新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

バルセロナ1日目「チャリがオススメ」
このブログを読んでくれている人のうち、一体どのぐらいの人がバルセロナへ行って自由時間を堪能出来るのか分からないけど、備忘録的な意味も兼ね、書いておく。

まず予備知識として、バルセロナ市街は、東京で言えば、東京駅から湾岸ぐらい、あるいはそれよりも狭いぐらいの地域に殆どのスポットが収まっている。
つまり、チャリが1台あるだけで全て網羅出来る範囲なのである。

そこでオススメなのが貸し自転車。
ワタシの行きつけのお店がこの「Bike to Rent BCN」なのである。

2年前にもかなりお世話になったが、今回また重宝させていただいだ次第だ。
ただ、前回とはかなり価格設定や業態なども変わっていた。マスターのタトゥーもかなり増えていたw
前回は確か2時間6ユーロ、4時間で10ユーロだったと思うのだが、今回は2時間借りようとしたら
「ゴメン、時間貸しはやってないんだ」
という事で、1日10ユーロ。つまり、前回よりもかなりお得な感じになっていた。
店も、単なる貸しチャリ屋ではなく、バル的な営業もしているようで、昼はコーヒーを楽しむ客、そして夜は飲み屋状態になっており、可愛いわんちゃんも完備。
IMG_2251.jpg


とりあえず2時間借りて、朝のうちに軽く海を覗き、返却して午後は電車でサグラダファミリアへ行こうと思っていたのだが、サグラ(略)もチャリで行く事に。
「超有名な観光地だけど、チャリ停められるかな?」
って訊いたら
「チェーンで留めておけば大丈夫だろう」
と、適当なアンサー。

結果、普通に停められた(・∀・)

結局一日市街を周り、かなり有意義なチャリの旅をする事ができた。

詳細はまた帰ってからまとめようと思うが、今後バルセロナに行く方は、是非憶えておいて欲しい。
IMG_2253.jpg
成田にて
IMG_2088_20141030.jpg


iPhone5によるバッテリー不具合もなく、また前回のバルセロナの時のようにちょうどAppleのマップ不具合事件と重なる事もなく、航空会社も一応日本の会社。
しかも行き先は勝手知ったるバルセロナ。もはや、目をつぶっても歩ける街。
これほど万全の体制で臨める世界ツアーがこれまであっただろうか?

こんな時こそ、もの凄い落とし穴が潜んでいそうで、むしろワクワクするのである。
決して治安が良い訳でもなく、またエボラの脅威もないとは言えない。

何が起きるか、皆様お楽しみにしといて下さい( ´ ▽ ` )ノ

それでは行って参ります。
バルセロナ行って来る


数え方にもよるが、今回で4度目。
最初は2年前、「ポリマンガ」という、アニメ・フェスで演奏しに行った。
意外に自由時間があったので、チャリ借りて走り回ったり、地下鉄でサグラダファミリア(の外観)を観に行ったり、結構やりたい放題だった(・∀・)
ちょうどカムノウ(というスタジアム)で、バルセロナ対レアルの試合が開催されている事を知り、スタジアムにチケット買いに行ったけど
「今から買える訳ないだろw」
的に追い払われた。
2度目は去年、ローマからモロッコに行く途中に、寝に寄っただけ。
3度目はその帰りで、ホテルでは身体を横たえる時間もないままチェックアウト。

そして今回はまた、ポリマンガ。
残念ながらバルサの試合と、我々の本番の時刻が丸かぶりしているので、今回も観戦は出来ない。ネットでチケットが買えるのは確認済みなのに…
しかし、ネットでチケットと言えば、今回はサグラダファミリアの入場券を購入した。
五十嵐公太が
「あそこまで行って中に入らないなんて、愚の骨頂」
って言うもんだから…

誰かさんのように、iPhoneをすられないように気をつけなくちゃ(・∀・)

明日早朝のバスなので、ラーメンは今日食って来た。
久々のテンイチ
IMG_2042_20141029.jpg
スカイマンガ

バルセロナ行きを数日後に控え、そろそろ機内での過ごし方をプランニングしなければならない時期に来ている。
今回は鶴丸さんで、経由地ヘルシンキまで片道10時間ほど。そこから先はフィンエアのコードシェア便なので、恐らくエンタメも無し。食事、ビールも有料の4時間。
この暗黒の4時間の過ごし方としては、ヘルシンキの空港で出来上がりまくってから寝る、もしくはiPadで、録画したドラマでも観るとして、やはり鶴丸10時間は主に映画でしょう。
ただ、ややこしいのは、往きが10月、帰りは11月なので、上映作品が異なる。
ここは事前にチェックしてよ〜く計画を練らねばならない。
例えば「GADZILLA」は10月、つまり往きでしか観られないし、「ヘラクレス」は11月からのプログラムだ。

つってJALのサイト調べてたら、何だこりゃ?
スカイマンガ?

どうやら鶴丸さんの787では、電子書籍としてコミックが読めるらしい。知らなかったよ。
とりあえず、日常の生活の中で「漫画を読む」という習慣が全くなくなってしまったが、時間があったらちょいと読んでみようかな?
ラインアップはこんなところみたいだけど、オススメってある?

http://www.jal.co.jp/inflight/inter/sky_manga/
昨日、居酒屋サイゼリヤで小一時間ダラダラしていた時、かかっていたBGM聴いてて思い出した。
基本的にイタリアのポップス的なのがずっとかかってたんだけど、その中に、小学生の時に聴いて、忘れられない曲が混じっていた。
「雨」という曲で、運動会の時に、よく高学年の女子が踊っていた曲だ。
ジリオラ・チンクエッティさんという人が歌っている事は昨日知ったが、何故かイタリアの曲である事は知っていた。
というか、勝手にイタリアの曲だと思い込んでたが、それが当たってた、というだけの話かもしれない。

この曲の「7度」、つまりメジャーに転調した時のキーがA♭なので、この曲の場合は「G」のコードの使い方が、とっても南欧風でいいな〜と、子供ながらに感動した事を思い出したのだ。
スペインの作曲家・タレガの代表作「アルハンブラの思い出」というギター曲でも、このような使われ方がされており、領少年のコードに対する感受性は、この頃磨かれたのだと思う。(ただし、この時期「コード」という概念は持っていなかった)

一方、ブロードウェイなどでの「7度」の使われ方は当時から苦手で、とても鼻につくというか、いやらしいイメージを持っていた。
にも関わらず、初めてあじゃりというバンドを結成し、初めて作った「Rany streetしゃっふる」という曲で、いきなり歌入り2小節目でブロードウェイ的「7度」を使っている、高校生の領少年…

ちなみに、店内で「雨」がかかっている時に、どうしてもアーティスト名が知りたくて、久々に「Shazarm
というアプリを使ってみたら、見事にヒットしましたよ。
なかなかの神アプリだわ〜
IMG_2038_20141027.jpg


居酒屋サイゼリヤ
何週か前のドラマ「外科医・大門X」観てたら、急にステーキが食いたくなった。
うちの周りでステーキと言えば、フォルクスかサイゼ。って事で、ネットでメニューなど調べてみたら、フォルクスはメニュー豊富だが、ステーキのみで2,000円弱ぐらい。一方サイゼはステーキだけなら1,000円弱。
って事で、サイゼに行ってみた。一人で。

日曜の午後だったが、意外にお一人様が多かった。
さすがに酒呑んでる人はいなかったけど…

この1,000円弱のステーキが、ちゃんとしてた。
柔らかくて、そこそこ美味しくて、ワインにも合う!

小エビのサラダ、ステーキ、ライス、ビール(ジョッキ)、ワイン(ボトル)で、しめて3,000円弱。1,500キロカロリーって所だった。
余ったボトルワインは、お土産としてお持ち帰りOK。って考えると、充分でしょ♪

カードが使えるともっといいんだけどね〜

IMG_2034_20141029.jpg
自撮り棒
だいぶ前にAmazonで注文してたのが、今日届いた。すっかり忘れていた。
要するにこの先にスマホを取り付けて、セルフィするってヤツなのだが、海外の行く先々でみんな使っていたので、気になって買ってみた次第である。
来週のバルセロナツアーで活躍するかな?

ちなみに、自撮りにも使えるが、目がすっかり遠くなったワタシには、メールなどの小さい文字を読む時に、思い切り伸ばすとかなり読みやすい。
何せ遠くのものはいくらでも見えるので(・∀・)

IMG_2001_20141029.jpg
makeover


和製英語で言う所の「イメージチェンジ」。
メイン機であり、今やライブのエフェクターでもあるMacBook Airなので、iPhoneと同じく、少しでも外部的ダメージを避けるため、カバーを施してみました。
IMG_1938_20141024.jpg


ついでにキーボードも保護。
IMG_1951_20141024.jpg

可愛いっしょ?
今日からこのMacを「レッド・クイーン」と名付けるか(・∀・)
THE 女優シーズン

2014秋ドラマも、ほぼ一通り始まったようだ。
今シーズンの特徴は、いわゆる旬の人気女優が主演として揃い踏みしてるとこだろうか。
月曜日に仲間由紀恵、火曜日は武井咲、深田恭子、石田ゆり子+永作博美(W主演)。
水曜は綾瀬はるかVS沢尻エリカ、木曜は沢口靖子、米倉涼子、石原さとみ+松下奈緒(W主演)。
金曜は榮倉奈々、佐々木希、そして日曜に満島ひかり(以上、敬称略)
主演ではないけど、良い味出してるのは、ファースト・クラスのシシド・カフカちゃん。
ドラマーでありボーカリストなんだけど、天は彼女に何物与えているのか…

それにしても、これだけの女優陣を日本に置いたまま海外に出かける事に、とても罪悪感を感じるw


余談だが、今シーズンも2作掛け持ちの生瀬さん、そして地味ながらどこにでも出没するイメージのでんでんさんにも萌えます。

【告知】稚菜「歌唄いの詩2」発売開始!!!!!
S__8691721.jpg


皆様、大変お待たせしました。稚菜「歌唄いの詩2」が本日、発売となりましたっ!
先行してMV公開中の「夢心(ゆめぐくる)」を始め、入魂の6曲です。
今回もアレンジと、ピアノ以外の全ての楽器を担当させていただいたので、「稚菜の音」でもあり「藤尾領の音」でもあります。
その辺感じていただければ幸いでございます。
特に、何曲かのギターはマレーシア録音だったりします(・∀・)

あ、思い出した。「全ての楽器」というのはウソでした。
「言葉の要らぬ世界へと」は、レコーディング・エンジニア津吹さんが、勝手にドラム叩いてますw

アーティスト側の人間としては、是非「店頭」でお求めいただくのが、一番メリットが高いです。
多分、タワーとはHMVとかなら置いていただいてると思いますが、もし無かったら
「はぁ?稚菜置いてないって、どんなレコード屋よ?」
という顔だけして、丁寧に取り寄せをお願いして下さい。

って事で、よろしくね〜( ´ ▽ ` )ノ


「13」

アトランタのホテルのエレベーター
IMG_1338_20141021.jpg


マニラのホテルのエレベーター
IMG_1573_20141021.jpg


どちらも「13階」がない。切支丹的には縁起の悪い数字のようで、このような扱い。
そう言えば、機内で見たハリウッド映画「アポロ13」も、劇中では相当に「13号」というのを嫌ってる関係者などがいて、しかも打ち上げが13時13分という…
お陰で(?)月に到着予定の13日にはもの凄いトラブルに見舞われたのだが、だからこそ映画にもなっとるのだろう。
日本でも4号室のないアパートとかあるけど、どこも同じよのう…

ちなみに我が国では、車のナンバーでも末尾42とか49は極端に少ない。
これは、街を走る車のナンバー0001から9999まで、全てを写真に納めようとしたワタシが、5年以上かけて実証済みである。
プロ野球では、背番号42は外国選手に与えられる事が多いが、アメリカでは、42番は初の黒人選手ジャッキー・ロビンソンが付けていた名誉の背番号となっていて、毎年4月15日のジャッキー・ロビンソン・デイでは、全ての選手が42番を付けてプレイをする程だ。
豊洲PIT

いつものジョギングコースに、いつの間にかライブハウスが出来ていた。
いや、いつの間にかではないな。
何やら以前から工事が行われており、「豊洲PIT」という名前が掲げられていたので、てっきり車関連の店だと勝手に思い込んでいたのだが、ちょっと調べてみたらライブハウスだった、という流れだ。

http://toyosu-pit.team-smile.org

まだスケジュールはスカスカだが、結構色んな人が決まっているようだ。
個人的には12/28のレキシが観たいかなw
でも、駐輪場がないっぽいな…
IMG_1917_20141020.jpg
OneNote

Microsoftのアプリで、PCはもちろん、iPadやiPhoneでも情報を共有出来る、ユーティリティアプリ。
文書や写真、PDFやエクセル的なオフィス系書類など、あらゆるドキュメントに対応しており、結構使えます。
例えば「World Tour」などというブックを作り、その中に「2014 Barcelona」というセクショングループを作成。
更にその中に「タイムテーブル」「セットリスト」「入国関連書類」「機内映画リスト」などを作っておけば、出先などでも様々な情報にアクセスする事ができる。
あと、オレはやった事ないけど、端末によっては「手書き」のメモも出来るらしい。
他人とブックの共有なんかも出来るようで、ちゃんと使いこなす事が出来たら、かなり強力なアプリなんだろうな〜という気がする。
IMG_1454_20141020.jpg
ドラマ「さよなら私」(ネタバレあり)
NHK火曜10時のドラマ。
出演は石田ゆり子、永作博美ほかで、脚本が「最後から2番目の恋」などでお馴染みの岡田惠和。
両マドンナとも大好きなので、とりあえずストーリーに関する予備知識ゼロで第一回目を観てみた。
ありがちな不倫ものかな〜と思いながら観てたが、途中からとある胸騒ぎ…
おいおい、何故階段の上で待ち合わせ?
何故階段の上で揉み合い?
そして…

階段落ちキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

結果、永作は元同級生の親友であり、旦那の不倫相手であるゆり子と、心が入れ替わってしまうのでした。
何かね、尾美としのりさんが出てる辺りから、ちょっとした予感めいたのはあったんだよな〜
いや「さよなら私」って、そもそも「転校生」の最終回の名セリフ。
この辺のオマージュを含めつつ、ストーリーはそれはそれで進んで行くようだ。
ちなみに、ゆり子と永作はほぼ同い年なのだが、もう一人の同級生役・佐藤仁美は実年齢10コも下なんだね〜
3人のうちじゃ一番主婦的貫禄あるけど(・∀・)

今のところ、これが今期で一番面白いかも♪

ミュージシャン 金のバイブル「音楽家になるための89の心得」
図書館に本を返却しに行った時に、ふとこの本のタイトルが目に入ったので、軽い気持ちで手に取った。
パラパラと目次などめくってみると、何やらそれっぽい事が書いてあるので、とりあえず読んでみる事にした。
しかし、これがまた、中々良い事が書いてある。
いや、プロフィール見ると、ミュージシャンとしては全然センパイであられるので、このような上から目線で物を言ってはいけませんな。

本当は、もっと子供騙しな内容だと高を括っていたのです。スミマセン。
しかし、これからミュージシャンを目指す人、もしくは若手のミュージシャンの人たちは、機会があったら一度読んでみた方がいいかもしれない。
そのぐらい、切れ味鋭いフレーズが結構あった。

「ミュージシャンになったら、自分でアーティストと名乗るのはやめよう。アーティストかどうかを決めるのは、あなたの音楽を聴いた人だ。」
とか
「お任せと言われて作ったのにNGを喰らったからって、文句は言うな。お任せだからって何をしても良い訳ではないし、おまえが作ったものがそのレベルに達してなかったってだけの話だ。」
みたいな…

どうです?ちょっと読んでみたくなったでしょ?

朝腹筋のすゝめ

朝、目覚めてはいるものの、なかなか目を開けられない。
そんな時にオススメなのが、腹筋運動。
無理に目を開かなくてもいいので、とりあえず足を軽く上げて、そのまま息を吐きながら上半身を持ち上げゆっくり5秒数える。
やりながら、今日一日のやるべき事など、ぼーっと考えたりすると、5秒も短い。
30回も終わる頃には、自然に目もぱっちりと開いているはず。
そのまま50回ぐらい頑張っちゃいましょう。
目は覚めるし、お腹の筋肉も鍛えられて、一石二鳥とはこの事でしょう♪

8ad783d6a479a18838b5273037828493.jpg
カラビナ
最近まで、キーホルダーに、鍵たちと一緒に小さな栓抜きをぶら下げていたのだが、先日、ひょいと覗いた近所のビレッジバンガードでこんなのを見つけた。
カラビナ式のキーホルダーそのものが、栓抜きにもなるという優れもの。
ここのところ、海外ツアーなどもあり、結構瓶ビールを呑む機会が多かったので、かなり重宝しました♪
フィリピンでは、全員の飲み物が揃うのを待ってからの乾杯という習慣はないらしいので、郷に従って、(店員さんが栓抜きを持って来る前に)先に自分のビールだけ開けて呑んでしまったり(・∀・)
IMG_1390_20141014.jpg


蛍の光

知っている人は知っていると思うが、我が国では卒業式などでよく歌われる「蛍の光」は、実はスコットランド民謡である。
朝ドラ「マッサン」でもその事に触れられており、さらに知られる事となったと思われる。
中学生ぐらいの頃にこの事を知り、試しに脳内で、バグパイプの演奏で再生してみたら、かなりしっくり来たのを憶えている。

そう言えば、小学校1年生の時、生まれて初めてのバイオリンの発表会で弾いた「スコットランドの釣鐘草」という曲も、脳内でバグパイプ再生したもんだった。

iPhone6のとりあえずケース
もう2週間以上も前の事であるが、アトランタ、マニラと海外ツアーが続く中、これまでのiPhone5ではバッテリー的にあまりにも不安だったので、6をウェブストアで注文した。
それにあたり、旅先で壊れてもアレなので、とりあえずケースもAmazonで注文したら、ケースの方が先に届いた。
それが写真のこれである。

あくまでも「とりあえず」なので、特に見た目とかは気にせず、「ストラップホール」が付いている点のみ重視。
が、届いてみると、そんなに悪くなかった。
このようにカピバラ、じゃないカラビナを付けて、ポケットの中でも、チャリのハンドルでも落下防止装置として重宝。

それから、iPhone6本体が届いて初めて気付いたのだが、ウザい程カメラのシャッター音がデカいので、スピーカーの穴に木工用ボンドを流し込んで差し上げたら、それも解決。
しばらくこれで良いんじゃないかという気がしている。

IMG_1151_20141013.jpg
1Q64


産經新聞10月10日電子版に、オリンピック特集として「1964年ってどんな年?」ってな記事が掲載されていた。
1964年。オレが生まれる2年前。
そうやって考えると、結構驚きの出来事が沢山。
まず、この年に発売された新商品。
かっぱえびせん、ガーナチョコレート、ネクター、ワンカップ大関、味ぽんなど、どれも現在でも定番のものばかり。
4月には、日本人の海外旅行が完全自由化された。ただし年一回のみ。
そして、注目すべきは、敗戦からわずか19年後のこの年に、国鉄のマルス101という、コンピュータの予約システムが導入された事。
全座席予約、全国展開、乗車券の印刷まで出来ると言う優れものである。
当時、中央装置が秋葉原に設置されていた、というのも興味深い。
こういったITの先駆けみたいな物を開発してた人たちは、もう爺さん婆さんになっているのだろうが、きっとスマホとかPCとか、スイスイと使いこなしてるんだろうなぁ〜
などと想像してみる。

ちなみに、全国の主要駅に「みどりの窓口」が設置されたのは、この翌年らしい。

ちなみにちなみに、「みどりの窓口」はJR東日本の登録商標で、JR東海などではこの名称は使われていないという噂…

1024px-MARS-101.jpg
フルスロットル
この2週間で約40時間ほど飛行機に乗り、その間に観た映画は12本。
その中には、既に観た事あるのもあったけど、どれも面白かった。
が、その中で最もハマったのが「フルスロットル」。原題「BRICK MANSIONS」。
脚本はリュック・ベッソンで、主演は先日自動車事故で亡くなった、「ワイルド・スピード」などでお馴染みだったポール・ウォーカー。
結果、これが彼の遺作となってしまった。

内容は、とにかくアクション全開。最初から最後まで敵も味方も暴れっ放し。
なんだけど、ストーリーもまさかの展開などあって、かなり楽しめる。
「アルティメット」でお馴染みのダヴィット・ベルも準主演という感じで、かなりいい味出してました。
最後にスタッフロールで、ポール・ウォーカーの生前の超笑顔な写真と、追悼文が出て来た時は、機内だったけど泣けました。
もう一回観たいなぁ…
paul_walker2.jpg




ちなみに、40時間で観た作品は

・ヒューゴの不思議な発明
・トランセンデンス
・ソーシャル・ネットワーク
・アポロ13号
・ニードフォースピード
・ドラフトデイズ
・ドムヘミングウェイ
・テルマエロマエ2
・超高速参勤交代
・猿の惑星
・フルスロットル
・96時間・リベンジ
機内関係まとめ・2014マニラ編(成田〜マニラ/ANA)
さ、お待たせしました!
マニラ便のまとめだよ♪

まずは成田(NRT)発マニラ・ニノイ・アキノ国際空港(MNL)行きのNH949便

機体はお初となる、ANAの期待の新人・B787
日本製の部品や技術もたくさん採用されており、時おり火を吹くバッテリーも、日本のYUASA製だとか。
とても楽しみです。
01IMG_1481.jpg


中はこんな感じ。
02IMG_1485.jpg


壁周りとか、かなりスッキリ。
03IMG_1489.jpg


23Cは足元広々。
04IMG_1492.jpg


もてぃろん、USBも完備。
05IMG_1486.jpg


ユニバーサルなACもあるよ。
06IMG_1497.jpg


柔らかなLEDの間接照明。青色LED大活躍(・∀・)
07IMG_1499.jpg


今時当たり前と言えばそうなのだが、「シートベルト着用サイン」はあっても「禁煙サイン」などはもうないのだ。
08IMG_1816.jpg


それと、写真は撮ってなかったんだけど、トイレにはウォシュレット(商品名)が!
ありがたや〜MADE IN JAPAN( ´ ▽ ` )ノ

あと、特筆すべきは、窓の下にあるこのスイッチ。
ポチッとすると・・・
09IMG_1828.jpg



これが
10IMG_1829.jpg


こうなったり
11IMG_1830.jpg


こんなになったりします。(後ろの人、ごめんなさいw)
12IMG_1831.jpg


さて、機内サービスの話へ。

我々の乗ったマニラ行きNH949は、10分遅れの17時30分にドアが閉まり、成田を出発。
離陸したのは18時。

18時25分からビールタイムスタート!
13IMG_1500.jpg


室温は26℃だが、タンクトップに半ズボン、サンダルの私には少し寒く感じる。

モニターで「猿の惑星」などを観ていると、19時に晩ご飯。
日本人のCAさんに、
「鯖かビビンパか?」
と訊かれたので、日本語で
「鯖お願いします」
と答えたのに、ビビンパが出て来た。ま、いいか…ビールと赤ワインもちゃんと出て来たし。14IMG_1505.jpg



さて、続いて「超高速参勤交代」を観てたら、あっという間にマニラに到着してしまった。
近い。近過ぎる…


到着したのは12分遅れの、現地時間21時7分。日本時間の22時7分。
飛行時間4時間29分。飛行距離3052km
この後もう一度晩飯を食いに行く事になるのだった…


さて、帰りのマニラ(MNL)発成田(NRT)行きのNH750便

行きと同じB787
我々の乗るNH950は、台風の影響で、予定より3時間以上遅れ、12時45分という事になっていた。
お陰で、早起きしなくて済んだので、大歓迎である。
15IMG_1810.jpg
16IMG_1802.jpg


結果、少し早い12時30分にドアは閉まった。

機内
17IMG_1813.jpg
18IMG_1812.jpg


足元広々席は、水平飛行に入るまでモニターを出せないのが玉に瑕ではあるが、それまでは向いのシートに着席しているCAさんを眺めて過ごす。
19IMG_1814.jpg


13時15分に離陸し、映画「フルスロットル」を鑑賞。
13時45分からおよそ3時間の飲み放題タイム開始!
20IMG_1827.jpg


14時45分。ランチタイム。
照り焼きかビーフかで、ビーフシチューをチョイス。
かなり美味い。
赤ワインとビールも美味い!
21IMG_1837.jpg


映画「96時間リベンジ」を観ている間に、18時、成田に到着。
早い。早過ぎる…

飛行時間は4時間17分。飛行距離は3052km

あっと言う間だったな〜
マニラ総括
アトランタから帰って間もなくの出発となり、なかなかバタバタであったが、今回はこれと言ったトラブルはほとんどなかった。(ステージ上を除く)

これまでダラダラを日記のようなものを書いて来たが、ここは単にオレがマニラという地で見聞きし、感じた事を淡々と書いてみる。

まず気候。おそらく今は雨期で、最初の3日間は毎日夕方になるとまとまった雨が降った。
01IMG_1578.jpg


最終日は、夜遅くに降り、道路が一部川のように…
02IMG_1786.jpg


気温はかなり高く、日中はタンクトップに短パンで充分。
夜も気温はやや下がるものの、湿度が高い。
こりゃ、植物は育つわ〜って感じ。
03IMG_8575.jpg


言語はタガログ語に加え、英語も皆さん堪能。ただしフィリピン訛りなので、非常に聴き取るのば難しい。
ライブ2日目には、サイン会で質疑応答などしたのだが、フィリピンのお友達が英語で話す→スタッフが簡単な英語に翻訳してくれる、みたいな流れだった。
なお、フィリピン人同士も英語で会話することが多い。

基本的にみんなとてもフレンドリーで良い人たちばかり。イヤな人には一人も会わなかったよ。
目が合えば、知らない人でも必ずニッコリと微笑んでくれる。
04IMG_8731.jpg

あ、間違った。この人日本人だった(・∀・)


昔に比べて暮らし向きが良くなって来ているようで、朝夕はジョギングしている人がやたら多かった。
ショッピングモールでは、トレッドミルなどの健康器具が沢山売られている。
みんないいもん食ってるんだろう。
しかし、ちょっと車で走ると、いわゆるバラック地帯がそこら中にあった。
「貧富の差」ってやつなのか。
05IMG_1673.jpg
06IMG_1674.jpg


後、街で目を引いたのが、この乗り物。
乗り合いのバスのようなものなのだが、各オーナーがみなかなりこだわりを持ってカスタマイズしているようだ。
いすゞなのかジープなのかメルセデスなのか…wこんなのが一杯走ってます。
07IMG_1557.jpg



とにかく、平日は渋滞が凄い。車線はあってないようなもので、割り込んだ者勝ち。
クラクションが大活躍します。
08IMG_1605.jpg



後は、怪しい日本語のお店がたくさん…
大好物です(・∀・)
09IMG_1580.jpg
10IMG_1581.jpg
000IMG_1789.jpg
001IMG_1790.jpg



食べ物は何でも美味い。
特にこの「シシグ」というのが大のお気に入り。
豚の顔の肉とか使ってるらしい。
帰りにお土産で買って来れなかったのが、唯一の後悔。
12IMG_1522.jpg


ディナーの作法としては、先に飲み物を頼まず、特に乾杯もなく、まずは食べ物を各々食べ始める


そして、お約束のご当地Mac。
チーズバーガーが日本円で90円ぐらい。
味は日本のものと同じ。
13IMG_1613.jpg


さて、我々が泊まったのはKLタワーというホテル。
30階建てぐらいのタワーで、オレが泊まったのは25階。
向かって右側の建物。
0000IMG_1587.jpg

セブンイレブンが隣接していて、24時間酒を買いに行けます(・∀・)

部屋はこんな感じ。
14IMG_1533.jpg
16IMG_1590.jpg
15IMG_1534.jpg


バスルーム&アメニティ
17IMG_1535.jpg
18IMG_1536.jpg


プール
IMG_1588.jpg



ホテルの朝食。
フィリーピーノ/肉
19IMG_1537.jpg


フィリーピーノ/オイルサーディン
20IMG_1666.jpg


フィリピーノ/ミルクフィッシュ
21IMG_1794.jpg


アメリカン/ベーコン
22IMG_1615.jpg


個人的には、オイルサーディンが一番良かった。

ホテルからは、うっすら海が見える。観覧車的なものが見えるが、あそこがライブ会場。
空いていれば車で15分、混んでたら1時間以上。
23IMG_1617.jpg


ニノイ・アキノ国際空港
チェックインの後、すぐに出国ゲートを通ってしまったので、いま一つ空港の規模は分からなかった。
ちなみに出国後はお土産屋さん少なし。
24IMG_1801.jpg
26IMG_1815.jpg



マッサージはオススメ。1時間18USドル。15分から頼めます。
25IMG_1803.jpg



国として、街として、全体的にとても良い印象。これまで回って来た中でもかなり好きです。
これでネット回線がもっと太くなれば、もう言う事無し!!

ありがとう、フィリピンの皆さん。また会いましょう( ´ ▽ ` )ノ

1012944_10152459914757861_1231308800679580005_n.jpg
マニラ5日目〜帰国へ
今回、ここまではこれまでに無いぐらい平和な旅で、逆に皆不安になっていた。
「こんな順調な旅がありえるのか?いや何も無いワケがない。」
誰もがそう思っていた。
そういえば、東京では台風が荒れ狂っているという話も聞いていた。
「これはきっと何かある…」

そう、あったのだ。
台風のお陰で、帰りの便が3時間以上の遅延。
既にそのお知らせは、ANAからのメールで前夜には分かっていた。
お陰で、朝4時半集合の予定が9時に。。。

ん?これって…
もしかしたらこの台風、我々にとってはかなり追い風ではないのか?
4時半なら「寝ずに荷造り」だが、9時なら「爽やかに起きてから荷造り」という、正に天国と地獄。

って事で、使う事は無いと思っていた4枚目の朝食チケットも、無駄にならずに済んだ。
今朝は「ミルクフィッシュ」とやら。
ビネガーをつけていただくのだが、アジみたいなもんかな。
美味しゅうございました。
01IMG_1794.jpg


チェックアウトし、車で空港に向かう。
02IMG_1799.jpg



マニラの空港。
スタッフさんたちとはここでお別れ。
03IMG_1801.jpg


空港では時間にかなり余裕があったので、マッサージなど。1時間1,900円ぐらいかな。
これオススメです♪
なぜか5ドルをペソに両替させられた(・∀・)
04IMG_1803.jpg


まだ時間が余っていたので、とりビ。
05IMG_1805.jpg


ペソを消化してしまわなければならんかったので、もう一本。
お釣りは全てチップに。
06IMG_1806.jpg


そして、いよいよ787にまたがり、東京へ。
07IMG_1811.jpg



後ろのお姉ちゃん、お茶目(・∀・)
オレもよくこういうイタズラします。
08IMG_1812.jpg



またしても足元広々席♪
09IMG_1814.jpg



さらばニノイ・アキノ空港
10IMG_1815.jpg



さらば、マニラの街並み
11IMG_1820.jpg


4時間ちょいで千葉へ。
近い。近過ぎるw
12IMG_1874.jpg




ウェルカムバック、楽器たち( ´ ▽ ` )ノ
13IMG_1877.jpg


東京寒い。寒過ぎる…14IMG_1878.jpg



で、地元へと。
恥ずかしながら、結局何も事件らしい事件もないまま帰って来てしまって、どーもサーセンw
15IMG_1879.jpg

マニラ4日目
この日は完全オフ。現地は祝日で、主催者、スタッフの方々が、タガイタイという観光地に連れて行ってくれる事になっていた。
当初は朝7時に出発という予定で、ちゃんと起きられるかどうかかなり不安だったんだけど、さすがにスタッフさんたちも相当疲れている上に、深夜まで宴会もあったので、10時に変更。
かなり気合いの入った旅程だったようだが、ゆる〜い感じに変更になった模様。

なので、ゆっくり朝ご飯。
今朝はフィリピーノメニューのうち、オイルサーディン。
ガーリックライスは必ずついて来るらしい。
01IMG_1668.jpg

12人乗りワゴン車2台で出発( ´ ▽ ` )ノ
02IMG_1669.jpg


高速道路に乗って
03IMG_1676.jpg


山道を走って
04IMG_1679.jpg


フィリピンの箱根と言われる観光地、タガイタイに到着。
05IMG_1713.jpg


更に街なかを少し走り
06IMG_1714.jpg


TDLのポリネシアンテラスレストラン的なお店に来ました。
07IMG_1717.jpg


中はこんな感じ。
08IMG_1723.jpg


外のテラスからの眺めがスゴイ!
カルデラ湖らしい。
09IMG_1727.jpg


狂ったベーシストが取り分けてくれる料理も最高!
10IMG_1742.jpg


ビールも旨し!!
11IMG_1746.jpg



生バンドが演奏しに来てくれる。
レパートリーもかなり豊富で、我々の為に日本の曲(J-WALKと長渕さん)を演奏してくれた。
12IMG_1745.jpg



食後は、ディズニーランド的な遊園地に連れて行ってもらう。
13IMG_1755.jpg

とってもファンタジー♪
26IMG_1763.jpg


「つまらない」と逃げ出さないように、タトゥーを彫られる。
14IMG_1759.jpg


遊具よりも、眺めがスゴイ。阿蘇山的な?
15IMG_1762.jpg


でも、結局こうなる(・∀・)
16IMG_1765.jpg


小洒落たお店だった。
ビール1杯で150円ぐらい?
17IMG_1766.jpg


夕暮れ時の道路を、2時間走って戻って来た。
18IMG_1777.jpg



そして夜、公太とファイヤー、3人で昨夜の居酒屋へ。真面目にサポートメンバー会議。
諏訪ちゃんも一緒。
19IMG_1779.jpg


しかし、我々の冒険はまだまだ終わらない。更にデンジャラスな地域を抜けて。
20IMG_1784.jpg


アドベンチャラーな地帯を渡り
23IMG_1786.jpg

ネオン街を突っ切って
24IMG_1789.jpg





とってもスウィート❤なお店へ。
夜もファンタジー♪
21IMG_1792.jpg


って事で、お疲れちゃんでした〜( ´ ▽ ` )ノ
明日は帰国だべ。
22IMG_1793.jpg
マニラ3日目
バタバタだった世界ツアーも、ここへ来てようやくメンバー達の足並みが揃って来た感じ。
今朝は久々にたっぷり睡眠を取り、今日はアメリカンな朝ご飯。
IMG_1615_20121005.jpg


レストランで、何かプレゼントを頂いたよ♪
IMG_1620_20121005.jpg


今の所天気も良く、ホテルからは遠くに海が見える。何海だろうか?
IMG_1617_20121005.jpg



集合して、車で会場に向かう。
今日は道路が空いていて、昨日1時間かかった道のりも、15分ほど。
IMG_1621_20121005.jpg



昼ご飯は、まさかの吉牛(マニラ支店)
IMG_1630_20121005.jpg


中はこんな感じ。
IMG_1631_20121005.jpg


コスプレの大イベントなので、そこら中にこんな奴らがうろちょろしてますw
IMG_1632_20121005.jpg


とても大きなイベントです。
IMG_1634_20121005.jpg



記者会見&サイン界が2度あり、その後で本番。
時間があったので、隣接する巨大ショッピングモールを探検。
IMG_1637_20121005.jpg


海がすぐ近く。
IMG_1639_20121005.jpg

2度目のグリーティング終了!
IMG_1643_20121005.jpg


再びショッピングモールに戻り、タイ料理店で水分補給。
IMG_1644_20121005.jpg



そして間もなく本番。
IMG_1645_20121005.jpg


大盛況のうちに、無事終了。
今日もアンコールやりました。

本番後に支給された、地元の人気ファストフード「ジョリビー」
IMG_1650_20121005.jpg
IMG_1651_20121005.jpg



そして、今宵も、他出演者やスタッフさんたちと大宴会。
IMG_1658_20141005.jpg


からの、公太と二人でとてもデンジャラスな地帯へ。
IMG_1663_20141005.jpg



日本人が経営する居酒屋へ来たのだった。
ちなみに、オーナーはたまたま我々の通訳だったマーサちゃんのお父様でした。
IMG_1662_20121005.jpg



その目的は、共通の知り合いである昔のスタッフ「諏訪ちゃん」に会う為でした( ´ ▽ ` )ノ
IMG_1660_20121005.jpg


マニラでまさかのポン酒。
ヘベレケになるまで語り合いましたとさ。
IMG_1659_20121005.jpg



この後、ほとんど記憶ありません。
どうもありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

【続きを読む】
マニラ2日目
現地から更新したハズの記事が、電波の状況からだろうか、消失していたので、当日の日付で書き直す。
2日目前半の次が「3日目」とか中途半端すぎるので。




プールの後はシャワーを浴びて、水分を補給して、ようやく集合時間を迎える。
01IMG_1610.jpg


8時に本番なのに、5時に集まるのには、ワケがある。

そう、この「大渋滞」である。
空いていれば15分もかからない会場まで、1時間以上。
バッファを取っておいて大正解♪
02IMG_1605.jpg


楽屋にて、本日2度目のランチ。もう食えない(´Д`;)でも美味い♪
03IMG_1597.jpg



そして、満を持して本番。
マニラの熱狂的なオーディエンスのお陰で、最高のパフォーマンスが出来たと思う。
終演は夜10時を回っており、アンコールが起こるも、特に何も用意していなかったし、とりあえず終了。しかし、しばし置いて機材を引き上げにステージに上がったら再びアンコールの嵐。
止むどころか、ますます盛り上がってしまったので、急遽、一曲演奏する事に。

曲目は「ムーンライト伝説」(・∀・)


という事で、この日の業務は全て終了。
宴会を経て、ホテルに戻って来たのでした。
酒が美味かったぜよ〜♪
04IMG_1608.jpg
マニラ初日〜2日目前半
昨夜は、空港に迎えに来てくれた現地スタッフのグラディスちゃん、ロバートさんと、そのまま地元の食堂で宴会。


sisigという、とても美味しい地元料理をいただいた。



ヘベレケ、くたくたでホテルに着いたのは、もう日付が変わる頃。
なので、朝6時半に目覚ましに叩き起こされた時は、自分がどこにいるのかすら、しばらく分からなかった。

朝食は「アメリカンかフィリピーノか」の選択で、迷わずフィリピーノをチョイス。
何か分からんが、肉と卵。
でも、昨日機内と街で都合2度も晩飯食ったので、あまり腹が空かない…



さて、分刻みのスケジューリングは、朝食後すぐにライブ会場へ車で移動。
町中はとてもエキサイティング!


そんなエキサイティングな車中で、ある事に気づく。
いつもウエストバッグの決まったポケットに入れているはずのパスポートがない。
一応、誰にも気取られないようにかばんの中もくまなく探すが、やはりない。

きっと、昨日酔っ払って、ズボンのケツポケットか何かに入れっ放しにして、そのままズボンごと部屋に置いて来たのだろう。いや、そうであってくれ。
一応、iPhoneに残されている昨日の出発時の自分の写真を確認。
うむ、今履いているズボンではない。
しばしパスポートの事は忘れよう。

で、会場入りし、サウンドチェック…は予想通りグダグダ。
機材は注文と違うものばかりだし、そもそも音が出ない。
色々つなぎ直したりなんだりして、どうにかこうにか2曲ぐらいチェックした所で終了。
IMG_1553_20141004.jpg



さて、一旦ホテルに帰るワケだが、もう車の中ではソワソワしまくりんぐ。
「頼む、お部屋にあってくれ、パスポートちゃん…」

祈りながら部屋に駆け込み、ベッドの上にだらしなく脱ぎ散らかしたズボンのケツポケを探る。

…ない…やっぱりない
山のようにあるポーチの一つ一つを全部ひっくり返しても、やはりない。
きっと、ロバートさんの車の中に落としたのだろう。そうに違いない。そうであってくれ!
早速ゴマ夫バンマスに連絡を取ってもらう。


そんな連絡を待っているさなか、部屋の電話が鳴る。
フロントのお姉さんからである。
フィリピンなまりの早口な英語で、イマイチ要領を得ないが、
「あなたのパスポートを預かっている」
という内容のようだ。

早速25階下のフロントへダッシュ。
話を聞くと、
「チェックインの時に提示して、そのまま返すのを忘れていた」
という事のようだ。
しれっと何を言ってるんだ、この人は。人がどれほど焦ったと…
いや、ありがとうございました。
これで安心して本番にのぞむ事が出来る。

安心したところでお昼ご飯の時間。
でも、昨日機内と街で都合2度も晩飯食ったので、あまり腹が空かない状態で朝飯を食ったので、全く腹が空いてない状態からのこの量。
IMG_1570_20141004.jpg



先週のアトランタツアーでは、前半かなり食いっぱぐれていたので、それに比べれば何と幸せな事か…

さて、食い終わった所でまだ午后1時。本番は8時で集合が5時なので、まだしばらく時間がある。
という事で、ちょいと街に出てみようと表に出てみると、いきなりの大雨。
IMG_1576_20141004.jpg


ホテルの周りをちょっと歩いただけだけど、なかなか風情があるというか、怪しいというか…
IMG_1580_20141004.jpg

IMG_1581_20141004.jpg

IMG_1583_20141004.jpg

IMG_1584_20141004.jpg


小一時間ほど歩いたら、もう汗だくですよ。
こんな時はホテルのプール。たぶんあるんだろうな〜と思ってたけど、フロントで訊いたら7階にあるとの事。(ちなみにオレの客室は25階)

誰も泳いでなかったけど、空気読まずにクールダウン。




…が終わっても、まだ集合時間まで2時間ぐらいある。
幸い、雨も弱くなって来たので、よし、走ろう。

という事で、また汗だくになって、5kmほどホテルの近所をジョギング。

と、この辺まで書いた所で、更に長くなりそうなのと、電波がめちゃ悪くて更新が困難な感じなので、続きは明日( ´ ▽ ` )ノ
マニラ行ってくる
10,000km離れたアトランタに比べ、たった3,000kmちょいのマニラ。
何なら泳いで行けそうな距離である。飛行機ならたった4時間半。
しかし侮るなかれ。先方から送られて来たタイムテーブルがもの凄い事に…
初日、朝6時半の集合から30分刻みのスケジュール。アイドルタレントかっ!
9時からサウンドチェックが始まり、本番は夜8時。それまでもスケジュールびっしり。
その後も帰りの朝4時半チェックアウトまで、正に分刻みの忙しさ。
とは言え、4日目は観光ツアーを組んでいただいてるんだけどね。

個人的には、南方の方々は時間に大らかな人が多いイメージなので、このスケジューリングが実際にどこまで遂行されるのか、楽しみではある♪



って事で、行ってきます( ´ ▽ ` )ノ
機内関係まとめ・2014怒涛のアトランタ編(成田〜シカゴ〜インディアナポリス〜ダラス〜アトランタ /ANA、American、United )

長くなるかもしれないけど、明日からまたマニラネタをぶっ込むことになると思うので、一気にまとめてしまおう。
ま、実際長い旅だったしね(・∀・)

まず、往きの成田発シカゴ行きNH7006。
機材はB777-300ER。航続距離は約13,000km。ANA国際線のエースだ。
IMG_1194_20141002.jpg


機内はこんな感じ。
IMG_1196_201401002.jpg


室温は26℃
ほぼ定刻にゲートを離れ、さほど待つ事なく離陸。
ほどなくしてビールとおつまみ。
18時過ぎなので、離陸後30分ぐらいか。
IMG_1201_201401002.jpg


18時半前。晩ご飯はハンバーグドリアほか。
ちゃんと美味しかったです。
IMG_1205_201401002.jpg



食べ方が上品だったご褒美なのか、頼みもしないのに白ワインを持って来てくれた。
その証拠に、恐ろしく食べるのは早いけど、ヤバい程食べ方が下品な隣の中国人にはこれと言ったサービスはなかった(・∀・)
ちょうど呑みたいな〜と思っていたので、かなり嬉しい。
IMG_1209_201401002.jpg


そして、お約束のハーゲンダッツ。
これはがっつかずに、少し解け始めてからいただくのが基本。
IMG_1212_201401002.jpg


この時点で19時過ぎぐらい。

映画は「トランセンデンス」「ヒューゴの不思議な発明」
どちらもジョニー・デップ関連だね。
前者は主演、後者はプロデューサーとして関わっている。
劇場で観たかったが、観られなかった作品だ。

二作品観終わった時点で深夜0時過ぎぐらい。
この間、ビール&ワイン飲みまくり。至福の一時ですよ♪

で、ちょっと気持ちよくなって眠ったものの、2時間程で目が覚めたので、今度はケビン・コスナー主演の日本未公開作「ドラフト・デイズ」と、ジュード・ロウ主演の「ドム・ヘミングウェイ」を観る。
観ている途中で朝ごはん。
定番のオムレツ。でも機内食の朝オムレツ、いい加減飽きたなぁ…
やはり鮭彩り御飯にするべきだったか?
でも異国の空の上で和食ってのも、何か雰囲気出ないしな〜w
IMG_1223_201401002.jpg


さて、食い終わって間もなくシカゴ到着。
2時間しか寝てないが、この後起きる悲劇も知らず、意気揚々と降りて行く。
定刻少し遅れの現地14時半。日本時間の朝6時半。
飛行時間は11時間20分。飛行距離は10,073km。




さて、その日のアトランタ行きがキャンセルとなり、翌日まず乗ったのは、アメリカン航空、インディアナポリス発ダラス行きAA1557。
機体はダグラスのMD-83。ちっちゃい。
IMG_1257_201401002.jpg


中はこんな感じ。新幹線みたく、片側2列、片側3列というシートの並びで、キャパは150人ぐらい。
IMG_1259_201401002.jpg



飲み物は、コーヒー、ジュースなどは無料で振る舞われるが、ここはあえて7ドルのビールをいただく。
IMG_1265_201401002.jpg



せっかく窓側なので、たまには景色など…
IMG_1261_201401002.jpg


ほぼ予定通りの到着。テキサス感あまりないけど、テキサスのダラス空港。
カウボーイグッズたくさん売ってましたw
IMG_1272_201401002.jpg

飛行時間は2時間40分。飛行距離は1,226km。


ダラス発アトランタ行きAA194も同じくMD-83
曇りガラス越しなのでこんな写真。
相変わらずちっちゃいw
IMG_1277_201401002.jpg


予定より15分ほど遅れの11時32分に出発。

数時間後にリハ&本番が迫っているので、ここは無料のコーヒー。
IMG_1278_201401002.jpg


予定より19分遅れの14時39分に到着。
念願のアトランタにて。やはりまだシカゴ関連便は欠航のまま。
IMG_1280_201401002.jpg


飛行時間は2時間7分、飛行距離は1,173km





さて、時は流れて帰り便。
まずはアメリカの小湊鉄道こと、ユナイテッドエクスプレスのアトランタ発シカゴ行きNH7403
機体はエンブラエル170。信じられない程ちっちゃいw
到着から既にコケ気味。
IMG_1412_201401002.jpg


機内はこんな感じ。キャパは70人ちょい。
IMG_1413_201401002.jpg

当然、機内サービスなどない。有料のもない。そんじょそこらのLCCよりアレだ。
ただし、乗り降りと荷物の出し入れはやたら早い。

しか〜し、ゲートを離れるも40分ぐらい離陸出来ず。きっとちっちゃ過ぎて管制塔から見えず、忘れられていたのであろう。

結局、予定より1時間ほど遅れての離陸。おかげで酷い目に遭ったぜ…w
飛行距離は1時間59分。飛行距離は975km
シカゴからアトランタって、こんなに近かったんですね(´Д`;)


こうして淡々と書いて行くと、本当に平和な旅に思えて来るから不思議なもんだ。

という事で、シカゴ発成田行きの帰り便NH1011
色々あり過ぎて機体の外観は撮ってませんw
中はこんな感じ…ってのも撮ってなかった(・∀・)

ま、往きの便と同じですよ。B-777-300ER。はいはいエースエース。


出発したのは予定より10分遅れぐらいだったが、管制塔が燃やされたシカゴ・オヘア空港は今も混乱が続き、滑走路は大混雑。
離陸出来たのは1時間以上遅れて、18時40分ぐらい。
それまで平民たちは、シートベルトで座席に磔状態。
ナイスガイなオレには、一杯の冷たい水が与えられたのであった。
IMG_1423_201401002.jpg

これまで呑んで来たどのビールよりも、心に沁みる一杯であった。


事前に手配しておいた、足元広々席。
エコノミーの中では、ここが頂点だろうw
前席の座席ポケットが無くても大丈夫な人には、ここがオススメです。
テーブルとモニターは肘掛けに収納されとります。
IMG_1424_201401002.jpg


離陸後30分ほどで、おビールとおつまみ。
IMG_1432_201401002.jpg


その40分後ぐらいにディナー。
ドリア的なものと、ソーセージ&ハム、サラダなど。
これも美味かったですよ。
「お飲物はいかがですか?」
「白ワインとビールお願いします。」
IMG_1435_201401002.jpg


食べ終わる前にワイン飲み終わっちゃったんだけど、食べ方がお上品だったご褒美(略
中国人のキュートなCAさんが、頼みもしないのにお代わり持って来てくれました♪
IMG_1436_201401002.jpg


この方、最後まで笑顔を絶やす事無く、常に一歩先のおもてなしをしてくれました。
世間で色々言われている「中国人気質」、オレもあると思うけど、もちろん全ての人がそうとは思わない。
むしろ、全ての中国人がこの方のような知性と美貌、思いやりを持ったその時、中国は世界を制覇するでしょう。

話がやたら逸れたw
ちなみに、この時間に室温計ったら22℃だった。ちょっと寒いです。

お約束のアレ。
IMG_1437_201401002.jpg


蓋の裏についてるこれ…
コンビニで買って公園で食おうと思ったら、スプーンを貰うのを忘れた!
という絶望的局面を救ってくれるやつか?
IMG_1439_201401002.jpg


さて、その後はいつもの「飲み放題タイム」。
IMG_1446_201401002.jpg



呑んで呑んで呑まれて呑んで
IMG_1442_201401002.jpg



映画は「テルマエロマエ2」、<「アポロ13」
2本観終わったところで、睡眠を確保。

と思ったら、後ろのおばはんがちょいちょい屁をこいてきて、その匂いに耐え切れず目が覚める。
アイマスク、耳栓だけでは守り切れないものがある事を知る。


諦めて映画「ソーシャルネットワーク」
久々に観たけど、やっぱ面白いわ〜
そして「ニード・フォー・スピード」。いや、何となくね。
「超高速参勤交代」観ようかと思ったけど、次回のマニラにとっておくことにした。

3時50分、日本時間の17時50分、朝ご飯。オムレツかパスタかの選択で、迷わずパスタをチョイス(・∀・)
「お飲物は白ワインとビールでよろしいですか?」
これですよ、これ!
もうANAしか乗りたくないw
IMG_1445_201401002.jpg


そして、予定より1時間半ほど遅れた日本時間の21時40分。
愛と冒険のアドヴェンチャーは、ここ成田エアポートにて終了〜!
IMG_1448_201401002.jpg


飛行時間は12時間55分。飛行距離は10,073km

ちなみに、この旅の総移動距離、車移動も含め22,895km(自宅〜成田空港除く)
約23メガメートル?w
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.