新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

トヨタのPV
最近公開されたこのPV、何か好き♪
街中で展開される野球の勝負、ってのは他にもどこかで観たシチュエーションなんだけど、出演している女子たちのフォームがやたら様になってたり、何気にウォーレン・クロマティが出演してたり、遊び心満載なんだ。
そのうち公開されるであろうメイキングも楽しみ。
しかし、いつの間に開幕してたんだ?日本プロ野球…w
150331.jpg


http://dkwt.toyota.jp/gs/?adid=ag198.TWT.PTW.20150327&padid=ag198.TWT.PTW.20150327&wapr=5518f028
羽田空港へのアクセス
今回、自宅と羽田空港国際ターミナルの行き来に、「自家用車以外」での移動手段を色々試してみた。
まず最初に説明しておくと、我が家は東京湾岸にあり、羽田空港とは海を挟み直線距離でわずか10kmあまり。
自家用車で、首都高を使えば、早ければ15分もかからずに到着する。
ただし自家用車の場合、到着後、駐車場を探したり、停めてからロビーまで歩いたりという2次的な手間があったり、酒を飲んだ場合、運転して帰れないなどという欠点もある。

移動手段その2・リムジンバス
バス停までの移動という手間はあるものの、ルートは自家用車とほぼ同じで、乗れば20分ぐらい。しかも出発ロビーに横付けしてくれるので、とても便利だ。
ただし、運行時間帯と便数には限りがある。片道720円

移動手段その3・京急
メトロで月島、そこから大江戸線で大門まで移動する、という手間はあるものの、そこからは一本。大門からは20分。トータルで約50分ほどで着く。こちらもロビーまでエレベーターですぐ、という所まで行ってくれるし、早朝〜深夜まで便数も豊富。
何よりも景色がいいのと、「天空橋」の駅(通過するけど)がカッコ良すぎ。片道676円。

移動手段その4・モノレール
景色の良さでは、こちらも引けを取らない。しかも、「ロビー横付け感」は全ての交通手段を上回る。降りたらすぐにチェックインカウンターである。
しかし、我が家の場合、「天王洲アイル駅」でりんかい線と乗り換えなのだが、ここが不便。
モノレールの駅とりんかい線の駅は離れており、途中オープンエアなので、雨で大荷物だったりすると最悪。
ここだけもう少し考えてくれないだろうか?
便数はやや少なめだが、バスよりは多い。片道607円。

どれも命短しタスキに長しというところ…いや、やっぱり羽田は近くていい。
できればこの先のツアーも、全部羽田発着にしていただきたい!
だって、最悪チェックイン後に忘れ物に気付いても、取りに帰れるんですぜ(・∀・)

IMG_3986_150330.jpg
Arigato Haneda
IMG_4118_150329.jpg


ラブリンタンブリン羽田公演、無事に終了しました!
「ワタシたち、海外でこんな事してますよ〜」
ってのを観てもらえたかと思います。お越しくださった方々、どうもありがとう( ´ ▽ ` )ノ
そして、世界中から集まってくれたアーティスト、スタッフの皆さん、ゲスト出演してくれたバクステ外神田1丁目の皆さん、裏方で頑張ってくれた日本人スタッフの皆さんも、本当にありがとう!!
おかげさまで、ライブ自体もかなり盛り上がったし、グランドフィナーレの「れりごー」も想像以上の出来だった。
個人的には、娘や息子、そして何故か母親まで観に来て、打ち上げでは、海外からのお友達と文字通り家族ぐるみでの交流が出来たのが、とても新鮮だった。
今年の世界ツアー、最初がこの日本公演とは、この先縁起がいいってもんだ♪
メトロの旅

先日の、東京マラソン2015の参加賞の一つに、「東京メトロ1日券」というのが入っていた。
ただし、期限は3月いっぱい。つまり、3月31日までのどこか1日、東京メトロが乗り放題というわけである。
普段、あまり公共交通機関を使わないので、いつ、どのタイミングで使ったら良いのか分からなくて悩んでいたが、今宵稚菜のライブがあるのに合わせて、色々と予定を詰め込んでみた。
その結果、浜松町、水天宮、渋谷、代々木と、4箇所にアクセスする事に。
夜の稚菜(代々木)は動かせないとしても、その他は順番を工夫すれば、チャリで十分回れるコースなのだが、ここはあえて…

まず、地元豊洲からスタート。
豊洲→月島(有楽町線)
月島→大門(大江戸線)
残念ながら、第一の目的地である浜松町には、東京メトロは通ってないのでここは都営地下鉄大江戸線を利用。
大門は浜松町とつながっているので、ここで最初の用事を済ませる。

さて、ここから次の目的地までは、実は浅草線一本、「人形町」で降りれば済む話なのだが、ここはあえて…

大門→麻布十番(大江戸線)
麻布十番での大江戸線から南北線は、かなりの大移動なのだが、そこは気にしない。
麻布十番→永田町(南北線)
永田町→水天宮(半蔵門線)

ここで第二の用事を済ませ、次は渋谷。
半蔵門線で一本なのだが、ここはあえて…

水天宮も人形町も、歩いてすぐなので、
人形町〜銀座(日比谷線)
銀座〜渋谷(銀座線)

ここで第三の予定を消化。
次は代々木LABOというライブハウスで、公式サイトでも代々木が最寄りとなっているが、実は「北参道」の方が近かったりする。
そこで、
渋谷〜北参道(副都心線)
というルートを選択。

稚菜のライブを視察し、いよいよ帰宅である。
最後は
北参道〜明治神宮前(副都心線)
明治神宮前〜日比谷(千代田線)
有楽町〜豊洲(有楽町線)

これで、有楽町線、南北線、半蔵門線、日比谷線、銀座線、副都心線、千代田線と、7つの東京メトロを楽しむ事が出来た。その気になれば更に丸ノ内線、東西線も利用出来ないこともなかったのだが、さすがにそこまでヒマではない(・∀・)
結論としては、やはり東京メトロだけでは、色々と成り立たないという事が分かった。
それと、遠足にはやっぱり歩きやすい靴が必須だ。
土踏まずにマメができちゃったよ(´Д`;)
IMG_1248_150328.jpg
世界のお友達たちと
やっと会うことが出来た!
Asiaから、Europeから、Africaから、Americaから、世界中のFriendsが遂に来日。
本日は、本番当日の最後にみんなでやる「Let It Go」のリハーサルと、Welcome Partyが行われました。
いや〜もう感動。鳥肌もの。すげーぞこれはChou Great!!
本番は29日(Sun)evening。
Haneda国際ターミナルでWaiting for U( ´ ▽ ` )ノ
IMG_4024_150327.jpg
エンディングノート

昨日の記事にも関連する事だけど、世界を回っている以上、いつどこで最期を迎える事になるか分からない。
もちろん、国内においても同じ事は言える。
と、ここらで一度、自分の人生を整理しておく事も必要かな〜、なんて考え始めた矢先、書店でこのような本(ノート)を見つけた。
「よりよく生きるための断捨離式エンディング・ノート」。
前に同タイトルの映画を観た話は書いた。
ある元企業戦士のお父さんが、突然癌を宣告され、残された時間の中で「死ぬまでにやりたい事」などを整理し、一つ一つ実行しながら最期を迎える。それを映画監督であるその娘が記録し、ドキュメンタリー映画化した作品。
とても感銘を受けたものだ。
そしてこの本は、断捨離を通して、これまでの人生を振り返りつつ、この先をどうやって生き、そして死ぬかという事についてのヒントが色々と書かれている、ようだ。
そして、「銀行口座」や「各種財産」、「主な連絡先」など、更に色々と踏み込んだ内容を記録しておけるようになっている。ま、財産なんてないけどな(・∀・)
せっかくなので、ちょいと活用してみようと思う。途中で死んでしまったらごめんなさい。


世界ツアーに当たって
昨日、ルフトハンザ系のLCC「ジャーマンウィング」の航空機が墜落、乗員、乗客全員死亡という不幸な事故が起きた。原因はまだわかっていないらしい。
ルフトハンザと言えば、我々も来月、再来月と乗る予定の航空会社である。
他にも、8月に訪問予定の、モロッコの隣の隣の国チュニジアでは無差別テロ、秋に訪問予定のフランスでは、風刺画をめぐるテロ、スペインでは、テロ予備軍の者が逮捕されるなど、世界ツアーには常にリスクが付いて回る。
最終的に行くか行かないかを決めるのは自分ではないが、基本的に、このような理由で命を失った場合、殉職と考え、良しとしようと思う。(さらわれるのだけはとても嫌だけど)
という事で、今のうちに遺言的なものは書いておこうと、改めて今日思った。

しかし、わざわざ毒ガスを吸いに北京などには行きたくない…
これだけは、行くか行かないかは自分で決める(・∀・)

ベア
春闘がどうたらこうたらという、最近のニュースなどでよく見かける用語。
どこの熊の話かと思ったら「ベースアップ」の略だったと知ったのは、結構オトナになってからである。
新聞は、その紙面のスペースの事情からか、昔からこういった妙な略し方をする。
ロッキード社→ロ社
コーチャン氏→コ氏
小学生の頃、このような言葉が見出しに並び、子供心にとても不自然に感じていた。
ま、考えてみれば「春闘」だって元は「春季生活闘争」などという、およそ穏やかでない名称の略だったりするんだけどね。もはやそれ自体できちんとした単語扱いになってるしw
そうやって考えると、リストラ、コンビニ、携帯あたりもそうか…
また財布を落とした話

昨日の話だが、湾岸の倉庫街を自転車で走っている間に、ジーンズの尻ポケットに入れていた財布を落とした。
しかし、その事にしばらく気付かず…
ま、財布と言ってもメインのものではなく、「コンビニ・スーパー用」のカードケース的なもので、現金は千円しか入れていなかった。
しかし、免許証やクレジットカード、各種電子マネーなど、取り分け、命よりも大事なnanacoちゃんが入っており、嫌〜な気分。
これらを悪用される前に、全部ストップさせると言う何年かに一度のイベントがまたやって来たのかと思うと、相当鬱だ…

と、数時間後、ダメ元でその辺の倉庫の警備員室に行ってみると、何と届いていたよ( ´ ▽ ` )ノ
現金千円は消えていたけど、そんなもの手数料として喜んで差し上げますよ。
ありがとう!拾って届けてくれた人。
これで戦績は五分ぐらいに戻ったかな?
LET IT GO!!
3/29の羽田空港ライブ、ラブリンタンブリンさんの逆輸入ライブももちろんオススメなんだけど、その終演直後、「グランドフィナーレ」では、世界10カ国から招いたアーティストを呼び込んでのセッションで、「Let it go」を各国語メドレー演奏する予定。
それに先立って、世界各国でボーカルレコーディングしてもらい、そのファイルを組み合わせてミックスしたデモがこの動画。
こんな事が出来る時代になったんだね〜
権利問題やらなんやらで、立ち消えになりそうだった企画だけど、お陰様で無事実現できそうです。
この奇跡の瞬間の目撃者になってやってもいい、という方はご一報ください( ´ ▽ ` )ノ


歌詞とタイトル

昭和歌謡には、歌い出しが印象的な曲が多い。
つまり、掴みが強烈って事だ。
サビは急に思い出せないけど、Aメロ、つまり歌い出しはすぐに出て来るって人は多いだろう。

「♪壁際に寝返り打って〜」
言わずと知れた、ジュリーこと沢田研二さんの「勝手にしやがれ」。
「♪私の胸の鍵を〜」
ピンクレディの「WANTED」。
この辺りだと、すぐにタイトルが出てくるのだが、例えば和田アキ子さんの

「♪あの頃は〜っ!」
これ、「古い日記」ってタイトルだという事、最近知りました。
他にも、山口百恵さんの
「これっきりこれっきりもう〜これっきり〜ですか〜」
これ、「横須賀ストーリー」ってタイトルなんだよね。
世間では常識かもしれないけど、オレは知らなかった。
郷ひろみの
「つま先立てて海へ〜 モンローウォークしてゆく〜」
これは「モンローウォーク」ではなく、「セクシーユー」って言うらしい。

岩崎宏美さんの
「あなたお願いよ〜 席を立たないで〜」
は、「ロマンス」…

その点、ビートルズは分かりやすいよな〜
「Yestarday〜」
「Hey, Jude」
「Help!!」

全部歌い出しがタイトルやんw
かずまさ記念日
20年前の3月20日。この日の事は割とよく憶えている。ま、昔のことの方が憶えてるもんだけど。
この時期、何故か免停になっていたオレは、横浜アリーナで行われる「元気が出るテレビSP」の収録で、諸星和巳くんのサポートをするため、朝も早よから楽器を背負って電車で現地に向かった。
池袋から丸ノ内線で東京駅まで出て、そこから新幹線で新横浜、というルートだったのだが、乗っていた丸ノ内線が突然停止。
いわゆる「地下鉄サリン事件」により、前を走る電車が被害を受けていたのを知ったのは、後の事である。

ちょいと間違えば、オレも被害に遭っていたわけであるが、そこを何とか切り抜け、やや遅れて横浜アリーナに辿り着いた時には、現場は既にその話題で持ちきりになっていた。
サウンドチェックで、ベースの依知川伸一くん(マッチさんのバックバンド「YAMATO」のベース)が、マイクを通して、会場全体に響く爽やかな声で
「あれって絶対オウムだよね」
などと発表して、周りに制止されていた。

ステージでのリハーサル終了後、色々あって疲れていたオレは「リハーサル室」という、ピアノの置いてある大部屋のソファで仮眠を取る事にした。
うとうとしていると、何者かがピアノを弾きながら鼻歌を歌い始めていた。
ピアノの譜面台に置かれていた何かの曲の譜面を見ながら、テキトーに口ずさむその鼻歌は、まるで天から降ってくるような歌声だった。歌っていたその人は小田和正さん。
思わず目を覚まし、背筋を伸ばして最後まで聴き入ってしまった。

それまで、この方の歌は、生理的にダメだった(と思っていた)のだが、生を聴いてしまったらもう最後、完全にノックアウトされてしまった。
なので、20年前のこの日がワタシの「かずまさ記念日」となったのである。

ちなみに、その日の本番ものと思われる動画(一部)を、ようつべで発見。



重ねて言うが、この日が地下鉄サリン事件が起きた日だ。
【続きを読む】
中ちゃん
先日、ここでも紹介した武田梨奈主演のドラマ「ワカコ酒」。
先週の放送では、ワカコが故郷の広島に行く、という設定だった。
そこで紹介された店の一つが「中ちゃん」という鉄板焼き屋さん。
オレもTHE HEARTの時代、広島に行くたびに、〆に寄っていた店だ。
鉄板焼き屋だが、大将の中ちゃんという人は、フレンチ出身らしく、出されるものがいちいち小洒落ていた。
しかし、オンエア見た限りでは、大将も代替わりしており、店自体もかなり小綺麗になっていた。

オレの中の中ちゃんは、お世辞にも綺麗とは言えない店構えで、半分オープンエア。
時々、キレた覚せい剤中毒とみられるやくざ者が、ビール瓶を割り、それを手に持って襲いかかってくる、というアトラクション付きの店だった。
冷静に立ち向かい、何とか対処できたが、気が付いたら他のみんなは走って逃げており、独りぼっちになっていた(・∀・)

その後、何事もなかったようの飲み直していたら、今度はゴキブリが出現。走って逃げたのはオレだけだった…

そんな店「中ちゃん」。広島に行ったら是非寄ってみてください。
お茶の間
テレビの中の人以外、あまり使わないよね、「お茶の間」って言葉。
最近では「リビング」とか?
そんなわけで、お茶の間って言葉はテレビがセットになっているイメージだが、最近ではテレビを観る人もかなり減っているようだ。
最近、うちのお茶…、じゃない、リビングでも消えている事が多い。一家団欒のプライムタイムでさえ。
ま、一つは番組がつまらなくなった、もしくは、番組を面白いと思えなくなってきたとも言うかな。
当たり障りのない番組なら、テレビをつけっぱなしにしておいてもいいのかもしれないが、むしろ障りのある、つまり、生活の邪魔になるような番組も多い気がする。
自分が年を取ったからかな?とも思ったが、うちの子供達もあまりテレビを見ない。
昔はチャンネル争いで、殺人事件なんて起きた事もあったほどだったんだけどね〜
IMG_3906_150318.jpg
汁なし担々麺
IMG_3768_150313.jpg

どこで買ったんだか忘れたけど、マルちゃんの「汁なし担々麺」。
汁なし担々麺と言えば、ワタシ的にはまず広島のイメージ。
だからと言って、東洋水産、つまりマルちゃんと広島の東洋工業、つまりマツダとは全く関係がないらしい。

さて、この商品、要はカップ焼きそば方式なんだけど、美味しいです。
山椒が効いていて、出来上がった麺は真っ赤なんだけど、見た目ほどは辛くない。いや、人によっては辛いかも?
汁がない分、お腹が張らなくて済むが、だからと言って腹持ちが悪いという事もない。いや、人によっては物足りない?
ビールにもよく合います。いや、人によっては牛乳によく会うかも?
2度ほど食ったんだけど、さて、どこで買ったんだったか…
ワールドツアー間も無く
本日、ラブリンタンブリンさんのリハーサル。
今年のワールドツアーの一発目は、まさかの日本公演。
羽田空港の国際ターミナルで行われるのだが、今回もネタ満載。
ライブもさることながら、目玉はグランドフィナーレでの、世界10カ国からのボーカリストを交えての「レリゴー」。
これだけでも観る価値ありという手応えがあるので、「観てやってもいい」という方はご連絡ください。
本番は3月29日(日)の夕方です( ´ ▽ ` )ノ

IMG_3918_150316.jpg
北陸新幹線開通
北斗星やトワイライトの引退のニュース、泣きじゃくる鉄オタ様たちの姿と共に、テレビを賑わせていた。
そして都内でも上野東京ラインが開通するなど、昨日はJR東日本のダイヤが大幅にリニューアルしたようだ。
これまで「長野新幹線」と呼ばれていた路線が「北陸新幹線」として延伸。
テレビでも「とやっまいっしかわふっくい〜♪」のCMが耳に残る。
が、しかし!!
この度開通したのは金沢(石川県)までで、福井まで開通するのは2023年春。オリンピックより先だよ…
つまり、このCMソングは、あたかも北陸新幹線が福井まで行けるような、誤った印象を与えている可能性がある。
「ま、可愛いからイイか…」
となるのは、その部分のコーラスを子供に歌わせる、という手法によるものだろう。
やるな、音楽プロデューサー(・∀・)

ちなみに、そんな祭りの日、たまたま山手線で移動中だったワタシは、たった2駅先に行くのに、1駅目で電車が止まってしまい、20分ほど車内に閉じ込められるという、おめでたい体験をさせていただいた♪
たまに電車に乗ればこの始末。
これまでも、台風などにより、新幹線に閉じ込められる事数知れず、一昨年もフランスでTGVに3時間ほど監禁された。
どうせなら、トワイライトに閉じ込められたかったな…


心にナイフをしのばせて
1969年、神奈川の高校生が、同じクラスの友人の首を切断するなどして殺害するという事件があった。
加害者は少年法に守られ、大学院まで出た後、なんと弁護士なった上、被害者への賠償をばっくれる。
一方、被害者の家庭は崩壊してしまう。
本当に守られるべきなのは誰なのか?
そんな事件を元にしたノンフィクション。
事件自体はもう40年以上も昔だが、今世紀、この本が出版されてから、加害者の個人情報が流失するなどして、再び動き出した感もあるようだ。
今もまだ、少年法をめぐる議論は終わらない。
こんな時代だからこそ、あえて読むべき作品なのかもしれない。
俺ん家(おれんち)スタジオ
我が地元には、近年タワーマンションが乱立し、どの物件もプールだの温泉だのと、華美な共用施設があるところが多い。
しかし我が縦長屋はその点質素。フィットネスジムやカラオケルームなど、ランニングコストのかからない共用施設中心の庶民的物件なのである。
しかし何と、近隣にはない「音楽スタジオ」なんてものがあるのだ。
と言っても、防音であるという点を除いては、ただの「お部屋」。それ以上何もないが、その分何のコストもかからず、使用料は1時間あたり300円!!

こんな施設、オレ以外誰が使うのだろう?というぐらいオレ向きの施設なのだが、ここ数年使っていなかった。
本日、久々に稚菜のデモ録りで使用したのだが、デジタルピアノやテーブルなどが入っており、更に充実したお部屋になっていた。

こりゃ、施設存続の為にも、もっともっと利用しなきゃな〜と、少し反省。
あ、今日もいい歌が録れましたよ〜( ´ ▽ ` )ノ
IMG_3908_160313.jpg
切り干し大根食べ比べ
はいはい、セブン信者ですよ。
実は最近、結構敵情視察してます。

で、感じたこと。
「コンビニPBのレベル、上がってきたな〜」
たぶん、セブンプレミアムが何故こんなに売れているのか、ようやくライバル社が分かり始めたのだろう。(一部を除き)
例えば、ナチュラルローソンの「モッチボール」。その名の通り、モチモチした食感にチーズの豊かな香りが最高。小さめのが5個入りなので、少しずつ食べて、その度に袋を閉じられる構造になっているという優れものながら、108円(税込)
IMG_3829_150312.jpg


って事で今回は思いつきで「切り干し大根」の食べ比べをしてみた。

青コーナーファミマコレクションの「切り干し大根」90g79kcal、賞味期限4月15日(税込122円)
製造元は「イチビキ(株)」
赤コーナーセブンプレミアムの「切り干し大根煮」95g54kcal、賞味期限3月27日(税込121円)
製造元は「デイリーはやしや」
どちらも堂々と製造元を明記しているところは、どこぞのPBと違い優れたポイントだ。
ファミマの方には、裏に、温めて食べる場合の温め方が記載されている。
IMG_3883_150312.jpg

IMG_3884_150312.jpg


さて、いよいよ食べ比べてみる。

いや〜どちらも美味いです♪
向かって左、ファミマの方は、セブンに比べて出汁がかなり効いている感じ。セブンの方は、ローカロリーながら砂糖やみりんの甘みが強い。
ファミマの方が人参が多めで、見た目も華やか。一方セブンは揚げの柔らかさと大根のシャキシャキ感が良い感じ。
IMG_3885_150312.jpg

オレはセブンの方が好みだけど、家族数名はファミマが良いと言っておる。
よってこの勝負、引き分けとしよう。
ファミマコレクション、なかなか来てます…
今後、サンクスを飲み込み、更に発展を遂げ、良い意味でセブンの好敵手となってくれる事を望む。
赤チン

「そんなもん、赤チンつけときゃ治るんだよ」
なんて言っても、現代の子供には
「赤チンって何?」
って聞かれちゃうんだよ。
そう言えば最近、全く見なくなったもんな、赤チン…
って事で、ちょいと調べてみた。(便利だ時代だな)
本名「マーキュロクロム液」と言う殺菌剤で、「ヨードチンキ」の赤い版だから「赤チン」と呼ばれたらしい。うむ、なるほど。
製造工程で水銀が発生するため、1973年以降日本では作られなくなったが、一応まだひっそりと存在はしているらしい。
そう言えば先日のニュースで、水銀を使う一切の製品の製造が禁止されると聞いた。
IMG_3896_150311.jpg
天空の蜂

今は「ガリレオ」などでおなじみの東野圭吾が、約20年ほど前に書いた本。
自衛隊の巨大ヘリ(CH−53型と思われる)が盗まれ、程なくして犯行声明が各所に届く。
「日本中の原発を運転停止しろ。さもないと敦賀原発にヘリを墜とす。」
などとといった展開で物語は進んで行く。
ま、実際今全部止まってますけどね…

興味深いのは、最初にも書いたが、これが20年近く前に書かれている、という点。
それだけに、懐かしい用語がたくさん出てくる。
CRTモニター、ワープロ、防衛庁、テレホンカード…などなど
しかし、内容自体は現在でも十分通用する。つまり、今でも起こり得るテロなのである。
着目点も素晴らしいが、その内容の詳密さは「理系作家」の本領発揮というところだろう。
なかなかの大作。オススメです。
映画化するなら、誰が誰役かな〜?なんて想像しながら読むのもまた一興。

首都高のHP

たまにしか見ないけど、たまに見ると微妙に進化していて驚かされるのが、首都高こと「首都高速道路株式会社」のサイト。
今回は「路線検索」のページ。
出発地(入り口)と目的地(出口)、そして経由地などを打ち込んで検索すると、最適ルートを地図上で示してくれるのは以前と同じだが、いつの間にか「動画」まで表示できるようになっていた。
入り口、ジャンクションなど、主要の場所を、実際に走行している車載動画が順に再生でき、バーチャルにドライブしている気分にもなれる。
ただ、本当は昨日開通した「五反田入り口」の様子を見たかったんだけど、まだ準備中だった(´Д`;)
syutoko150309.jpg
セブン「豆のサラダ」
IMG_3875_150308.jpg

どうも。セブン信者です。
今日紹介するのは、こちらの「豆のサラダ」です。
白いんげんやひよこ豆など、たくさんの豆を、タマネギの効いたマヨソースで和えたサラダ。
このソースがとにかく絶品で、ヨーロッパのどこかで、何かの時に食べたような味。
添え物としてもいいとのだが、わしはワインのお供に最適だと思う。
ヤマザキという、豆専門のメーカーが作っており、121円とお値段もリーズナブル。
是非一度お試しください( ´ ▽ ` )ノ
セブン「おつまみ鶏皮揚げ」
torikawa.jpg

こんにちは、セブン信者です。
今日ご紹介するのは、このセブン「おつまみ鶏皮揚げ」。
同じシリーズの「枝豆」と同じ、三角パック。
香ばしく、ややジューシーに揚がっていて、ビールがすすむ君です。
しかし、置いてある店とそうでない店があるので注意。
オレ様調べでは、駅近のセブンならかなり高確率で置いてある。
税込237円
AirDropって便利だね


先日の「ドラレコ動画」、iPhoneからMacに取り込むのに、lighteningケーブルを繋いで、iPhotoというアプリで…という手もあるのだが、ふとこの「AirDrop」ってのを使ってみると、これがなかなか便利である事が判明。
これならiPhone5からiPhone6に転送、なんて事も出来るし、その逆も出来る、また、MacBook ProからMacBook Airに転送なんてのも簡単に出来る。

つい先日も、稚菜と作業をしていて、PDFの譜面を彼女のiPhoneにサクッと送る事なんかも出来た。
他にも便利な使い方があるに違いない♪
スリッパ
IMG_3852_150305.jpg


昼間、家を出るときにふと玄関で振り返って、このような図に気づいた。
我が家は5人家族だが、スリッパは2足。ワタシとムスメだけがスリッパ派。
他の者たちは素足だったり、室内用フカフカソックス的なものを履いたりしている。

昔からスリッパにはこだわりがあって、接地部分がビニールではなく、フカフカのモップ状、最近では「劇落ちくんスリッパ」という、マイクロファイバー状のものを愛用している。
ビニールだとフローリングが傷むような気がするのと、フカフカタイプなら歩き回る度に床掃除も出来るというメリットがあるからだ。

しかし、脱ぎ方は親子して雑である(・∀・)
おかあさんとあたし。
IMG_3824_150304.jpg


先日、NHKの朝の番組で、ガッキーが紹介していた本、というか絵本、というか、漫画?
母と子の、ありがちな日常を、味のあるシンプルな絵で表現していて、なかなか癒される本。
心が疲れている時に読むのが良いみたいだ。お母さんの髪の毛がチリチリだけども。
番組を見ながら、即、港区図書館で予約したら、すぐに借りる事が出来たが、今見たら「予約数11」となっていた(・∀・)
読みたくなった方が大勢いらっしゃるようなので、とっとと読んで返却しました。

別の図書館で調べたら「おかあさんとあたし。と、おとうさん」なんてのもあったので、とりあえず予約してみた。
ドライブレコーダーを

ブログを辿ると、「ドラレコつけました〜」と書いてるのが2013年7月16日。
奇しくもその1年後の7月16日にはそのドラレコで危ない目に遭った記録がアップされていた。



そして数日前、ふと思いついて、そのドラレコを外し、代わりに今は電話としては機能していないiPhone5をマウントしてみた。
IMG_0001_150303.jpg


これが意外に使えるんですよ。
所詮はスマホなので、
・自動で古いデータを消して上書きなどはしてくれない
・日付・時刻は表示されない(解析はできる)
・広角レンズほどの視野はない
などのデメリットはあるものの、解像度的にはこっちの方が全然イケてる。
ちなみに、昨年7月と同じような時刻、場所を撮影したものはこちら。


ホワイトカレー
IMG_3787_150302.jpg

東京マラソンに向けて実施した「カーボローディング」。
つまりは、炭水化物中心のメニューに切り替えて行こうというもので、それにあたり「ご飯に合う」おかずのバリエーションを色々考えていたところ、スーパーで目に付いたこいつ。
ま、おかずって程のものではないんだけど、お米を美味しくいただく一つの手段として買ってみた。
結局、カーボ(略)の期間に食する機会はなく、先日ようやくありつく事が出来た。
「シチュー仕立て」などと書かれており、一体シチューなのかカレーなのかどっちなんだ?と思ったが、ちゃんとカレーでした。美味かったよ。
それより、最近のレトルトカレーってのは、湯煎よりもレンジ推奨なの?
少なくともこの商品では、「レンジの方がスパイスが香ばしく仕上がる」だの「全体に熱が行き渡る」などの説明書きがあり、しかもレンジだと1分半ほどで出来るのに対し、湯煎だと10分以上と、激しくレンジを推奨している。
そして、これだけの為に米を炊く気にもならなかったので、これまたセブンで買ってきた米を、レンジで2分。
この組み合わせだと、若干米が余るという配分であった。(当社比)

IMG_3841_150302.jpg
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.