新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

トゥールーズ・ツアー(4日目)
朝7時でこの有様ですよ、トゥールーズ。
早起きの甲斐など全くなし(・∀・)
151129_IMG_8471.jpg


今日もルーティーン。まずコーヒーをいただきつつ、新聞、チラシをチェック。
って、海外で見る地元チラシほど虚しいものはない…
151129_IMG_8474.jpg



そして、ガッツリ朝食。
151129_IMG_8475.jpg



本日の作業は午前中なので、早速現場へGO!
151129_IMG_8480.jpg



地元の戦友、NEKO LIGHT ORCHESTRAがリハやってた
151129_IMG_8483.jpg



そして本番。作業中の写真です。
常に、出入り口付近に注意を怠らないようにしてたんだけど、途中、プロの迷彩服の方々が現れ、普通に我々の動画とか撮っていなくなっていた。そのぐらい平和だということだろう(・∀・)
151129_IMG_8486.jpg



愛と感動のうちに、作業終了。これで今年のステージはオールアップ?
151129_IMG_8497.jpg



NEKOのギタリストALEX。約束通り、ビール用意して待っててくれました♪
151129_IMG_8487.jpg



とりあえず、サロンにて乾杯!
151129_IMG_8500.jpg


粉もんパラダイス♪
まさかフランスで本格たこ焼きがいただけるとトワ・∀・)
151129_IMG_8502.jpg



ホテルに戻り、風呂で一杯やりーの
151129_IMG_8505.jpg



ジャグジーでフランス美人相手に一杯やりーの
151129_IMG_8509.jpg



最後はフランスのお友達たちとディナー
151129_IMG_8521.jpg


フォアグラ美味し
151129_IMG_8517.jpg




ちなみに、夜の街も至って平和でした♪
151129_IMG_8511.jpg
トゥールーズ・ツアー(3日目)


昨夜は早めに床についたので、朝5時過ぎには目が覚めていたのだが、6時前ぐらいまで、ベッドの中でうだうだ。
だって、外が真っ暗なのだもの…
151128_IMG_8441.jpg



冷たい雨も降っていて、いつもなら朝ランは断念するところだが、今回の常宿にはこれが備わった
151128_IMG_8443.jpg



iPhoneで、「マツコの知らない世界」見ながら走ってたら、武井壮さんが独自のランニング理論を展開してた回だった。
せっかくなので実践してみたら、これが早い早い。
トレッドミルの速度を50%アップしちゃったよ

あ、ちなみにサウナもありんす
151128_IMG_8444.jpg


そして、ガッツリ朝食&世界一コーヒー
151128_IMG_8445.jpg


そんなこんなしてるうちに、晴れてきました
151128_IMG_8446.jpg


が、今日はお部屋に引きこもり、あれやこれやのお仕事
やれる時にやっておかねば、まだまだ何があるか分からんし…
151128_IMG_8455.jpg



そして夕刻、ようやく作業開始!!
スタッフもオーディエンスも、そして初組み合わせのバンドメンバーも最高。面白いように指も動いたなー
151128_1044573248928879_39347623_n.jpg



無事作業終了。ありがとう、みんなたち!!平和バンザイ!!!vive la france!!!!
151128_1044573062262231_203692471_n.jpg



サロンで車待ちの間に、差し入れのおビールで乾杯( ´ ▽ ` )ノ
151128_IMG_8463.jpg


夜も遅くなったので、今宵はホテルでディナー
お疲れさまでした。また明日。
151128_IMG_8468.jpg

トゥールーズ・ツアー(2日目)
さて、パリに着陸したのは、予定より1時間ぐらい早い、朝の4時半。
霧が立ち込めていて、真っ白。気温は2度。寒すぎるw
151127_IMG_8295.jpg



結果、ここで約5時間のトランジットとなる。
ここは当然、ラウンジでまったりしたいところだ。
151127_IMG_8299.jpg





が、到着したターミナル2Eから近い方(といっても、シャトルバスで移動)の2Aにあるエアカナダのラウンジがオープンするのは7時半。さらにそこからバスを乗り継いで行く、遠い方のIcareラウンジが開くのが6時半。
時間的に全然余裕があるので、遠い方へ行ってみることに。
151127_IMG_8311.jpg


ターミナル間の移動はとても時間がかかると聞いていたが、のんびり移動しても5時半には目的地に到着してしまった。
ラウンジに関しての詳細はまた後日まとめるが、1時間待った甲斐あって、相当まったりする事が出来た。
151127_IMG_8341.jpg




帰りはトゥールーズ行きの搭乗ゲートまで、マジで1時間かかった。
この行き帰りの途中に、ニモケンことセキュリティチェックや、フランスへの入国審査があるのだが、これがなんと、思ったよりユルユル。いや、いつもよりも一生懸命やってるんだけど、平常時のドイツなんかより全然緩かった。

とは言っても、迷彩服で3人一組、自動小銃を持ったソルジャーが、そこら中をウロウロしているのは、さすがに緊張感がある。
151127_IMG_8355.jpg

写真撮るのも命がけである。(じゃ、撮るなって話ですね)
151127_IMG_8357.jpg




さて、そんなこんなで辿り着いた搭乗ゲートは、朝から大混雑。
151127_IMG_8360.jpg


そして、ご覧の濃霧のためか、この便がさらに1時間遅れ、トゥールーズに着いたのは正午。しかし、ホテルのチェックイン時刻を考えると、こんなもんでちょうど良い。
151127_IMG_8361.jpg


機内で大河ドラマの録画など観てる間に、無事トゥールーズに到着!(そう言えば、最初にここに来た時の写真も、左手に包帯巻いてたな…)
12285664_1043958325657038_367373106_n.jpg



トゥールーズは、パリとはうって変わって良い天気。
151127_IMG_8380.jpg



シャツの干し方が何かを主張している
151127_IMG_8386.jpg



そして、すっかりリニューアルされた常宿に到着。
151127_IMG_8387.jpg




バルセロナに続き、ここでもウェルカムバック状態。
無事チェックインも済ませ、
151127_IMG_8390.jpg


ちょいと街に出てみる。印象としては、とても平和だ。
151127_IMG_8398.jpg



昼飯にご当地マック
151127_IMG_8411.jpg



買い物も済ませ、
151127_IMG_8416.jpg


いよいよリハーサルへ。
なぜだかいい感じにヘベレケだ。
151127_IMG_8420.jpg



しかし、何だろう?この違和感は…
サウンドチェックも無事に済み
151127_IMG_8421.jpg




2011年の時には電源のつなぎ方もままならなかった音響チームが、かなりハイテク化している。
151127_IMG_8424.jpg


機材も、全てバミったりとか
151127_IMG_8427.jpg



順調に終わり、会場にあるサロンで乾杯する余裕すらある。
151127_IMG_8430.jpg

そう、全てが順調過ぎて、キモチワルイのである(・∀・)
こんな時は、絶対どこかに落とし穴が潜んでるはず。


ま、それはともかくとして、最後はホテル近くのレストラン(当然フランス料理)で、乾杯。
151127_IMG_8435.jpg



サーモンのサラダでもう腹一杯
151127_IMG_8437.jpg


鴨肉、ほとんど残してしまい、ここに来るたびにいつも味わう敗北感(´Д`;)
でもおいしゅうございました。
151127_IMG_8438.jpg


夜の街も平和です。
151127_IMG_8440.jpg


明日は結構時間的に余裕があるんだけど、やらなきゃならない仕事in Japanが増えてしまい、引きこもりになってしまうかも…
トゥールーズ・ツアー(1日目)
トゥールーズ・ツアー(1日目)

今年最後の世界戦は、フランスはトゥールーズへ。
いつも通り出かけます。

昼、一風堂でラーメンを喰らい、その後じっくりと荷造り。
151126_IMG_8208.jpg



そして夕刻、いつも通りスーツケースとギターケース、手荷物バッグを装備し、
151126_IMG_8223.jpg


羽田行きのバスに乗り込んで空港へ。
151126_IMG_8220.jpg




空港では、これまでいつも通り吉呑みして
151126_IMG_8233.jpg


と、ここまでは羽田発のルーティーンで、ほぼコピペで行けるレベル。

で、いつものように、いつものラウンジに行くと、

「すみません、只今大変混み合っておりまして…」

と、普段は使えないラウンジに案内された。
搭乗ゲート144番は一番端っこにあるのだが、幸いそのすぐ近所。

比較的広くて各席に電源完備。なかなかの居心地であった。
151126_IMG_8253.jpg




パリ行きのAF0293は日本時間の24時半出発。
151126_IMG_8264.jpg


ワタシ的に完全におねむの時間で、ディナーが出てきたのは2時半ごろ。
これをいただいたところで意識を失いました。
151126_IMG_8284.jpg



で、たぶん7〜8時間ぐらい熟睡して眼が覚めると、もう朝食が始まろうかという時刻で、12時間のフライトはほぼワープ状態だった。

(2日目に続く)
フランス行ってくる
こんばんは。羽田で書いてます。
今から、フランス、パリ経由トゥールーズに飛びます。

「何故、こんな時に?」
と色んな方々に言われました。
しかし、前にも書いたけど、こんな時だからこそ世界には音楽が必要なんだと思ってます。
特に、我々にとって、フランス、特にトゥールーズというのは特別な場所。
ラブリンタンブリンさんのワールドツアー、第1発目の街であり、モンスターボックスで言えばロイター板みたいなもんである。(分かり辛い?)
2011年秋に初めてここで演奏した時に、いかに我が国が外の国に知られ、愛されているのかを初めて知った場所。

そして、常宿にしているホテルで朝飲むコーヒーは、世界一美味い。今の所、ここを超えるコーヒーは飲んだことがない。
spaができたり内装が変わったり、色々リニューアルされたようだが、コーヒーの味は変わってないといいな〜

色々と情勢が不安定だったりするお国事情なので、何があるかはわからない。
無事に帰って来られるに越したことはないんだけど、最低でも無事演奏はしたいと思っています。

じゃ、行ってきます。Let it be、ケ・セラ・セラ...


151126_IMG_8228.jpg
東京マラソン2016への道・その1「復活当選」
期せずして今年も始まってしまったこのシリーズ。

ワタクシ「東京マラソン・プレミアムメンバー」なる会に入っていて、毎年なんぼかのお布施をする代わりに、若干当選確率が高めになる、という立場なんだけど、その頼みの先行エントリーに落選し、本抽選にも漏れ、とっくに忘れていた先ほど、いきなり

11月中旬に追加抽選を実施いたしました。
厳正なる抽選を行いました結果、
「当選」となりました。



というメールが。

いや〜、全く臨戦態勢に入ってなかったばかりか、本番の2月28日といえば、予定ではフランスツアーから帰国したばかりというコンディション。

一体どうなってしまうのか!?

東京マラソン2016まであと95日…

英語読み

ワタシの「領」という名前、ローマ字だと「RYO」になるわけだが、日本以外のほとんどの国では「リョウ」とは発音してもらえない。
大概は「リオ」だ。RY=「リ」O=「オ」なのだろう。「リョ」という発音自体が存在しないのだ。

「リオじゃねえ、リョウだ。ちゃんと発音するように」

と言いたい気持ちもなきにしもあらずだが、

「それじゃおまえはオレの名前を正しく発音できるのか?」

などと言われたら、ほとんどの場合において無理だ(・∀・)

昔、F-1レーサーのミハエル・シューマッハがインタビューに英語で答えていて、自分の事を「マイケル・シューマッハ」と呼んでいた。ミハエルの英語読みだ。
国際人たるもの、このぐらいの度量があって然るべきなのかも、と思ったものだ。

My name is りお

これで良い。
FacebookとTwitter


遡って調べてみると、Facebookに初めて登録したのが2009年。その後、何もしないまま2年ほど放置。
その間の2010年2月、初めてTwitterを始めたようだ。
それ以来、主なSNSとしてずっとTwitterを使い続けていたのだが、2011年からTwitter→Facebookの連携を始めた。
そのきっかけが何だったのかは思い出せない。恐らくはこの年1月に公開された映画「ソーシャルネットワーク」の影響か何かだろう(・∀・)

そして、2012年8月29日の途中から逆にFacebook→Twitterの連携になった。
これはおそらく、写真の使い勝手によるものだったと思う。

以来、少しずつTwitter開く頻度が減っていって、今では月に一度開くかどうかという有り様。

やはり匿名性と透明性かな。「誰が」言っているというのがちゃんと分かると安心だし、自分も素性を明かしている以上、発言には責任が伴う、という縛りが良いのだろう。(Twitterでも本名だけど)。

で、連絡などのやりとりはLINEが中心という、悪く言えばSNS漬けの人生だね。

今後、どうなって行くのかな〜
難読芸名
今日もネットで見つけた記事。
名前の読みにくい芸能人ランキング

征悦、良々…難読芸能人TOP10

1位 小澤征悦(おざわ ゆきよし) 82.0%
2位 黒木 華(くろき はる) 79.0%
3位 田中 聖(たなか こうき) 70.5%
4位 高良健吾(こうら けんご) 66.5%
5位 荒川良々(あらかわ よしよし) 66.0%
5位 六平直政(むさか なおまさ) 66.0%
7位 大森南朋(おおもり なお) 64.0%
8位 八嶋智人(やしま のりと) 51.5%
9位 染谷将太(そめたに しょうた) 46.5%
10位 東出昌大(ひがしで まさひろ) 37.0%

※番外
11位 西川史子(にしかわ あやこ) 30.0%
12位 佐藤 健(さとう たける) 29.5%
13位 松坂桃李(まつざか とおり) 27.5%
14位 沢村一樹(さわむら いっき) 24.5%
14位 武井 咲(たけい えみ) 24.5%
16位 狩野英孝(かの えいこう) 14.5%

個人的には芸名、ペンネームなどでは、古谷一行(ふるやいっこう)とか、猪俣公章(いのまたこうしょう)、西村寿行(にしむらじゅこう)などの、「無理やり音読み系」にはよく騙された。

あとは、塚地武雅(つかじむが)とか忽那汐里(くつなしおり)とかムカイリ(向井理)さんとかが、最初は読めなかったな〜
プリンスが名前を記号にしちゃった時はビックリした。
中華料理・香蘭
これまでも、おそらくこの店については何度か書いていると思うが、西武池袋線の東長崎にある中華料理店。
小中学校時代の友人のご両親が、二人で切り盛りしている、いわゆる「街の中華料理屋さん」。

今更、料理に関してどうこう言うのは、今回はやめておこう。
主に日曜の午後、オーケストラの練習の帰りに、あの伊藤信雄さんとよく通ったものである。
店内のテレビでは、ポプコンの「コッキーポップ」がオンエアされていて、紹介されているアーティストの曲を聴きながら
「オレたちの方が上手くね?」
などと語り合ったものである。


前出の友人は、中学時代に一緒にバンドをやるなど、本当に仲良くさせてもらっていて、よくうちにも泊まりに来たりした。
で、その翌週とかに食いに行くと、お代がタダになったりして、恐縮したものであった。
これぞ「一宿一飯の恩義」というものである。

大きなお世話だが、ここのカツ丼の味を知らずに死んでいく人たちには、心底同情する。


151121_IMG_8182.jpg

消えてしまったけど好きだったジュースランキング
こんな記事見つけたよ。
「消えてしまったけど好きだったジュースランキング」

順位は

1位:燃焼系アミノ式
2位:アクエリアス レモン
3位:ポカリスエット ステビア
4位こつぶ
5位ごめんね。
6位For (フォー)
7位ジョルトコーラ
8位バブルマ
9位熱血飲料
10位シャッセ
10位フキゲン
12位リベラ
13位タブクリア
13位島と大地の恵み
13位ウィスパー
16位サスケ(SaSuKe)
17位キスール
18位マリンクラブ


アクエリアス・レモンって販売終了してたのねん。

オレは16位の「サスケ」、それからここには出てないけど「NCAA」とか「Wilson」、「Post Water」などのスポーツドリンクかな〜

皆さんはいかが?

151120.jpg
フェントンの「君が代」


今宵の稚菜ライブに来ていただいた方にはご好評をいただきました、今日の授業は「君が代と世界の国歌」。
今回もなかなか為になるお話でしたね〜

で、授業の(コーナーの)最後に歌ったのが、現在の君が代とは似ても似つかない、フェントンというイギリス人が作曲した「君が代」。
この「フェントンの君が代」があまりにも泣かず飛ばすだったため、作り直して現在の君が代になった、という話だったんだけど、今日の歌を聴いた人は
「意外にいい曲じゃない?」
などと思ったのではないだろうか?

そんなあなたは、これを聴いてみてほしい





いや〜これは売れないでしょう?
これをあのような「聴ける曲」に仕上げたのは、ひとえにワタシのおかげなんですよ(・∀・)
譜割りを変え、コードを変え、稚菜が歌うことによって、どうにかこうにかあのような仕上がりになった。
もしオレがあの時代に生まれてたら、「フェントンの君が代(改)」が、現在も国歌として残ってたかもね。いや、残ってたに違いない!

グランチャ東雲でランニング
151118_IMG_8143.jpg


何年か前に、近所にできた複合施設。
「グラン」=grandfather,grandmother=ジジババ、「チャ」=child=子供という意味らしく、基本的には老人と子供のための福祉施設なんだけど、ここにはプールやジムがあって、夜18時を過ぎると、一般ピープルも利用できる。
という事をつい最近思い出し、昨日行ってきた。
我がマンションにもジムはあるんだけど、トレッドミルがないので、もしかしたらここすごい便利かも!
昨日のように、雨で外を走れない日などに、ここで溜まったドラマの録画などを観ながら小一時間走る、というのが正しい使い方だろう。

また来るぜ!!
アラビア数字

昔はローマ数字とアラビア数字、どっちがどっちだっけな?なんてよく混乱したけど、ガイジンの書くアラビア数字をみたら、これがどう見てもアラビアの文字にしか見えず、納得。
しかし、基本アラビア語は右から左に向かって書く。
じゃあ、数字が混ざった文章を書く場合どうするのか、と、アラビア語を公用語とする国の人たちに尋ねてみたら、文章は右からだけど、数字だけは左から書く(読む)との事。

どうしてまたそんな七面倒な事を?と訊いてみると、彼らは口をそろえて言った。
「ヨーロッパ人の都合」
なるほど。
大昔は数字も右からだったんだって。

アラビア文化、もっと尊重されてもいいよね



ちなみに我々のツアー、ホテルチェックインの際、誰がどの部屋か、こうやって写真撮っておくのが習慣で、こんな写真がたくさん残っている。

151117-03.jpg
バルセロナ


151117-02.jpg
シドニー


151117-01.jpg
ナポリ
豊洲図書館


先々月だったか、豊洲駅に併設される形で完成した豊洲シビックセンター。
コンサートホールなどの入った複合施設だが、その9〜11Fに入ったのが豊洲図書館。
151115_IMG_7704.jpg


まだ夜にしか行ったことないんだけど、夜景がめちゃステキ♪
図書館なので、やたらにカシャカシャと写真を撮るわけにもいかんのだが…
151115_IMG_7707.jpg



10Fにある小部屋に「予約棚」的なものがあり、予約した資料はそこに置かれる。
棚のどこに置かれているのかは、予約完了メールにも記されるし、この部屋にある「検索マッシーン」でも調べられる。
で、その資料を「貸出マッシーン」的なものに置き、貸出カードのバーコードをかざして、貸出手続きを自分で行うというなかなか画期的なシステム。
もし、勝手に資料を持ち出そうものなら、資料に添付されているICチップが反応して、たちまちけたたましいアラームが鳴り響き、館内全域のシャッターが直ちに閉まり、防弾服をまとった戦闘隊員が一斉に駆けつける、という体制だ。
ま、アラーム以降は妄想だけど。

閉館間際でも、多くの人たちが読書しており、かなり需要はあるものと思われる。

駐車場も30分は無料なので、個人的には車で出かけた帰りなどに、貸し借りによる頻度が増えることが予想される。
ラジオ体操
151115_IMG_6614.jpg


8月、モロッコに行った時のこと。
1日目の本番前日に、前夜祭みたいなのが開催された。
当時のブログにも書いたが、1日目の会場は学校内。宿泊地も同じくで、我々出演者以外にも、海外青年協力隊の皆さんなども宿泊されており、せっかくなのでいっしょにお祭りに参加していただいた。
さて、祭りが終了し、そろそろハケようかという時、協力隊のシニア部門のおばちゃんたちが、急にラジオ体操を始めた。しかもアカペラで。
うちのバンドのメンバーも途中から参加し、そこには大きなラジオ体操の輪ができていた。
当然、日本人以外の人には、何が起こっているのか把握できない。
現地の人に
「アレは何ですか?」
と訊かれたので、
「日本人なら誰でも踊れる、ストレッチ・ダンスだ」
と説明して差し上げた。
自分で言っておいて、なるほどと思ってしまった。
確かに日本人なら、大人も子供も、老人も、皆一緒に、シンクロできると言う意味では、物凄い発明だったのかもしれない。
パリのクソ野郎ども
朝、いきなりiPhoneに続々表示された、Facebookのバナー。
フランスの友人たちから「Paris Terror Attacksでの無事j」みたいなメッセージ。
テレビをつけてなかったので、最初は一体何の話かさっぱりわからなかった。
やがて、事の重大さを知ると同時に、このFacebookの機能に感心してしまった。
おそらく、当時パリにいたと思われる人たちに
「無事を報告しなさいよ」
みたいなメッセージが行って、それに報告することによって、友達たちに一斉に無事を知らせるメッセージが表示される、というシステムなのだろう。

テロリズムはけしからんことであり、このクソ野郎どもは決して許すことはできないが、そいつらを生んでしまう事情も当然あるわけで、特にフランスは…

などと、ここで語っても仕方ないのだが、要はSNSにそのような機能が用意されているというこのご時世に、なんだかな〜と思ってしまった。

夕方になって、やっと全員の友達の無事が確認できたけど、なんの罪もないのに犠牲になった人、そして愛する人を突然失ってしまった人たちの気持ちを思うとなぁ、、、

約10日後、我々もフランスに行くわけだが、絶対にテロなどには屈しない。
こんな時こそ、音楽が必要だと本気で思っている。
【ドラマ】危篤スルー
今週、急に始まった(?)日テレ深夜、生瀬勝久主演の30分ドラマ。
生瀬さんが演じてるのは、危篤状態の病院長なんだけど、実は意識があって、体は動かせないんだけど、耳だけは聞こえている、という設定らしい。なので、演技としては基本「寝てるだけ」。
もうすぐ死ぬものと決めてかかっている周りの人たちが、もの言わぬ院長の病室で繰り広げるドタバタ、それを聞くことしかできない院長のモノローグが面白おかしく展開されていく、というドラマらしく、月9などをダラダラ観るよりも全然楽しめる30分である。少なくとも初回を観る限りは。(あくまで個人の感想です)

151113.jpg
右後ろの席
映画館で映画を観るにあたり、座席は重要だと思うが、その重要さは人それぞれ。
普通の人は、特に大きめのスクリーンの劇場では、なるべく真ん中あたりで観たいところだろう。
だが、ワタシのように、右耳が聞こえないという選ばれた才能を持った者はそうでもない。
全ての音を左耳で受け止めたいというのもあるし、何より自分の右側に他人にいられるのがあまり好きではない。
そこで、小〜中スクリーンの劇場では、必ずといっていいほど「最後列右端」を選ぶ。
よほど混んでない限り、左隣にも人が座ることはない。

そして、何よりカバンとかビールなんかが置けるようになっているところが結構あるのだ(・∀・)

151110_IMG_7621.jpg
これは舞浜

151110_IMG_6976.jpg
豊洲

151110_IMG_3351.jpg
同じく、豊洲

旅鍵盤


今回、バルセロナ出張から戻ると、見慣れないパーツがスーツケースの中に散乱していた。
一瞬何か分からなかったが、出張用MIDIキーボードの鍵盤が取れてしまっていたのだ。修復不可。

そんな折、おそらく、25鍵で史上最少、最軽量と思われるMIDIキーボードがIKマルチメディアという会社から発売になった。
この会社、ハードからソフトに至るまで、ワタシ的にかなり御用達となっており、前々から「発売しますよ〜」というDMは来ていたが、一体いつ我が国で発売になるのか、とても気になっていて、先日近所にできた楽器屋さんに聞きに行くと、

「9日の月曜日に入るようです」

とのことだった。

で一昨日の9日夜、同じ店に行き、違う店員さんに尋ねると、少し調べてくれたのち

「一応、発売にはなっているみたいですが、このメーカーの商品って、発売後しばらく入荷しない事が多いんですよねー。なので当店では入荷未定です。」

とのお答え。

「いや、さっきAmazonで調べたら、おたくのお店がすでに出品してましたよ」


実際そうだったので、そう問うてみると
「本当ですか!もう一度調べてみます」

で、結局その楽器屋さんチェーンの倉庫にはもう入荷しているのが判明した。食い下がってみるものだ(・∀・)

で、本日めでたく手元にやってきた。
次回、フランスからはこいつを連れて行く予定。

ちなみに、これまで持ち歩いてた鍵盤と違い、タッチレスポンス付き。つまり、演奏の強弱が弾いた通りに打ち込めるという、普通の世の中では当たり前の機能がようやく着きました。
Mac、ギター、エフェクター、そしてこいつがあれば、世界中のどこにいても、大概の作業は対応できるのです。



箱から出して見てみた感じは「ピアニカ」みたいなイメージ。
使用感に関しては、また後日〜( ´ ▽ ` )ノ
キャリーバッグ(先代)
ちなみに、先代の機内持ち込み用バッグがいつデビューしたのか、過去の写真を辿って調べてみると、なんと、あのアトランタ(初回)であった。何かと因縁めいたものを感じる。
これがその証拠写真。右上にこっそりいるヤツ。
151110_IMG_1334.jpg


以後、マニラ、バルセロナ、羽田、ナポリ、フランクフルト、シドニー、タンジェ(カサブランカ)、そして、最後はアトランタにたどり着けずトロント、と10ヶ国。経由地を合わせると12ヶ国ほど一緒に回ったことになる。

で、今年のマニラ(1個前の旅)から新人さんにバトンタッチしたワケだが、さすがに壊れてもいないのに捨てる気にはならず、現在はドメスティックな環境で活躍してもらっている。

ところでこいつ、実は親亀・子亀方式になっていて、ジッパーでちっちゃいリュックが外れるようになっている。
151110_IMG_2247.jpg


で、この子亀の方は今も旅のお供となっていて、「機内用あれこれバッグ」に任命され、職務を全うしている。
ちっちゃいけど、この中にiPadやケーブル類、エアクッション、ビーサンなどを収納出来て、機内に乗り込んだら手荷物バッグ(新人)からこれをポンと出すだけで、12時間なんぼの空の旅に対応できるのである。


ちなみに先代の前、つまり先先代は2013年5月のフランクフルトでデビューし、シドニー、デトロイト、フランス(アヴィニョン、トゥールーズ、ナント)、クアラルンプールと周り、モントルー終わりで壊れ、引退

151110_201.jpg


その前まではサムソナイトのブリーフケースを使っていたようで、それは現在でも現役。さすが丈夫なサムソナイト…
151110_20.jpg


しかしこうやって、たまに過去の旅の写真を振り返ってみると、新たな発見があって面白いね〜
キャリーバッグ買い換えた
少し前の話になるが、旅用の機内持ち込みバッグを買い換えた。
アトランタ事件でケチがついた気がして、ついポチッと…

いや、古い方は別な用途で使っているので、正しくは「買い増しした」か。




実は以前から、現行のものに代わる、「機内持ち込みサイズで、リュックにもなるキャリー」を探していた。
空港に向かう時は、スーツケースにギターケースという大荷物なので、「背負える」ことが第一条件なのだ。
で、アトランタ行きの日、羽田空港のとあるショップで売られていたこいつに一目惚れしてしまっていた。
なんでも、ドラマ「SPEC」で、当麻がいつも引きずっていたキャリーの型番違いらしい。


151109_IMG_7607.jpg

これまでのバッグ(右側)と、容積はほぼ同じ。普段使いのリュック(左の黒いやつ)より2回りほど大きい。
何よりも、このすっきりスクエアーな感じが好き。

足廻りもなかなか良いです♪←これ、意外と大事。
【映画】「予告犯」
151106.jpg


生田斗真、戸田恵梨香主演、今年公開の作品。らしい。
何となく機内で観てみたが、これがなかなか面白かった。
年に一度ぐらい出会う「劇場で観るほどではないが、観てよかった邦画」の一つである。
昨年で言えば「鍵泥棒のメソッド」みたいな。

基本、邦画の多くは、劇場で観る意味が分からない。自宅のテレビでも、機内の小さいモニターでも、普通に楽しめるからだ。内容さえ面白ければ。

さて、何となく観始めたら、脇役が凄かった。

変態仮面こと鈴木亮平、「釣りバカ日誌」浜ちゃんこと濱田岳、「デスノート」でお馴染みの窪田正孝、「ダンディ」の滝藤賢一、「サイレーン」カラこと 菜々緒などなど、今をときめく役者さん勢揃いという感じ。

中身は「よくできた2時間ドラマ」というところ。
やっぱり小さい画面でも楽しめるが、劇場で観るほどではない(・∀・)
【ドラマ】いつかティファニーで朝食を

ワタクシ、ガッキーも石原さとみも、はたまた石橋杏奈なんかも大好きなわけですが、実はかなりのトリンドラーでもあるのです。
ということで、それ以外何の期待もなく観始めたこの深夜ドラマだったんだけど、何かはまった。
それぞれの事情を持った4人の女子たちが、それぞれの悩みや痛みを抱えた中で、「イタい自分」と向き合ったりしながら、「朝食」を絡めて展開していくストーリー。

何だかフワッとしていながら、ちょっと切なかったり…でもそんなところがとても良い。
って、あと数話で終わってしまいそうな感じだけどね。

151107.jpg
【ドラマ】サムライせんせい

テレ朝金曜23時、自分的には前クール1、2を争う傑作だった「民王」の枠とは言え、全く期待していなかったこの作品だが、観てみるとこれがなかなか。
「仁」、「信長のシェフ」などと同じタイムスリップものだという事は予め分かっており、錦戸亮主演という事で、なんとなくドタバタものだと思っていたが、意外に(?)ちゃんとしたテーマ性を持った作品のようだ。
しかも、タイムスリップして現代にやって来た主人公が武市半平太というあたりの、目の付け所というか、設定が面白い。
「サムライ」が現代の若者に何を教えてくれるのか、楽しみに継続視聴。

それにしても、今数えてみたら、今期、今のところ継続視聴しているドラマは深夜も合わせると21本、プラス朝ドラ、プラス「ルパン三世」。
ちょいと1週間海外に行こうものなら、そりゃもう大変な事に…

151108.jpg

空港ラウンジ探訪 第5回「成田、ドバイ、バルセロナ」
改まってまとめるほどネタがあるわけじゃないんだけど、軽くメモしておこう。今後の自分のために。


さて、まずは成田空港、いつものIASSラウンジ

おビール最初の一杯だけ無料で、主にオレはブログアップ&諸々充電部屋として使わせてもらっている。
151105_IMG_7777.jpg

151105_IMG_7778.jpg


飲み物(ソフトドリンク)各種、柿ピーは全て無料。
ま、それぐらいだ。



続いて、DXBことドバイ国際空港、ターミナル3


コンコースAからCまであって、直線距離にしたら原宿から新宿ぐらいまではあるのではないだろうか?
151105_IMG_7818.jpg


各コンコースにそれぞれ「MARUHABA LOUNGE」というのがあり、それ以外にコンコースCの端、明治神宮入り口ぐらいの場所にあるのが「INTERNATIONAL BUSINESS CLASS LOUNGE」
ここのみ、シャワーが無料で使えるらしいという事で、オレはいつもここを利用している。
IMG_6469_150827.jpg

前回モロッコ戦の時は、成田からの到着がコンコースB、つまり代々木あたりだったので、迷わずここまで移動したが、今回は新宿着なので、少し迷っていた。
が、次に乗る便が原宿発だと、到着時に判明したので、これはチャンスとメンバー全員でここに来た。

まずはシャワー&お着替え
151105_IMG_7820.jpg


そしてインターネッツ。
何故か今回はログイン画面が日本語表記になっていた。
151105_IMG_7823.jpg



お食事関係も載せておこう

150906_IMG_6474.jpg

150906_IMG_6475.jpg

150906_IMG_6476.jpg

150906_IMG_6478.jpg



150906_IMG_6477.jpg

151105_IMG_7821.jpg

相変わらずコンビーフが旨くてビールが…
151105_IMG_7828.jpg



前回は一人で来たけど、今回はみんな一緒だったので、また別な過ごし方ができた。
151105_IMG_7827.jpg



遠くにトム・クルーズタワーも見えた。
151105_IMG_7830.jpg



そして、今回初めて利用したのは、帰りのバルセロナ・エルプラット空港テルミナ・ウノ(ターミナル1)にある「Sala VIP Miro」
このターミナルには「国内便」「シェンゲン国便」「国際便」があり、それぞれにラウンジがあるのだが、そのうちの「国際便エリア」にあるのがこのラウンジである。
マクドナルドを目印に進み、エレベータを見つけたら「VIP」のボタンを押し到着。
151105_IMG_8018.jpg



会議室から仮眠室まであり、とても広い
151105_IMG_8019.jpg


大概のラウンジが、滑走路の方を向いているのに対し、ここは「ターミナル内」越しの滑走路方向。
人の動きなんかもよく見えて、とても楽しい

151105_IMG_8028.jpg


飲み食い関係も、もちろん充実。
151105_IMG_8020.jpg

151105_IMG_8023.jpg

151105_IMG_8024.jpg

151105_IMG_8025.jpg

151105_IMG_8039.jpg




スペイン専用カップヌードル。
これをこっそりカバンに放り込んだやつを見てしまった(・∀・)
151105_IMG_8040.jpg
ちなみに、これを食ってる見知らぬタイ人に
「美味い?」
って聞いたら
「美味い!」
って言ってた。


おやすみ部屋(撮影失敗)
151105_IMG_8041.jpg


そういえば、シャワー室もあったな。

オレ様のための上着&ヘッドホン掛けもあったよ(・∀・)
151105_IMG_8021.jpg


雰囲気がとてもよく、調度品なんかのセンスも抜群。
今までの中でもかなり上位だと感じたのは、昨夜のライブが今シーズン最高の出来だった事が、心理的に影響しているのかもしれない。
151105_IMG_8022.jpg


そして、帰りのドバイ
飛行機が遅れてトランジットが1時間ちょいしかなくなってしまったが、運良く到着、出発ともコンコースB(代々木)だったので、移動は最低限で済んだ。
で、搭乗ゲートはB1と、一番C寄りの端っこ。つまり北参道あたり。
ここは、前回も帰りに寄ったCの「MARUHABA LOUNGE」が最寄りだろうという事で、単独でinしました。

トイレと着替え、そして顔を洗ってビール2本ほどいただき、ボーディングタイム。

雰囲気はこんな感じ。
そんなに広くないので、時間帯によっては席を確保するのが難しいこともあるかもしれない。
151105_IMG_8066.jpg

151105_IMG_8067.jpg

ということで、今回の旅では4箇所ほど寄りました。

おしまい



機内関係まとめ・2015年バルセロナ編(成田〜ドバイ〜バルセロナ /エミレーツ)
同じ航空会社でも、行き先や時期によってもだいぶ変わってくる事があるのだな〜

という事で、今回はエミレーツでドバイ経由バルセロナへ。

行きの便その1は、EK319ドバイ行き
8月のモロッコ行きの際にも利用した便だが、色々ちょっとずつ違いが。

前回は21時20分発で、ゲートは62。
今回は22時ちょうど発で、ゲートは83だった。
この40分の違いが、実際及ぼす影響。それは、成田出国手続き後にある各店舗が、21時前後でどんどんクローズしていく事により、空港内の過ごし方が全然変わってくる、という事だ。
もう成田21時半過ぎ発の便には乗りたくない、とつくづく思った今回であった。
151104_IMG_7780.jpg



機体は前回と同じB777-300。アップでどうぞ。
151104_IMG_7788.jpg



機内はこんな感じ。日本人率高し。
151104_IMG_7796.jpg

151104_IMG_7790.jpg



シートは最後尾から4〜5番目ぐらいの、センター左の通路側。
オレの席にはUSBはあったがACはない。
151104_IMG_7793.jpg


おなじみ、しかめっ面のお姉さん。
「タバコとか吸うんじゃねえぞ、お前ら」
151104_IMG_7801.jpg






予定より10分早い21時50分に出発。
プラネタリウム・モードに
151104_IMG_7802.jpg



ドアが閉まってからおよそ1時間50分後の23時40分、ようやく最初の食事。
その前に飲み物だけでも先に出して下さいよw

ちなみに、メニューはこれ。
151104_IMG_7804.jpg


海鮮釜めしかフェットチーネか…
で、ここはフェットチーネをチョイス。
基本、パスタに当たり外れはあまりなく、大当たりがあるわけでもないが、普通に美味しかったです。
付け合わせのサラダもなかなか♪
151104_IMG_7809.jpg



その約8時間後、日本時間の7時半に「ご朝食」
(もちろん、その間にビールやワインをたくさんいただきましたよ)
最近、「朝の卵料理」に飽きてきた事は何度も書いたと思うが、ここもスクランブルエッグではなく、魚料理をチョイス。
和テイストで、胃にも優しかったよ( ´ ▽ ` )ノ
151104_IMG_7813.jpg



観た映画は、いつぞやのエアカナダで、前編のみオンエアだった「ソロモンの偽証・後編」
「前編だけしなないなら、観なきゃよかったし〜」
と後悔したもんだが、ようやくそのモヤモヤを晴らす事が出来た。
なるほど、そうきたか〜という感じ。とても宮部みゆき的だった。
それと、「The Marine 4: Moving Target」という、ドンパチもののアメリカ映画。
「敵の弾は当たらない」
「最後は肉弾戦」

という、定番的な作品だった。

さて、例に漏れず、大変に機内が寒いエミレーツで、いつものようにブランケットにくるまって過ごしていたわけだが、到着1時間半前のドバイ時間午前3時半ぐらいに、急にブランケットを回収し始めた。
「あんたら鬼かっ!!」
と思ったが、何と予定よりも1時間近く早い、午前4時18分にドバイに到着してしまった。
151104_IMG_7814.jpg


ちなみに、到着したのは前回のゲートBではなく、今回はゲートAだった。
おかげで、目的のラウンジと次の搭乗ゲートがあるCまで、3駅分移動する事になる。


飛行時間11時間28分
飛行距離7980km



続いてEK185便バルセロナ行き



機体はエアバスの花形・A380
151104_IMG_7832.jpg




機内はこんな感じ。
151104_IMG_7845.jpg

151104_IMG_7838.jpg

最前方にあるトイレは、何故か階段を4段ほど上がったお立ち台にあり、ここに入る人は全員の注目の的に(・∀・)
151104_IMG_7846.jpg






シートは、1階席のかなり前の方。中央列右通路側。
となりはスペイン人、細身長身の爺さん。

予定より16分、遅いドバイ時間8時6分に出発

こちらは尾翼に搭載のカメラからのオンボード映像。
ちなみにUSB、電源ともに完備。
151030_IMG_7841.jpg



先にメニューを載せときましょう。
151104_IMG_7844.jpg



離陸後、1時間ちょいで、朝食。
都合、2食連続で朝食という事に…
151104_IMG_7852.jpg



そのおよそ4時間後、12時20分に昼食
ラムかチキンかで、チキンをチョイス。
さっぱり胸肉で美味しゅうございました。
ラムを頼んだ隣の爺さんが
「おいチキン野郎、お前のも見せてくれ」
と言うもんだから、なぜか弁当の見せっこみたいな展開に(・∀・)

観た映画は生田斗真、戸田恵梨香の「予告犯」
これがなかなか良かったので、また今度書こうと思います。



予定時刻ぴったりの、スペイン時間12時25分にバルセロナ到着。
151030_IMG_7857.jpg



飛行時間7時間19分
飛行距離5175km


離陸時の安定感が半端ないA380でした。






帰りの便その1はEK186ドバイ行き


機体はやはりA380
ラウンジでまったりした後、出発ゲートD18に着いたら、機体は影も形も見えず、「またか?」という雰囲気。
実は、最初のバルセロナツアーでは、この便が2時間遅れたため、ドバイでダッシュする羽目になったのだ。
しかし、全然違うゲートE74で我々を待っていたよ。
151103_IMG_8044.jpg


機内はこんな感じ。
151104_IMG_8047.jpg

151104_IMG_8048.jpg


シートは結構後ろの方の、中央列左通路側。
後から来た中国人に
「席を替わってくれないか」
と頼まれたが、オレはノーと言える日本人だ。


USBあり電源なしは、行きのドバイ行きと同じ
151104_IMG_8051.jpg




予定より25分遅い15時15分に出発。滑走路に出る前にさらに30分ちょい待たされたので、都合1時間以上の遅れ。
シートベルトサインが消えた直後の、トイレの混み方は異常だった。
何も出なくても、映画の上演前と、飛行機の搭乗前には、必ずトイレに行っておきましょうね!

これがお品書き。
151104_IMG_8056.jpg


「ドアが閉まってから」2時間半後のスペイン時間17時45分に、この便唯一の食事。
チキンとサーモンから、サーモンをチョイス。
ホーレンソウのソテーが美味しかった。
151104_IMG_8060.jpg


その3時間半後、20時10分に、デザートのアイスクリーム。サプライズ的美味しさ♪
151104_IMG_8063.jpg



観た映画は、ウィル・スミスの「FOCUS」
これもなかなか面白かったが、実は近頃のエミレーツ、1USドルでWiFiが利用出来る事を知り、繋がったり切れたりする機内インターネットに夢中になってしまった。
なので、この便で観た映画はこの1本だけ。

その間もパーサーが遅れを取り戻そうと頑張ってくれて、結果予定より32分遅い、ドバイ時間1時7分に到着

飛行時間6時間52分
飛行距離5175km


2時間半ほどあった筈のトランジットタイムが、1時間ちょいになってしまい、ラウンジでゆっくりしている時間はなくなってしまった。
着替えて、ビール2本飲んだところで時間切れ。(充分だという説もある)





そして、今回最後の便は、EK318成田行き

機体はB777-300。ターミナルからバスで15分。今回初めての空港バスだったよ。
151103_IMG_8070.jpg


機内はこんな感じ。
151104_IMG_8072.jpg

151104_IMG_8073.jpg


小綺麗に振舞っているが、かなり古い。
オレの席には電源もUSBもない。いや、USBはどの席にもないようだ。
端末の使い勝手もかなり悪い。
151104_IMG_8075.jpg


シートは、後方左サイドの通路側。日本の老人率がかなり高かったが、オレの隣はイタリア人のカップル。
関係ないけど、オレの通路挟んで右隣と、前の列窓側に、若い日本人の女子が座っていたのだが、両者とも飲むわ飲むわ。多分オレと変わらないぐらい飲んでた(・∀・)




で、予定より5分ほど遅い、3時ちょうどに出発。

これが今回のお品書き
151104_IMG_8076.jpg


出発から1時間弱で出てきましたよ、「軽食」とやら
チキンかサーモンの2択だったんだけど、さっきの便でサーモンは食ったので、自動的にチキン。
となりのイタリア人も2人ともチキンだった。オレ達3人ともチキン野郎。
151104_IMG_8082.jpg


そして、また朝食
ドバイ時間は10時半だけど、成田はもう夕方だ。
朝の卵料理はもう(略
なので、ジャパニーズ魚料理。
箸で食おうとしたけど、米がつかめなかったので、フォークに。遂に外人になってしまったか…
151104_IMG_8085.jpg


観た映画は、先日劇場でも観た「Mission: Impossible - Rogue Nation」(英語版・字幕なし)
カサブランカに行った後でみるこいつは、違う味が楽しめた。

この機でもWiFiが1ドルだったんだけど、中国上空では使えないという話だったので、そこは熟睡する事に。

ネットが出来る事で、今後機内での過ごし方が良くも悪くも変わってくるかもな〜などと思ってしまいました。


そして、予定より時11分遅い日本時間17時31分に成田到着。


飛行時間9時31間分
飛行距離7980km


総飛行時間35時間10分
総飛行距離26310km

ビール15本ぐらいに、ワイン6本ぐらい。(小さい瓶ね)
睡眠はトータルで8時間ぐらいか。

前回のモロッコ戦で、エミレーツの評価が自分的に下がっていたが、

Wi-Fiが使える


ただそれだけで25ポイントほど評価が上がった。(何ポイント制か分からないけど)
「1USドルで500メガ。以後、オーバーすると0usドル」
って書いてあった気がするけど、それって使い放題って事?
ま、そんなに使い切れないけどね


バルセロナツアー、6日目
昨夜は遅くまで飲んだため、今朝はゆっくり6時半起き…
窓を開けたら、小雨が降っていた。
去年も帰る日だけ降ってたような…
151103_IMG_7994.jpg
でも、傘をさしている人はいないw



いつもの朝食レストランとも、今日でお別れ
151103_IMG_7997.jpg

151103_IMG_7998.jpg


ってことで、今朝もガッツリいきます( ´ ▽ ` )ノ
いつも、朝食には1時間半ぐらいかかる。
151103_IMG_7999.jpg


やっちゃいけない事と知りつつ、ビールを飲みながら荷造りの仕上げ。
151103_IMG_8001.jpg

機材類は昨日のうちに収納。
今朝は、昨日から乾かしていた作業服、その他生活用品、そして、最後にPCと配線、充電機器という順番だ。


全員元気にロビーに集合し、イカれたオヤジの運転する、イカれたタクシーで空港へ。
(リアガラスに映ってるスキンヘッド)
英語はほとんど喋らないが、いい奴だという事は肌で分かる。
151103_IMG_8006.jpg

151103_IMG_8010.jpg



無事に空港に到着。グラシアス!イカれたオヤジ
151103_IMG_8011.jpg


チェックインも無事修了。真面目そうな地上職員さんだった。
151103_IMG_8013.jpg



ここまで、何もかもがスムーズに運んだのは、現地スタッフ・ナオキックさん(中央)のおかげ。本当にありがとう!!
オレの事を「永遠の中2」だと一発で見抜いた眼力はお見事であった。
彼女とはここでお別れ。
151103_IMG_8015.jpg


出国、ニモケンも無事に終え、VIPラウンジへゴー!
151103_IMG_8018.jpg


ラウンジに関しては、また後日。
ここで、今回撮った変な写真などをみんなで送りあったりして、1時間半ほどまったり。
151103_IMG_8022.jpg

151103_IMG_8039.jpg



まずはこいつでドバイへ、7時間ほどの旅。
愛してるぜ、A380
151103_IMG_8044.jpg


離陸が遅れたため、ドバイでは1時間ちょいのトランジット。
とりあえずラウンジで、着替えだけ…
いや、ビールも少し飲んだ
151103_IMG_8066.jpg



そして、今度はこいつで9時間。一気に成田へ!
愛してないぜ、B777
151103_IMG_8070.jpg


飛行機内などについてはまた後日…
ま、楽しい空の旅だったよ( ´ ▽ ` )ノ


とにかく無事に成田に到着!
モロッコの時と同じ航空会社。そして同じトランジット状況だったので、嫌な予感はしてたけど、無事に楽器もスーツケースも降りてきた。
というか、トイレに寄ってからバゲージクライムに行ったら、もうとっくに出てきていた。
反省したのだろう。E社。
151103_IMG_8092.jpg



舞浜、葛西を横目に、ようやく帰宅!!
お疲れ様でした〜( ´ ▽ ` )ノ
151103_IMG_8095.jpg


今回も、これと言ってネタになるような事件はなかったな〜
本当に、色々な人の思いやりや優しさに触れ、心洗われる旅だった。
そして、 SNSなどで冷やかしてくれた皆様、全てに返信し切れないけど、いつも力もらってます。
みんな、本当にありがとう!
Thanks everyone! see you again( ´ ▽ ` )ノ

次は3週間ほどのち、フランスはトゥールーズだ〜!!
バルセロナツアー、5日目
この日は朝早くから、色んな人から色んな依頼がFacebookのmessengerで舞い込む。

まず早朝6時。ドラムのりょーすけくん。

「iPhoneを充電させてください。あと、昨日領さんが行った楽器屋さんを教えてください」

「7時半ぐらいから走りに行くけど、その前だったら大丈夫だよ」
と返信するも、返事なし。
おそらく、もうバッテリー切れちゃったのだろう。

とりあえずほっといて、予定通り朝のバルセロナを走る。

やっぱり、早朝の方が空気が気持ち良い
151102_IMG_7942.jpg

151102_IMG_7943.jpg

151102_IMG_7946.jpg


この街は、結構走っている人を見かける。
151102_IMG_7955.jpg


走り終わってさてシャワーというところで、りょーすけくん現る。
安心してください。履いてますよ。
フロントで小一時間充電してもらったらしい。
とりあえず、簡易充電セットを用意し、楽器屋さんの場所を地図上で説明。行ってらっしゃい。

そしていつものルーティーン。
まず、コーヒーを飲みながら新聞を読み。
151102_IMG_7950.jpg


続いてガッツリブレックファースト。
151102_IMG_7954.jpg


食い終わった頃、ゴマジョンイルより入電あり。

「時間があったら、CDをWAVにrippingしてUSBにどーたらこーたら…」

一体何語を話しているのかわからないので、

「anytime ok」
と答えておいた。
ま、用はCDの曲を吸い出してくれって話だったわけだが…

てか、わしゃ街の電気屋さんかっ!


で、しばし散策&買い物して
151102_IMG_7957.jpg

151102_IMG_7958.jpg


水分補給も怠らず、会場へ。
今回は即本番なので、作業服で集合。
151102_IMG_7960.jpg


到着すると、ステージには現地のお友達バン「Whitenoise」が、ご機嫌に演奏中。
(今度日本にに来るっていうので、よろしくね〜)
151102_IMG_7961.jpg


現地の別ブースにて、ファンミーティング。
151102_IMG_7968.jpg


セッティングしーの
151102_IMG_7973.jpg


本番で松田くんに射殺されーの
151102_IMG_7973.jpg


お友達と再会を楽しむ
151102_IMG_7974.jpg


なぜかフランスのお友達・「NEKO LIGHT ORCHESTRA」のアレックスが客席にいたよ(・∀・)
どうやら事情ありらしい…

そして一旦お宿に戻り、しばし帰り支度。
この作業が一番切ないね〜
151102_IMG_7975.jpg


夜は現地オーガナイザのホセさんのお招きにより、遺跡をそのまま再利用したという高級スペイン料理店へ。
151102_IMG_7982.jpg


シャンパンで乾杯( ´ ▽ ` )ノ
151102_IMG_7983.jpg


巨大パエージャなどをいただき、腹一杯
151102_IMG_7990.jpg


この旅では珍しく、深夜の帰宅となりました。
いや〜良い酒だった…ごちそうさま
151102_IMG_7981.jpg
バルセロナツアー、3日目
さて、いよいよ本番初日である。
朝8時と、早朝からリハのため、7時オープンの朝食会場へと急ぐ。
空はまだこんな感じ。
151101_IMG_7892.jpg


ガッツリ食ってる間に、あっという間に集合時間7時40分。
カードキーが見当たらず、焦ってしまったぜ(´Д`;)
151101_IMG_7895.jpg


会場前の開場は、すでに長蛇の列。
このイベントの規模の大きさがうかがえる。
151101_IMG_7896.jpg



昨年に引き続き、リハ前の自撮り。
151101_IMG_7897.jpg


ちなみに、昨年のはこれ(・∀・)
151101_IMG_2524.jpg



なんとなく楽屋でとった1枚。
このベースの人も今年は見納めか…
151101_IMG_7904.jpg


リハを終え、一旦ホテルに戻り、ジョグ。
朝、走る時間がなかったからね。
カムノウは試合日ではないようだ。
151101_IMG_7912.jpg


本番で脱水症状を起こさないように、水分を補給
151101_IMG_7921.jpg


そして、あっという間に本番終了。
今年も色々トラブルはあったものの、何とか乗り切る。
12204596_699853153447914_1305536383_n.jpg


サイン会には200人を超えるお友達が。
このままいつまでも終わらないかと思ったよ。
151101_IMG_7928.jpg



そして反省会。結構真面目に反省しました。
そして、今日は新メンバー、りょーすけさんの半生を肴に飲みました。半生会?
151101_IMG_7935.jpg


今宵も早めにお宿へ帰ります。
明朝は少しゆっくりだ♪
151101_IMG_7940.jpg
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.