部とは180度違って、ゴリゴリのブリブリ。熱いLIVEでした。
彼女たちと出会ってまだ半年足らず。いい意味でとってもじゃじゃ馬、でもとても素直な面もあって、今でもどんどんバンドとしてカッコよく進化していてとても頼もしいです。
170513_IMG_4552.jpg


午前中からバタバタしてたけど、1日の最後にはとてもうまい酒が飲めました。
お疲れ様でした、オレ様!
無印の石鹸「マンダリン」


以前も書いた無印の石鹸の話。(「無印石鹸」
以前に買った「アボカド」は、単純にアボカドっぽい色だっただけだったが、今回のマンダリンは、なんだか泡立てると柑橘系っぽいかほりがするような氣がする。
170512_IMG_4276.jpg


改めて見ると、イギリス製なんだね。

こうして今も、ワタシの無印ブーム、そして固形石鹸ブームは続いているのである。
お台場に映画館

昨年9月、台場のシネマメディアージュが閉館となる件を、このブログでも書いた。(「お台場シネマメディアージュ閉館」


が、先月、その跡にオープンしたのがなんとユナイテッドシネマ。
正式名は「ユナイテッドシネマ アクアシティお台場」。(http://www.unitedcinemas.jp/odaiba/index.html

ユナイテッドシネマといえば、豊洲にもあり、そこが我が家からは最寄りの映画館であるが、上映プログラムを見ると、微妙に変えてある。これはありがたいことだ。
今は映画館に映画を観に行く暇も気力もないけど、今度行ってみよう。
モーツァルトっぽい人が書いたっぽい、ソナチネっぽい曲の結尾部っぽいの


どうも。ピアノの基本がなってない藤尾領です。
そんなワタシが「何だか急に、モーツァルトっぽい人が書いたっぽい、ソナチネっぽい曲の結尾部っぽいのが頭の中に思い浮かんだんだけど、自分のピアノスキルがついて行けないので、今はまだ弾けない(・∀・)」とFacebook、およびtwitterで呟いたのは、遡って調べると4/16。
あれから約20日間、特訓に特訓を重ねて(嘘だけど)ようやく形にしてみた。
誰かこれの続き、じゃないや、前の部分作ってください。
(1週間限定公開)
http://fast-uploader.com/file/7049970850502/
ピアノの基本

これまで、ピアノは全て自己流。ってか、ちゃんと習った楽器ってヴァイオリンぐらいなんだよね。
分かっちゃいるけど、基本が全然できてないんだよな〜
先日、息子が小学生ぐらいの頃に教本として使ってた「フィンガートレーニング」の本を貸してもらった。
もうね、最初のページの一曲目からメチャ難しいの。

170509_IMG_4525.jpg


右手と左手、ユニゾンで「ドレミファソファミレドレミファソファミレ〜」って弾いて、最後に「ドレミファソラシドシラソファミレド」ってやつなんだけど、右手と左手が全くシンクロしない。
最後の指くぐりはもはや混乱するしかない。右手はミとファ、左手はソとラで潜るんだけど、いや〜難しい(・∀・)
1ページ目からこれだから、この先どうなるのやら…
Google Mapsのタイムライン
たまに飲みに行くと、大概どうやって帰ってきたのか覚えていない。
その割に、翌日に必要な買い物とかをちゃんと済ませていたりする。
御多分に洩れず、昨夜もまさにそのパターン。
ま、レシートを見れば、何時にどこで買い物をしたのかは分かるのだが、最近、Google Mapsに「タイムライン」という機能が追加され、いつ、どこからどこに移動したか、というのを記録しておくことができるようになったので、かなり便利だ。
昨夜の足取りもまるっと判明!

さて、この機能自体が追加されたのは最近だと思うが、過去数年にわたって遡ることができる。
自分の場合、一番古い記録は、2013年5月、フランクフルト空港からライブ会場に車で移動したというもの。
170508-02.jpg



その後、条件によってなのか、記録されたりされなかったりしているが、ここ数年はほぼ全て網羅されている。


こちらはは2013年、「メガバス」というのに乗って、デトロイトからグランドラピッズというところまで、格闘技の師匠に会いに行った時のルートである。
懐かしいな〜…
170508-01.jpg







なんていう振り返りもできるよ♪

同窓会


高校の同窓会が、池袋某所において開催された。
クラス単位ではちょいちょい集まっては飲んでたんだけど、その垣根を越えての集まりは久しぶり。
おっちゃん世代でも、SNSはそこそこ活用されていて、それなりの規模の飲み会であった。
っていうか、本当に幹事さんが頑張ってくれたという、そこに尽きるんだけどね。
高校自体はあまり出席率の高くなかった自分にとっては、ほとんど初めましての方もいたけど、懐かしい面々にも会えて、うまい酒が飲めました。
皆さん立派になられて、自分はこんなんでいいんだろうか?と思ってしまう(・∀・)
でも、目の前にビールがたくさんあると、それだけで幸せ♪

170508_IMG_4529.jpg



幹事の皆さん、どうもありがとう!
N響


子供の頃、よくNHK交響楽団のコンサートに行った。いや、「行かされた」が正しいか。
貧しかった我が家のどこにそんな余裕があったのか知らないが、少なくとも月1ぐらいでは通っていた。いや「通わされていた」が正しい。
最初の何度かは親に連れて行ってもらっていたが、その後は一人で行くことがほとんど。
場所はもちろんあのNHKホール。(その後何度か自分もそのステージに上がることになるのだが、それはまだ先のことである。)
観る者の作法として、演奏中にお喋りはもちろん、咳やくしゃみなどももってのほかなので、曲間になると、皆ここぞとばかりに咳払いをするのが、子供心に可笑しかった。
それと、客として来ているのにヴァイオリン(ケース)を持ってくる人。
あれは一体何アピールなのだろう?と疑問に思ったものだ。
音大生なんかもいたんだろうけど、おっさん、おばはんが結構いた。
円弘志「夢想花」



現在は関西ローカルな芸人さんみたいなイメージがある円弘志さんだが、ワタシが中学生の頃「夢想花」という大ヒット曲を出した、れっきとしたシンガーソングライターである。
飛んで飛んで回って回る、サビの途中に2/4を大胆んにぶっ込んだあの曲だ。
当時は子供心に「いい曲だな〜」と、何の疑問も持つことなく聴いていたが、人生の酸いも甘いも味わって大人となった今、この歌詞を思い出し「ん?」となった。
まず、歌詞を追ってみよう。

忘れてしまいたいことが 
今の私には多すぎる
私の記憶の中には
笑い顔は遠い昔


うんうん、人生いろいろ辛いことが多いよね

いつの日にかあなたがくれた
野の花がノートにありました


さて、このあたりから様子がおかしくなってくる

そして私は蝶になり
夢の中へとんで行くわ


ちょ、待てよ、どこ行くんだよ?

とんでとんでとんで
とんでとんでとんで
とんでとんでとんで
まわってまわってまわってまわる

(以下、繰り返し)

と、最後は飛んで回っちゃうわけだが、これは一体どういう状況か。
ヒントはノートから出てきたという「野の花」である。
これは語感や響きから「野の花」となっているが、「乾燥した麻の葉っぱ」とかだったとしたら、なんとなくつじつまが合う。
蝶々になって夢の中へまっしぐらに飛んで行ってしまっても、少しもおかしくない。
「夢想葉」じゃ売れなかっただろうな〜
A-JARIのLIVE DVD、CD発売


昨年11月に行われたA-JARIのLIVEのDVD、CDが発売になるようです。
録音、録画には全く貢献してないんだけど、うちのチャーリー小牟田さんの活躍により、いよいよリリースへとこぎ着けることができました。ありがとう、チャーリー&録音、録画チーム!!

ちょっと業界話をぶっちゃけるね。
通常、ライブCDやDVDを発売する場合、オーディオトラックって、修正するのが常識なのです。
マルチトラックと言って、それぞれの音を別々に録音しており、ボーカルやらギターやら、ドラムの1パーツなど、ミスや乱れがあったりした部分を録り直す、あるいは修正するのが当たり前。
ところがアテクシ、これまで「A-JARIデビューライブ(ビデオ)」、「A-JARI解散ライブ(CD)」、「寺田恵子ソロライブ(ビデオ、DVD)」、そして今回のDVD、CDなど、全てのライブもの媒体において、差し替えを経験したことがないのです。
とりあえず「録音、録画あるよー」って事前に説明があるものに関しては、ある程度の覚悟もあるというものだが、A-JARIのデビューライブに関してはそんなものもなく、ミックスもPA卓から直の2チャンネルオンリーという乱暴なもので、本来なら放送禁止レベルのクオリティ。
しかも、今でもネット上にゴロゴロ転がっているという…
でも、あの時、確かにあの演奏をしていたというのが今後もリアルに残るので、まあいいか〜
我々実際18歳〜20歳だったしね。
もちろん今回も差し替えなしの一発勝負。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/charliestore/zkem09bi6y.html

http://store.shopping.yahoo.co.jp/charliestore/zkeyrp0bex.html

ジャケットとか、どんな感じなんだろう…(ドキドキ)
稚菜@カンボジアフェス


本日、渋谷にて、カンボジアフェスに出演してきました。
と言っても、色々あってスタッフが全員で払っていた関係で、ワタシは付き人的ポジ。
稚菜を迎えに行って、昼過ぎに会場入りし…と思いきや、何かよくわからないデモ行進に邪魔されて足止めを食い、ギリギリに到着。
とりあえず、機材だけ降ろし、駐車場を探すも、どこも満車。
ファイヤー通りに「駐車禁止、ただし日曜・祝日を除く」と書いてあったので、そこに停め、約1kmダッシュ。
なんとか本番に間に合い、今回は袖から見守るだけのお仕事。
スタッフの方々も、現場慣れはしてなかったけどとてもいい人で、何だか心洗われました。
せっかくなので、何かカンボジア料理でも食って帰ろうかと思ったけど、どこも行列で、結局会場外に出てた屋台で、ケバブ買って帰ったよ。
本日もお疲れ様でした〜( ´ ▽ ` )ノ

170503_IMG_4518.jpg

FUEL CELL BUS


噂とニュースは聞いていたけど、遂に目撃したよ。都営バスの燃料電池車。
カラーまで特別なんだね〜
とっても21世紀にいる感じがしてステキ(・∀・)

170502_IMG_4508.jpg


サイドには何かイラストが描かれてるような…

170502_IMG_4509.jpg

きっと車内には物質転送装置とか設置されてるんだろうな〜
早く乗ってみたいものです。
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.