新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

モロッコ旅行記・4日目

東京を出てからどのくらい経ったのか、よくわからんが、現地宿泊2度目の朝。
気候はとても良い。
IMG_6617_150829.jpg



朝食は質素。しかしこれで十分。
ネットが繋がり、新聞を読みながらいただけたら尚良いのだが…
IMG_6618_150829.jpg


13時昼飯、14時サウンドチェックの予定だが、昼飯にあぶれる可能性十分と考え、本日もご当地マック。
今日は、これまで見た事なかった「フィッシュ・スプリーム」なるセットを。
600円ちょっとぐらい。なかなか美味い。
IMG_6620_150829.jpg


ポスターではこうだが、
IMG_6622_150829.jpg


実際がこうなのは万国共通?
IMG_6621_150829.jpg


そして予想通り、13時になっても13時半になっても、13時45分になっても昼食は用意されず、メンバー達は腹ぺこヤングのままサウンドチェックへ。
とは言っても、会場は宿舎から食堂を挟んですぐの場所。
忘れ物をしても3分で帰ってこられるロケーションである。
IMG_6625_150829.jpg


とりあえず、揃っている機材、出せる音からチェックを始め、モニターを決めるまでに何と3時間半。
この国で、音がちゃんと出るだけでオレはかなりハッピーなんだけどね。
しかし、このために40時間かけて移動してきたので、やれる事はやる。


空き時間、明日6時出発5時間の移動に備え、近所のパン屋さんでデカいクロワッサンを2つ買ってみた。
値段聞かずに買ったけど、2個でなんと70円ちょっと。
パンはとても安いんだね。
IMG_6638_150829.jpg





そして、20時スタート予定だったライブは、21時半に始まり、サイン会まで終えたのは23時半。
とても熱狂的なショーとなりました。
IMG_6650_150829.jpg


その後、遅めのディナーでのサリム(現地オーガナイザー)との会話は、日本語にすると大体こんな感じ。


「ねえサリム、もう24時になるけど、本当に明日朝6時に出発するの?」
「もちろんだよ。」
「オレは信じないぞ。何だかんだで7時半だな」
「いや、そんな事はない。6時10分だ。」


…やっぱり6時ジャストではないんだ(・∀・)


モロッコ旅行記・3日目
昨夜、寝る段になって気づいたんだけど、ベッドはそこそこフカフカではあるものの、布団がない。
明け方、寒くて何度か目が覚めた。
しかし、久々のちゃんとした睡眠だったので、疲れはかなり取れました。

朝、あらためて見る宿舎の全景。
真面目な建物だ。
IMG_6571_150828.jpg



朝食。
食べたいと思えるものがほとんどなかった。
パン以外は、スイーツ的なもの。なのでこれだけで良い。
IMG_6574_150828.jpg



昼前、現地スタッフに、スーパーに買い出しに連れていっていただく。
「2時間もあれば街全体を観光出来るけど、どうよ?」
って言われたけど、とりあえず買い物だけで大丈夫だと断った。

が、結果的に、1時間半ほど観光する。
JICAのマスミさんという人と超仲良くなる。
彼についてはいずれまたここで触れるかも。
IMG_6585_150828.jpg

IMG_6579_150828.jpg



前回は、深夜に徘徊しただけだったが、あらためて昼間見ると素敵な町である。
IMG_6588_150828.jpg




しかし、街中では円が両替出来ず、スーパーではアメックスが使えず、JCBが使えず(別のスーパーでは使えるっぽかった)、かろうじてマスターで買い物が出来た。
日本からの非常食に加え、現地調達で、お部屋のデスク周りもだいぶ充実してきた。
IMG_6590_150828.jpg



どうでもいいけど、猫多し。宿舎内はおろか、部屋の中まで入ってこようとする。腹ぺこなのだろう。
IMG_6594_150828.jpg



ランチは午後2時半という事で、その時間に集合したものの、一向に始まる気配がないので、一旦解散し、3時過ぎに集合したが、結局料理が出てきたのは15時半。これが「モロッコ・タイム」。



その後、独りで街を散策。
色んな奴が声をかけてくる。物売り、物乞い、選挙の運動。何を言ってるかさっぱりわからないので、全てガン無視。

風が吹くと心地よいが、基本的には暑い。日差しが強い。

DIZNEY?
IMG_6600_150828.jpg




キックボクシング道場
IMG_6598_150828.jpg



ご当地マックも発見
IMG_6601_150828.jpg

IMG_6602_150828.jpg

IMG_6603_150828.jpg

IMG_6605_150828.jpg


チーズバーガーが日本円で約150円ほど
IMG_6609_150828.jpg


テラス席からの眺めがサイコー!
IMG_6606_150828.jpg


夜はウェルカム・パーティだが、なぜかPAやる羽目に…
IMG_6611_150828.jpg


現地で知り合ったシニア協力隊の方々と繰り広げられるラジオ体操。
「これは何ですか?」
とモロッコ人に尋ねられる。
「日本人なら誰もが知ってるストレッチだ」
と答えておいた。
IMG_6614_150828.jpg


この日はこの後遅めのディナーをいただき、終了〜
決戦は明日!
モロッコ旅行記・2日目
現地時間、早朝3時のドバイは、気温30度ちょい。
もうお別れだと思っていた夏に再会できたようで、ちょっと嬉しい。
IMG_6461_150827.jpg


さて、ここドバイでのミッションは、「ラウンジでシャワー」。
先日書いたプライオリティ・パスで利用できるラウンジは、全6箇所。うち、シャワーが無料なのは、ここ「ドバイ・インターナショナル・ビジネスクラス・ラウンジ」のみ。他は日本円にして1,800円ほど取られるらしい。
IMG_6469_150827.jpg



お湯は若干ぬるいけど、シャンプー類完備でかなりスッキリ。
IMG_6473_150827.jpg


飲み食いもかなり充実。(ラウンジ系はまた後日まとめようと思う)
IMG_6478_150827.jpg


特に、マッシュルームとコンビーフが美味くて、酒が進みます(・∀・)
IMG_6486_150827.jpg



アラブ首長国連邦のコンセントは、これがまた特殊なプラグなんだけど、
IMG_6479_150827.jpg


こんなものを見つけ
IMG_6484_150827.jpg


C型プラグが使えました。
IMG_6485_150827.jpg


もてぃろん、Wi-Fiも快適♪
余裕で3時間過ごせました。



さて、東京(千葉)の空港でもらったこの「ミール・バウチャー」。
トランジットで一定の時間がある人が貰えるらしい。
IMG_6488_150827.jpg



せっかくなので、お腹すいてないけど利用してみる。
チーズバーガーを頼んだら、コーラとポテトとアップルパイが付いてきた。
お腹すいてないってば…
IMG_6491_150827.jpg


朝7時35分発のカサブランカ行きに乗り換え、更に8時間半
IMG_6493_150827.jpg


出発から24時間経った頃にはリビアを超え
IMG_6518_150827.jpg



ようやくカサブランカの空港に到着。
この時点で、家を出てから28時間。しかし!!
IMG_6540_150827.jpg


ここから更に6時間。目的地のタンジェまで、ひたすらアフリカ大陸の高速を走る。
IMG_6543_150827.jpg





36時間後、ようやくたどり着いたタンジェのお宿は、何と学校内の宿舎。
酒持込み禁止、ネット接続不可。
たどり着いた喜びはヘナヘナと消え去り、テンションはバリ下がり…
IMG_6555_150827.jpg


ただ、現地の友人たちとの久々の再会は、素直に嬉しかった。
IMG_6557_150827.jpg


学食で、スタッフのお母さんたちの手作りによる夕食をいただく。
IMG_6556_150827.jpg



と、かなり長くなったけど、それだけこの2日目は長かったということ。
とりあえず40数時間ぶりに「ゴロン」。
おやすみなさい…
ブログが
更新出来ません…(´Д`;)
ネットの環境によるものだろうか。
モロッコ旅行記・1日目
昼、いつものようにラーメンの儀。
しかし、久々にクソ不味いラーメンだったため、日本への未練はゼロとなる。
IMG_6393_150826.jpg



さて、夕刻に家を出て、近所のバス乗り場から成田へ。
ラブタン号で送ってくれるというお話もいただいたのだが、オレが利用しなければこの路線、廃止になってしまいそうで…
というぐらい、いつも銀座まで貸切なんだよね〜
IMG_6398_150826.jpg




成田第二到着。寒い。
IMG_6405_150826.jpg



今年2度目のエミレーツだが、手荷物チェックがやたら厳しくなっている。
機内持ち込みは一人1個、7kgまで。(7.9kgまではOKだとか)
オレのリュックは9kgあったので、MacBookをファイアくんにくれてやる。
IMG_6420_150826.jpg


なんだかんだでチェックインを終えたのは、ゲート集合時刻の1時間ほど前と、結構バタバタではあったが、せっかくなので出国前にラウンジで一杯。
IMG_6422_150826.jpg



夜9時発のドバイ行きエミレーツへと搭乗。
IMG_6429_150826.jpg


お約束のビーサンに履き換え、リラックスタイムへと突入。
IMG_6439_150826.jpg



機内で日付が変わるので、1日目としてはここで終了〜
10時間ちょいのフライトで、5、6時間ほど眠れた。
座席も隣に誰もいない2人掛け席で、超快適だったぜ!

現在、UAEはドバイでラウンジまったり中だが、ここからの続きはまた明日…
モロッコ行ってくる
先々週、オーストラリアから来日したばかりだが、2週間ほどの東京ステイを経て、今日からアフリカ大陸、2度目のモロッコへと旅立つ。

敬虔なイスラム教徒の圏。
最近では、ISにおいて訓練を受け、帰国している現地の若者も多いらしく、いずれテロの可能性もあるということで、わが国では「渡航注意国」となっているらしい。
しかし、現地には本当に我々のライブを楽しみにしていてくれる方々が多く、そんな期待を裏切ることは出来ないので、喜んで行ってくる。
結果、何らかの組織に拉致されたとしても、あくまで自己責任。先方の要求などは一切無視していただいて結構。とあらかじめ宣言しておく。
仮に殺されたとしたら、「R.I.P.」などと、ブログやSNSなどのネタにしていただいて良いです。
しかし、出来ればそれだけではなく、故人であるオレとはどんなつながりであったとか、たとえつながりはなかったとしても、どんな作品が印象に残っているとか、そのぐらいは記していただければ幸いである。

死ぬのは構わないが、酒が飲めない恐れと、ネット難民になる恐れがあり、それだけが怖い…
フォーミュラE



一昨日ぐらいのニュースで、六本木でデモ走行が行われたらしい事を知った。
電気のF1ことフォーミュラE。F1と同じ「FIA」が運営する、れっきとした公式レーシング大会なのである。
もうそろそろガソリンを撒き散らすことに命をかけるレースは終わりにしてもいいかな〜と、個人的には思っている。
F1のあの爆音もいいんだけど、フォーミュラEのラジコンカーみたいな音もなかなかカワイイではないですか(・∀・)

昨年あたりから正式に開催され、今シーズンは来月、北京からスタートするらしいが、是非お台場あたりでも開催してほしいものである。
夏のNAONのYAON終了〜
今回も、主に譜面係として携わらせてもらいましたよ。
通常、譜面はWindowsXPの入ってるデスクトップ機で作成する。
長年これでやってきたのでバージョン的に一番使いやすいのと、画面が大きいので作業しやすい、というのが主な理由。
そして、突然
「やっぱりこの曲、半音下げで」
なんて話になっても、ちょっとした手間で、キーチェンジが出来るのも便利。

なのだが、今回はそんな作業期間にシドニーツアーが挟まってしまい、一部の譜面はiPadで手書き。
ま、曲をパッと聞いてどんどん書き込んで行けばいい、という意味ではPC使うより全然早いんだけど、案の定
「Emで書いてもらいましたが、やっぱりAmでお願いします」
などと言うメールが突然やってきて、シドニーの楽屋であわてて作業する、などと言う場面も。
この場合、全面書き直しという事になる。

にしても、やっぱり便利な時代だよね。
南半球にいながら、手書きの譜面がPDFで一瞬で送れる上に、上記のようなやり取りがリアルタイムで行えるんだから。

IMG_6134_150824.jpg

初めての一人旅

この夏、SNSなどで「一人旅してます」とか、「子供に一人旅させてます」とか、「兄弟だけで旅に行かせてます」などという書き込みをたくさんお見かけした。
「かわいい子には旅をさせろ」とはよく言ったもので、うちの次男も先日、四国へと旅していた。

さて、ここで自分の旅を振り返ってみる。
初めての一人旅は、小1の京都。
ま、一人旅と言っても、行き帰りの新幹線が一人だったというだけで、あとは親戚の家を回ったりしていただけだが、それでも今思えば、よく親が出してくれたものだと思う。

そして、次に記憶があるのが、(一人旅ではないが)中一終了時の春休み、そして中学卒業時の高知への旅。
後にA-JARIで共にデビューする伊藤信雄さんとの二人旅。

当時の高知はとても遠くて、岡山まで新幹線、そこから宇野までローカル電車、宇野から高松まではフェリー、さらに高松から高知までまた土讃線で5時間と、ほぼ片道1日かけての移動であった。

特に、中一終了時の回は、季節ハズレの嵐に巻き込まれて新幹線に閉じ込められ、そのまま中学の始業式に向かった憶え。
【映画】ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
IMG_6368_150823.jpg

午後からはにゃおんのニャオンだったんだけど、その前に午前中、息子と一緒に観に行ってきました。
安定のトムクル作品。常に新しい要素を取り込みつつも、これまでのお約束も忘れない。
IMFがCIAやMI6、英国やオーストリアの首相まで巻き込んで、それはもう大騒ぎ。練りに練ったストーリーと演出。
そして、本人によるスタント、カーアクション、バイクアクションも大拍手もの。
ヒースロー空港など、これまで行った場所や、カサブランカなど、これから行く場所などがロケ地となっており、そういう意味でも相当楽しめた。

予告ではあの「キングスマン」が、いよいよわが国でも9月に上映される事を知り、さらに楽しみが増した。
セブンのコーヒー、リベンジの朝
 ここ数日、にゃおんのニャオン的なイベントのリハだったんだけど、そのスタジオがソーファーラウェイ。
下手したら車で片道2時間ほどかかるというど田舎郊外。
ま、おかげでシドニーツアーのため滞っていた連ドラの録画もだいぶ消化できたんだけどね。
せっかくの長旅なので、どうせなら朝のコーヒーなど楽しみながら移動したい。
しかし昨日、ホットコーヒーのレギュラーを注文しながら、アイスコーヒーのレギュラーのボタンを押してしまうという凡ミス。
出てくる物はほぼ同じなんだけど、量が極端に少ないという、残念な結果に。
ま、過去にはカップを入れずにボタンを押してしまうという、さらに悲惨な事故を起こしてしまい、それに比べればマシな方だが、本日はそのリベンジを果たす。
やっぱ美味いわ〜セブンのコーヒー。
これだけで、ロングドライブの気分も上がるってなもの。

さ、本番は日曜日。天気も大丈夫そうだ!!
というか、このイベントにおけるオレの仕事は今日で終わりかw
本番はビールでも飲みながら、のんびりと楽しもう( ´ ▽ ` )ノ
IMG_6338_150821.jpg

iPhoneでFF7
遂に出てしまった。ファイナルファンタジー7のiOS版。恐ろしいことですw
基本、スマホでゲームはしないのだが、こいつは別物。
ソッコーでダウンロードしてしまいました。1,800円で…
毎月、産経新聞アプリに1,500円払ってることを考えれば安い物。
ましてや、プレステ時代にこのソフトが一体いくらしたことか。

これで、この先のワールドツアー、機内廃人確定か(´Д`;)

IMG_6333_150820.jpg
夏のNAON
150819_IMG_6327.jpg


今年は夏もやります。「NAONのYAON」。
リハーサルもスタートしており、熱いですw
しかし、台風がこっちに向かっているという話もあり、一体どうなってしまうのか!!
本番は23日(日)。楽しみですね〜(・∀・)

明日も朝から晩までリハです…
機内関係まとめ2015シドニー編(羽田〜バンコク〜シドニー/タイ航空)
今回のシドニーツアーは、タイ航空でバンコク経由。
時差はあまりない国ながら、結構な長旅であった。
それではタイ航空まとめ、行ってみよう!

まずは羽田発バンコク行き、TG683
機体はB747-400
1分遅れの10:36出発。
01_IMG_5986.jpg


機内はこんな感じ。
02_IMG_5988.jpg

03_IMG_5989.jpg

一応コンセントとUSB充電器がついているのだが、これが使えたり使えなかったり。
結局どの機体もそんな感じだった。
04_IMG_5991.jpg


離陸40分後、おつまみとビール。
05_IMG_5992.jpg



そして離陸1時間半後のちょうど日本時間12:00、ランチ。
ポークカレーとチキンからチキンをチョイス
ついでに白ワインとビールお代わり
06_IMG_5996.jpg


到着1時間前、バンコク時間の13:40、アイス
07_IMG_6002.jpg



バンコクに到着したのは予定より15分早い、現地時間14:50
暑いが、東京より若干マシ?
飛行時間6時間14分
飛行距離4588km

07_3_IMG_6003


5時間弱のトランジットののち、シドニー行きのTG475は、同じ747-400

08_IMG_6032.jpg



機内はこんな感じ。
羽田から乗ったやつと同じ機体だが、微妙に仕様が違う。
若干2名ほど目つきの悪い日本人がいるが、気にしない。
09_IMG_6034.jpg

10_IMG_6035.jpg


予定より20分ほど遅れ、19:39出発。

およそ40分後、最初のビール
11_IMG_6041.jpg


その40分後、ディナー。
ビーフとチキンからチキンをチョイス
どうやらカレーのようだ。辛い。しかし美味い。
イカのサラダが、パクチーが効いてて美味い。
米が臭くて美味い。
とにかく美味い。
12_IMG_6043.jpg


さて、到着はシドニー時間の朝7時過ぎの予定。
今ここで眠っておかなければ、明日1日辛いことになる。
ということで、朝食は諦め、マジ寝する。

予定より6分ほど早い、現地時間7:14、シドニー着。
寒い…
飛行時間8時間35分
飛行距離7515km




さて、帰り。
シドニー発TG476は、予定より20分ほど遅れ、10:19出発。
機体はおなじみの747-400。もう飽きたw
14_MG_6206.jpg



機内。
15_IMG_6224.jpg

16_IMG_6226.jpg


出発からおよそ1時間。ようやく最初のビールとおつまみ
17_IMG_6228.jpg


その1時間後、ランチ
チキンとビーフからビーフをチョイス。
20150810105718.jpg




さらにその3時間後、(まだ腹減ってないけど)軽食のチキンヌードル
バンコクに着くのがその4時間後ぐらいだから、もう少し食事の時間を考えてくれてもw
18_IMG_6239.jpg

ま、飲み続けてるうちにバンコクに着きました。
予定より15分ほど遅れ、現地時間16:34。暑いw
19_IMG_6240.jpg


飛行時間9時間15分
飛行距離7515km


さて、6時間半近いトランジットを楽しみ、最後のTG682
機体は747-400(ダメな方)
20_IMG_6280.jpg



機内はこう。超満員。
なぜか隣に五十嵐公太が座っている。(我々のツアーでは、メンバー同士が隣り合うことは珍しい)
21_IMG_6282.jpg

22_IMG_6283.jpg



2分遅れ22:47に出発。
その約30分後、軽食のサンドイッチ
23_IMG_6285.jpg


日本到着は早朝なので、翌日の事を考え、ガッツリと寝る。
が、朝食前に目覚めた(・∀・)


日本時間05:20
オムレツか焼うどんかで迷わす焼うどん
もう朝のオムレツは飽きたので…
24_IMG_6287.jpg


そして、予定より20分ぐらい早い、早朝6:37、羽田に到着!
飛行時間5時間50分
飛行距離4588km
24_IMG_6293.jpg


今回の総飛行時間は29時間54分
総飛行距離は24266km

お疲れ様でした〜!…と今回はここで終わらない。

これまで、飛行機まとめは、主に機体と機内、機内食などを中心に書いてきたが、航空会社を選ぶにあたっては、他にもいろいろな要素を鑑みるべきであろう。

例えば、機内エンターテインメントやマイレージ、そしてサイトの使い勝手など。

タイ航空の場合、エンターテインメントの種類は豊富だが、日本語に対応してるのは映画4〜5本ぐらい。
これを事前に調べようと、サイトに行ってみると、そのエンターテインメントの紹介が最悪。
ただでさえリストではなく、ダイジェスト動画で見辛い上、8月になっても「7月のエンターテインメント情報」のまま。
これはダメでしょう。
座席の事前指定などはかなりいい感じなので、改善してほしいところである。
あと、iPhoneアプリもあったので、なんとなくインストールしてみたけど、ほとんど使えないw

マイルに関しては、スタアラなので問題無し。

あと、CAさんのコスチュームはとてもステキ♪

以上、長くなったけど、タイ国際航空シドニー往復のまとめでした。
巨匠・伊東アキラ
昨日書いた松本ちえこ「恋人試験」の作詞者である。
恐れながら、今更wikiで色々知ったが、どうやらワタシたち世代にとっては神のような作詞家先生のようである。

歌謡曲にはそれほど多く作品を提供していないようだが、それでも「かもめが翔んだ日」「たとえば、たとえば」などの渡辺真知子さんの名曲をはじめ、石野真子ちゃんの「春ラララ」やフォーリーブスの「ブルドッグ」など、かなりインパクトの強い作品を残している。

そして「南の島のハメハメハ大王」「ホホホ」などのキッズソング、さらに「ラムのラブソング」「夜霧のハニー」などのアニソン。
そして特筆すべきはCMソング

「日立の樹」「ぱっとサイデリア」「ラッパ1発」「青雲」「ポン酢醤油」「かっぱえびせん」「ホテル三日月」など、挙げるとキリがないほどの作品群。
どれも、一度聞いたら忘れられないようなフレーズばかりである。ま、メロディもすごいんだけど。

そしてこれらは、少年・藤尾領の脳内に明らかに何かを残している。はず。
ワタシはこの人に育てられたと言っても過言ではないのかもしれない。



65点の人

何故かは全くわからない。全くわからないが、バンコクのスワンナプーム空港のラウンジでボ〜〜〜〜っとしてたら、急に小学生の頃に聴いたことのある曲が浮かんできた。
タイトルとか歌ってる人とかまでは覚えてなかったのでぐぐってみたら、ヒットしました。本当に便利な時代だ。

「恋人試験」松本ちえこ



当時は何気なく聴き流してたけど、この詞のセンスって物凄くないすか?
40年という歳月をかけて、心に沁みて来たよ、
これぞまさしくプロフェッショナルの作品だな〜


私の一番かわいいとこ どこですか
次のうちからひとつに マルつけて
耳 くちびる ちいさな瞳
胸 くびすじ まあるいお鼻
私と一緒に行きたいとこ どこですか
ひとつ選んで その理由をのべよ
山 みずうみ 田舎の牧場
広場 スナック 夜更けのディスコ
0点なんかじゃ許さない
100点とるひと大嫌い
知っているのに ワザとまちがえる
六五点の ひとが好き 好き 好き

私の一番好きな言葉なんですか
次のうちからひとつに マルつけて
夢 おもいで あしたの希望
愛 ふるさと 孤独の時間
私が現在やりたいこと なんですか
ひとつ選んで その理由をのべよ
歌 いねむり ふたりのテニス
お茶 生け花 ちょっぴりお酒
0点なんかじゃ許さない
100点とるひと大嫌い
知っているのに ワザとまちがえる
六五点の ひとが好き 好き 好き


同時期、たぶんご本人だと思うんだけど、この曲とそっくりなCMソングもあった。
大人の事情で、同じ曲は使えなかったのかな?



空港ラウンジ探訪 初回スペシャル「スワンナプーム」
各国の国際空港には、大概「VIPラウンジ」というものが存在する。
基本的には、それぞれの航空会社で、ファーストクラスなどを利用している貴族だけが使用できる、幻の空間である。
全世界120ヶ国、400都市、700箇所以上のそんな空間を、カード一枚で庶民でも利用できるのが「プライオリティ・パス」。

年会費99米ドル、ラウンジ一回27米ドルで使えるスタンダード会員。
年会費249米ドルに、ラウンジ10回利用権(それ以降一回27米ドル)が付いているのがスタンダード・プラス会員。
そして、年会費399ドルでラウンジ使い放題のプレステージ会員と、それぞれコースがあるのだが、クレジットカードの特典でこのカードをゲットする事もできるようで、とりあえず何だかプレステージ会員になる事が出来た。

ので、早速バンコク、スワンナプーム空港の4〜5箇所あるうち、「シャワーが使える」ラウンジを利用してみた。>CIPラウンジというところ。
10_IMG_6013.jpg


真夏の羽田から真夏のバンコクまで6時間ちょい。
ここはまずシャワーでしょ。
普通に快適そうな空間。
11_IMG_6020.jpg




バスタオル×2と歯ブラシがあった。
12_IMG_6021.jpg


スタンダードな感じのシャワー。
13_IMG_6022.jpg


ボディソープとシャンプあり。
空港内は涼しいので、日本からの汗とはここでお別れ。
14_.jpg


着替えも済ませ、あとは飲み食い。
品揃えはこんな感じ。
15_IMG_6014.jpg

16_IMG_6015.jpg

17_IMG_6016.jpg

18_IMG_6017.jpg

19_IMG_6018.jpg


もちろん、食べ放題、飲み放題だが、そこは程々にというのが上品旅人。
旅の恥など決してかき捨ててはいけない。

もちろん、ネットも無料です。
22_IMG_6024.jpg



全体の空間はこんな感じ。
20_IMG_6026.jpg
21_IMG_6027.jpg



今年もまだまだ、トランジットも含めるとたくさんの空港を利用する事になるので、この先も重宝です。プライオリティ・パス。

ただし、日本国内ではあまり…という噂も。
次回はドバイとカサブランカの空港をリポートする予定です。お楽しみに( ´ ▽ ` )ノ
オーストラリア経済の現在
前回も、日本でいうお盆時期にお邪魔したシドニー。
程よく涼しくて、過ごし易かった。
今回は程よくというよりも、やや寒かった気がした。
そして、何よりも物価の上昇。懐も寒く…
ビールが1本3〜5ドル。体感的には2年前の倍ぐらい。日本の1.5倍ぐらい?
いわく、地元の人の賃金も大幅に上がっているらしい。アボトミクス?
地元にとってはきっと喜ばしい事なのであろう。

帰りも、早朝から高速道路が渋滞していた。
経済的には賑わっているようだ。
ここ数ヶ国周った中では、かなり国に勢いを感じた。
投資に興味がある方は是非買いで(・∀・)
IMG_6186_150814.jpg
100円パンツ

今回のシドニーの旅、直行便ではなく、東京→バンコク(6時間半)、バンコク→シドニー(9時間半)みたいな移動だったので、途中のバンコクで、行き帰りともシャワーを浴びたかった。
シャワーを浴びたら、当然着替えたいが、手荷物をあまり増やしたくない。
世の中には、使い捨て紙パンツなんてものがあって、3枚500円ちょいで売られている。
しかしちょっと待ってほしい。
その値段で、そのような恥ずかしいものを履くぐらいなら、100均で普通のものが買えるのではないか?
そう考え探してみると、普通にあります。100円パンツ。そして靴下も。

という事で、これを行き帰り分購入し、早速行きのバンコクで脱ぎ捨ててみたものの、何故だか捨てられなかった。
結局、そのままシドニーまで持って行き、洗濯し、帰りにもまた使用。
帰り分に買ったものに関しては、開封さえせず、そのまま持って帰ってきた。
ほんの数十グラム減らすために、そんな勿体無い事をしてはいけないのだな〜と反省。

IMG_6310_150814.jpg
シドニー旅日記(6日目)
さて、夜のバンコク、日本時間深夜の便は6時間ほどで東京へ。
FIREさんが言ってた。
「1週間で2度の徹夜はそろそろ辛いですよね〜w」
ま、徹夜というほどではないが、この旅は3泊6日。つまり、機内2泊。それぞれ3時間も眠れるかどうかというところ。
確かに、1週間で2日も「ゴロン」できない日があったら、オレは大丈夫でも、五十嵐公太あたりはそろそろ干からびて死んでしまうかもしれない。
ともあれ、火曜日の早朝、飛行機は羽田に無事降り立つ。
82_IMG_6293.jpg



長蛇の入国列を横目に、「自動化ゲート」で10秒で入国。
83_IMG_6295.jpg


なんか名指しで呼び出されたかと思ったら、
84_IMG_6297.jpg


楽器が到着しているとの事だった。ありがとうございます。
85_IMG_6296.jpg



さて、今回はカード会社のサービスの一環である「スーツケースご自宅お届けサービス」を利用してみる。
どうやら、最速で本日18時に届くらしい。
86_IMG_6298.jpg


さて、乗り継ぎとか面倒くさいし、今日は特にやらなきゃならないこともない(この時点ではそうだった)ので、地元直通のバスを3時間ほど待つことにする。

バス待ち3時間とか、どこのクソ田舎だよw
という気もするが、基本的に空港は大好きなので、全然oK。

国際ハブ空港を目指す割には、早朝に空いている店も少なく、とりあえず寿司屋さんへ。
おつまみなんかも充実していて、充分過ごせました。
87_IMG_6301.jpg



3時間後、ようやくバスが来た。しかし時刻はまだ朝10時(・∀・)
本日の時間は、とてもゆったり♪
こんな日があってもいいね〜
88_IMG_6302.jpg



さて、無事帰国した後は、地元のビーチでゆっくりと読書など…
3泊6日で、真夏→真冬→真夏という、そこそこ過酷なツアーは、これにて終了|( ´ ▽ ` )ノ
89_IMG_6304.jpg
シドニー旅日記(5日目)
さて、帰国の朝。
目覚ましよりも早く、5時過ぎに起床。荷造りの仕上げ。
41_IMG_6195.jpg

ある程度目処がついたところで、残ったアルコールの消費。
ワインとビールのカクテル?
54_IMG_6197.jpg



6時半にエスティマのタクシーがお迎えに。
時間通りに来てくれるのが、海外では奇跡にさえ感じる。
42_IMG_6198.jpg


運転士さんは、綺麗な白髪の紳士。
積み込みも、道のセレクトもプロフェッショナルでした。ありがとう( ´ ▽ ` )ノ
43_IMG_6199.jpg


空港にも超余裕で間に合い、チェックイン。
この辺りの流れはいつも通り。今回も特に異変の匂いはしない(・∀・)
44_IMG_6200.jpg


ギターとFIREのベースは、自らの手で「オーバーサイズラゲッジ」のカートに収納。
知らない人にぶん投げられるよりは、この方が安心♪
45_IMG_6201.jpg


ところが、だ。この後が大変。
出国ゲートに向かうと、そこは長蛇の列。
46_IMG_6204.jpg


並べど並べど入れない。
そりゃそうだ。全部で入り口が2つしかない。完全なるボトルネック。
結果的に、搭乗ゲートに着いたのは、ギリギリの時刻。
これでは、観光客はお金を落とす時間もない。空港整備の失策だと言えよう。


ようやく出国手続き、およびニモケン(手荷物検査)をクリア!
47_IMG_6205.jpg


なぜか、ビールを飲む時間はあった(・∀・)
さて、こいつに乗ってバンコクまで、約9時間半の旅。
48_IMG_6207.jpg

タイ航空、いまひとつ機内エンタメが充実していないので、録画したドラマ等と消化し、食事を2食いただき、隣のお姉ちゃんとのコミュニケーションを堪能した後、バンコク時間17時、(シドニー時間20時、日本時間18時)、バンコクに到着。
49_IMG_6242.jpg



ここからは三々五々。ワタシは出国手続きを済ませ、電車でバンコク中心部へ。
真冬から熱帯へ。このギャップが楽しい。
50_IMG_6249.jpg


バンコク市内は常にエキサイティング!
軽く2時間ほどビールを呑みに行き、後ろ髪を引かれながら空港へ戻る。
51_IMG_6252.jpg


ラウンジでシャワーを浴び、軽く食事とお酒を楽しんだ後、今度は東京まで6時間半の旅へ。
52_IMG_6277.jpg



こいつで離陸したのは、日本時間の25時前。つまり、ここで5日目は終了。
53_IMG_6280.jpg


到着予定は日本時間の7時前なので、ここで睡眠を取るしかない!!
って事で、お休みなさい…
シドニー旅日記(4日目)


ようやく果たせた朝ラン。
気温5度と、耳がちぎれそうな気候だが、とても気持ち良く走れました。
21_IMG_6180.jpg

22_IMG_6182.jpg


2度目にして最後となるホテル朝食。明日はとっても早いので…
23_IMG_6183.jpg


さて、問題はこの後なんだけど、普通に本番を大成功して、普通に美味しいお酒を飲んだぐらいで、全く特記すべき事はないんだよね…申し訳ないけどw

って事で、今回泊まったホテルのお話しを少々。

初日にも書いたが、ホテルには食洗機や電子レンジ、電気ケトルなど完備のキッチンや、乾燥機付き洗濯機(洗剤も完備)などがあり、超快適。
ただし、洗濯乾燥機の使い方が全くわからなかったので、まずは備え付けのバスタオルなどを洗濯乾燥してみた(・∀・)
で、問題なかったので、洋服洗いまくり。
本当に過ごしやすいホテルである。

カーテンが、カーテンレールごと落下したことを除いては…
31_IMG_6130.jpg


そう、初日の夕方、そろそろ暗くなってきたので、開閉用の紐を軽く引っ張ったら、もの凄い勢いで、落下してきたのである。

これは、一昨年のマレーシア「冷蔵庫開けたらワインが滑り落ちて来て割れてしまったでござるの巻」
32_IMG_0447.jpg


今年5月のナポリ「部屋のデスクにUSB充電器を忘れてきてしまったでござるの巻」
33_IMG_0449.jpg


同じく今年5月「スーツケース買ったので、古いやつをなんとか捨てられないでござるか?でござるの巻」
34_IMG_0448.jpg


に続き、またしても筆談inフロントか、と、とりあえずこのような絵を描く。
35_IMG_0450.jpg


で、フロントの綺麗なお姉さんに、まずは口頭で説明してみる。
すると、
「あら、落っこちてしまったのね?すぐに直すわ。部屋番号は?」
と、絵を見せることもなく、あっさり解決。

まもなく、おじさんが来て、直してくれた。
36_IMG_6135.jpg


おじさんの忘れ物。
37_IMG_6144.jpg


様々な出会いを胸に、旅はまだまだ続く…
シドニー旅日記(3日目)
さて、現地スタッフの提案を結果的に受け入れる形になり、今朝は8時半からリハーサル。
7時の朝食前に少し走りたかったが、昨日の疲れからか、目覚めたら6時半。
8月8日に8度とは、こいつは朝から縁起がいいや。
01_IMG_6127.jpg


あ、今日は長男の誕生日じゃないか!おめでとう、長男!

ということで、本日のRUNは諦め、栄養補給。
02_IMG_6129.jpg



さて、ここからまた波乱の…と書きたかったが(?)、何とリハーサルも何事もなく終了。
03_IMG_6133.jpg


競馬場のVIPルームである楽屋も超快適で
04_IMG_6138.jpg


本番もあっさり大成功…
05_11828756_1019470688084536_7384709691689332020_n.jpg


終演後のサイン会に至っては、写真すら撮っていないというネタの無さ。

なので、昨日こっそり行ったご当地マックのお話を。

ホテルから5分ほど歩いた場所に、マックを発見したので、ちょっとした時間に行ってみた。特に腹も減ってなかったけど。

前回のシドニーでは、ショッピングモールにあるフードコート内のマックを利用したのだが、今回は街中にあるドライブスルーなどある店舗。
06_IMG_6152.jpg

07_IMG_6153.jpg



海外にありがちな、タッチパネル式のオーダーマシーンで、じっくり選ぼうと思っていたら、高校生ぐらいの店員が御用聞きにやってきた。
どうやら、それ専門のアルバイトらしい。

「何をお召し上がりになりますか?」
仕方ないので
「おすすめは何?」
と聞いたら、変な巻物的なものを勧められたので
「いやいや、ハンバーガーが食いたくて来たのだ」
「じゃ、これなんかはどう?」
「いやいやいや、それはサンドイッチじゃないか。ハンバーガーだハンバーガー。それも小ちゃいやつが良い」
「じゃ、これ?」

結局勧められたのは、普通のチーズバーガー。ま、大概どこ行ってもチーズバーガー頼んでるわけだし、最初からそれでいいのだ。
単品で2.6ドル(260円)、セットで4.95ドル(495円)。
豪州の物価もだいぶ上がって来ている。

で、タッチパネルでセットを注文し、レシートを持ってレジへ。
オレ以外、誰もいないのに、出てくるまで5分以上かかるが、これは日本がせっかちなだけであって、普通はこのように、じっくりと作るのであろう。
などと思うことにしたが、部屋に持ち帰って開けてみると、チーズバーガーもポテトもシナシナ。
なんで作り置きしておいたものを出すのに、そんなに時間かけるんだw
08_IMG_6105.jpg


という、ここ独特のチーズバーガーを味わうことが出来ました。

というお話でした。

あ、本番後はとても美味しいお酒をいただきましたよ。
09_IMG_6165.jpg


さて、明日も本番♪

(続く)
シドニー旅日記(2日目)
長く乗っている割には、東京との時差は1時間というシドニー。
予定では、到着は現地時間の朝7時半。日本は6時半。
ここで寝ておかないと辛いので、朝飯はパスして、とにかく睡眠優先である。

計画通り、3時間ほど熟睡し、早朝7時過ぎに真冬のシドニー到着。寒いw
00_IMG_6045.jpg



革ジャン着ても寒い
クソ暑い東京が懐かしいぜ(・∀・)
01-IMG_6055.jpg


電車に乗り継ぎ、お宿へ向かう。
02_IMG_6057.jpg



お宿到着は11時。
03-02IMG_6069.jpg


まだチェックインができないので、荷物を預け
03_IMG_6083.jpg



とりあえず明日の会場である競馬場へ。
04_IMG_6072.jpg


控え室はここのVIPルーム。ここで14時まで休憩。
05_IMG_6074.jpg


そして充電。
06_IMG_6081.jpg


ようやくお部屋へ。こいつがなかなか快適。
07_IMG_6089.jpg


洗濯機も
08_IMG_6172.jpg


調理場も完備。暮らせる。
11_IMG_6176.jpg



さて、そんな事より問題はこの後
ホテルと会場は隣接しており、16時スタートのリハに向かうには、15時半にロビー集合で良いだろうという事になったが、15時に集合してもスタッフはおらず。
ほどなく連絡が入り
「リハが押して(遅れて)いるので、16時半スタートでお願いします」
という事になる。
「面倒だからもう向かっちゃって、向こうで待つ?」
なんて意見も出たが、とりあえずお部屋に戻り、更にもう一杯もう一休みし、(これは正解だった)最集合して会場へ。

ところが、様子がおかしい。
楽器も組まれておらず、何かコスプレさんの小芝居のリハなどが行われている。

それが終わったのが16時半。そこから楽器を組み始めたが、何かがおかしい…
そう、マイク類が一切ないのだ。
17時過ぎ、スタッフが
「提案があるんだけど、今日のリハやめて、明日の朝にしないか?」

そう、これが海外クオリティ。
もちろん、バンマスのゴマ夫さんは一歩も引かない。
他のメンバーは
「あるある(・∀・)」
みたいなスタンス。

再びお宿に帰り、もう一杯もう一休み。
10_IMG_6121.jpg


18時15分に集合し、18時半、リハスタート!!
って事になり、18時15分にロビーに行こうと思った直前

「やっぱ19時15分集合で(・∀・)」

はいはい、もう大丈夫です。

結局20時を過ぎても音を出す事さえもできず、先ほどの提案通り、翌朝のリハーサルとなりました。

7時にシドニーに降り立った意味など考えても、おそらく何も生まれない。
ここは気分を切り替えて、明日に備えるのが一番。
ま、海外公演ではよくある事〜( ´ ▽ ` )ノ

サクッと飲んで寝ました。
2日目、とりあえず「到着」しただけで終了〜

(続く)
シドニー旅日記(1日目)
真夏の東京から真冬のシドニーへ。
早朝のリムジンバスで羽田に向かいます。
IMG_5971_150806.jpg


30分ほどで羽田空港国際線ターミナルに到着。
IMG_5976_150806.jpg


順調にチェックイン、かと思いきや…

「ビザもなしにオーストラリアに入国できるわけねえだろ」
と、いきなりきゃりぱみゅ似の地上係員に罵られ、一悶着。
IMG_5979_150806.jpg


結局、オンラインで請求して事なきを得るものの、HP10ポイント失う。

乗ってみれば、6時間ほどで、経由地バンコクに到着。
機内関係はまた後日まとめる。
東南アジアであるバンコク市内は、気温32度と、若干東京よりも涼しいぐらい?
IMG_6004_150806.jpg


さて、今回のオレ的目玉はこの「ファーストクラス・ラウンジ」
(乗ってる席はエコノミーだけれども…)
IMG_6009_150806.jpg


とにかく快適だわさ。
シャワー浴び放題。
IMG_6020_150806.jpg

飯食い放題。
IMG_6014_150806.jpg

そして酒飲み放題
IMG_6017_150806.jpg


しかしそこは、大和撫子の慎ましやかさで、ほどほどにw

当然、WiFiも使い放題。
基本、2時間という制限があるのだが、特に2時間経ったから出て行けと言われるわけでもない。大和撫子の慎ましやかさで、ほどほどに。

日が暮れて、搭乗時間となり、今度はここから更に9時間の空の旅。
IMG_6032_150806.jpg



晩飯を食い、映画をテキトーに観て(あまりこれというのがない)、浅い眠りについたあたりで日付が変わり、この後訪れる怒涛の展開も知らぬまま、1日目終了〜
ちょっと南半球行ってくる
猛暑が続く今日この頃、真冬のシドニーに向かいます。バンコク経由でほぼ丸一日のフライト。

前回は「ワラビー通り・Pシャーマン」の捜索と、ワニ、カンガルーの肉を食うという目的は果たせたので、今回は何しよう…
帰りはスワンナプームで6時間半のトランジットなので、バンコク市内にも足を運んでみようと思う。

ってことで、行ってきますよっと( ´ ▽ ` )ノ
IMG_5982_150806.jpg
iPhoneレビュー・その75「Plugs」
さて、明日はオーストラリアへ向けて旅立つ。
オーストラリアの電源プラグはO型。既に準備万端。
と、荷造りの途中で気づく。

「そういえばバンコクでトランジットだったな。ん?往きが4時間、帰りが6時間?」

こうなると、当然バンコクでもiPhoneやMacの充電活動が必要になってくるだろう。さて、タイの電源は…

こんな時、いちいちPCを立ち上げてぐぐる、なんてのも面倒臭い。
そんな時にこのアプリ(・∀・)
一目でプラグのタイプと電圧がわかります。

例に挙げたのはとてもレアケースだけど、ま、無料なので、入れておいて損はないかな、というアプリです。
IMG_5961_150805.jpg
OKサイン
日本でよく使われる、人差し指と親指で丸を作る、いわゆる「OKサイン」。
ところが、これが「OK」なのは日本ぐらいなもので、海外では侮辱的だったり、国によってはとても卑猥なハンドサインとなるので、できれば普段から習慣として使わないようにしておくのが無難である。
ではどうするか?
基本的にはサムズアップ、つまり親指を立てて「オッケー!」、「ぐっじょぶ」、「ナイス!」。
ただし、これがまた侮辱的な意味となるのが、ギリシャと中東。特に中東では、中指を立てるのと同じ意味になるらしい。
ま、中東はともかくとして、ギリシャではピースサインでさえ、人を侮辱する意味があるなど、色々と面倒臭いハンドサインが多い。古代から片手だけで人を侮辱する文化が発達してきたのであろう。
20150804.jpg


ひとまず、近々に行くのはオーストラリアとモロッコ。
何がタブーなのか、再度学習しておかなければ…
【書籍】問題な日本語

何となく図書館で借りてきた本。
タイトルからして「ん?」という感じでしょ?それが狙いなんだと思うけど。
「問題の写真」などという使い方ではなく「問題な」と、「な形容詞に」してしまうような使い方が昨今、一般的になりつつある。
そんな「問題な」日本語を集め、解説した本。
「こちら和風セットに『なります』」
「ご注文は以上で『よろしかったでしょうか?』

などから
「わたし的にはOKです」
などと、日本語としてはもはやアウトなのではないかというような言葉まで。
暇つぶしに読むにはぴったりな本。

それはそうと、先日テレビを観てたら、月9で主人公が
「全然違くて…」
みたいな台詞を言わされててビックリしたのだが、数日もしないうちに、たまたま流れてた歌番組で、トータルテンボススキマスイッチさんが
「何もかもが違く見えた〜」
などと歌っていて、2度ビックリ!

聞けばそこそこのヒットソングらしいが、スタッフをはじめ周りの誰も指摘しないんだろか?

ファミマコレクション「汁なし担々麺」


セブン信者です。いつの間にか、セブン以外のPB商品のレベルが上がってきてるのは、他ならぬセブンのおかげだと思ってます。

という事で、今回ご紹介するのはこの「汁なし担々麺」。
IMG_5941_150802.jpg


レンジで7分温めるだけで、かなり本格的な仕上がり。
IMG_5944_150802.jpg


袋ごと温めた後「火傷をしないように」袋から出して皿に盛れと書いてあるのだが、「火傷をしないため」の工夫があると嬉しい。
今のところは「ただの袋」なので、非常にアツいw

よーく混ぜた後に「花椒入り唐辛子」とやらの粉末をかけて仕上げるのだが、これのかけ具合で全体の辛さを調節できる、というもの。
ちなみに全部かけると、口の中がやや痺れるレベル。
しかし、昨日のアレとは違い、辛さの向こうに、しっかりとした味わいを感じられる。
248円ぐらい。オススメです。
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.